講談社絵本通信-講談社の絵本情報満載 毎月25日頃更新 twitter講談社BOOK倶楽部絵本が当たる!メルマガ登録はこちら
あたらしい本 最近でた本 今月のおすすめ 本をさがす
絵本新人賞 イベント情報 読み聞かせ 人気シリーズ
立ち読み 遊んでみよう 知育アルバム 連載
今月のおすすめ
「にじいろのさかな」
今月の新刊
ようちえんの おひめさま
ルッキオとフリフリ おおきなスイカ
ようちえんの おひめさま ルッキオとフリフリ おおきなスイカ
オチビサンの ひみつの はらっぱ
ちいさなタグは おおいそがし
オチビサンの ひみつの はらっぱ ちいさなタグは おおいそがし
クジラにあいたいときは
全国訪問おはなし隊 絵本の読みきかせガイドブック DVD付き
クジラにあいたいときは 全国訪問おはなし隊 絵本の読みきかせガイドブック DVD付き
2歳のどれ? クイズ たべもの
3歳のなあに? クイズ たべもの
2歳のどれ? クイズ たべもの 3歳のなあに? クイズ たべもの
じぶんでつくる シールえほん きょうりゅう
恐竜100
じぶんでつくる シールえほん きょうりゅう 恐竜100
 
絵本通信のいちおし
WEB水族館
佐々木さんの生き物どーこだ
田中六大の新米父さん危機一髪
もったいないばあさんの部屋
100万回生きたねこの部屋
にじいろのさかなの部屋
立ち読みコーナーはこちら
読み聞かせランキングはこちら
 

(ほろほろ鳥)6月の編集後記

いま絵本新人賞の選考が佳境を迎えていますが、新人賞に応募されるメリットは、賞を取ることだけではありません。今月刊行した『ルッキオとフリフリ 大きなスイカ』は、選からもれましたが、読んだ者に強いインパクトを与える作品でした。それがご縁となって担当者との長い「熟成期間」を経て満を持しての刊行となりました。ぜひ、本屋さんで手に取って見て頂ければ、このふしぎなインパクトを共有していただけると思います。さて、長らくご愛読いただいている『講談社 絵本通信』ですが、この形での更新は、これが最後。スマホからも見やすく、SNSやツィッターなどとも連動して大幅に、リニューアルします。今よりもっと、こまめに情報発信できるようになります。またリニューアルを記念してプレゼント企画もありますので、ぜひぜひチェックをよろしく御願いします。(ほろほろ鳥)

 
次回は2014年7月31日更新予定です。
 
おすすめラインナップ
FlashPlayerが最新ではありません。

本サイトをご利用頂く為にはFlashPlayer8以上が必要です。
下記のサイトから最新のFlashPlayerをインストールしてください。

最新のFlashPlayerをインストール
●クリックすると、そのページにジャンプします。

講談社子どもの本通信 dandan
おはなし隊
twitter
でんせつのきょだいあんまんをはこべ レビュー大募集
第32回講談社絵本新人賞受賞作『ぼくと おおはしくん』刊行記念 デビュー日記連載中!
生きているのがつらいと思っているきみへのメッセージ

イラスト/高島尚子

flashplayer このサイトの一部のコンテンツでは、Macromedia Flash Player7以上が必要です。左のバナーのリンクから無償にてダウンロード可能です。
『ねこときどきらいおん』
講談社の幼児えほん
『ねこ ときどき らいおん』
◆藤本ともひこ/作
◆対象年齢:1歳から
うた/てあそび/どうぶつ/へんしん

内容紹介
どうぶつたちが、だいへんしん!
NHK・Eテレ「おかあさんといっしょ」の人気の歌が絵本になりました。びっくりするような絵がわりと、くりかえしの楽しさそのままが本になった一冊です。
作者からのメッセージ
・作/藤本ともひこさんからのメッセージ

「ねこ」がときどき「らいおん」になる。そんなナンセンスな「あそびうた」を、2011年10月にNHK・Eテレの「おかあさんといっしょ」でやりました。作詞+作曲も自作です。変身あそびのように展開するんですが、「ぱんだ」は変身もせずに、お昼寝しちゃいます。その寝ているぱんだを、起きて起きてー!って起こすのを、こどもたちはかなり喜んでいました。
放送後、わが子のために自作で絵本を作る人がいたり、「絵本はないんですか?」という声を聞いたりしました。そういえば、ぼくは絵本作家です。テレビであそびうたを楽しんだら、こんどは絵本を親子で楽しむ。そうすれば家族の日々がきっと濃密に楽しくなる。そんな楽しいループっておもしろいなと思いました。こうなると、むくむくと絵本作家魂に火がついちゃいます。そして、その思いを受けとめてくれたいろんな大人たちのおかげもあって、ここに絵本が完成しました。絵本が擦り切れるまで、歌ってあそんで、絵本を読んで、家族のゴールデンタイムを楽しんでください。あそびうた、ときどき、えほん!
著者紹介
藤本ともひこ(ふじもと ともひこ)
1961年、東京生まれ。1991年、講談社絵本新人賞を受賞し絵本作家デビュー。その後、絵本・読み物・紙芝居・作詞・あそびうたなどの創作活動をはじめる。
主な絵本作品に、『いただきバス』『いもほりバス』『たなばたバス』(すずき出版)、『しーらんぺったん』(世界文化社)、『ばけばけはっぱ』(ハッピーオウル社)、『ちょんまげでんしゃののってちょんまげ』(ひさかたチャイルド)など。親子向けの絵本・あそびうたライブや、保育者のための研修会などでも活躍中。
担当者のうちあけ話
「♪ねこ ねこ ねこ にゃーお」で始まる歌『ねこときどきらいおん』をごぞんじの方は、おおぜいいらっしゃることでしょう。あの、子どもたちに大人気の歌が、絵本作家によって作られていたというのは、驚きですよね。作者の藤本ともひこさんは、作詞・作曲だけでなく、あそびの考案やイラストもご担当されています。
ということは、藤本さんという人は、詞も曲も文も絵も、そしてあそびまで、なんでも作ってしまうという人なのです。こうした、子どもが思いっきり楽しめるものを、いろいろな角度からお作りになれるのには、訳があります。藤本さんはもう10年以上も、保育園に保育あそびのアドバイザーとして通い続けていらっしゃいますが、(り)おそらく藤本さんの中に、一貫して「子どもをみる」という行為があるからではないかと思うのです。
今回の絵本づくりも、子どもたちの実際の反応を観察しながら、ときには大胆に、ときには繊細に進めてくださいました。ぜひ、身体ぜんぶをつかって読んでいただけるとうれしいです。(り)
ページの先頭へ
『おまつりのねがいごと』
講談社の創作絵本
『おまつりのねがいごと』
◆たしろちさと/作
◆読み聞かせ:3歳から ひとり読み:6歳から
どうぶつ/おまつり/おてつだい/ともだち/行事

内容紹介
みんなのねがいを空にとばして
年に一度、つんつくむらで開かれるたいせつなおまつり。人気絵本『クリスマスのおかいもの』から生まれた「つんつくむら」シリーズスタート!
作者からのメッセージ
・作/たしろちさとさんからのメッセージ

ポーランドには「聖ヨハネ祭」というお祭りがあって、願いをこめて何千個、何万個ものランタンを飛ばすことから、別名“ランタン祭り”と呼ばれているそうです。最初にその映像に出会った時の気持ちは今でも忘れられません。なんという美しさ。でもいちばん感動したのは、それだけの数、何千、何万個の願いが空に浮いて飛んでいく、ということでした。
お祭りに集まる人それぞれに喜びも悲しみもあり、人生があって、ただ“たくさんの人”じゃなくて“ひとり、ひとり”なんだなあと、感じたんです。その時に感じた気持ちを、つんつくむらを舞台に描けたら……、と思うようになりました。つんつくむらの生活ってどんなかな? どんな願いを持っているの? もみのきマンションの4人は? 直接絵本では語られないたくさんのサイドストーリーができました。画面の端々に、前作『クリスマスのおかいもの』でも出てきた人(動物)たちも登場します。よかったら探してみてください。わたしもお祭りのパイ、食べたいな……。
著者紹介
たしろ ちさと
東京都生まれ。大学で経済学を学んだ後、4年間の会社勤めを経て、絵本の制作を始める。2003年、『ぼくはカメレオン』で世界7か国同時デビュー。おもな作品に、『くんくん、いいにおい』『じめんのしたの小さなむし』『おんがくかいのよる』『ポレポレやまのぼり』『クリスマスのおかいもの』などがある。『ぼくうまれるよ』で、第21回ブラティスラヴァ世界絵本原画展入選。『5ひきのすてきなねずみ ひっこしだいさくせん』で、第16回日本絵本賞受賞。
担当者のうちあけ話
たしろちさとさんの絵本づくりは、粘土をこねこねとつくりあげていく作業に似ています。初めはおぼろげだったイメージやエピソードを、何枚も何枚も、文字におこしたり、絵におこしたりしながら、ときにはごそっとそぎ落としたり、くっつけたり、あっちこっちを合わせたりしながら、着実に確実に積み重ねていくのです。
そうしていくうちに、だんだんと登場人物の声がきこえてきたり、しぜんと気持ちがじんわり伝わってきたりします。でも、たしろさんはなかなかそれだけでは満足しません。自分が物語を描いている張本人だというのに、つんつくむらの歴史や、住人たちの思いや、ひとりひとりの人生にまで、じっと耳をすまし、その先にある物語に迫ろうとする手をとめません。
(り)どんな土地のお祭りにも、そこに暮らす人たちの願いがごめられていると思います。はなちゃん、があおくん、こんくん、りすこちゃんは、その願いにふれて、どんなことを感じたのか、ぜひ絵本を読んで、彼らといっしょに感じていたけたらと思います。(り)
関連図書
ページの先頭へ
『どじにんじゃ』
講談社の創作絵本
『どじにんじゃ』
◆新井洋行/作
◆対象年齢:3歳から
忍者/ユーモア/読み聞かせ

内容紹介
お見事! そのどじっぷり!
黒装束でかっこよく決めた、クロヒョウ忍者の「かげまる」。さあ、とらわれの姫を助けるぞ! って、あれれ、どうした、やることなすこと「どじ」ばっかり!
作者からのメッセージ
・作/新井洋行さんからのメッセージ

小学生になる二人の娘に、毎晩絵本の読み聞かせをしているのですが、「どんな絵本を読みたい?」と聞くと、「悪者のお城に、閉じ込められたお姫様を、助け出すお話が良い」とよく言われました。ところが、そんなありがちに思えるお話の絵本がほとんど存在しないのです。僕が知らないだけかもしれませんが、思い当たる絵本が無いのです。無いならば、二人が喜んでくれるような、「悪者のお城に、閉じ込められたお姫様を、助け出す絵本」を僕が作りたいなと思っていました。ちょうどそんな頃、担当編集者さんに「新井さんが忍者の絵本を作ったら面白そう」と言われました。僕も忍者の絵本を是非描いてみたかったので、今までに無い笑える忍者絵本をと、おもいっきりどじな忍者の絵本を描く事にしました。その2つの事が同時期に来て、めちゃくちゃどじな忍者が、どじをしながらお姫様を助け出すと言う、今回のお話が生まれました。たぶん娘達はグリムやアンデルセンのような、西洋風の王子様が主人公の絵本を想像していたのだと思いますが、忍者が主人公でも満足してくれて、凄く喜んでくれました。スタンダードなようでいて今までに無い『どじにんじゃ』をぜひ読んでみて下さい。
著者紹介
新井洋行(あらい ひろゆき)
1974年東京生まれ。二人の娘の父。絵本作家、デザイナー。絵本に『ニャンともクマったもんだ』『いろいろばあ』(えほんの杜)、『ソケットとおとのまほう』(フレーベル館)、『しゅっしゅぽっぽ』(教育画劇)、『れいぞうこ』(偕成社)、『おおごえずかん』(コクヨS&T)、『まち』(自由国民社)、『みず ちゃぽん』(童心社)、『ころころぽーん』(ほるぷ出版)、『かくかくかっくん』(学研)、『こわいものが こないわけ』『ツリーさん』『ごとんごとん ごー!』『ぶるんぶるん ぶー!』(講談社)など。挿画に、「パーシー・ジャクソン」シリーズ(ほるぷ出版)、「モーキー・ジョー」シリーズ(フレーベル館)がある。
担当者のうちあけ話
新井洋行さんの、今年2冊目(講談社で)の新刊は、ちょっと毛色のかわった作品です。忍者の絵本を作りませんか? と新井さんにお声掛けして、最初に見せていただいたのが、この『どじにんじゃ』のプロット(文字だけの構成案)。文字だけなのに、そのテンポの良さとバカバカしさ(失礼!)に思わず笑ってしまいました。ぜひやりましょう! ということになりましたが、難航したのが、「どじにんじゃ」のキャラクター設定。人間がいいのか、動物がいいのか、動物だとしたら、パンダがいいのか、コアラがいいのか・・・。いろいろ試行錯誤をくりかえし、どうせだったら、今までにないものを! と、いうことで、見た目はすごくかっこいいのに、どじをし続ける、(弓引き童子)というギャップ満載のクロヒョウ忍者、「かげまる」が誕生しました。かげまるの活躍? をぜひご覧いただきたいところですが、もし読み聞かせをされるときは、テンションを上げて大げさに読むと、盛り上がると思いますので、どうぞお試しあれ。 (弓引き童子)
関連図書
ページの先頭へ
『ことばの かたち』
『ことばのかたち』
◆おーなり由子/作
◆対象年齢:小学中級から
ことば/詩

内容紹介
もしも話すことばが目に見えたら―――ことばの使い方は変わるだろうか?
ベストセラー『幸福な質問』(新潮社)や「ハオハオ」「あめふりりんちゃん」などの作詞でも知られる、おーなり由子が、日々の言葉の向こう側にある風景を詩のように描く「ことばと絵の本」。この本を読んだ後、大人も子どもも、きっと言葉の使い方が変わります。
作者からのメッセージ
・作/おーなり由子さんからのメッセージ

しゃべるのがへたくそで、もどかしい時――。
言葉のむこうの気持ちを見せられたら、と思うことがあります。
言葉は、たっぷりとある心の、ほんのちょびっと。
はしっこのかたち。
言葉が目に見えなくてよかった、と思うこともあります。
その時わたしは、その言葉のかたちを感じているのでしょう。
知りたいのは、言葉そのものではなく――
どこにも書いていない、消えゆく言葉の、そのむこうの
けしき。温度。心どうしが、すっと近づくような。
ひとは、思っているよりも、ずっとたしかに、言葉のむこうを
やりとりする力を持っている気がするのです。
著者紹介
おーなり由子
絵本作家、漫画家。エッセイや子どもの歌の作詞も手がける。おもな著書に『幸福な質問』(新潮社)『花のうた』(角川書店)『天使のみつけかた』(大和書房)『だんだん おかあさんに なっていく』(PHP研究所)などがある。訳書に『たいせつなあなたへ あなたがうまれるまでのこと』(サンドロ=ポワロ=シェリフ作 講談社)がある。
担当者のうちあけ話
昨年の秋に異動したKさんの後を引き継いで原稿を読ませてもらったのですが、
「話すたびに とがった針が 口から発射されて 相手に刺さるのが見えたとしたら」
という一節に、心を鷲づかみにされました。
自分がしつけと言いつつ、子どもに放っている言葉を連想したからです。
もしも話す言葉が目に見えたら――ことばの使い方は変わるだろうか?
そんな問いから、おーなりさんは、さまざまな言葉の形やその向こうにある風景を、イマジネーション豊かな、美しい絵で描いていきます。
たのしいことば、かなしいことば、ありふれているけれど うれしいことば……。
この絵本を読むということは、ちょっとだけ立ち止まって、言葉の向こう側にあるものに、じっと目を凝らし、耳を澄ませてみることなのだと思います。
(ほろほろ鳥)ネットでも日常空間でも、言葉だけが一人歩きしだして、どんどん刺激的な言葉が飛び交う今日。
「たいせつなひとに 花のようなことばを とどけることが できるように」
大人にも子どもにも読んでいただけたらと思います。(ほろほろ鳥)
関連図書
ページの先頭へ
『最初の質問』
講談社の創作絵本
『最初の質問』
◆長田 弘/詩
◆いせひでこ/絵
◆対象年齢:小学中級から
ことば/詩

内容紹介
詩人・長田弘の代表作のひとつ「最初の質問」が、絵本に!
繰り返される問いかけが、いせひでこの絵とともに、深い思索へと誘う――。
作者からのメッセージ
・詩/長田弘さんからのメッセージ

『最初の質問』は、ことばという楽器と、絵という楽器と、2つの楽器によって演奏される、絵本のソナタとして企てられた”一冊の本”。――絵のきらめきのなかにはあなたの秘密が、ことばの向こうにはきみの記憶が、きっとどこかにひそんでいる。この絵本が、そのような人生の栞ともなれば。(帯の言葉より)
著者紹介
長田 弘(おさだ ひろし)
詩人。1939年福島市生まれ。早稲田大学卒業。毎日出版文化賞、桑原武夫学芸賞、講談社出版文化賞、詩歌文学館賞、三好達治賞など受賞多数。代表作に詩集『深呼吸の必要』『食卓一期一会』『世界はうつくしいと』『詩の樹の下で』『奇跡─ミラクル─』など。詩「最初の質問」や「世界は一冊の本」は、教科書でおぼえた名詩として広く知られる。エッセーに『なつかしい時間』、絵本に『森の絵本』『空の絵本』『ジャーニー』など。編著に『ラクダのまつげはながいんだよ 日本の子どもたちが詩でえがいた地球』などがある。

いせ ひでこ(伊勢英子)
画家、絵本作家。1949年札幌市生まれ。13歳まで北海道で育つ。東京芸術大学卒業。野間児童文芸新人賞、産経児童出版文化賞美術賞、講談社出版文化賞など受賞多数。おもな作品に、絵本『ルリユールおじさん』『大きな木のような人』『あの路』(山本けんぞう作)『まつり』『木の赤ちゃんズ』『チェロの木』、エッセー『ふたりのゴッホ』『七つめの絵の具』などがある。宮沢賢治とゴッホの研究、スケッチの旅の出会いや実感から、絵本やエッセーを発表しつづけている。
担当者のうちあけ話
中学の国語教科書にも載っていた、長田弘さんの名詩『最初の質問』が絵本になりました。「今日、あなたは空を見上げましたか。/空は遠かったですか、近かったですか。」から始まって、次々に質問が重ねられていく、印象的な詩です。いせひでこさんは、詩のことばをそのまま絵に(若)するのではなく、考えて考えて、いせさんならではの絵本に仕上げてくれました。詩と絵が、いっしょになって、「あなた」に問いかけてくるようです。ぜひ、ゆっくりとページをめくってください。長野県の「絵本美術館 森のおうち」では、原画にも会うことができます。ぜひ! (若)
関連図書
ページの先頭へ
『新装版 うみのいろのバケツ』
講談社の創作絵本
『新装版 うみのいろのバケツ』
◆立原えりか/文
◆永田 萠/絵
◆対象年齢:3歳から
海/夏

内容紹介
立原えりか+永田萠 待望の復刊!
バケツを持って、海に遊びにやってきた少女が出会った、「なみのむすめ」。夏が終わる日、白いドレスのその人は、なみの若者のお嫁さんになりました。
1983年初版刊行。装丁を一新して生まれ変わった新装復刻版です。
著者紹介
立原えりか(たちはら えりか)
東京都に生まれる。1957年に自費出版した『人魚のくつ』で第8回日本児童文学者協会新人賞を、1961年に『でかでか人とちびちび人』で第2回講談社児童文学新人賞を受賞。『木馬がのった白い船』(角川文庫、講談社文庫)、『天人の橋』『王女の草冠』(愛育社)や、翻訳作品など著書多数。アンデルセン作品に造詣が深く、2011年には『豪華愛蔵版 アンデルセン童話名作集』(静山社)の編纂、解説を担当した。童話創作の機関誌「ヒースランド」編集長。2013年第52回児童文化功労賞受賞。

永田 萠(ながた もえ)
兵庫県に生まれる。1987年、エッセイ画集『花待月に』(偕成社)で、ボローニャ国際児童図書展グラフィック賞を受賞。著作は140作以上に及ぶ。2000年開催の淡路花博(ジャパンフローラ)では、公式ポスター、キャラクターマークを手がけた。近著に『花ときどき風』(東京書籍)、『永田 萠 ART BOX 夢見るチカラ』(講談社)、『聖書のおはなし』(小塩節・小塩トシ子著、キリスト教視聴覚センター)などがある。国内外で数多くの展覧会を精力的に開催している。京都市在住。
担当者のうちあけ話
 立原えりかさんとは、これまで翻訳や再話の原稿をお願いしたりして、たびたびお目にかかる機会ありました。永田萠さんは、前任者から引き継ぎはしたものの、具体的なお仕事ができたのは今回がはじめてで、おふたりの共作であるこの美しい絵本を新装版として再び刊行することができ、たいへん感慨深い思いです。
「永田萠 四季の絵本」と題された4冊のシリーズは、この『うみのいろのバケツ』から始まりました。30年以上前、そのときの担当者であったTが、ある雑誌で見つけた、立原さんの詩から発展したものです。文字だけで描かれた絵画的な世界を、絵本にしたいと考えたTは、永田萠さんに絵を依頼したのです。その後、つぎつぎと作品は生み(チ)出されて、4タイトルがそろう四季の絵本になりました。
 30年経った今も輝きを失わず、新鮮な美しさ、清浄さのなかに読者を引き込んでしまう魅力を持ったこの作品を、おふたりの往年のファンはもとより、小さな読者にもぜひ味わっていただきたいと思います。夏の静かな読書の時間をお楽しみください。(チ)
関連図書
ページの先頭へ
『かいぞくは パンツが だいすき』
講談社の翻訳絵本
『かいぞくは パンツが だいすき』
◆クレア・フリードマン/文
◆ベン・コート/絵
◆中川ひろたか/訳
◆対象年齢:3歳から
季節/夏

内容紹介
めざせ、黄金パンツ! 大海原にしゅっぱーつ。
「うちゅうじんは パンツが だいすき」で世界中でベストセラー旋風をまきおこしている、「パンツがだいすき」シリーズ。待望の新作が上陸。
今度の主役は黄金のパンツを求めて、海を渡る海賊たち。夏にぴったりのさわやかな海と、お宝さがしの楽しさが味わえる、ユーモアいっぱいの絵本です。
作者からのメッセージ
・訳/中川ひろたかさんからのメッセージ

世の中、どんだけパンツ好きがいるんだってくらいの「パンツがだいすきシリーズ」でありますが、「きょうりゅう」「うちゅうじん」「サンタクロース」と来て、今回は、海賊なんですね。
秘密の地図に記された、謎の島。そのあるという伝説の黄金のパンツ。
やっとの思いで上陸したと思ったら、先客が……。
やつらから、黄金のパンツを奪うには、どうしたらいいか。
その時、船長はいいことを考えつきました。
ホーレイホー! パイレーツ!
担当者のうちあけ話
全英で50万部の大ヒット絵本、シェフィールド児童図書賞、ノーフォーク図書館児童図書賞などを受賞した話題作『うちゅうじんは パンツが だいすき』シリーズの最新作。
世界中の子どもたちから愛されるユーモアいっぱいの絵本です。(わんこ)そして、原書の楽しさを、さらに中川ひろたかさんの言葉の世界がパワーアップさせています。親子でいっしょに読んでも楽しくて、ひとりでよんでもストーリーのおもしろさで、最後のページまでめくってしまうスピード感たっぷりのストーリーをご堪能ください。(わんこ)
関連図書
ページの先頭へ
『新どうぶつのおやこ100』
どうぶつアルバム
『新どうぶつのおやこ100』
◆今泉忠明/監修
どうぶつ/写真/親子

内容紹介
動物図鑑のファーストブックにぴったり!
子どもにわかりやすい動物解説つきで、親子で楽しめる動物図鑑です。ナマケモノのだっこ、エサを待つツバメのヒナなど、いろいろな表情がいっぱい!
担当者のうちあけ話
(わんこ)絵本でも見る機会の多い犬や猫をはじめ、馬や牛や豚。本当はどんな形をしているでしょうか?実際の動物のことをさらに知るために、ぴったりなのが、「どうぶつアルバム」シリーズです。この「どうぶつのおやこ100」は、テーマが「親子の動物」ですので、愛らしい赤ちゃん動物の姿もたくさん収録しています。お子さんとご覧いただくのにはおすすめの一冊です。(わんこ)
ページの先頭へ
このページへのリンクについて / 講談社へのお問い合わせ / 講談社のプライバシーポリシー
Mail / おはなし隊