講談社絵本通信-講談社の絵本情報満載 毎月25日頃更新 twitter講談社BOOK倶楽部絵本が当たる!メルマガ登録はこちら
あたらしい本 最近でた本 今月のおすすめ 本をさがす
絵本新人賞 イベント情報 読み聞かせ 人気シリーズ
立ち読み 遊んでみよう 知育アルバム 連載
今月のおすすめ
「にじいろのさかな」
今月の新刊
ようちえんの おひめさま
ルッキオとフリフリ おおきなスイカ
ようちえんの おひめさま ルッキオとフリフリ おおきなスイカ
オチビサンの ひみつの はらっぱ
ちいさなタグは おおいそがし
オチビサンの ひみつの はらっぱ ちいさなタグは おおいそがし
クジラにあいたいときは
全国訪問おはなし隊 絵本の読みきかせガイドブック DVD付き
クジラにあいたいときは 全国訪問おはなし隊 絵本の読みきかせガイドブック DVD付き
2歳のどれ? クイズ たべもの
3歳のなあに? クイズ たべもの
2歳のどれ? クイズ たべもの 3歳のなあに? クイズ たべもの
じぶんでつくる シールえほん きょうりゅう
恐竜100
じぶんでつくる シールえほん きょうりゅう 恐竜100
 
絵本通信のいちおし
WEB水族館
佐々木さんの生き物どーこだ
田中六大の新米父さん危機一髪
もったいないばあさんの部屋
100万回生きたねこの部屋
にじいろのさかなの部屋
立ち読みコーナーはこちら
読み聞かせランキングはこちら
 

(ほろほろ鳥)6月の編集後記

いま絵本新人賞の選考が佳境を迎えていますが、新人賞に応募されるメリットは、賞を取ることだけではありません。今月刊行した『ルッキオとフリフリ 大きなスイカ』は、選からもれましたが、読んだ者に強いインパクトを与える作品でした。それがご縁となって担当者との長い「熟成期間」を経て満を持しての刊行となりました。ぜひ、本屋さんで手に取って見て頂ければ、このふしぎなインパクトを共有していただけると思います。さて、長らくご愛読いただいている『講談社 絵本通信』ですが、この形での更新は、これが最後。スマホからも見やすく、SNSやツィッターなどとも連動して大幅に、リニューアルします。今よりもっと、こまめに情報発信できるようになります。またリニューアルを記念してプレゼント企画もありますので、ぜひぜひチェックをよろしく御願いします。(ほろほろ鳥)

 
次回は2014年7月31日更新予定です。
 
おすすめラインナップ
FlashPlayerが最新ではありません。

本サイトをご利用頂く為にはFlashPlayer8以上が必要です。
下記のサイトから最新のFlashPlayerをインストールしてください。

最新のFlashPlayerをインストール
●クリックすると、そのページにジャンプします。

講談社子どもの本通信 dandan
おはなし隊
twitter
でんせつのきょだいあんまんをはこべ レビュー大募集
第32回講談社絵本新人賞受賞作『ぼくと おおはしくん』刊行記念 デビュー日記連載中!
生きているのがつらいと思っているきみへのメッセージ

イラスト/高島尚子

flashplayer このサイトの一部のコンテンツでは、Macromedia Flash Player7以上が必要です。左のバナーのリンクから無償にてダウンロード可能です。
『ながぐつをはいたねこ』
講談社のおはなし絵本箱
『ながぐつをはいたねこ』
末吉暁子/文
飯野和好/絵
◆読み聞かせ:3歳から ひとり読み:4歳から
動物/世界のお話

内容紹介
『ペロー童話集』の痛快なねこの物語!
まずしいこなひきのおとうさんが残してくれたのは、たった1ぴきのねこ。
そのねこが、ご主人さまのために知恵を使って大活躍!

著者紹介
末吉暁子(すえよし あきこ)
1942年、神奈川県生まれ。『星に帰った少女』(偕成社)で日本児童文学者協会新人賞、日本児童文芸家協会新人賞、『ママの黄色い子象』(講談社)で野間児童文芸賞、『雨ふり花 さいた』(偕成社)で小学館児童出版文化賞、『赤い髪のミウ』(講談社)で産経児童出版文化賞フジテレビ賞受賞。ほかに「ぞくぞく村のおばけ」シリーズ(あかね書房)、「ざわざわ森のがんこちゃん」シリーズ(講談社)、『地と潮の王』(講談社)、『黒ばらさんの魔法の旅だち』(偕成社)などがある。http://www5b.biglobe.ne.jp/~akikosue/

飯野和好(いいの かずよし)
1947年、埼玉県生まれ。セツ・モードセミナーでイラストレーションを学ぶ。「小さなスズナ姫」シリーズ(偕成社)で第11回赤い鳥さし絵賞受賞。『ねぎぼうずのあさたろう その1』(福音館書店)で第49回小学館児童出版文学賞受賞。そのほかの作品に「くろみず小太郎旅日記」シリーズ(クレヨンハウス)、『ハのハの小天狗』(ほるぷ出版)、『あくび』(文/中川ひろたか、文溪堂)、『妖界図鑑』(文/常光徹、童心社)、『おならうた』(原詩/谷川俊太郎、絵本館)などがある。

担当者のうちあけ話
「講談社のおはなし絵本箱」シリーズとして『おやゆびひめ』『ジャックとまめのき』に続いての第3作目です。不敵に笑うねこが主役の物語ですが、さすがに名作です。何度読んでもおもしろく、エンターテインメント性がたっぷりです。(わんこ)末吉先生のテンポのよい文章に、飯野先生の味のあるねこの組み合わせが絶妙です。ご主人様のために長靴一足と1枚の袋を持って、人生一発逆転をねらいに向かう、ねこの勇ましい表情、ぜひごらんください!(わんこ)

ページの先頭へ
『画本 風の又三郎』
『画本 風の又三郎』
藤城清治/影絵
宮沢賢治/原作
◆対象年齢:一般
秋/友だち/自然/名作

内容紹介
藤城清治が渾身で挑んだ賢治童話
秋の風とともにやってきた転校生又三郎と少年たちのみずみずしい交流を描いた宮沢賢治の名作を、藤城清治の影絵が詩情豊かに表現。
作者からのメッセージ
・作/藤城清治さんからのメッセージ

 この「風の又三郎」は宮沢賢治が改作しつづけて永遠の未完成の完成といわれた作品だ。ぼくもこの賢治の「風の又三郎」と相撲でいえば四つにがっぷりと組んで、挑戦したいと思った。
−中略
 賢治が改作を繰返したように、ぼくの影絵もデッサンから下絵、下絵から影絵の過程で何度も切ったり貼ったり、はがしたりを繰り返した。すると、計算外の暗中模索の中から自然に光と影の美しさがにじみ出てくる。
 きまった制作手順からは決して人の心をうつものは出てこないものだ。
 小学校の古びた窓枠、風でがたがた鳴る窓にも苦労した。この「風の又三郎」は勿論、風であり、雨であり、霧であり、種山ヶ原や小学校が大きな舞台背景にちがいないが、主役はこどもたちの表情だろう。こどもたちが生きていること、目が輝いていることにぼくは挑戦してみたかった。
(『画本 風の又三郎』あとがきより)
著者紹介
藤城清治(ふじしろ せいじ)
1924年東京に生まれる。慶應義塾大学経済学部卒。12歳から油絵を始め、独立美術協会展、新制作派展に入選。名編集者の花森安治に認められ、雑誌「暮らしの手帖」に影絵を連載。また影絵劇団・木馬座の上演、展覧会の開催など多彩な活動を続ける。1983年には『銀河鉄道の夜』(講談社)で、BIB金のりんご賞を受賞。紫綬褒章、勲四等旭日小綬章など多数の受賞、叙勲歴がある。近著に『ぶどう酒びんのふしぎな旅』(原作:アンデルセン 訳/町田仁)、『絵本 マボロシの鳥』(原作・文:太田光)、『セロ弾きのゴーシュ』(原作:宮沢賢治/すべて講談社)がある。
担当者のうちあけ話
既に昨夏のNHK「日曜美術館」でご覧になり、長く出版を待ってくださった方々も多いのではないかと思います。編集部でも、秋にはアップ? 冬には出版できるか? などと思いながら、完成を待つ日々。結果的に影絵が次々と届けられたのは11月に入ってからでした。しかし、その影絵のすばらしいこと。藤城影絵といえば幻想的で洋風な影絵を思い浮かべられる方も多いと思います。しかし、この宮沢賢治の物語は、東北を舞台にしたお話。先生は以前にもこの作品の装画を描かれていますが、今回の描き方は、圧倒的リアリティをもって、ファンタジーの世界を表現しているのです。まるで、風のうごきが見えるような、音が聞こえるような、空気感のある世界。そこに躍動する、東北の子供達。「風の又三郎」の名場面が生き生きと浮かび上がります。常に新しく、どんどん進化していく藤城ワールドをお楽しみください。(J)
ページの先頭へ
このページへのリンクについて / 講談社へのお問い合わせ / 講談社のプライバシーポリシー
Mail / おはなし隊