講談社絵本通信-講談社の絵本情報満載 毎月25日頃更新 twitter講談社BOOK倶楽部絵本が当たる!メルマガ登録はこちら
あたらしい本 最近でた本 今月のおすすめ 本をさがす
絵本新人賞 イベント情報 読み聞かせ 人気シリーズ
立ち読み 遊んでみよう 知育アルバム 連載
今月のおすすめ
「にじいろのさかな」
今月の新刊
ようちえんの おひめさま
ルッキオとフリフリ おおきなスイカ
ようちえんの おひめさま ルッキオとフリフリ おおきなスイカ
オチビサンの ひみつの はらっぱ
ちいさなタグは おおいそがし
オチビサンの ひみつの はらっぱ ちいさなタグは おおいそがし
クジラにあいたいときは
全国訪問おはなし隊 絵本の読みきかせガイドブック DVD付き
クジラにあいたいときは 全国訪問おはなし隊 絵本の読みきかせガイドブック DVD付き
2歳のどれ? クイズ たべもの
3歳のなあに? クイズ たべもの
2歳のどれ? クイズ たべもの 3歳のなあに? クイズ たべもの
じぶんでつくる シールえほん きょうりゅう
恐竜100
じぶんでつくる シールえほん きょうりゅう 恐竜100
 
絵本通信のいちおし
WEB水族館
佐々木さんの生き物どーこだ
田中六大の新米父さん危機一髪
もったいないばあさんの部屋
100万回生きたねこの部屋
にじいろのさかなの部屋
立ち読みコーナーはこちら
読み聞かせランキングはこちら
 

(ほろほろ鳥)6月の編集後記

いま絵本新人賞の選考が佳境を迎えていますが、新人賞に応募されるメリットは、賞を取ることだけではありません。今月刊行した『ルッキオとフリフリ 大きなスイカ』は、選からもれましたが、読んだ者に強いインパクトを与える作品でした。それがご縁となって担当者との長い「熟成期間」を経て満を持しての刊行となりました。ぜひ、本屋さんで手に取って見て頂ければ、このふしぎなインパクトを共有していただけると思います。さて、長らくご愛読いただいている『講談社 絵本通信』ですが、この形での更新は、これが最後。スマホからも見やすく、SNSやツィッターなどとも連動して大幅に、リニューアルします。今よりもっと、こまめに情報発信できるようになります。またリニューアルを記念してプレゼント企画もありますので、ぜひぜひチェックをよろしく御願いします。(ほろほろ鳥)

 
次回は2014年7月31日更新予定です。
 
おすすめラインナップ
FlashPlayerが最新ではありません。

本サイトをご利用頂く為にはFlashPlayer8以上が必要です。
下記のサイトから最新のFlashPlayerをインストールしてください。

最新のFlashPlayerをインストール
●クリックすると、そのページにジャンプします。

講談社子どもの本通信 dandan
おはなし隊
twitter
でんせつのきょだいあんまんをはこべ レビュー大募集
第32回講談社絵本新人賞受賞作『ぼくと おおはしくん』刊行記念 デビュー日記連載中!
生きているのがつらいと思っているきみへのメッセージ

イラスト/高島尚子

flashplayer このサイトの一部のコンテンツでは、Macromedia Flash Player7以上が必要です。左のバナーのリンクから無償にてダウンロード可能です。
『トッキュウジャーかぞく』
講談社の創作絵本
『トッキュウジャーかぞく』
のぶみ/作
◆対象年齢:3歳から
家族

内容紹介
家族のこころを連結だ!
はるとは、大好きなトッキュウジャーに会いに行きました。ところが、会場につくと、悪の戦闘員・クローズたちが暴れています。「ぼくが、たたかう!」。はるとは、家族で力を合わせて……。
作者からのメッセージ
・作/のぶみさんからのメッセージ
「ぼく、仮面ライダーになる!」シリーズは、主人公のかんたろうが成長する話。成長すると変身する話なんですが、「トッキュウジャーかぞく」は、かぞくのあったかさ、かぞくの協力、がテーマになっています。
かぞくってなんだろうか。
他の人が喜んだら、自分も喜べる人に。他の人が悲しんだら自分も悲しめる人に。それが自分以外の人と一つになるということだと思うんです。かぞくは、一番初めに、一つになれる人、なんじゃないかな、と僕は、思います。
今回でてくるママは、はるとをよく知ってる。だから、気持ちが伝わって、優しい気持ちになるんです。かぞくと、一つになれてますか?
トッキュウジャーかぞくは、かぞくで読んで欲しい、そんな絵本です。
著者紹介
のぶみ
1978年、東京都生まれ。絵本作家。「ぼく、仮面ライダーになる!」シリーズ(講談社)や、「しんかんくん」シリーズ(あかね書房)はじめ、絵本作品は160冊以上にのぼる。ほかに、エッセイ・コミック『上を向いて歩こう!』(講談社)、『パパは絵本作家』(PHP研究所)がある。NHK「みいつけた!」では「おててえほん」、「おかあさんといっしょ」では「よわむしモンスターズ」のアニメーション制作に携わる。また、福島応援キャラクター「あたまがふくしまちゃん」を制作するなど、幅広い分野で活躍している。
担当者のうちあけ話
子どものころ、ゴレンジャーが好きでした。「大人になったらモモレンジャーになるんだ」と信じて、高いところから飛び降り(エ)たり、イアリングを投げるマネをしたりして遊んでいました。こんな子どものヒーローへの憧れを、のぶみさんが絵本にしてくれました。家族が一緒だから怖いものなし。
ちなみに、モモレンジャーにはなれませんでしたが、ショウリンジャー(少林寺拳法の拳士)になりました。ちょっとだけ強くなれました。(エ)

ページの先頭へ
『ムーミンと森のピクニック』
講談社の翻訳絵本
『おはなしとさがしもの ムーミンと森のピクニック』
パイヴィ・アレニウス/作
末延弘子/訳
◆読みきかせ:4歳から ひとり読み:6歳ごろから
家族/友だち

内容紹介
迷路やさがし絵であそべる絵本
ムーミン一家と一緒にきのこを採ったり、ベリーをつみながら、絵探しや迷路を楽しもう。
カラフルで未就学児にぴったりの知育絵本。
作者からのメッセージ
・訳/末延弘子さんからのメッセージ
ムーミン谷には仲間がたくさんいます。みんなちょっぴり変わっています。でもだからこそ、じぶんの好きなことや楽しいことを見つけるのが上手です。歌ったり、踊ったり、作ったり、それから、探したり、語ったり、夢みたり。それぞれの楽しいことを、ムーミン谷では受け入れる自由があります。『ムーミン谷のたのしいいちにち』でムーミン谷の仲間たちに親しんだあとは、森にいっしょにお出かけしてみてください。『ムーミンと森のピクニック』は、身近なところに新しい発見がいっぱいです。フィンランドの木やベリーやきのこにも出会えます。本を読みすすめていると、わたしも「あった!」と声に出して遊びたくなってきました。どきどきわくわくが尽きない二冊を、ぜひ楽しんでください。
著者紹介
パイヴィ・アレニウス(Paivi Arenius)
フリーランスのグラフィックデザイナーで、本や雑誌のイラストでの受賞多数。トーベ・ヤンソンがつくりだす温かい世界観とキャラクターを理解する能力に加え、色彩豊かなアプローチと軽妙なタッチによって、いちはやくムーミンの公認イラストレーターになった。絵本作品は、ムーミンシリーズのほかに、「アングリーバード」の絵本シリーズなどを手がけている。フィンランド在住。

末延弘子(すえのぶ ひろこ)
東海大学北欧文学科卒業、国立タンペレ大学フィンランド文学専攻修士課程修了。フィンランド文学情報センター勤務。フィンランド文学協会、カレヴァラ協会会員。レーナ・クルーンなどのフィンランド現代文学の訳書多数。訳書に『ようこそ! ムーミン谷へ─ムーミン谷博物館コレクション』『レベッカと夏の王子さま』(以上講談社)、「リストとゆかいなラウハおばさん」シリーズ(小峰書店)、『カエデ騎士団と月の精』(評論社)、『スフィンクスか、ロボットか』(東宣出版)、『うさぎのヤニスとあらいぐまのヴァンキ』(ひさかたチャイルド)など、著書に絵本『とりのうた』(教育画劇)がある。2007年度フィンランド政府外国人翻訳家賞を受賞。
担当者のうちあけ話
トーベ・ヤンソン生誕100年で、今年はとくにムーミンが盛り上がります! こちらは(J)、ムーミン童話よりも低年齢の読者に向けた、絵探しなど遊びの要素がたっぷりの絵本。迷路や、当てっこなど、楽しみながら自然にムーミンキャラクターに親しむことができます。最後のページには、答えも載っています。どうぞご家族で楽しんでください!(J)
ページの先頭へ
『ムーミン谷のたのしいいちにち』
講談社の翻訳絵本
『インデックスえほん ムーミン谷のたのしいいちにち』
パイヴィ・アレニウス/作
末延弘子/訳
◆読みきかせ:3歳ごろから ひとり読み:5歳ごろから
家族/友だち

内容紹介
ムーミン谷の仲間たちをご紹介!
ムーミンママ、ちびのミイ、ムーミントロール……おなじみのムーミン谷の住人の一日を追いながらひとりずつ紹介されていくインデックス絵本。

作者からのメッセージ
・訳/末延弘子さんからのメッセージ
ムーミン谷には仲間がたくさんいます。みんなちょっぴり変わっています。でもだからこそ、じぶんの好きなことや楽しいことを見つけるのが上手です。歌ったり、踊ったり、作ったり、それから、探したり、語ったり、夢みたり。それぞれの楽しいことを、ムーミン谷では受け入れる自由があります。『ムーミン谷のたのしいいちにち』でムーミン谷の仲間たちに親しんだあとは、森にいっしょにお出かけしてみてください。『ムーミンと森のピクニック』は、身近なところに新しい発見がいっぱいです。フィンランドの木やベリーやきのこにも出会えます。本を読みすすめていると、わたしも「あった!」と声に出して遊びたくなってきました。どきどきわくわくが尽きない二冊を、ぜひ楽しんでください。
著者紹介
パイヴィ・アレニウス(Paivi Arenius)
フリーランスのグラフィックデザイナーで、本や雑誌のイラストでの受賞多数。トーベ・ヤンソンがつくりだす温かい世界観とキャラクターを理解する能力に加え、色彩豊かなアプローチと軽妙なタッチによって、いちはやくムーミンの公認イラストレーターになった。絵本作品は、ムーミンシリーズのほかに、「アングリーバード」の絵本シリーズなどを手がけている。フィンランド在住。

末延弘子(すえのぶ ひろこ)
東海大学北欧文学科卒業、国立タンペレ大学フィンランド文学専攻修士課程修了。フィンランド文学情報センター勤務。フィンランド文学協会、カレヴァラ協会会員。レーナ・クルーンなどのフィンランド現代文学の訳書多数。訳書に『ようこそ! ムーミン谷へ─ムーミン谷博物館コレクション』『レベッカと夏の王子さま』(以上講談社)、「リストとゆかいなラウハおばさん」シリーズ(小峰書店)、『カエデ騎士団と月の精』(評論社)、『スフィンクスか、ロボットか』(東宣出版)、『うさぎのヤニスとあらいぐまのヴァンキ』(ひさかたチャイルド)など、著書に絵本『とりのうた』(教育画劇)がある。2007年度フィンランド政府外国人翻訳家賞を受賞。

担当者のうちあけ話
こちらは、本の上部にキャラクターの顔が段々につらなっている、“インデックス”タイプの絵本。朝から時間を追ってそれぞれのキャラクターが紹(J)介されていきますが、好きなキャラクターのところから読んでも楽しめます。ビジュアルは、北欧らしい明るくさわやかな美しい色合いで現代のアーティストが描き下ろしています。初めてムーミン世界に親しむ絵本として、おすすめです。(J)
ページの先頭へ
このページへのリンクについて / 講談社へのお問い合わせ / 講談社のプライバシーポリシー
Mail / おはなし隊