講談社絵本通信-講談社の絵本情報満載 毎月25日頃更新 twitter講談社BOOK倶楽部絵本が当たる!メルマガ登録はこちら
あたらしい本 最近でた本 今月のおすすめ 本をさがす
絵本新人賞 イベント情報 読み聞かせ 人気シリーズ
立ち読み 遊んでみよう 知育アルバム 連載
今月のおすすめ
「にじいろのさかな」
今月の新刊
ようちえんの おひめさま
ルッキオとフリフリ おおきなスイカ
ようちえんの おひめさま ルッキオとフリフリ おおきなスイカ
オチビサンの ひみつの はらっぱ
ちいさなタグは おおいそがし
オチビサンの ひみつの はらっぱ ちいさなタグは おおいそがし
クジラにあいたいときは
全国訪問おはなし隊 絵本の読みきかせガイドブック DVD付き
クジラにあいたいときは 全国訪問おはなし隊 絵本の読みきかせガイドブック DVD付き
2歳のどれ? クイズ たべもの
3歳のなあに? クイズ たべもの
2歳のどれ? クイズ たべもの 3歳のなあに? クイズ たべもの
じぶんでつくる シールえほん きょうりゅう
恐竜100
じぶんでつくる シールえほん きょうりゅう 恐竜100
 
絵本通信のいちおし
WEB水族館
佐々木さんの生き物どーこだ
田中六大の新米父さん危機一髪
もったいないばあさんの部屋
100万回生きたねこの部屋
にじいろのさかなの部屋
立ち読みコーナーはこちら
読み聞かせランキングはこちら
 

(ほろほろ鳥)6月の編集後記

いま絵本新人賞の選考が佳境を迎えていますが、新人賞に応募されるメリットは、賞を取ることだけではありません。今月刊行した『ルッキオとフリフリ 大きなスイカ』は、選からもれましたが、読んだ者に強いインパクトを与える作品でした。それがご縁となって担当者との長い「熟成期間」を経て満を持しての刊行となりました。ぜひ、本屋さんで手に取って見て頂ければ、このふしぎなインパクトを共有していただけると思います。さて、長らくご愛読いただいている『講談社 絵本通信』ですが、この形での更新は、これが最後。スマホからも見やすく、SNSやツィッターなどとも連動して大幅に、リニューアルします。今よりもっと、こまめに情報発信できるようになります。またリニューアルを記念してプレゼント企画もありますので、ぜひぜひチェックをよろしく御願いします。(ほろほろ鳥)

 
次回は2014年7月31日更新予定です。
 
おすすめラインナップ
FlashPlayerが最新ではありません。

本サイトをご利用頂く為にはFlashPlayer8以上が必要です。
下記のサイトから最新のFlashPlayerをインストールしてください。

最新のFlashPlayerをインストール
●クリックすると、そのページにジャンプします。

講談社子どもの本通信 dandan
おはなし隊
twitter
でんせつのきょだいあんまんをはこべ レビュー大募集
第32回講談社絵本新人賞受賞作『ぼくと おおはしくん』刊行記念 デビュー日記連載中!
生きているのがつらいと思っているきみへのメッセージ

イラスト/高島尚子

★あかちゃんのためのえほんシリーズ
心温まるイラストレーションがお母さんの愛情表現を豊かにし、赤ちゃんの心をひらき、感性を育てます。
いもとようこ/作
★講談社の幼児えほん
はじめての読み聞かせにぴったりの絵本! おもちゃ感覚の絵本から一歩進んだ絵本です。
★ブルーナの絵本
型ぬき絵本からしかけ絵本まで、子どもたちがよろこぶアイデアがいっぱいの絵本です。
ディック・ブルーナ/絵
★にじいろのさかなブック
大人気! きらきら光るうろこをもったさかなの物語。
マーカス・フィスター/絵

おすわりができるようになったら

いないいないばあ遊びが大好き。なめたり、かんだり絵本もおもちゃの時期です。
にじいろのさかなブック

たっち、つたい歩きができ、言葉がではじめたら

初めてのよみきかせにトライしてみましょう!
にじいろのさかなブック

ひとりで歩けるようになったら

ねんねの前や雨の日など、ゆったりとした気持ちで読み聞かせを!

言葉がふえてきたら

生活に根ざした絵本も楽しめるようになります。
さこももみ/作

なんでも自分でやりたいころ

ストーリーのあるお話にトライしてみましょう!
 
オイリ・タンニネン/作
渡部 翠/訳

 赤ちゃんは、ひとりで絵本を読めません。お話を理解したりすることもできないでしょう。では、なぜ絵本を与えるのでしょうか。それは、絵本を介して読んでくれるお母さんやお父さんと接するということが、意味がわかることや内容を理解するということよりもずっと重要だからです。赤ちゃんにとって、人間関係をつくり、世界とつながる体験をするための媒体が、絵本なのです。
 では、赤ちゃんにどんな絵本を読んであげるのがいいのでしょう? そんな質問を受けることがあります。わたしは、なによりも読む方自身が楽しいと思える絵本を選ぶことがいちばんだと思います。保護者の方自身が楽しんで読める絵本、心をこめて読みたくなるような絵本を選べば、自然に赤ちゃんにもその絵本を通じて読み手の気持ちが伝わるのです。
 2〜3歳になると社会性がでてきて、親から離れ、どんどん外の世界にでて冒険をしたくなる時期に入ります。そして、ひとりひとりの子どもの個性が強くでてくるころでもあります。お子さんが興味をもてるテーマや、お子さんの反応を見ながら成長の状況に合わせた内容を選ぶのもよいでしょう。また、必ずしもお子さんがいま理解できるものだけを選ばなくてはならないということではありません。ときには、理解できる範囲を超えるものを読むことも、貴重な経験となることがあります。どの絵本にも多少の幅があり、それぞれの子どもたちがその歳なりの体験ができるもの。年齢表示はあくまでも参考程度に考え、楽しく親子で読書ができればよいですね。

トップページへページの先頭へ

このページへのリンクについて / 講談社へのお問い合わせ / 講談社のプライバシーポリシー
Mail / おはなし隊