第34回講談社絵本新人賞佳作受賞
澤野秋文の制作日記(前編)

はじめまして、第34回絵本新人賞で佳作をいただいた澤野秋文です。
絵本新人賞に初めて作品を送ってから7年、今回突然の「出版してみませんか」との、ありがたいお話!
初心を忘れてしまわないように、受賞から出版に至るまでの制作日記を書き留めてみたいと思っております。皆様もおつきあいいただければ、幸いです。

「いったい何から始まるのか」と緊張しながらの最初の打ち合わせで、『絵本の構成を少し、直してみよう』というお話になりました。
担当編集者の弓引き童子さんが、私が気づかなかったストーリーの、まどろっこしい部分などを指摘してくれます。
これには「なるほど」とうなずいてしまいます。それを受けて、ラフを作り直します。(宿題みたいな感じですね)

何回も描きなおしていただいたラフ。絵本を作るのは大変なんです。(担当)

そして、そのラフを受けての打ち合わせを何度もします。
普段は会社員をしているので、メールでの連絡が多いのですが、直接お話しすると、微妙なニュアンスが伝わるので、助かります。たまに脱線もしますが、そこから面白いアイデアもでてきます。
鯉のゆ〜っ〜く〜り〜した話し方や、お化けの関西弁、などなど…冗談半分から出た話ですが、そういったディティールが決まると、それぞれのキャラクターがいっそう可愛く思えてきます。
ラフを描きながら「やはり、絵本は絵だけじゃないのだ」と大きくうなずくのでした。

澤野秋文(さわの あきふみ)

1981年東京生まれ。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業。広告関係を経て、現在マスコミ業界デザイナー。
第27回、第31回、第34回講談社絵本新人賞佳作。

講談社の創作絵本
『それなら いい いえ ありますよ』 澤野秋文/作

おすすめの家、おさがしします。
家探しの名人(猫)「ちゃまる」と、片づけギライでなまけものの「ぎんた」が織り成す、昔話風味のふしぎなお話。第34回講談社絵本新人賞佳作受賞作。

講談社 絵本新人賞 募集要項 講談社 絵本新人賞 経過と報告 講談社 絵本新人賞 Q&A 講談社 絵本新人賞 既刊

おすすめの絵本

  • もったいないばあさん

    もったいないばあさん

    真珠 まりこ/著

    「もったいない」って、どういう意味?

    きょうも あの ばあさんが やって きた――もったいない こと して ないかい?

  • だいじょうぶ だいじょうぶ

    だいじょうぶ だいじょうぶ

    いとう ひろし/文・絵

    おじいちゃんと散歩しながらわかったこと。道ばたの小さなものにも声をかけるおじいちゃん。楽しい散歩をしながら不安なことや怖いものも知ったぼく。ぼくはこのままちゃんと大きくなれるんだろうか?

  • ほしじいたけほしばあたけ

    ほしじいたけほしばあたけ

    石川 基子/作

    タマゴタケやキヌガサダケ……いろいろなきのこが暮らすきのこ村は、いつもにぎやか。そんなみんなから敬愛されているのが、ほしじいたけと、ほしばあたけ。ある日、村の子どもが谷から落ちてしまい、それを聞いたほしじいたけは、体を張って助けようとするのですが……。

  • うめじいのたんじょうび

    うめじいのたんじょうび

    かがくい ひろし/作

    今日はうめじいのたんじょうび。ところで、うめじいって、いくつなんだろ? 100さい? 200さい?? 1000さい!? 浅漬けきゅうりや、たくあんや、らっきょう漬けや千枚漬けが梅干しのうめじいをかこんで、たんじょうびを祝います。

講談社新人賞 既刊

講談社絵本新人賞 既刊一覧を見る