第34回講談社絵本新人賞受賞 
種村有希子の制作日記
第3回「子供のように粘ること」

明けましておめでとうございます。
年の始めで頭がまだぼ~っとしていますが、制作モードに体を戻していかねば! 
今年もどうぞ宜しくお願いいたします。


昨年最後の打ち合わせでは、前回の打ち合わせ後に直しをいれた原画の提出をしました。
原画をチェックする(エ)さんの目線は真剣そのもの。
しばし無言の緊張の時間! 
今回一番心配だったのが、扉の絵です。
締め切り前日までに二度描き直したものの、提出日の朝「やっぱり何かまだ違う」と思い、ぎりぎりまで粘ってもう一枚描き直しました。
私としては、やっと引っかかっていた部分をクリアできた感触がありましたが、どう見えるだろう? 
どきどきしながら二枚を比べてもらったら、(エ)さんが選んだのも当日描いたものでした! 
よかった~。
二枚の絵は、主人公の姿勢が少し違うだけなので、一見すると微妙にしか違いはないのですが、これが結構印象の大きな差になるのです。

選んだのは、どちらでしょう?

私は、ひとつのイメージを掘り下げる際、いつも一枚の絵の中で何度も消して直すのではなく、納得がいくまで同じくらいの完成度の絵を複数描いていきます。
そうやって比べながら、最良の一枚を導きだす方が、判断しやすいからです。
また、絵本の場合は全部の絵のつじつまが合わなければいけないので、自分の中での判断の基準も違います。
どんなによく描けた一枚でも、全体の中で浮いてしまうと流れを遮る要素に早変わりするのが恐ろしい!
絵も文章も、絵本の中で気持ちよく時間が流れていくための素材なんだと、今回直しの作業をしながら実感しました
。そして、大方の絵はOKが出て、(一枚再提出のものを残し……)怒濤の2012年は終わりました。

今回も、余談を少し。昨年の選挙投票日に、投票場所の小学校へ行った時のこと。
会場の教室で、三歳くらいの女の子が、絵本を抱きしめて真剣な顔で本棚の前からずっと離れないのです。
どうやら教室にあった絵本を持ち帰りたいようで、お母さんが説得中。
感動したことは、その子の頑固さとお母さんが自分の都合で絵本を取り上げてしまわないこと。
きちんと子供が納得をして本棚に自分で戻すまで待ってあげたのです。自
分もこんなお母さんになれるだろうか? 
そして、こんなに真剣な読者が相手なのだから、私も粘ることを怠らずに作ろうと身が引き締まりました。

種村有希子(たねむら ゆきこ)
1983年、北海道釧路市生まれ、多摩美術大学美術学部絵画学科卒業。絵画や映像、インスタレーションなど、様々な表現方法で作品を手がける。
2011年、第4回グラフィック「1_WALL」ファイナリスト入選、2012年、第34回講談社絵本新人賞受賞。

講談社の創作絵本
『きいのいえで』 種村有希子/作

ねぇ。おかしたべてから いったら?
ある日、ふたごのきいが「家出する」って言い出した。お気に入りの物をどんどんリュックサックに詰めていく。どうしよう、本当にいなくなっちゃうの?
第34回講談社絵本新人賞受賞作

講談社 絵本新人賞 募集要項 講談社 絵本新人賞 経過と報告 講談社 絵本新人賞 Q&A 講談社 絵本新人賞 既刊

おすすめの絵本

  • もったいないばあさん

    もったいないばあさん

    真珠 まりこ/著

    「もったいない」って、どういう意味?

    きょうも あの ばあさんが やって きた――もったいない こと して ないかい?

  • だいじょうぶ だいじょうぶ

    だいじょうぶ だいじょうぶ

    いとう ひろし/文・絵

    おじいちゃんと散歩しながらわかったこと。道ばたの小さなものにも声をかけるおじいちゃん。楽しい散歩をしながら不安なことや怖いものも知ったぼく。ぼくはこのままちゃんと大きくなれるんだろうか?

  • ほしじいたけほしばあたけ

    ほしじいたけほしばあたけ

    石川 基子/作

    タマゴタケやキヌガサダケ……いろいろなきのこが暮らすきのこ村は、いつもにぎやか。そんなみんなから敬愛されているのが、ほしじいたけと、ほしばあたけ。ある日、村の子どもが谷から落ちてしまい、それを聞いたほしじいたけは、体を張って助けようとするのですが……。

  • うめじいのたんじょうび

    うめじいのたんじょうび

    かがくい ひろし/作

    今日はうめじいのたんじょうび。ところで、うめじいって、いくつなんだろ? 100さい? 200さい?? 1000さい!? 浅漬けきゅうりや、たくあんや、らっきょう漬けや千枚漬けが梅干しのうめじいをかこんで、たんじょうびを祝います。

講談社新人賞 既刊

講談社絵本新人賞 既刊一覧を見る