第41回講談社絵本新人賞受賞
渡辺陽子の制作日記
第4回「原画の彩色」

こんにちは、「にんじゃいぬタロー」の、渡辺陽子です。今回は、原画の彩色(色塗り)について書かせていただきます。

2月中旬、ラフの最終チェックを終えて、いよいよ本文の彩色へ進みました。4月末を期限と決め、彩色、彩色、とにかく彩色の日々です。この時期、担当Kさんへのメールには「悩みながらも楽しく描いております。」と繰り返し記していました。

彩色ということで、「にんじゃいぬタロー」の原画の描き方について触れたいと思います。画材は、主に学童用の水彩絵具(F水彩、マット水彩)と、色々なメーカーの水彩色鉛筆を使っています。

色鉛筆には色見本を貼ってあります。


紙はシリウス(丈夫で安価) 四つ切 特厚口で、B3の木製パネルに水張りしています。(水張りは手間ですが、紙が波打たない事と、何度も加筆するので破損の心配が少ない事が、おおざっぱな私にはあっています。)そこに、下絵のラフを、カーボン紙のような物(片面だけ鉛筆で塗りつぶした新聞紙)で、本書きの紙に写して、色塗りをしています。「にんじゃいぬタロー」では、絵具を何度も何度も塗り重ねて、希望の色に近づけて行く方法をとっています。

彩色で特に悩んだのは、背景の色です。応募時は暗闇のシーンが多かったのですが、今回は昼間のシーンが増えた事と、暗闇のシーンも1見開きで2場面を表現するように替えた所があり、かなり悩みました。試しに、小さいサイズで色を付けて全ページ壁に貼って、全体的な色の流れをみたり、本のようにめくって、前後の色の関係をみたりしながら、試行錯誤を重ねて決めていきました。

彩色がだいたい終わった原画は、壁に掛け遠くから見て、確認する事を繰り返しました。

壁に掛けた原画。


4月30日、そうして、やっと、やっと、本文の彩色が終わりました! ゴールデンウイーク中だったので、担当Kさへはお休みが開けてからメールで画像を送りました。なんとか、本文を描き終えて本当にホットしました。まだこの後、表紙(表裏)、見返し(表裏)、物を数点 描いてくのですが、それはまた次回、書かせていただきます。

そして、現在はというと、1回目の色校が終わった所です。通常、色校は講談社でさせていただくようなのですが、現在の状況を考慮して、原画を一旦こちらに戻していただいて、打ち合わせはZOOMで行いました。

次回の制作日記は8月末頃、校閲、装丁、印刷について、書かせていただきます。
不安な状況が続いておりますが、どうぞ、みなさま、くれぐれもお身体大切にお過ごしください。

講談社 絵本新人賞 募集要項 講談社 絵本新人賞 経過と報告 講談社 絵本新人賞 Q&A 講談社 絵本新人賞 既刊

おすすめの絵本

  • もったいないばあさん

    もったいないばあさん

    真珠 まりこ/著

    「もったいない」って、どういう意味?

    きょうも あの ばあさんが やって きた――もったいない こと して ないかい?

  • だいじょうぶ だいじょうぶ

    だいじょうぶ だいじょうぶ

    いとう ひろし/文・絵

    おじいちゃんと散歩しながらわかったこと。道ばたの小さなものにも声をかけるおじいちゃん。楽しい散歩をしながら不安なことや怖いものも知ったぼく。ぼくはこのままちゃんと大きくなれるんだろうか?

  • ほしじいたけほしばあたけ

    ほしじいたけほしばあたけ

    石川 基子/作

    タマゴタケやキヌガサダケ……いろいろなきのこが暮らすきのこ村は、いつもにぎやか。そんなみんなから敬愛されているのが、ほしじいたけと、ほしばあたけ。ある日、村の子どもが谷から落ちてしまい、それを聞いたほしじいたけは、体を張って助けようとするのですが……。

  • うめじいのたんじょうび

    うめじいのたんじょうび

    かがくい ひろし/作

    今日はうめじいのたんじょうび。ところで、うめじいって、いくつなんだろ? 100さい? 200さい?? 1000さい!? 浅漬けきゅうりや、たくあんや、らっきょう漬けや千枚漬けが梅干しのうめじいをかこんで、たんじょうびを祝います。

講談社新人賞 既刊

講談社絵本新人賞 既刊一覧を見る