絵本新人賞 Q&A

  • Q.文章のみの応募はできますでしょうか。

    できません。絵と文章を合わせて絵本と考えています。絵と文章の書き手が別の方でもご応募いただけます。

  • Q.応募規定のサイズに合う用紙がないのですが?

    市販されている定形の用紙では、B3が一番近いサイズになります。入手が難しい場合は、大きめの紙を描きやすい大きさに裁断して使用してください。

  • Q.本の作りは右開きと左開きどちらがいいでしょうか。

    どちらでも自由ですが、文章が縦書きであれば右開き(右から左へ)、横書きであれば左開き(左から右へ)になっていると、文字の流れと絵の流れが一致して読みやすくなります。

  • Q.紙ではなく、布に刺繍をして作品を作ってもいいですか?

    布だけでなく、キャンバスに描きたい、しかけ絵本にしたい……など、さまざまな問い合わせを受けますが、画材・技法は自由です。選考は作品の内容を総合的に判断しますので「作り方」に関する制限はありません。ただし、はがれやすい材料や極端に重い素材など、取り扱いが難しいものは避けてください。

  • Q.絵のまわりの「余白」はどれくらい取ればよいですか?

    原画は、規定のサイズよりも少しはみ出して描いてあるほうがきれいに仕上がります。実際に絵本になったときに、絵の外側にすき間ができるのを防ぐためです。余白は「はみ出して描くための余裕」ですので、特に規定はありません。目安としては、最低10mmはあるのが望ましいです。

  • Q.鉛筆などで426×263のサイズを取ったあと、色塗り前に消した方がいいでしょうか。

    できれば消していただいたほうがよいですが、絵に影響しない程度であればそのままでもかまいません。線を引かず、四つ角にのみ鉛筆で印をつける方法も、よく使われます。

  • Q.トレーシングペーパーをかけるのは、用紙全体にかけますか?

    この斜線分がおおわれていれば十分です。原画をくるむ必要はありません。その際、絵の具などが完全に乾いてからかけるよう注意してください。大きいサイズのトレーシングペーパーがなければ、テープなどでつなぎ合わせて使ってください。文章は原画に直接書きこまず、トレーシングペーパー上に書き込んだり、印字した文字を貼り付けたりしてください。

    【ご注意ください!】

    トレーシングペーパー四方をテープ等で留めたり、完全に用紙をくるみ込んだりすると、審査の際に原画を見るのが大変困難になります。トレーシングペーパーは、あくまで絵本のサイズ(見開きなら426×263)や、塗りのばし部分をカバーできれば十分です。テープで留める箇所も、上部1箇所で問題ありません。

  • Q.デジタル制作したいのですが、作品はプリントアウトして提出しなければダメですか?

    CD-ROM(DVD)などのデータによる応募は受け付けておりません。デジタル制作の場合も、応募規定サイズにプリントアウトしたものをご応募ください。データ自体は不要です。応募規定サイズでプリントができない場合、1ページずつ印刷しテープ等で2枚つなぎ合わせてください。

  • Q.作品はどうやって梱包したらよいですか?

    平らな状態で、折れ曲がらないよう固い紙などを当てて梱包してください。筒状に丸めるのは避けてください。なお、梱包材はご返却いたしませんのでご了承ください。

  • Q.他のコンクールで落選した作品を応募してもいいですか?

    規定として、応募は「未発表」の作品に限定し、二重投稿を禁止しています。他のコンクール等に投稿されたことのある作品を応募することはご遠慮ください。これは、結果のいかんにかかわらず、コンクールに応募した時点で「発表」とみなすためです。

  • Q.外国に住んでいるため、郵便小為替が入手できないのですが?

    各国の郵便局で入手できる「国際返信切手券」(International Reply Coupon)を12枚(日本で購入した場合1500円相当)ご購入のうえ、作品に同封してお送りください。お住いの地域で国際返信切手券が販売されていない場合は、お問い合わせください。

  • Q.選考の途中経過を教えてください。

    選考経過は、月末更新の当HP内で発表します。個別のお問い合わせにはお答えできませんので、ご了承ください。

  • Q.インターネットで応募票を送信しましたが、作品を送ることができませんでした。今回の応募は見送ろうと思うのですがどうすればいいですか?

    応募票を送信したのに作品を送れなかった方は、講談社絵本新人賞事務局まで、電話かメールでご一報ください。メールの際は、お名前と作品名を明記してください。
    電話:03-5395-3534  E-mail:ehon@kodansha.co.jp

講談社 絵本新人賞 募集要項 講談社 絵本新人賞 経過と報告 講談社 絵本新人賞 Q&A 講談社 絵本新人賞 既刊

おすすめの絵本

  • ゆきみちさんぽ

    ゆきみちさんぽ

    江頭路子/作

    お気に入りのマフラー巻いて、帽子にてぶくろ、ブーツをはいて、じゅんびできたよ、いってきまーす。
    雪がいちめんに降ったある日、おさんぽで出会ったのは、どんな音? 冬のつめたい空気や透明感がみずみずしいタッチで描き出されます。雪の日が待ち遠しくなる絵本。

  • どこ? クリスマスのさがしもの

    どこ? クリスマスのさがしもの

    山形明美/作

    きょうはうれしいクリスマス。ペンギン親子が、プレゼントのおかいものにでかけます。
    さがしものがたくさん! クリスマスまでにぜんぶ見つけられるかな?

  • おぞうにくらべ

    おぞうにくらべ

    宮野聡子/作

    <行事と食べもののよみきかせ絵本>
    お正月、おばあちゃんの家へ行ったきみちゃんは、いろいろなお雑煮にであいました。野菜がいっぱいのお雑煮、しょうゆ味のお雑煮、魚が入っているお雑煮……。どの家にも、受け継がれてきた大切な味があったのです。

  • おもちのきもち

    おもちのきもち

    加岳井広/作

    第27回講談社絵本新人賞受賞作

    「もう、たいへんなんです」
    お正月、“かがみもち”は、とある決心を……。
    お年賀にどうぞ。(編集部より)

  • じゅうにしの おはなしめいろ

    じゅうにしの おはなしめいろ

    奥野涼子/作

    じゅうにしの おはなしに とうじょうする どうぶつたちが、めいろを とおって、かみさまの おやしきへ むかいます。

    十二支のお話と迷路を同時に楽しめる絵本! お正月、動物たちが神様のお屋敷へ向かいます。あちこちにお正月の風物詩や隠し絵がある楽しい迷路を通って、さあ、だれがいちばんにお屋敷に着くのかな?

  • おめでとう

    おめでとう

    茂田井武/絵 広松由希子/文

    みんながうれしいことば、「おめでとう」
    うさぎも、ねこも、ぞうも、とらも、ぼくも、わたしも、「おめでとう」。
    贈りあう幸せの言葉を、戦後の童画界を牽引した茂田井武の絵にのせて送る絵本。

  • くまのこの としこし

    くまのこの としこし

    高橋和枝/作

    親子で楽しむ、季節と行事のよみきかせ絵本
    お正月は、どんなふうに来るのかな?
    新しい年を迎えるわくわくする気持ちと、元旦のおごそかな気持ち……。子どもの目で見た「年越し」を描きます。

  • 愛蔵版 クリスマスって なあに

    愛蔵版 クリスマスって なあに

    ディック・ブルーナ/作 舟崎靖子/訳

    50周年を記念して出版された、世界じゅうの子どもたちのクリスマスを見守ってきたブルーナの絵本。イエス・キリストの誕生の物語を通して、クリスマスのほんとうの意味をやさしく伝えます。

  • ルッキオとフリフリ はじめてのクリスマス

    ルッキオとフリフリ はじめてのクリスマス

    庄野ナホコ/作

    マグロに憧れる、ねこのルッキオとフリフリ。大家さんから「クリスマス」のことを聞いて、マグロの缶詰がもらえるようにと、クリスマスツリーを飾るのですが……。

  • バーバパパのクリスマス

    バーバパパのクリスマス

    アネット・チゾン、タラス・テイラー/作
    やましたはるお/訳

    ツリーにするモミの木を切りにきたバーバパパ。ところが、その木は動物たちのたいせつなすみかだったのです。そこでパパは大変身、すてきな解決法を見つけます。

講談社新人賞 既刊

講談社絵本新人賞 既刊一覧を見る