第38回(2016年) 講談社絵本新人賞 選考経過・報告

受賞者の言葉 2016.9.28

  • 新人賞

    『ピアノ』 はまぎしかなえ(京都府)

    この度は素晴らしい賞をいただき誠にありがとうございます。私自身昔ピアノを習っていて、その時の「情景を思い浮かべて弾く」というご指導が印象的で、どうしてもあの感じを再現したい!という思いからこの絵本を作りました。より推敲を重ね、ピアノの豊かな音色と、その背景にある弾き手の人生が浮かんでくるような絵本を完成させたいと思います。改めて、選んでくださった審査員の方々、日頃からご指導いただいた先生方、そして私にピアノを習う機会をくれた両親と祖父母にお礼申し上げます。ありがとうございました!

  • 佳作

    『みずうり』 たけかわゆうこ(福岡県)

    6度目の応募で今回の賞をいただき、天にものぼる気持ちです。作品が無言で返ってくることが続くと、進む方向がわからなくなり何度も絵本を描くことをやめようと思いました。そんな時、同じ夢をもつ仲間に出会い、支えられ、進むべき道に光が見えるようになってきました。あの時、やめなくて本当によかったと思います。また気持ち新たに頑張れます。ありがとうございました!

  • 佳作

    『さむっこ』 近藤未奈(東京都)

    この度は佳作を頂きありがとうございます。こう描きたいという理想と、なかなかそこに辿り着けない現実に悩まされる日々ですが、少しずつ思いが形になって表れはじめたのだと実感しています。これからも、世の中にあふれている目に見えたり見えなかったりする素晴らしい瞬間を感じながら描き続けていきたいと思います。本当にありがとうございました。

講談社 絵本新人賞 募集要項 講談社 絵本新人賞 経過と報告 講談社 絵本新人賞 Q&A 講談社 絵本新人賞 既刊

おすすめの絵本

  • おおきくなったら きみはなんになる?

    おおきくなったら きみはなんになる?

    藤本ともひこ/文 村上康成/絵

    保育園アドバイザー歴17年の絵本作家・藤本ともひこさんが、
    毎年、卒園式で子どもたちに語りかけてきた言葉が絵本になりました。

    卒園・卒業というたいせつな時期の子どもたちへ送る、応援歌(エール)です。
    保育士さんからも絶賛の声が続々寄せられています。

  • しょうがっこうへ いこう

    しょうがっこうへ いこう

    斉藤 洋/作 田中六大/絵

    『しょうがっこうへ いこう』は新1年生向けの「遊んで学べる小学校ハウツー本」です。
    幼稚園と小学校の違いから始まる本作は、通学の仕方から、朝礼、国語や算数や体育やその他の授業、給食、お昼休み、保健室の使い方、下校まで、小学校1年生が普段行う1日の学校生活を絵本で紹介しています。

  • いちねんせいに なったから!

    いちねんせいに なったから!

    くすのきしげのり/作 田中六大/絵

    待ちに待った小学校の入学式の日、りゅうたろうくんは、「ともだちひゃくにんできるかな」と期待に胸をふくらませながら、小学校の門をくぐりました。
    そして、「どうすれば、ともだちひゃくにんできるかなあ」と考えているうちに、想像はどんどんふくらみ……。

  • ことりようちえんのいちねんかん

    ことりようちえんのいちねんかん

    文:たかてら かよ 絵:鴨下 潤

    あやちゃんは、もうすぐ幼稚園に行きます。幼稚園って、どんなことをするのかな?
    緊張の入園式、初めてのお弁当、遠足、プール、運動会に雪遊び……。幼稚園の1年間は楽しいことがいっぱい! あやちゃんが過ごす「ことりようちえん」の1年間を描きます。

  • バーバパパのがっこう

    バーバパパのがっこう

    著:A・チゾン 著:T・テイラ- 訳:山下 明生

    こんな学校あったらいいね、バーバパパ!
    子どもたちは勉強ぎらいで、学校も好きじゃありません。そこでバーバパパがゆかいな学校をつくり、楽しい授業をはじめます。おかげで、みんな学校が大好きになります。

講談社新人賞 既刊

講談社絵本新人賞 既刊一覧を見る