第38回(2016年) 講談社絵本新人賞 選考経過・報告

受賞者の言葉 2016.9.28

  • 新人賞

    『ピアノ』 はまぎしかなえ(京都府)

    この度は素晴らしい賞をいただき誠にありがとうございます。私自身昔ピアノを習っていて、その時の「情景を思い浮かべて弾く」というご指導が印象的で、どうしてもあの感じを再現したい!という思いからこの絵本を作りました。より推敲を重ね、ピアノの豊かな音色と、その背景にある弾き手の人生が浮かんでくるような絵本を完成させたいと思います。改めて、選んでくださった審査員の方々、日頃からご指導いただいた先生方、そして私にピアノを習う機会をくれた両親と祖父母にお礼申し上げます。ありがとうございました!

  • 佳作

    『みずうり』 たけかわゆうこ(福岡県)

    6度目の応募で今回の賞をいただき、天にものぼる気持ちです。作品が無言で返ってくることが続くと、進む方向がわからなくなり何度も絵本を描くことをやめようと思いました。そんな時、同じ夢をもつ仲間に出会い、支えられ、進むべき道に光が見えるようになってきました。あの時、やめなくて本当によかったと思います。また気持ち新たに頑張れます。ありがとうございました!

  • 佳作

    『さむっこ』 近藤未奈(東京都)

    この度は佳作を頂きありがとうございます。こう描きたいという理想と、なかなかそこに辿り着けない現実に悩まされる日々ですが、少しずつ思いが形になって表れはじめたのだと実感しています。これからも、世の中にあふれている目に見えたり見えなかったりする素晴らしい瞬間を感じながら描き続けていきたいと思います。本当にありがとうございました。

講談社 絵本新人賞 募集要項 講談社 絵本新人賞 経過と報告 講談社 絵本新人賞 Q&A 講談社 絵本新人賞 既刊

母の日・父の日におすすめの絵本

  • おかあちゃんがつくったる

    おかあちゃんがつくったる

    長谷川義史/作

    ぼくが欲しいものは、なんでもミシンで作ってしまうお母ちゃん。でも、ちょっとかっこわるい。ある日ぼくは……。すべての“おかあちゃん”と、その子どもたちへおくる温かい親子の物語。

  • てんごくの おとうちゃん

    てんごくの おとうちゃん

    長谷川義史/作

    天国のおとうちゃん、元気にしてますか。 幼いころに亡くした父との、少ないけれど大切な思い出。人気絵本作家、長谷川義史が描く、温かいユーモアで包み込まれた父と子の交流が、心にしみ渡る一冊です。

  • ずーっといっしょ

    ずーっといっしょ

    マリアン・クシマノ/文
    市川里美/絵
    森山 京/訳

    おおきな父親くまの、おおきな愛情につつまれて、のびのびと遊ぶ小さな子どもくまの一日のお話。何気ない日常のしあわせを気づかせてくれる、パパと一緒に読んでもらいたい絵本です!

講談社新人賞 既刊

講談社絵本新人賞 既刊一覧を見る