第39回(2017年) 講談社絵本新人賞 
選考経過・報告

中間報告 第一次選考結果 2017.7.14

第39回絵本新人賞は、590作品もの応募をいただき、目下選考作業中です。第一次選考では54作品が通過しました。今後、第二次選考、最終選考結果を随時お伝えする予定ですので、楽しみにお待ちください。また、応募してくださった方々の作品は、8月から9月にかけて返却の予定です。

第一次選考通過作品

  • 『パイナップルおやじのからあげや』
    綾野本汰
  • 『ねんりんのぐるじいとくるり』
    赤司博城
  • 『なかにわのやくしゃさん』
    近藤未奈
  • 『びっくり!どうぶつまんじゅう』
    浅倉めぐ
  • 『コンテナのコンタのおはなし』
    ホークスみよし
  • 『どうぶつえんのカラス』
    くめさとえ
  • 『おいらとあいつ』
    坪井奏
  • 『ようこそハトまちへ』
    ハナウタユキ
  • 『うれないふたごのケーキ』
    シマダナオ
  • 『のはらのキーポ』
    すわりん
  • 『ふしぎなえんそく』
    弓削真由子
  • 『おうちさん』
    おしべ
  • 『なんじなんぷんなんじゅうびょう?ちきゅうがなんかいまわったとき?』
    たまむらさちこ
  • 『じいちゃんのまほうのめ』
    おきたえみ
  • 『はんぶんこ』
    倉持祥
  • 『ほこりのコリー』
    なかい かおり
  • 『じゃんけんぽんっのともだち』
    オノガワ アサコ
  • 『サンタさんへのおくりもの』
    黄 くみこ
  • 『ボクの机にハエがとんできた』
    若杉幸花
  • 『イーサンとあかいボール』
    酉山 ぷい
  • 『パンケーキをいっしょに』
    都森くらり
  • 『大阪がまがえる』
    里谷真吾
  • 『あしたてんきになあれ』
    阪幹子/阪吉章
  • 『かもしれない』
    しらいし さと
  • 『かくれもり』
    降幡好華
  • 『つきよに』
    ナオト
  • 『まきおくんとどろんこちゃん』
    鈴木高徳
  • 『きみにはみえるかな』
    なかもと しゅう/北村絵理
  • 『ひみつのかばん』
    青葉 樹奈
  • 『ぷるるん せんしゅけん』
    いちたに みよこ
  • 『うんこともうします。』
    小林希
  • 『かわのしんごうき』
    木奈栗どん
  • 『まって まって ちょっと まって』
    そらの みみた
  • 『たまごのえほん』
    としま ゆうこ
  • 『ロボピーのたんじょうびプレゼント』
    タクト/ジュラ
  • 『いっぺん やって みたかってん』
    はっとり ひろき
  • 『おばあちゃんのミシン』
    米山光/秋山拓
  • 『たいりょうあみ』
    たかし まな/たかし まり
  • 『つみきのまちをつくっちゃお』
    梅原万奈
  • 『おいしいあめ』
    近藤万里恵
  • 『ペットボトルまじん』
    TOTOKAKA
  • 『どせいのわっか』
    瀧このみ
  • 『かくれんぼするものこのゆびとまれ』
    奥野哉子
  • 『あかさんあおさんのいちにち』
    まえださやか
  • 『小ぼうず とん・ちん・かん』
    ただのぶこ
  • 『ごろちゃんとでんしゃ』
    いいづかみこ
  • 『ねこのぼうし ねずみのぼうし』
    さとうまなぶ
  • 『かめのおじさん』
    渋沢 恵美
  • 『ふうがわりな おきゃくさん』
    土井りつ子
  • 『なかないで はなちゃん』
    たけかわゆうこ
  • 『レインボ-ジ-ノ』
    安陪由李佳
  • 『せみ山で』
    しょうじ りお
  • 『そらとぶくじら』
    たまがわきよみ
  • 『かえるのおてんき』
    中村紅葉
講談社 絵本新人賞 募集要項 講談社 絵本新人賞 経過と報告 講談社 絵本新人賞 Q&A 講談社 絵本新人賞 既刊

おすすめの絵本

  • おおきくなったら きみはなんになる?

    おおきくなったら きみはなんになる?

    藤本ともひこ/文 村上康成/絵

    保育園アドバイザー歴17年の絵本作家・藤本ともひこさんが、
    毎年、卒園式で子どもたちに語りかけてきた言葉が絵本になりました。

    卒園・卒業というたいせつな時期の子どもたちへ送る、応援歌(エール)です。
    保育士さんからも絶賛の声が続々寄せられています。

  • しょうがっこうへ いこう

    しょうがっこうへ いこう

    斉藤 洋/作 田中六大/絵

    『しょうがっこうへ いこう』は新1年生向けの「遊んで学べる小学校ハウツー本」です。
    幼稚園と小学校の違いから始まる本作は、通学の仕方から、朝礼、国語や算数や体育やその他の授業、給食、お昼休み、保健室の使い方、下校まで、小学校1年生が普段行う1日の学校生活を絵本で紹介しています。

  • いちねんせいに なったから!

    いちねんせいに なったから!

    くすのきしげのり/作 田中六大/絵

    待ちに待った小学校の入学式の日、りゅうたろうくんは、「ともだちひゃくにんできるかな」と期待に胸をふくらませながら、小学校の門をくぐりました。
    そして、「どうすれば、ともだちひゃくにんできるかなあ」と考えているうちに、想像はどんどんふくらみ……。

  • ことりようちえんのいちねんかん

    ことりようちえんのいちねんかん

    文:たかてら かよ 絵:鴨下 潤

    あやちゃんは、もうすぐ幼稚園に行きます。幼稚園って、どんなことをするのかな?
    緊張の入園式、初めてのお弁当、遠足、プール、運動会に雪遊び……。幼稚園の1年間は楽しいことがいっぱい! あやちゃんが過ごす「ことりようちえん」の1年間を描きます。

  • バーバパパのがっこう

    バーバパパのがっこう

    著:A・チゾン 著:T・テイラ- 訳:山下 明生

    こんな学校あったらいいね、バーバパパ!
    子どもたちは勉強ぎらいで、学校も好きじゃありません。そこでバーバパパがゆかいな学校をつくり、楽しい授業をはじめます。おかげで、みんな学校が大好きになります。

講談社新人賞 既刊

講談社絵本新人賞 既刊一覧を見る