第39回(2017年) 講談社絵本新人賞 選考経過・報告

受賞者の言葉 2017.9.29

  • 新人賞

    『いっぺん やって みたかってん』 はっとりひろき(三重県)

    はじめまして、はっとりひろきです。
    この度は、第39回講談社絵本新人賞に選んで頂き選考委員の先生方、編集部の皆様、応援して下さった方々、本当にありがとうございました。
    今まで学んできた事を踏まえ、自分が楽しみながら作った作品で受賞できた事に大きな喜びを感じています。
    まだ実感はありませんが、毎日ドキドキそして、わくわくしています。自分一人の力だけでの結果ではないという事を忘れず、良い作品を作っていきたいです。

  • 佳作

    『ようこそハトまちへ』 ハナウタユキ(神奈川県)

    受賞のお電話をいただいた時、夕飯の支度をしていたので、あわてて火を止めました。
    そして「ドッキリですか?」ときいてしまいました……。
    そんな私ですが、佳作をいただきありがとうございます。
    とても光栄です。
    ただ、ふつふつと残念に思う自分もいて……出版したいという気持ちが強かったことにも、いま驚いています。
    まだまだこれからですので、精進します。
    最後に、絵本新人賞を支えられている皆様、お世話になった皆様、家族に感謝します。
    これからも見守っていただけると嬉しいです。

  • 佳作

    『ごろちゃんとでんしゃ』 いいづかみこ(東京都)

    この度は、佳作に選んでいただき、ありがとうございます。
    「ごろちゃんとでんしゃ」は、駅で小さい子供がお母さんと一緒に、電車を見ている姿を見かけたことがアイデアのきっかけでした。そこから発想が、飛んだり跳ねたり、伸びたり縮んだりして、この作品ができました。これから面白い作品をたくさん作りたいです。そのために、地道に努力をしていきたいと思います。受賞は大きな励みになりました。ありがとうございました。

講談社 絵本新人賞 募集要項 講談社 絵本新人賞 経過と報告 講談社 絵本新人賞 Q&A 講談社 絵本新人賞 既刊

おすすめの絵本

  • どしゃぶり

    どしゃぶり

    おーなり 由子/文 はた こうしろう/絵

    どしゃぶりは、雨つぶたちとしゃべったり、あそんだりできる特別なとき!
    たくさんの雨の音、雨つぶの、いろんな輝き。
    雨のにおい、水たまり、絵に耳をすますと、
    雨の音がきこえます。

  • 新版 星空キャンプ

    新版 星空キャンプ

    村上 康成/作

    月曜日、ここへ来た日、水のきれいさと、大きなマスに息をのみました。火曜日、ガンの家族がテントのそばにやってきました。水曜日、小さな湖では、風も音も、なにもありませんでした。木曜日、ハンモックでうとうと。金曜日、キイチゴつみは原っぱの味がする。ミナとお父さん、お母さんの1週間の星空キャンプ。

  • ぼんちゃんのぼんやすみ

    ぼんちゃんのぼんやすみ

    あおき ひろえ/作

    子どもに伝えたい日本の風習
    ご先祖さまの霊がかえってくるというお盆。ぼんちゃんが、夏休みにいなかで過ごしたお盆は……!?
    親子で楽しむ、季節と行事のよみきかせ絵本

  • きもだめし

    きもだめし

    新井 洋行/作

    『きもだめし』は、その名の通り、夏の風物詩である肝試しがテーマの、縦開きのしかけ絵本です。
     不気味な日本人形の、おどろおどろしい肝試しへの案内から、本作は始まります。幽霊や、一つ目お化け、ろくろっくび、のっぺらぼうなど、定番のお化けや妖怪が次々に登場します。 おはなし会や、親子でドキドキしながら楽しめる1冊です。

  • ルッキオとフリフリ おおきなスイカ

    ルッキオとフリフリ おおきなスイカ

    庄野 ナホコ/作

    マグロのおさしみに憧れる、ねこのルッキオとフリフリ。
    ある日、庭になったおおきなスイカで、ひともうけしてマグロのおさしみを食べようと、売りにでかけますが……。

講談社新人賞 既刊

講談社絵本新人賞 既刊一覧を見る