第39回(2017年) 講談社絵本新人賞 選考経過・報告

受賞者の言葉 2017.9.29

  • 新人賞

    『いっぺん やって みたかってん』 はっとりひろき(三重県)

    はじめまして、はっとりひろきです。
    この度は、第39回講談社絵本新人賞に選んで頂き選考委員の先生方、編集部の皆様、応援して下さった方々、本当にありがとうございました。
    今まで学んできた事を踏まえ、自分が楽しみながら作った作品で受賞できた事に大きな喜びを感じています。
    まだ実感はありませんが、毎日ドキドキそして、わくわくしています。自分一人の力だけでの結果ではないという事を忘れず、良い作品を作っていきたいです。

  • 佳作

    『ようこそハトまちへ』 ハナウタユキ(神奈川県)

    受賞のお電話をいただいた時、夕飯の支度をしていたので、あわてて火を止めました。
    そして「ドッキリですか?」ときいてしまいました……。
    そんな私ですが、佳作をいただきありがとうございます。
    とても光栄です。
    ただ、ふつふつと残念に思う自分もいて……出版したいという気持ちが強かったことにも、いま驚いています。
    まだまだこれからですので、精進します。
    最後に、絵本新人賞を支えられている皆様、お世話になった皆様、家族に感謝します。
    これからも見守っていただけると嬉しいです。

  • 佳作

    『ごろちゃんとでんしゃ』 いいづかみこ(東京都)

    この度は、佳作に選んでいただき、ありがとうございます。
    「ごろちゃんとでんしゃ」は、駅で小さい子供がお母さんと一緒に、電車を見ている姿を見かけたことがアイデアのきっかけでした。そこから発想が、飛んだり跳ねたり、伸びたり縮んだりして、この作品ができました。これから面白い作品をたくさん作りたいです。そのために、地道に努力をしていきたいと思います。受賞は大きな励みになりました。ありがとうございました。

講談社 絵本新人賞 募集要項 講談社 絵本新人賞 経過と報告 講談社 絵本新人賞 Q&A 講談社 絵本新人賞 既刊

おすすめの絵本

  • おおきくなったら きみはなんになる?

    おおきくなったら きみはなんになる?

    藤本ともひこ/文 村上康成/絵

    保育園アドバイザー歴17年の絵本作家・藤本ともひこさんが、
    毎年、卒園式で子どもたちに語りかけてきた言葉が絵本になりました。

    卒園・卒業というたいせつな時期の子どもたちへ送る、応援歌(エール)です。
    保育士さんからも絶賛の声が続々寄せられています。

  • しょうがっこうへ いこう

    しょうがっこうへ いこう

    斉藤 洋/作 田中六大/絵

    『しょうがっこうへ いこう』は新1年生向けの「遊んで学べる小学校ハウツー本」です。
    幼稚園と小学校の違いから始まる本作は、通学の仕方から、朝礼、国語や算数や体育やその他の授業、給食、お昼休み、保健室の使い方、下校まで、小学校1年生が普段行う1日の学校生活を絵本で紹介しています。

  • いちねんせいに なったから!

    いちねんせいに なったから!

    くすのきしげのり/作 田中六大/絵

    待ちに待った小学校の入学式の日、りゅうたろうくんは、「ともだちひゃくにんできるかな」と期待に胸をふくらませながら、小学校の門をくぐりました。
    そして、「どうすれば、ともだちひゃくにんできるかなあ」と考えているうちに、想像はどんどんふくらみ……。

  • ことりようちえんのいちねんかん

    ことりようちえんのいちねんかん

    文:たかてら かよ 絵:鴨下 潤

    あやちゃんは、もうすぐ幼稚園に行きます。幼稚園って、どんなことをするのかな?
    緊張の入園式、初めてのお弁当、遠足、プール、運動会に雪遊び……。幼稚園の1年間は楽しいことがいっぱい! あやちゃんが過ごす「ことりようちえん」の1年間を描きます。

  • バーバパパのがっこう

    バーバパパのがっこう

    著:A・チゾン 著:T・テイラ- 訳:山下 明生

    こんな学校あったらいいね、バーバパパ!
    子どもたちは勉強ぎらいで、学校も好きじゃありません。そこでバーバパパがゆかいな学校をつくり、楽しい授業をはじめます。おかげで、みんな学校が大好きになります。

講談社新人賞 既刊

講談社絵本新人賞 既刊一覧を見る