第40回(2018年) 講談社絵本新人賞 
選考経過・報告

中間報告 第二次選考結果 2018.7.30

第40回絵本新人賞は、566作品もの応募をいただきました。
第一次選考で56作品に絞られた後、第二次選考では19作品が通過しました。
次回は、最終選考結果をお伝え出来る予定です。楽しみにお待ちください。

第二次選考通過作

  • 『ネコとネズミと十二支のバトン』
    柳井 利榮子
  • 『もぐらのおじさん』
    いいづか みこ
  • 『まよなかのせおよぎ』
    近藤 未奈
  • 『なないろの そらがとどける たからもの』
    清木 裕日
  • 『そのとき ありさんは』
    鈴木 りつ子
  • 『めぐちゃんのおしろ』
    桃戸 栗子
  • 『ともくんのズボン』
    おきた もも
  • 『スキニーとガリー ダンスパーティへいく』
    濵田 美和
  • 『おはなにちょうちょがとまっているよ』
    ナオト
  • 『ブルばあ と るぶちゃん』
    斎藤 史佳
  • 『そおっと そおっと』
    榊原 悠介
  • 『かっぱおんせん』
    くにやす かおり
  • 『ゆるしてちょんまげ』
    ととかか
  • 『おにぎりコンテスト』
    よしもと のりこ
  • 『でぐちのあるおうち』
    相澤 一貴
  • 『あめのオーケストラ』
    さとう まなぶ
  • 『あめふりおむかえ』
    白鳥 ぴのら
  • 『めんぼうズ』
    かねこ まき
  • 『まんじゅうがっこう』
    シブサワ 恵美
講談社 絵本新人賞 募集要項 講談社 絵本新人賞 経過と報告 講談社 絵本新人賞 Q&A 講談社 絵本新人賞 既刊

おすすめの絵本

  • どしゃぶり

    どしゃぶり

    おーなり 由子/文 はた こうしろう/絵

    どしゃぶりは、雨つぶたちとしゃべったり、あそんだりできる特別なとき!
    たくさんの雨の音、雨つぶの、いろんな輝き。
    雨のにおい、水たまり、絵に耳をすますと、
    雨の音がきこえます。

  • 新版 星空キャンプ

    新版 星空キャンプ

    村上 康成/作

    月曜日、ここへ来た日、水のきれいさと、大きなマスに息をのみました。火曜日、ガンの家族がテントのそばにやってきました。水曜日、小さな湖では、風も音も、なにもありませんでした。木曜日、ハンモックでうとうと。金曜日、キイチゴつみは原っぱの味がする。ミナとお父さん、お母さんの1週間の星空キャンプ。

  • ぼんちゃんのぼんやすみ

    ぼんちゃんのぼんやすみ

    あおき ひろえ/作

    子どもに伝えたい日本の風習
    ご先祖さまの霊がかえってくるというお盆。ぼんちゃんが、夏休みにいなかで過ごしたお盆は……!?
    親子で楽しむ、季節と行事のよみきかせ絵本

  • きもだめし

    きもだめし

    新井 洋行/作

    『きもだめし』は、その名の通り、夏の風物詩である肝試しがテーマの、縦開きのしかけ絵本です。
     不気味な日本人形の、おどろおどろしい肝試しへの案内から、本作は始まります。幽霊や、一つ目お化け、ろくろっくび、のっぺらぼうなど、定番のお化けや妖怪が次々に登場します。 おはなし会や、親子でドキドキしながら楽しめる1冊です。

  • ルッキオとフリフリ おおきなスイカ

    ルッキオとフリフリ おおきなスイカ

    庄野 ナホコ/作

    マグロのおさしみに憧れる、ねこのルッキオとフリフリ。
    ある日、庭になったおおきなスイカで、ひともうけしてマグロのおさしみを食べようと、売りにでかけますが……。

講談社新人賞 既刊

講談社絵本新人賞 既刊一覧を見る