第40回(2018年) 講談社絵本新人賞 
選考経過・報告

中間報告 第二次選考結果 2018.7.30

第40回絵本新人賞は、566作品もの応募をいただきました。
第一次選考で56作品に絞られた後、第二次選考では19作品が通過しました。
次回は、最終選考結果をお伝え出来る予定です。楽しみにお待ちください。

第二次選考通過作

  • 『ネコとネズミと十二支のバトン』
    柳井 利榮子
  • 『もぐらのおじさん』
    いいづか みこ
  • 『まよなかのせおよぎ』
    近藤 未奈
  • 『なないろの そらがとどける たからもの』
    清木 裕日
  • 『そのとき ありさんは』
    鈴木 りつ子
  • 『めぐちゃんのおしろ』
    桃戸 栗子
  • 『ともくんのズボン』
    おきた もも
  • 『スキニーとガリー ダンスパーティへいく』
    濵田 美和
  • 『おはなにちょうちょがとまっているよ』
    ナオト
  • 『ブルばあ と るぶちゃん』
    斎藤 史佳
  • 『そおっと そおっと』
    榊原 悠介
  • 『かっぱおんせん』
    くにやす かおり
  • 『ゆるしてちょんまげ』
    ととかか
  • 『おにぎりコンテスト』
    よしもと のりこ
  • 『でぐちのあるおうち』
    相澤 一貴
  • 『あめのオーケストラ』
    さとう まなぶ
  • 『あめふりおむかえ』
    白鳥 ぴのら
  • 『めんぼうズ』
    かねこ まき
  • 『まんじゅうがっこう』
    シブサワ 恵美
講談社 絵本新人賞 募集要項 講談社 絵本新人賞 経過と報告 講談社 絵本新人賞 Q&A 講談社 絵本新人賞 既刊

おすすめの絵本

  • ねんねん どっち?

    ねんねん どっち?

    宮野聡子/作

    どっち? という楽しい質問につぎつぎ答えていくうちに、自然に眠りの世界へといざなっていきます。おやすみ前のひととき、「どっちあそび」で親子の豊かな時間をすごしませんか?

  • ねんね

    ねんね

    さこももみ/作

    「おばけがこわくてねむれない。」というまみちゃん。だいじょうぶ、おばけもママといっしょにねんねしちゃったよ。安心しておやすみ。かわいい寝かしつけの絵本です。

  • ゆっくり おやすみ にじいろの さかな

    ゆっくり おやすみ にじいろの さかな

    マーカス・フィスター/作
    谷川俊太郎/訳

    眠れないにじうおは、こわいことばかり考えてしまいます。親子の愛情を感じさせる一冊。手に取りやすいミニサイズの年少版もおすすめです。

  • 0・1・2さいのすこやかねんねのふわふわえほん

    0・1・2さいのすこやかねんねのふわふわえほん

    前橋明/監修

    おふとんみたいに表紙がふわふわ! しぜんに生活リズムが身につき、気持ちのよい眠りへとみちびく、心とからだが安心するおはなしいっぱい!
    親子のふれあいを生む、ねんねのうたとおはなし決定版!

  • おやすみなさいの おと

    おやすみなさいの おと

    いりやまさとし/作

    おやすみなさいの時間です。でも、あらいぐまの子どもたちは、外からきこえてくる音が気になって眠れません。心安らぐ、静かでやさしい寝かしつけの絵本。

  • おやすみ ぞうちゃん

    おやすみ ぞうちゃん

    三浦太郎/作

    ぞうちゃんは、泣いたり笑ったり、おおいそがし。おやすみまでの一日を、ユーモアたっぷり、愛情豊かに描きます。シリーズ第3弾。

講談社新人賞 既刊

講談社絵本新人賞 既刊一覧を見る