第40回(2018年) 講談社絵本新人賞 
選考経過・報告

最終選考結果 新人賞1作品、佳作2作品が決定! 2018.8.10

 第40回講談社絵本新人賞最終選考会は、審査員に4名の先生方(木坂涼先生、はたこうしろう先生、松成真理子先生、村上康成先生)を迎え、本社・幼児図書編集長を加えた5名で、講談社にて行われました。
 今回の応募総数は、566作品。一次選考で56作品に絞られた後、二次選考で残った19作品をもって最終選考が行われました。選考会後半には、数作品を前に激論が交わされ、厳正な審査の結果、新人賞は、近藤未奈さんの『まよなかのせおよぎ』に決定しました。佳作は、ナオトさんの『おはなにちょうちょがとまっているよ』、ととかかさんの『ゆるしてちょんまげ』が選出されました。受賞者のみなさま、おめでとうございます。

新人賞
正賞:賞状・記念品 副賞:50万円・単行本として刊行
『まよなかのせおよぎ』 近藤未奈(東京都)

佳作
正賞:賞状 副賞:20万円
『おはなにちょうちょがとまっているよ』 ナオト(兵庫県)
『ゆるしてちょんまげ』 ととかか(東京都)

なお、初版刊行時印税は、賞金に含まれます。

最終選考会の様子です。

講談社 絵本新人賞 募集要項 講談社 絵本新人賞 経過と報告 講談社 絵本新人賞 Q&A 講談社 絵本新人賞 既刊

おすすめの絵本

  • たなばたまつり

    たなばたまつり

    松成 真理子/作

    願いは、きっとかなう
    七夕の夜、短冊に書かれた願いの言葉たちは、夜の空へとのぼっていって……。
    心あたたまる七夕のおはなし
    親子で楽しむ、季節と行事のよみきかせ絵本

  • おじいちゃんちの たうえ

    おじいちゃんちの たうえ

    作:さこ ももみ

    今日は「田植え」の日! 
    一家総出で行う田植えのようすと、春の田んぼの気持ちよさを描きます。

  • いちねんせいの1年間 さんかんびに おめでとう!

    いちねんせいの1年間 さんかんびに おめでとう!

    くすのき しげのり/作 つがね ちかこ/絵

    きょうは、初めての参観日。授業が始まる前、みんなドキドキして後ろを向いています。
    でも、あすかちゃんのお父さんはなかなか来てくれません。とうとう授業は始まってしまいました。お父さんは「参観に行けるかどうかは分からない」と言っていたけど……。期待と不安でいっぱいになりながら、何度も後ろを振り返るあすかちゃん。そのとき!

  • いちねんせいの1年間 がんばれ、なみちゃん!

    いちねんせいの1年間 がんばれ、なみちゃん!

    くすのき しげのり/作 宮澤ナツ/絵

    いつもは不安げな転校生のなみちゃん。でもプールの授業でのすばらしい泳ぎに、みんなはびっくり。夏を通したなみちゃんの成長物語。

  • いちねんせいの1年間 はしれ、ゴールの むこうまで!

    いちねんせいの1年間 はしれ、ゴールの むこうまで!

    くすのき しげのり/作 稲葉 卓也/絵

    小学校行事の運動会をテーマにした絵本です。走るのが苦手な主人公の男の子をエネルギッシュな校長先生が奮闘し、ゴールを走り抜ける爽快感を伝えます。

講談社新人賞 既刊

講談社絵本新人賞 既刊一覧を見る