第40回(2018年) 講談社絵本新人賞 選考経過・報告

受賞者の言葉 2018.9.28

  • 新人賞

    『まよなかのせおよぎ』 近藤未奈(東京都)

    この度は、新人賞を頂き誠にありがとうございます。
    今までにないものを描くぞ!と息巻いて大失敗し、一通り空回りした後で、「こういうのが好きなんだった」と、冷静さを取り戻した時にポンと出てきた物語です。
    この作品がもっと豊かなものになるように、完成まで素直な気持ちのままで、そして楽しむことを忘れないで取り組んでいきたいと思います。
    選んで下さった選考委員の皆様、応援し続けて下さった皆様、本当にありがとうございました。

  • 佳作

    『おはなにちょうちょがとまっているよ』 ナオト(兵庫県)

    僕にとって絵本新人賞受賞は大きな目標のひとつでした。この作品は時間をかけつくり込んだものではなく、あっという間に出来た作品です。メモ紙に花と蝶を描き、そこへリスを描き足しました。あとはただただ自然な流れに任せてといった感じで、迷いなくとても楽しい気持ちで描けたので、これはいい作品が出来たなあと思いました。今回の受賞を励みに、これからも作家活動を続けて行きたいと思います。この度はありがとうございました。

  • 佳作

    『ゆるしてちょんまげ』 ととかか(東京都)

    この度は、佳作に選出頂きありがとうございます。 連絡を頂いた日は、嬉しくて何も手につきませんでした。翌日も浮ついたまま洗濯物を干し、リビングに戻ると、息子が油性ボールペンで壁に豪快に落書きをしていました。その瞬間、全てが吹き飛び、現実に引き戻されました。今後、壁の落書きを見るたびに、私達は息子のしてやったりな笑顔と、佳作入選を思い出す事でしょう。

講談社 絵本新人賞 募集要項 講談社 絵本新人賞 経過と報告 講談社 絵本新人賞 Q&A 講談社 絵本新人賞 既刊

おすすめの絵本

  • たなばたまつり

    たなばたまつり

    松成 真理子/作

    願いは、きっとかなう
    七夕の夜、短冊に書かれた願いの言葉たちは、夜の空へとのぼっていって……。
    心あたたまる七夕のおはなし
    親子で楽しむ、季節と行事のよみきかせ絵本

  • おじいちゃんちの たうえ

    おじいちゃんちの たうえ

    作:さこ ももみ

    今日は「田植え」の日! 
    一家総出で行う田植えのようすと、春の田んぼの気持ちよさを描きます。

  • いちねんせいの1年間 さんかんびに おめでとう!

    いちねんせいの1年間 さんかんびに おめでとう!

    くすのき しげのり/作 つがね ちかこ/絵

    きょうは、初めての参観日。授業が始まる前、みんなドキドキして後ろを向いています。
    でも、あすかちゃんのお父さんはなかなか来てくれません。とうとう授業は始まってしまいました。お父さんは「参観に行けるかどうかは分からない」と言っていたけど……。期待と不安でいっぱいになりながら、何度も後ろを振り返るあすかちゃん。そのとき!

  • いちねんせいの1年間 がんばれ、なみちゃん!

    いちねんせいの1年間 がんばれ、なみちゃん!

    くすのき しげのり/作 宮澤ナツ/絵

    いつもは不安げな転校生のなみちゃん。でもプールの授業でのすばらしい泳ぎに、みんなはびっくり。夏を通したなみちゃんの成長物語。

  • いちねんせいの1年間 はしれ、ゴールの むこうまで!

    いちねんせいの1年間 はしれ、ゴールの むこうまで!

    くすのき しげのり/作 稲葉 卓也/絵

    小学校行事の運動会をテーマにした絵本です。走るのが苦手な主人公の男の子をエネルギッシュな校長先生が奮闘し、ゴールを走り抜ける爽快感を伝えます。

講談社新人賞 既刊

講談社絵本新人賞 既刊一覧を見る