第41回(2019年) 講談社絵本新人賞 選考経過・報告

受賞者の言葉 2019.9.30

  • 新人賞

    『にんじゃいぬタロー』 渡辺陽子(神奈川県)

    この度は、新人賞に選んでいただきまして、ありがとうございます。こんな奇跡が起こるなんて夢のようです。
    『にんじゃいぬタロー』は、我が家の愛犬をモデルに作りました。何度も挫折しながら、やっと応募できた作品なので、受賞できて本当に嬉しいです。
    出版に向けて、みなさまに楽しんでいただける作品となるよう一つ一つ大切に取り組んで行きたいと思います。選考委員の皆様、応援して下さった皆様、本当にありがとうございました。

  • 佳作

    『はじめてのおかあさん』 榊原悠介(岐阜県)

    3歳の娘が可愛くて描きはじめました。そして、あらゆることが初めてで、見るものすべてが新鮮であろう子どもが、絵本を読むことでその感動を再体験できるにはどんな本にすればいいだろうと考えました。実際にあったエピソードではないのに、読むことで体験に変えられる絵本というメディアって、すごいです。絵本の力を活かした本になっていたかな……。この度は素晴らしい賞をありがとうございました。

  • 佳作

    『ぼくのバジオくん』 用宗バジ(静岡県)

    素晴らしい賞をありがとうございます。
    予想以上に時間がかってしまい「間に合わない、もう無理だ、今回は応募をやめよう」とまで思ってしまった作品でした。でも 諦めずにやってよかった・・・。

  • 佳作

    『となりのおじいさん と ぼく』 もちづきかおり(東京都)

    この度は、佳作に選んでいただきありがとうございます。続けてきてよかったと、しみじみ思っています。『となりのおじいさん と ぼく』は、以前住んだ家での、お隣とのやりとりからアイデアが出たお話です。受賞がとても嬉しくて、ご挨拶に伺おうかしらと思いましたが、「まだお爺さんではない!」と怒られそうなので、やめておきます。
    選んで下さった先生方、編集部の皆様、応援してくれる家族や友人に、心から感謝しています。
    ますます頑張ります。これからもよろしくお願いいたします。

講談社 絵本新人賞 募集要項 講談社 絵本新人賞 経過と報告 講談社 絵本新人賞 Q&A 講談社 絵本新人賞 既刊

おすすめの絵本

  • ねんねん どっち?

    ねんねん どっち?

    宮野聡子/作

    どっち? という楽しい質問につぎつぎ答えていくうちに、自然に眠りの世界へといざなっていきます。おやすみ前のひととき、「どっちあそび」で親子の豊かな時間をすごしませんか?

  • ねんね

    ねんね

    さこももみ/作

    「おばけがこわくてねむれない。」というまみちゃん。だいじょうぶ、おばけもママといっしょにねんねしちゃったよ。安心しておやすみ。かわいい寝かしつけの絵本です。

  • ゆっくり おやすみ にじいろの さかな

    ゆっくり おやすみ にじいろの さかな

    マーカス・フィスター/作
    谷川俊太郎/訳

    眠れないにじうおは、こわいことばかり考えてしまいます。親子の愛情を感じさせる一冊。手に取りやすいミニサイズの年少版もおすすめです。

  • 0・1・2さいのすこやかねんねのふわふわえほん

    0・1・2さいのすこやかねんねのふわふわえほん

    前橋明/監修

    おふとんみたいに表紙がふわふわ! しぜんに生活リズムが身につき、気持ちのよい眠りへとみちびく、心とからだが安心するおはなしいっぱい!
    親子のふれあいを生む、ねんねのうたとおはなし決定版!

  • おやすみなさいの おと

    おやすみなさいの おと

    いりやまさとし/作

    おやすみなさいの時間です。でも、あらいぐまの子どもたちは、外からきこえてくる音が気になって眠れません。心安らぐ、静かでやさしい寝かしつけの絵本。

  • おやすみ ぞうちゃん

    おやすみ ぞうちゃん

    三浦太郎/作

    ぞうちゃんは、泣いたり笑ったり、おおいそがし。おやすみまでの一日を、ユーモアたっぷり、愛情豊かに描きます。シリーズ第3弾。

講談社新人賞 既刊

講談社絵本新人賞 既刊一覧を見る