絵本をご紹介いただくにあたって

いつも講談社の絵本をご愛読いただきまして、ありがとうございます。
講談社の絵本の二次的な利用について、ご案内します。
このような場合、許諾申請の手続きをお願いいたします。


・有料で読み聞かせイベントを行いたい。
・絵本や読み物をプロジェクターやパワーポイントで拡大して読みきかせをしたい。
・絵本や読み物を元に、演劇や人形劇を行いたい。
・絵本や読み物のイラストをカットとして使用したい。
・大型絵本を自作したい。



1.以下URLより「著作物利用許可申請書」をダウンロードしてください。
  http://www.jbpa.or.jp/pdf/guideline/p4.pdf

2.ご記入いただき、講談社幼児図書編集部(03-5395-3638)までFAXでお送りください。(もしくはPDFをehon@kodansha.co.jpまでお送りください。)

3.担当者を通じて著作権者の許諾が取れ次第、こちらから折り返しご連絡いたします。

入場料などを取らず、口述する人に謝礼などを支払わない場合、許諾は必要ありません。絵本を見せながら、原文のままで朗読してください。効果音やBGMを流しながらの場合も、許諾は不要です。
(※絵を拡大したり、パソコンに取り込んだり、パネルを作るなど絵本を加工して利用される場合には、著作権者の許諾が必要です。)

表紙画像のみであれば、書名、著者名(文、絵、訳など全て)、出版社名(講談社)を明記くだされば、許諾の必要ありません。
弊社ホームページ(http://ehon.kodansha.co.jp/)の表紙写真データをダウンロードしてご利用ください。また可能であれば、できあがった掲載物を郵送で弊社編集部宛に1部お送りください。
(※本文ページを掲載したい場合は、著作権者の許諾が必要です。)

学校その他の教育機関(営利を目的として設置されているものを除く)において、授業等に使用される場合は、許諾は必要ありません。
(※複製は1クラス分、約40名分程度に留めていただき、使用後は回収のうえ破棄してください。 )

事前の許諾申請は必要ありません。
試験後に、使用用途と見本を弊社までお送りください。
(※試験問題のサンプルや過去問として使用する場合は、著作権者の許諾が必要です。)

「視覚障害者等の福祉に関する事業を行う者で政令で定めるもの」に該当する方は、必要と認められる限度において許諾なしでご使用いただけます。それ以外の方は、著作権者の許諾が必要です。

上記内容は、幼児図書編集部から刊行している絵本に限ります。
※他部署からも絵本が刊行されている場合がございます。
※対象書目の奥付に記載されている問い合わせ先が「幼児図書」になっているか、今一度ご確認くださいませ。

【お問い合わせ先】
講談社 幼児図書編集部
〒112-8001
東京都文京区音羽2-12-21
TEL:03-5395-3534 FAX:03-5395-3638
(※10:00~18:00 土・日・祝・年末年始休み)

おすすめの絵本

  • ねんねん どっち?

    ねんねん どっち?

    宮野聡子/作

    どっち? という楽しい質問につぎつぎ答えていくうちに、自然に眠りの世界へといざなっていきます。おやすみ前のひととき、「どっちあそび」で親子の豊かな時間をすごしませんか?

  • ねんね

    ねんね

    さこももみ/作

    「おばけがこわくてねむれない。」というまみちゃん。だいじょうぶ、おばけもママといっしょにねんねしちゃったよ。安心しておやすみ。かわいい寝かしつけの絵本です。

  • ゆっくり おやすみ にじいろの さかな

    ゆっくり おやすみ にじいろの さかな

    マーカス・フィスター/作
    谷川俊太郎/訳

    眠れないにじうおは、こわいことばかり考えてしまいます。親子の愛情を感じさせる一冊。手に取りやすいミニサイズの年少版もおすすめです。

  • 0・1・2さいのすこやかねんねのふわふわえほん

    0・1・2さいのすこやかねんねのふわふわえほん

    前橋明/監修

    おふとんみたいに表紙がふわふわ! しぜんに生活リズムが身につき、気持ちのよい眠りへとみちびく、心とからだが安心するおはなしいっぱい!
    親子のふれあいを生む、ねんねのうたとおはなし決定版!

  • おやすみなさいの おと

    おやすみなさいの おと

    いりやまさとし/作

    おやすみなさいの時間です。でも、あらいぐまの子どもたちは、外からきこえてくる音が気になって眠れません。心安らぐ、静かでやさしい寝かしつけの絵本。

  • おやすみ ぞうちゃん

    おやすみ ぞうちゃん

    三浦太郎/作

    ぞうちゃんは、泣いたり笑ったり、おおいそがし。おやすみまでの一日を、ユーモアたっぷり、愛情豊かに描きます。シリーズ第3弾。

季節の絵本