えがしらみちこ
「はじめました えほんやさん」

第13回 


こんにちは、絵本作家のえがしらみちこです。


今年はじめて、小学校の夏休みを体験しました。(学童には行ってない)
正直な感想は「今までで一番大変」です。

宿題の面倒をみたり、朝昼夕の準備・片付けなどの家事に追われたり…
一ヶ月半、まともに机に座って作業ができない状態。

先輩ママの「もうすぐ夏休みだぁ…」とため息まじりで呟いていた理由が、「これか…」と分かりました(笑)

一ヶ月以上も仕事が出来ないのはさすがにツラいなぁ…

一緒に過ごせる夏休みも今だけ、と言い聞かせて過ごしています。

【夏休みのえほんやさん】


お盆の前後は、帰省されている方が多く、ご家族づれでお店にいらっしゃる方が多かったようです。
ちょっと長いお休みをつかって、関東や九州・北海道からわざわざ「えほんやさん」に遊びに来てくださった方もいらしたようで、ほんとうにありがたいです。


夏休みは、娘の相手や県外でのワークショップなどでお店にあまり居られず、お店の日々についての記事が書けません(+_+)ごめんなさい…

【現在開催中の原画展】


8月21日(水)〜9月23日(月)
『にっぽんいいものみてみて大会』(きたがわめぐみ/理論社)

絵本作家のきたがわめぐみさんの最新刊『にっぽんいいものみてみて大会』
「日本のいいものに、もっとスポットライトを当てたい!」と、各地の民芸品や特産品をご紹介。
「お父さんの出身地は…」とか「引っ越して来たあの子の土地には何があるのかな」など、自分の地元以外の土地にも興味が出てくるきっかけになるはず。

きたがわめぐみさんが、「きぼりのくまのすけ顔出し看板」(取り外しできるお鼻つき)と「にっぽんのまんなかあたりのデパート支配人なりきりセット」つくってくれました!かわいい!

たくさんお写真を撮ってくださいね!

えほんやさんホームページ
↑お店のイベント情報などを随時アップしています。




おすすめの絵本

  • ひみつ ひみつの ひなまつり

    ひみつ ひみつの ひなまつり

    鈴木真実/作

    押し入れの中の箱から出てきたひな人形たちと、えいちゃんの華やかな交流を描きます。親子で楽しむひな祭り絵本。

  • ひなまつりの ちらしずし

    ひなまつりの ちらしずし

    宮野聡子/作

    ひなまつりの日、きみちゃんは、お母さんといっしょにちらしずしを作り、どの材料にも大切な意味がこめられていることを知りました。

  • おおきくなったら きみはなんになる?

    おおきくなったら きみはなんになる?

    藤本ともひこ/文 村上康成/絵

    保育園アドバイザー歴17年の絵本作家・藤本ともひこさんが、
    毎年、卒園式で子どもたちに語りかけてきた言葉が絵本になりました。

    卒園・卒業というたいせつな時期の子どもたちへ送る、応援歌(エール)です。
    保育士さんからも絶賛の声が続々寄せられています。

  • しょうがっこうへ いこう

    しょうがっこうへ いこう

    斉藤 洋/作 田中六大/絵

    『しょうがっこうへ いこう』は新1年生向けの「遊んで学べる小学校ハウツー本」です。
    幼稚園と小学校の違いから始まる本作は、通学の仕方から、朝礼、国語や算数や体育やその他の授業、給食、お昼休み、保健室の使い方、下校まで、小学校1年生が普段行う1日の学校生活を絵本で紹介しています。

  • ことりようちえんのいちねんかん

    ことりようちえんのいちねんかん

    文:たかてら かよ 絵:鴨下 潤

    あやちゃんは、もうすぐ幼稚園に行きます。幼稚園って、どんなことをするのかな?
    緊張の入園式、初めてのお弁当、遠足、プール、運動会に雪遊び……。幼稚園の1年間は楽しいことがいっぱい! あやちゃんが過ごす「ことりようちえん」の1年間を描きます。

季節の絵本