えがしらみちこ
「はじめました えほんやさん」

第14回 


こんにちは。絵本作家のえがしらみちこです。

夏休みが終わり、あっという間にもうすぐ10月。暑くなったり肌寒くなったりでリズムが崩れがちな季節です。
これからハロウィンやクリスマスとイベントが続き、せわしないままお正月…と考えると胸がドキドキ呼吸が浅くなりそうです。
ちょっと意識してゆったり過ごしたいなと思っています。

意識してゆっくり…。

【えほんやさん会議】


先日、仲の良い独立系書店の経営陣で集まって話す機会がありました。
「えほんやさん会議」というとなんだか硬いけど、内容は懇親会です。集まったお店は4店舗。
それぞれの運営方法や悩んでいること、お金のことなどを、食事しながらアットホームに語り合いました。

えほんやさん会議、イメージ

持ち味が異なったお店同士で会話していると、自然と「●●さんの良さはこういうところ、ウチの良さは…」と考えるきっかけになったり、「他のお店からみて、ウチはこういう風に見えているのか!」と教えてもらっている感じがして新鮮でした。

具体的にどうやったら上手くいくかという解決策は発見できなかったけど、不思議と元気になって気持ちが引き締まったので、とっても良い機会だったなぁと思います。


今回の会議を通して、もっと「えほんやさん」のコンセプトを意識し、発信していきたいなと感じました。
というのは、懇親会中に「「えほんやさん」を作った理由って何ですか?」ってよく聞かれたからです。

クラウドファンディングで宣言して、そこに理由を書いているのに「他に本当の理由があるのかも」と
思わせているのかもしれない、イベントやSNSなどでの発信がコンセプトに伴っていないように感じられているのかな…と思いました。

確かに、オープンしてからを振り返ってみると、目先のタスクをこなすことでいっぱいいっぱいで、意識して意味づけをやってなかったかも、と反省。

オープンしてあとちょっとで1年になります。
緊張感をもって2年目に取り掛かりたいです。

そういえば、どこにも宣言してませんでした(笑)

【「えほんやさん」のお買い物袋】


「えほんやさん」では、いらなくなったショッピングバッグを回収し、上からラベルを貼ってリユース(再利用)しています。

「えほんやさん」のリユース紙袋

本屋さんで本をいれてくれる、持ち手が楕円型に抜かれたビニール袋って、自宅でも活用しにくくて捨てるだけのことが多く「もったいないなぁ」と感じていました。なので、D&DEPARTMENTの取り組みを見て「これだ!」と思い、「えほんやさん」でもご家庭にある不要な紙袋を回収して使わせていただいています。

↓D&DEPARTMENTの取り組み
https://www.d-department.com/ext/about.html

※「D&DEPARTMENT」とは、2000年にデザイナーのナガオカケンメイさんによって創設された、「ロングライフデザイン」をテーマとするストアスタイルの活動体です。地域で発掘された商品を、全国に広がるネットワークを使って発信し新たな交流や活動を生み出しています。http://www.d-department.com/


でも、1ヶ月に使用する袋の数は約120枚。なかなかリユースの紙袋では追いつかないので、市販のポリ袋を足しているのが現状です。
エコバックを持ってきてもらったらポイントをつけようか、だんだんビニール無しに移行していこうか…。色々検討している最中です。


【現在開催中の原画展】


9月25日(水)〜11月20日(月) 『きょうもうれしい』(えがしらみちこ/理論社)


『きょうもうれしい』原画展風景

〒411-0858 静岡県三島市中央町4-10 電話:055-900-1052
営業時間:10:00~17:30(木曜日のみ10:00〜15:30)
定休日:毎週火曜


[次回の原画展]
11月22日(金)〜12月18日(水) 『くるみのなかには』(たかおゆうこ/講談社)
11月24日(日)14:00-15:30 たかおゆうこさんトークイベント
15:30〜サイン会

えほんやさんホームページ
↑お店のイベント情報などを随時アップしています。




おすすめの絵本

  • ひみつ ひみつの ひなまつり

    ひみつ ひみつの ひなまつり

    鈴木真実/作

    押し入れの中の箱から出てきたひな人形たちと、えいちゃんの華やかな交流を描きます。親子で楽しむひな祭り絵本。

  • ひなまつりの ちらしずし

    ひなまつりの ちらしずし

    宮野聡子/作

    ひなまつりの日、きみちゃんは、お母さんといっしょにちらしずしを作り、どの材料にも大切な意味がこめられていることを知りました。

  • おおきくなったら きみはなんになる?

    おおきくなったら きみはなんになる?

    藤本ともひこ/文 村上康成/絵

    保育園アドバイザー歴17年の絵本作家・藤本ともひこさんが、
    毎年、卒園式で子どもたちに語りかけてきた言葉が絵本になりました。

    卒園・卒業というたいせつな時期の子どもたちへ送る、応援歌(エール)です。
    保育士さんからも絶賛の声が続々寄せられています。

  • しょうがっこうへ いこう

    しょうがっこうへ いこう

    斉藤 洋/作 田中六大/絵

    『しょうがっこうへ いこう』は新1年生向けの「遊んで学べる小学校ハウツー本」です。
    幼稚園と小学校の違いから始まる本作は、通学の仕方から、朝礼、国語や算数や体育やその他の授業、給食、お昼休み、保健室の使い方、下校まで、小学校1年生が普段行う1日の学校生活を絵本で紹介しています。

  • ことりようちえんのいちねんかん

    ことりようちえんのいちねんかん

    文:たかてら かよ 絵:鴨下 潤

    あやちゃんは、もうすぐ幼稚園に行きます。幼稚園って、どんなことをするのかな?
    緊張の入園式、初めてのお弁当、遠足、プール、運動会に雪遊び……。幼稚園の1年間は楽しいことがいっぱい! あやちゃんが過ごす「ことりようちえん」の1年間を描きます。

季節の絵本