えがしらみちこ
「はじめました えほんやさん」

第4回 


こんにちは。絵本作家のえがしらみちこです。
「えほんやさん」のオープンから2ヶ月が経とうとしています。
今回は、本屋さん業務をやってみて感じたことを中心につづっていこうと思います。


【仕入れの会社さがし】


まず、絵本を売るためには、絵本を仕入れる必要があります。
「絵本ってどこから仕入れるの?」
私の最初の疑問はここでした。

知り合いの書店さんに聞いてみたところ、出版社と書店の間に取次(卸)会社がはいり、そちらに注文して本が支給されるということ。
なので、取次(本の卸)会社と契約する必要があるということがわかりました。

取次会社にも大手から中小まであり、大手の取次さんは返本(カバーや帯が破れたものは返品できる)が可能。

対して、中小の取次さんは返本ができない代わりに仕入値が大手取次より安い。
……とメリットやデメリットを考慮して決める必要がありました。

いろいろ考えた結果、よもぎBOOKSさんのスタイル(見本を置いて自由に試し読みしてもらい、在庫は梱包してそこから買ってもらう)が個人的に好きだなと思っていたので、取次先も同じ「こどもの文化普及協会」で仕入れることに決めました。


【棚づくりについて】


取次会社が決まったら、絵本の発注です。好きな絵本をまずはランダムに100点リストアップし ていきました。
思いつくまま書いた後は、次はフェアとして取り扱いたい絵本を決めていきます。
「えほんやさん」のオープンは10月なので、「ハロウィン」「夜」「(秋っぽいから)おてがみ」と絞って、さらにピックアップしていきました。

一番目に付く場所には、細長い棚をくっつけて絵本を面出し(表紙がこちらを向いている)して、面出しだけではショールームっぽすぎるので足もとには広めの棚をつけて平積みと棚差し(背表紙がこちらを向いている)にして並べたい
……というのは、私の構想に最初からあったものでした。

絵本の表紙は、作家が一番思いを込めて描くところです。
よりたくさんの方に手にとってもらえるように、ラフを何度も描きなおしたり、着彩も納得いくまでやり直します。

なので、たくさんの冊数を置くことよりもできるだけたくさんの絵本の顔がみえるほうを優先しようと決めて、全部で約200タイトル延べ500冊の絵本を注文しました。

まったくゼロの状態から絵本を並べていく作業は、棚づくり未経験の私にとって一番大変な作業で、ここだけ記憶が抜けています(笑)

ただ、並べ終わった棚を見渡している時の気持ちは、今までに感じたことがないような高揚感と達成感で満たされていました。
棚づくりは難しいけど今でも一番好きな作業のひとつです。


【本屋さんって力仕事!】


絵本が売れたら発注し、段ボールを開けてビニール梱包、そして棚に並べる……。
接客は立ちっぱなしで、紙モノはまとまるとかなり重く、私が想像していた以上に本屋さんは体力仕事でした。

「えほんやさん」がオープンした10月は、ずっと店頭に立ちっぱなしでした。
これまでは、椅子に座って絵を描いたりおはなしを考えたりする仕事だったのでお店を閉め終わった後は、毎日SNSを見たり更新する余裕もないくらいグッタリでした。


こんなに大変な通常業務をこなしつつ、原画展やイベントを企画・運営されている書店さんはほんとうに尊敬します。
「えほんやさん」もがんばります!

オープンしてすぐは原画を飾ることしかできなかったのですが、今度は関連イベントも開催していきたいなと思っています。

12月21日(金)〜1月28日(月)は、高橋和枝さん絵本原画展『くまのこのとしこし』(講談社)です。

1月19日(土)には、
14:00〜ワークショップ「コピックでふわふわ動物を描こう」と
18:00〜トークイベント「絵本づくりのいろいろ」を開催します。

そして、1月30日(水)〜2月28日(木)は、えがしらみちこ絵本原画展『ゆきみちさんぽ』を予定しています。


みなさん、どうぞお出かけください^^
(*12月28日・29日・30日・31日は年末のためお休みします。)

えほんやさんホームページ
↑お店のイベント情報などを随時アップしています。



おすすめの絵本

  • どこ? クリスマスのさがしもの

    どこ? クリスマスのさがしもの

    山形明美/作

    きょうはうれしいクリスマス。ペンギン親子が、プレゼントのおかいものにでかけます。
    さがしものがたくさん! クリスマスまでにぜんぶ見つけられるかな?

  • イーノとダイジョブのクリスマス サンタさんになったよ

    イーノとダイジョブのクリスマス サンタさんになったよ

    さこももみ/作

    イーノとダイジョブはふたごの兄妹。ふたりはなかよしの森の友だちにプレゼントを届けようと一生懸命になりますが……!?  クリスマスは、「大切な人の幸せを願う日」ということを、子どもたちに楽しくおもしろく伝える絵本です。

  • 愛蔵版 クリスマスって なあに

    愛蔵版 クリスマスって なあに

    ディック・ブルーナ/作 舟崎靖子/訳

    50周年を記念して出版された、世界じゅうの子どもたちのクリスマスを見守ってきたブルーナの絵本。イエス・キリストの誕生の物語を通して、クリスマスのほんとうの意味をやさしく伝えます。

  • ルッキオとフリフリ はじめてのクリスマス

    ルッキオとフリフリ はじめてのクリスマス

    庄野ナホコ/作

    マグロに憧れる、ねこのルッキオとフリフリ。大家さんから「クリスマス」のことを聞いて、マグロの缶詰がもらえるようにと、クリスマスツリーを飾るのですが……。

  • バーバパパのクリスマス

    バーバパパのクリスマス

    アネット・チゾン、タラス・テイラー/作
    やましたはるお/訳

    ツリーにするモミの木を切りにきたバーバパパ。ところが、その木は動物たちのたいせつなすみかだったのです。そこでパパは大変身、すてきな解決法を見つけます。

季節の絵本