子育て相談
モンテッソーリで考えよう!

回答:田中昌子



第15回 お箸がうまく持てません。



Q:
3歳4ヶ月の男の子です。最近、幼稚園に通うようになり、お弁当が始まったため、お箸を使いたがるのですが、グーで持ったり、バッテンになったりして、まだうまく持てません。お箸は何歳から持てるようになるのでしょうか?恥ずかしながら、実は私も持ち方がおかしいので、上手に教える自信がありませんし、練習のしかたもわかりません。持ち方をきちんとするために、指を入れるリングなどがついたしつけ箸やトレーニング箸を使ってもいいでしょうか? そういったお箸ならすぐにつかめるようになると聞きましたが、普通のお箸に移行するときに苦労するということもあるようで、迷っています。モンテッソーリ教育ではこういったものを使うことについて、どのように考えていますか?




A:
お箸と鉛筆の持ち方については、3歳以降のお子さんをお持ちの方から多くのご質問をいただきます。鉛筆については、第10回で筆記具を持って書くに至るまで、たくさんの準備があるということをお伝えしましたが、お箸についても同じです。お箸と鉛筆の持ち方は、ほぼ共通していますが、お箸の方が2本を別々に動かすため、子どもにとっては難しいものです。

「箸の上げ下ろし」という慣用句があるほど、昔は、どの家庭でも口うるさく言われました。しかし、最近は、質問者さんのように大人でもきちんと持てない、教える自信がないという人が増えているようです。でも、お箸は日本の文化であり、また食という生きることにもつながる大切なものですから、できれば上手にお子さんに伝えてあげましょう。
お箸をいつ頃から使えるかというのは、年齢よりも手の準備ができているかがポイントです。
以下の2つをチェックしてみて下さい。

①親指・人差し指・中指の3本がしっかりしていること
大人用の洗濯ばさみや、少し固めの竿ばさみがしっかりと楽に開閉できるかどうか、挟んだり外したりができるかどうか、実際にさせてみましょう。指の力が弱いと挟めなかったり、引っ張ってはずしてしまったりします。

②親指・人差し指・中指の3本が分化して動くこと
お箸を正しく持つためには、薬指と小指を曲げた状態で、他の3本指を伸ばせることが必要です。まず、チョキがしっかりできて、グーとチョキを素早く交互にできるかどうか試してみて下さい。それができたら、チョキの状態から親指も伸ばしてみて下さい。

以上ができれば、お箸の練習を開始することが可能です。2歳半からできる子もいれば4歳でも無理という子もいますので、年齢はあまり目安になりません。


▶お箸を持つための前準備


もし、できない場合には、お箸の練習をさせてもうまくできないか、時間がかかって嫌になることが多いので、まずは手の準備をしましょう。これまでずっとお伝えしてきたように、モンテッソーリ教育では、手を使うことが人格の形成につながると考えていますので、ごく幼い時から手を使うお仕事をたくさん準備します。引っ張る、つまむ、入れるといったことは1歳児のお仕事として豊富なバリエーションがありますし、3本指を使うものであれば、どのようなものでも構いません。家事の中にたくさん見つけることができるでしょう。

お箸に直接つながるのは、トングやピンセットでの空け移し、洗濯ばさみや竿ばさみを使うお仕事です。また、つまみのあるパズルや、豆や小さいものをつまんで落とす、といったことも効果的です。こうしたことで手の準備が十分に整ってからお箸を持たせれば、あまり苦労せずにきちんと持てるようになります。


竿ばさみを開く 1歳2ヶ月

洗濯バサミを開く 1歳8ヶ月

大きい洗濯ばさみも開ける 2歳6ヶ月

反対に手の準備ができていないうちにお箸を持たせてしまうと、変な癖がついて修正が大変になったり、なかなかできずに食事自体が嫌になったりすることがあります。なにごとも前段階の準備というものが大切です。


▶親子でリズミカルに動かす


お箸の練習や使い方については『こどもせいかつ百科』24~25ページにも載っています。3本指を自在に動かせるようになるだけではなく、それを支える手首もしっかりしていなければなりません。そのためには、お箸はいきなり2本持たせず、まず1本を持って上下に動かす練習をしておきましょう。

1本ずつ持ったら「1,2,3,4」と数えながら、親子で一緒にリズミカルに動かすと、あっという間に終わります。10までを2回、つまり20回ずつ朝晩やっていると、かなり手首がしっかりしてきますし、動かすことが上手になります。振り幅が大きくなるまでぜひ取り組んでみて下さい。

振り幅が大きくなったら、初めて2本目をその下に入れます。お箸は下の箸を動かさないで、上の箸だけを動かすことで、先端が閉じて細かい物でもつまめるようになるのです。最初は梵天など、つまみやすいもので練習しておくといいでしょう。

箸で梵天を分類する


▶子どもの発達に合わせた援助を


しつけ箸やトレーニング箸は、確かに子どもにとっては楽ですから、早く簡単に持てるようです。でも、一生それを使い続けるわけにはいきません。早く簡単にできてしまうことが、子どもを成長させるかどうかは疑問です。

第11回でも少しだけ触れましたが、普通のお箸に移行するときに、苦労したというレポートも本当によくいただきます。特にリングがついているものや、2本がバラバラにならないようにつながったタイプのしつけ箸は、普通のお箸とは力の入れ方が全く違うため、普通のお箸を動かすことがかえって難しくなってしまうようです。

同じしつけ箸でも、正しい位置が持ちやすくなるくぼみがついているだけのシンプルなものなら、移行がそれほど難しくはありません。
モンテッソーリ教育は、子どもの自然な発達に合った援助をするものです。早い時期から無理してやらせるのではなく、手の準備が整う時期を待ち、段階を踏んでできるように必要な援助していきます。

ただ、やむを得ないケースもあります。特に、上にごきょうだいがいらっしゃる場合には、手の準備ができていないうちからスプーンではなくお箸を持ちたがり、できないことにイライラして泣いたりすることがあります。

また、大人やお友だちがお箸を持つのを見て、どうしても早いうちから真似をして持ちたがることもあるでしょう。そういった場合には、しつけ箸で対応しても構いませんが、なるべく短い期間になるよう、前段階の練習と並行して使うこと、食事以外の場面で、たくさん手を使う機会を増やしてあげることを心がけましょう。

チップ落とし 1歳6ヶ月 女

穴あけパンチも指先をよく使うお仕事

細かいビーズをつまんで通す 3歳5ヶ月

モンテッソーリ教育では、すべてのものが子どもサイズであることはすでに述べてきました。お箸はもちろん子どもサイズのものを準備されていると思いますが、特に細かい配慮が必要です。

おおよその目安は『こどもせいかつ百科』P25にも図を載せてありますが、親指と人差し指を広げた長さの1.5倍が使いやすいサイズです。子どもの手は大人と違ってどんどん大きくなりますので、うっかりしていると手に合わなくなっていることもあります。使いにくそうにしていたら、サイズも見直してあげましょう。

また重さや太さ、材質なども吟味してください。軽くて転がりにくいもの、万が一噛んでしまったときにも危険がないものを選ぶようにしましょう。

それから、最近は使わないご家庭が増えているようですが、必ず箸置きを使ってください。箸置きを使うと、正しく持ちやすくなり、途中でおかしくなったときにも、いったん箸置きに置かせると、持ち直すことができます。右手で上から持ち上げ、左手で下から支え、右手で正しい場所を持つという手順を踏むことで、正しく持てるのです。

箸置きもかわいらしいデザインのものがたくさん出ていますから、お子さんと一緒に選ぶといいでしょう。季節に合わせて変えていくのも楽しいですね。

箸で梵天の空け移し 可愛い箸置きも


▶食事は、家族の楽しい団らんの場


気を付けたいのは、食事を練習の場にしないことです。食事というのは、楽しんで食べることが第一です。

平成12年3月に、文部省、厚生省(当時)及び農林水産省が連携して策定した「食生活指針」というものがあります。平成28年6月に改定されましたが、改定前も後も、十項目ある指針の第一項目は「食事を楽しみましょう」です。食事というのは、家族の楽しい団らんの場です。忙しい毎日の中で、親子が一緒に過ごせる少ない時間です。その貴重な時間が練習の場というのは子どもにとって、悲しいことです。

小さいうちは手づかみでも構いませんし、スプーンやフォークなど、自分で楽しんで食べられる方法で食べることが大切です。質問者さんのように、うまく使えないのに使いたがる場合でも、食事の場では注意せず、別の時間に手の準備と練習を重ねるようにしましょう。
 
 大人になってから長年の持ち方を修正するのは大変かもしれませんが、箸使いの美しい大人は子どもにとって憧れであり、良いお手本になります。ぜひ、一緒に練習を重ね、食事を楽しんでくださいね。





田中 昌子
上智大学文学部卒。2女の母。日本航空株式会社勤務後、日本モンテッソーリ教育綜合研究所教師養成通信教育講座卒。同研究所認定資格取得。東京国際モンテッソーリ教師トレーニングセンター卒。国際モンテッソーリ教師ディプロマ取得。2003年より、日本全国及び海外から参加可能なIT勉強会「てんしのおうち」主宰。モンテッソーリで子育て支援 エンジェルズハウス研究所(AHL)所長。著書に、『親子で楽しんで、驚くほど身につく! こどもせいかつ百科』(講談社)、モンテッソーリ教育の第一人者、相良敦子氏との共著に『お母さんの工夫モンテッソーリ教育を手がかりとして』(文藝春秋)、『マンガでやさしくわかるモンテッソーリ教育』(日本能率協会マネジメントセンター)がある。 






質問募集!
記事でとりあげてほしい質問がある方は、お子さんの年齢、性別と、質問者(あなた)の年齢、性別を明記のうえ、質問内容を下記フォームよりお送り下さい。採用の場合、当欄で回答を掲載します。なお当欄以外で著者から個別に回答することはありません。 






当欄に掲載されている記事、写真の著作権は、著者または撮影者、講談社に帰属します。無断転載、無断コピー、再配信等は一切お断りします。





おすすめの絵本

  • どこ? クリスマスのさがしもの

    どこ? クリスマスのさがしもの

    山形明美/作

    きょうはうれしいクリスマス。ペンギン親子が、プレゼントのおかいものにでかけます。
    さがしものがたくさん! クリスマスまでにぜんぶ見つけられるかな?

  • イーノとダイジョブのクリスマス サンタさんになったよ

    イーノとダイジョブのクリスマス サンタさんになったよ

    さこももみ/作

    イーノとダイジョブはふたごの兄妹。ふたりはなかよしの森の友だちにプレゼントを届けようと一生懸命になりますが……!?  クリスマスは、「大切な人の幸せを願う日」ということを、子どもたちに楽しくおもしろく伝える絵本です。

  • 愛蔵版 クリスマスって なあに

    愛蔵版 クリスマスって なあに

    ディック・ブルーナ/作 舟崎靖子/訳

    50周年を記念して出版された、世界じゅうの子どもたちのクリスマスを見守ってきたブルーナの絵本。イエス・キリストの誕生の物語を通して、クリスマスのほんとうの意味をやさしく伝えます。

  • ルッキオとフリフリ はじめてのクリスマス

    ルッキオとフリフリ はじめてのクリスマス

    庄野ナホコ/作

    マグロに憧れる、ねこのルッキオとフリフリ。大家さんから「クリスマス」のことを聞いて、マグロの缶詰がもらえるようにと、クリスマスツリーを飾るのですが……。

  • バーバパパのクリスマス

    バーバパパのクリスマス

    アネット・チゾン、タラス・テイラー/作
    やましたはるお/訳

    ツリーにするモミの木を切りにきたバーバパパ。ところが、その木は動物たちのたいせつなすみかだったのです。そこでパパは大変身、すてきな解決法を見つけます。

季節の絵本