子育て相談
モンテッソーリで考えよう!

回答:田中昌子



第19回 「お仕事」に対してお小遣いをあげてもいいですか?



Q:
3歳9カ月の女の子です。最近、娘が自分の好みで、ほしいものが出てきました。親としては、う~ん、これを買うのかと思ってしまうものもあって、親の基準で、あるときには(これなら)「買っていいよ」と言ったり、「今度にしようか」と断ってみたりすることに、親としても疑問を感じています。

そのため、4歳になったら、お小遣いを渡して、その金額の範囲内で自分の好きなものを買ってもらおうと考えています。その際、「親はお小遣いを支払い、子どもは家の仕事を引き受ける」という形にしようと思っています。

モンテッソーリ教育では、日常生活の練習が基礎になっているので、家事の手伝いをさせて金銭を稼ぐという方法にすることについて、どうお考えでしょうか。子どもと最初に相談して、この家の「お仕事」をすればお小遣いがもらえることを予め約束すれば支障はないでしょうか。また、モンテッソーリ教育で、子どもにマネー教育をする方法がありましたら、ご教示をお願いします。





A:
マルチ商法やカードローンによる自己破産など、金銭トラブルに巻き込まれる若者が多くなっていることなどもあり、子どもが小さい頃からマネー教育を始めた方がいいという話は、最近よく耳にします。どういうマネー教育をするかで悩む親御さんは多いようです。

子どもが欲しいと言ったものを、親がその都度判断するのではなく、お小遣いを渡して、その金額の範囲内で自分の好きなものを買うシステムにすることは、「ダメ」と言わずに済むので、親としては対応が楽ですし、子どもも喜ぶことでしょう。

ただ、モンテッソーリ教育で子どもの活動を「お仕事」と呼んでいるのは、大人のように仕事をして金銭を稼ぐという意味ではなく、むしろ正反対の意味合いがある、ということをまずお伝えしておきます。

モンテッソーリは『幼児の秘密』という著書の中で、大人の仕事と子どもの仕事の違いについて1章を割いているほどです。

大人の仕事は金銭を稼ぐことが目的ですが、これまでの連載でお伝えしてきたように、子どもの「お仕事」は自然のプログラム、いわば「神様からもらった宿題」のようなものです。子どもが取り組んでいるのは、自分自身の人格を形成するという「偉大な仕事」であり、連載第9回では、「自分自身を創りあげていくという崇高なお仕事をやり終えた子どもは、ほめるという大人の評価やご褒美が不要になるのです。」とお伝えしました。

ほめられることもご褒美もいらない子どもに対して、お金を払う必要はありません。お金が目的になった瞬間に、子どもの崇高な「お仕事」は、単なる大人の仕事に変わってしまい、自分自身を創り上げていくという目的が失われてしまいます。ですから、モンテッソーリ教育では、お手伝いに対してお金を払うことは、基本的にはあり得ません。



▶マネー教育を行う時期


それでは、モンテッソーリはお金の教育について全く不要であると考えていたかというと、そうではありません。むしろ、仕事に対する報酬は必要であると考えていました。ただし、その時期は幼児期ではなく、思春期になってからです。モンテッソーリは、著書の中で、次のように述べています。

「思春期のこどもの自立は違ったレベルで獲得されなければなりません。その理由は、彼らの自立は社会という分野で経済的に自立していなければならないからです。」
(『児童期から思春期へ』マリア・モンテッソーリ著 K.ルーメル 江島正子訳 玉川大学出版部)

同書には、このあとに思春期の子どものホテル経営、ショップの経営について記載があります。海外のモンテッソーリ中学校では、自分たちで作った商品をショップで売ったり、カフェを開いたりして金銭を得る活動が、実際に行われています。利益はクラスの課外活動や物品の購入に充てられます。つまり、真のマネー教育とは、家庭内での「お仕事」やお手伝いでお小遣いを親からもらうことではなく、本当の意味での経済的な自立と考えているのです。

モンテッソーリ教育では、幼児期にごっこ遊びやままごとではなく、子どもたちに実際の家事を経験させます。思春期のマネー教育でも、考え方の基本は同じです。

ただし、モンテッソーリの基本的な考え方として「発達の4段階」というものがあり、その中の3段階目(おおよそ12歳から18歳)を思春期としていますので、一般的な思春期とは、ややずれているかもしれません。だいたい中高生の時期にあたります。


▶マネー教育をするための準備


私のモンテッソーリIT勉強会の海外の卒業生からいただいたレポートで、その一端をご紹介しておきましょう。


モンテッソーリ 中学校に進んでから我が家では、単なるお手伝いではない本格的な仕事に対して報酬を払っています。たとえば外部の会社を雇うと1回で100ドルくらいかかる芝刈りの仕事を、1回25ドルでしてもらったり、私の翻訳の仕事を分担してもらって、報酬を払ったりしています。中学生ともなると本人が欲しいものも、パソコンの自作パーツといった値段の高いものになっていて、頑張って仕事をしながら1つずつ揃えています。14歳からは、親の許可があればアルバイトもできます。


気を付けなければならないのは、中学生になったからといって、誰にでもいきなりこうしたマネー教育ができるわけではないということです。モンテッソーリ教育は、系統性のある教育であり、なにごとも前段階の準備があります。幼児期の終わりから小学生の間に、マネー教育と銘打っているわけではありませんが、実はたくさんの準備がされています。

おもな準備を挙げると、以下の3つにまとめられます。


 、計画や見通しを立てられる
 、大きい単位の計算ができる
 、奉仕の心を持っている


、お金を扱う際に計画や見通しが大事であることは、ご理解いただけると思います。モンテッソーリ教育では、すべての「お仕事」が準備から片付けまでを含んでいますし、日常の生活や家事をしっかりとこなす中で、段取りの仕方や先を見通す能力が自然と養われます。

直接お金を扱わせることでそれを養うのではなく、その前段階として「お仕事」の中でこのような力を身につけておくのです。数の要素を含む「お仕事」もたくさんあります。幼児期の「お仕事」はもちろんですが、モンテッソーリの小学校では宿題も時間割もなく、自分で学ぶ計画や見通しを立てますので、さらに磨きがかかっていきます。

さやえんどう いくつ入っているかな?

数の要素もあるシール貼り

、お金を扱うのに数の単位の知識が必要なことは言うまでもありません。そして、お金というのは、完全なる具体量ではありません。1万円札1枚よりも、1000円札5枚の方が多いと思ったり、500円玉1枚よりも100円玉5枚の方を喜んだりという子どもには、お金の本当の価値はわかりません。

連載第10回でも紹介したように、モンテッソーリ教育では幼児期に4桁の加減乗除をしますが、数字のみを扱うのではなく、ビーズという具体量から入ります。この活動は「銀行ごっこ」と呼ばれており、繰り上がりや繰り下がりの際には、「ビーズを両替しましょう。」と言いますから、まさにマネー教育の準備段階かもしれません。

銀行ごっこでビーズを両替する子ども

そういった経験をしている子どもは、たとえば1354円ならば、頭の中には、ビーズのような具体量が浮かびます。

具体量が明確な金ビーズと対応する数字カード(1354)

モンテッソーリ教育では、いつまでも具体の段階に留めておくのではなく、切手遊びや色ビーズのそろばんといった数々の教具が、抽象化へと導いてくれます。

半抽象の切手遊びと用紙の記入例(1354)

色ビーズのそろばんと位取り記数法(1354)

海外では、モンテッソーリクラスでおもちゃの貨幣セットを教具として使うこともあるそうです。

アメリカのモンテッソーリクラスにあったお金の玩具

、奉仕の心は、一見お金とは関係ないように思えますが、もしもこうした心が育っていないなら、お金さえあればいい、お金でなんでもできるといった人間を育ててしまわないでしょうか。

奉仕の心、無償の愛といったものは無理に育てなくても、子どもの中にはそもそも備わっているものです。誰かの役に立ちたい、困っている人を助けたいという気持ちは、子どもが自然のプログラムを歪められることなく成長していけば、大人よりもずっと強いことをモンテッソーリは発見しています。

一つ例を挙げましょう。私の勉強会にいらしている別の会員の方のお子さんは、現在6歳1ヶ月ですが、リンゴの皮剥きもできるほど手先が器用です。朝晩のお皿ふき、洗濯物たたみ、お米とぎ、お風呂掃除、洗面所掃除、テーブルふき、階段の雑巾がけ、洗濯物干し、玄関掃き、味噌汁作りなど、たくさんの家事ができるようになりました。

りんごの皮剥き 6歳1か月 手を使うと心も育つ

どの家事をするのかは自由選択で、1つ家事をするたびに、楽しんでシールをノートに貼ります。それがいっぱいになると、わずかなお金をもらうことになったそうですが、お子さんは、「お金が欲しいからやってるわけじゃないよ。みんなが楽しく暮らすためにやるんだよ」と言っているとのこと。お金に左右されない奉仕の心をしっかりと持ち続けていますね。3歳8か月になる下のお子さんも家事をしますが、「ありがとう。」「助かったよ。」という言葉で十分なのだそうです。

台所仕事が大好きな 3歳8ヶ月 家族の役に立つことが嬉しい


▶子どもの中の判断基準を養う


最後に、質問に戻りましょう。大人の基準で首をかしげてしまうようなものを、子どもが買ってもいいようにするために、お小遣いを渡すことについて、考えてみます。本当の意味での自由選択になるのでしょうか。

モンテッソーリ教育の自由とは、制限ある自由と呼ばれます。なんでもかんでも好き勝手にさせるのではなく、自由の裏には責任があるということも、しっかりと伝えていきます。

大人の基準があいまいで、時には買ってあげたり、ときには断ったりしていては、子どもの中に判断基準が育ちません。子どもの中にしっかりとした判断基準をまず育てておき、「これなら子どもに任せても大丈夫」と思ったときに、初めて子どもが自分で選んで買うことをさせられるのではないでしょうか。
 
上記のママも、最初はお店も値段もしっかりと制限をつけた中で、自由選択をさせていたそうです。そうしたところ、じっくりと時間をかけて選ぶようになり、今では溜まったお金を文房具や本などに使っているそうです。


▶子どもが教えてくれる


お金に関する考え方というのは、子どもにお小遣いをあげるかどうかも含め、それぞれのご家庭で違いがあるのは当然ですし、最終的にはご自身で判断すべきことだと思います。

モンテッソーリ教育では、それぞれの時期に必要なことは、子どもが教えてくれるということが大原則です。子どもを観察、研究した結果、幼児期には報酬を求めずに全力を出し切る体験や奉仕の心、判断力、段取り力、さらには数の概念をしっかりと把握すること、嫌なことをきっぱりと断れるような言語力といったものを育てておくことが大事だと考えます。

それが、最終的には、本当のマネー教育につながるのではないでしょうか。





田中 昌子
上智大学文学部卒。2女の母。日本航空株式会社勤務後、日本モンテッソーリ教育綜合研究所教師養成通信教育講座卒。同研究所認定資格取得。東京国際モンテッソーリ教師トレーニングセンター卒。国際モンテッソーリ教師ディプロマ取得。2003年より、日本全国及び海外から参加可能なIT勉強会「てんしのおうち」主宰。モンテッソーリで子育て支援 エンジェルズハウス研究所(AHL)所長。著書に、『親子で楽しんで、驚くほど身につく! こどもせいかつ百科』(講談社)、モンテッソーリ教育の第一人者、相良敦子氏との共著に『お母さんの工夫モンテッソーリ教育を手がかりとして』(文藝春秋)、『マンガでやさしくわかるモンテッソーリ教育』(日本能率協会マネジメントセンター)がある。 






質問募集!
記事でとりあげてほしい質問がある方は、お子さんの年齢、性別と、質問者(あなた)の年齢、性別を明記のうえ、質問内容を下記フォームよりお送り下さい。採用の場合、当欄で回答を掲載します。なお当欄以外で著者から個別に回答することはありません。 






当欄に掲載されている記事、写真の著作権は、著者または撮影者、講談社に帰属します。無断転載、無断コピー、再配信等は一切お断りします。




おすすめの絵本

  • どこ? クリスマスのさがしもの

    どこ? クリスマスのさがしもの

    山形明美/作

    きょうはうれしいクリスマス。ペンギン親子が、プレゼントのおかいものにでかけます。
    さがしものがたくさん! クリスマスまでにぜんぶ見つけられるかな?

  • イーノとダイジョブのクリスマス サンタさんになったよ

    イーノとダイジョブのクリスマス サンタさんになったよ

    さこももみ/作

    イーノとダイジョブはふたごの兄妹。ふたりはなかよしの森の友だちにプレゼントを届けようと一生懸命になりますが……!?  クリスマスは、「大切な人の幸せを願う日」ということを、子どもたちに楽しくおもしろく伝える絵本です。

  • 愛蔵版 クリスマスって なあに

    愛蔵版 クリスマスって なあに

    ディック・ブルーナ/作 舟崎靖子/訳

    50周年を記念して出版された、世界じゅうの子どもたちのクリスマスを見守ってきたブルーナの絵本。イエス・キリストの誕生の物語を通して、クリスマスのほんとうの意味をやさしく伝えます。

  • ルッキオとフリフリ はじめてのクリスマス

    ルッキオとフリフリ はじめてのクリスマス

    庄野ナホコ/作

    マグロに憧れる、ねこのルッキオとフリフリ。大家さんから「クリスマス」のことを聞いて、マグロの缶詰がもらえるようにと、クリスマスツリーを飾るのですが……。

  • バーバパパのクリスマス

    バーバパパのクリスマス

    アネット・チゾン、タラス・テイラー/作
    やましたはるお/訳

    ツリーにするモミの木を切りにきたバーバパパ。ところが、その木は動物たちのたいせつなすみかだったのです。そこでパパは大変身、すてきな解決法を見つけます。

季節の絵本