子育て相談
モンテッソーリで考えよう!

日々の子育ての悩みや困りごとを、「モンテッソーリで子育て支援 エンジェルズハウス研究所」の田中昌子先生が、モンテッソーリの考え方で教えてくれる連載です。ちょっとした工夫で、大きな変化が子ども達に起こり、ママを驚かせてくれるかもしれません。子育てママ必見です!

回答者:田中昌子

第26回 ワークやデジタル教材について、どう考えますか?



Q:
5歳9か月の女の子です。これまでモンテッソーリ教育を心掛けた子育てをしてきました。もうすぐ6歳で、小学校に上がることも視野に入れる時期です。たまにワークのようなものを与えると非常に喜び、「もっとやりたい。」と言います。友人宅にある教育用タブレットにも興味がある様子です。
モンテッソーリ教育では、手を使って実物を扱うということが大切ですが、こうした最近の教材についての考え方を教えてください。具体的な体験があれば、デジタル教材を並行して活用しても良いのでしょうか。


A:
質問者さんは、とても良くモンテッソーリ教育を理解していらっしゃると思います。モンテッソーリ教育では手と五感を重視していること、紙やデジタルなど平面の世界ではなく、具体の世界や実体験を大切にしていることについては、当連載でも繰り返しお伝えしてきました。そこをきちんとご理解いただいているからこそ、迷われるのでしょう。
実はモンテッソーリ教師の中にも、さまざまな意見を持つ方がいらっしゃいます。コンピューターやアプリ、デジタル機器といったものに否定的な先生が多い一方で、時代の流れなので積極的に取り入れるべしという先生もいらっしゃいます。マリア・モンテッソーリが生きていた時代には存在していなかったものであり、社会的変化も当時とはくらべものになりませんので、意見が分かれるのも、ある意味当然かもしれません。


▶児童期の子どもの特徴


では、何を手掛かりに考えていけばいいのでしょうか。

モンテッソーリは、人間がどのような本質を持っていて、どのように発達していくかを研究しました。つまり、人間の普遍的な部分に基づいた教育法ですから、そこに着目すれば、時代や社会の変化に左右されない、いつの時代にも適用できる理論が見つかるはずです。

人間の発達については、第23回で「発達の4段階」を紹介しました。そこでもお伝えしましたが、「第1段階」、つまり0歳から6歳の子どもは、手や五感を使う現実の体験がもっとも重要でした。

今回のご質問は、もうすぐ6歳というお子さんですから、「第2段階」である児童期、6歳から12歳の子どもです。この段階についてモンテッソーリが発見したことを、簡単にご紹介します。

モンテッソーリは、児童期の子どもの特徴について、複数の著作の中で述べています。それらをまとめてみるとだいたい以下のようになります。


1、広い世界での社会的経験を求める
2、想像力が発達する
3、抽象的思考ができる(因果関係を知りたいという要求)
4、グループを形成する(群本能)
5、道徳的な善悪の判断についての敏感性



(『人間の可能性を伸ばすために―実りの年 6歳~12歳―』マリア・モンテッソーリ著 田中正浩訳 エンデルレ書店 絶版 青土社 新版、『児童期から思春期へ』マリア・モンテッソーリ著 K.ルーメル 江島正子訳 玉川大学出版部 絶版 より)

これらの特徴は、互いに関連性を持っています。それぞれの特徴についてみていきましょう。


▶広い世界での社会的経験


最初に、1「広い世界での社会的経験」について。幼児期の子どもたちは、家庭や子どもの家という小さな保護された社会が必要であり、そこで満足していましたが、児童期になると閉ざされた空間ではなく、より広い社会へと意識が向くようになります。

モンテッソーリは「子どもが外に出ると、世界は子どもにみずからをあらわします。子どもを外へ連れていこうではありませんか。」(前出『児童期から思春期へ』)と述べています。家の外の自然界には、植物や動物、川や湖などがあり、それらは命というもの、相互依存という関係性を、子どもたちに伝える最高の教材となり、子どもたちの知的要求を高めてくれます。

日本には、モンテッソーリ小学校はまだほとんどありませんが、児童期の子どもたちは、自然の探索によく出かけます。図書館や博物館へ行ったり、必要なものを買いに出かけたりといった社会経験も重要ですから、出かけるための計画を立てるところから、子どもたちが行います。


左:桜の葉の研究をする6歳児 中:虫眼鏡で葉を観察し模写する 右:自然は最高の素材

▶想像力


ただし、広い世界といっても実際に行ける場所には限りがあります。子どもたちの興味は、この段階では宇宙全体へと広がっていきます。全体を理解するために使われるのが、2の「想像力」です。

想像力は単なる空想や夢想とよく混同されますが、そうではありません。モンテッソーリは「想像力は真実を基礎とする。」「想像力には感覚的基礎しかありません。」といった言葉を使い、幼児期の実体験や感覚教育が児童期の想像力の発達を支えていることを説明しています。

身近なものは、見たり聞いたり触ったりという実体験が可能ですが、地球上のあらゆる場所に行けるわけではありませんし、宇宙空間などは実体験できません。でも、児童期になると、過去に蓄えられた印象をもとにして、それらを想像することができるようになるのです。

ですから地学や地理といった分野を学ぶのに適した時期だといえます。地球の内部の構造はどうなっているのか、月や星などにも興味を持ちます。


左:地球の構造(手作り) 右:太陽系の惑星(手作り)

「広い世界」というのは、空間的な広がりだけではなく時間的な広がりも意味します。過去に思いを馳せ、歴史を学ぶことを児童期の子どもたちはとても喜びます。今、現実に目の前になくとも、それを想像することができるからです。太古の生物や化石などに強い興味を示すのは、その好例です。

ですからモンテッソーリ小学校の教室には、膨大な興味に応える具体物や資料が豊富に準備されています。

▶抽象的な思考


単なる事象を感覚的に捉えていた幼児期とは異なり、児童期の子どもたちは、3「抽象的な思考」ができるようになります。なぜそういった事象が起きたのか、因果関係を突き止めたいという強い要求を持つようになるのです。

幼児期の後半から、「なぜ?」「どうして?」という質問が増え始めますが、児童期に発する疑問は、幼児期よりも一歩進んでいます。たんに答えを知りたいのではなく、自分自身でそれを検証したいのです。ですから、調べ学習や実験などに意欲的に取り組みますし、そうした学習方法が児童期の子どもたちには合っています。モンテッソーリ小学校では、子どもたちが興味を持ち、調べたいということについては、話し合いを重ね、可能な限りの方法を提供しています。

この時期に大人がよくする間違った対応は、子どもの興味や興奮を押しつぶしてしまうような長い説明をすることや、知識そのものを与えてしまうことです。

注目すべきは、抽象化といっても、いきなり文字や数字だけの世界に入るわけではなく、具体から出発するということです。

モンテッソーリは「第2段階」の子どもにとっても、教具は必需品であると述べています。教師の授業を受け身で聞くのではなく、教具の助けを借りて作業をすることで、抽象的に暗記するものと教えられ公式を、自分の手を使って導くことができるのです。


左:平方根を求める教具 右:ピタゴラスの定理を証明する教具

たとえば幼児期に並べたり、積んだり、合わせたりしていた感覚教具を使って、そこに含まれている数値を発見したり、代数をすることもできます。

左:感覚教具(ピンクタワー)を数値化する 右:感覚教具(三項式)を代数化する


▶グループ形成と道徳


そして児童期の子どもたちの特徴として、注目すべきは仲間意識です。幼児期は個を確立する時期でしたが、児童期には、群本能というものが子どもたちの中に芽生えるため、4「グループを形成」したがるようになります。

これが、社会の最初の形です。社会の一員としてどのようにふるまうのがよいのか、リーダーを選んだり、ルールに従ったり、協力し合ったりすることを通して、社会的なスキルを学んでいきます。

一般的な小学校でも班活動やクラスでの活動がありますが、モンテッソーリ小学校は、3学年の縦割りクラスであり、同年齢のグループだけでなく、異年齢のグループもできます。グループワークですから、コミュニケーション能力、意見を述べたり、折り合いをつけたり、といったことがとても重要になります。


グループワーク チェッカーボードで5桁×4桁の掛け算をする

多くの小学校では、授業中は静かに先生のお話を聞くのが一般的ですが、モンテッソーリ小学校はとても賑やかで活発ですから、見学されると静かで黙々と個人活動をする子どもの家との違いに戸惑われるかもしれません。

そして友達との関係性において、子どもは自分の行動が良かったのか、悪かったのか、ということにとても敏感になります。これが5「道徳的な善悪の判断についての敏感性」です。

モンテッソーリは、「第2段階」というのは、道徳教育のため、特別に重要な時期であると述べています。モンテッソーリ小学校では、時間割もありませんから、教科として道徳を教えるわけではありません。さまざまな場面で善悪の判断とその理由づけをしながら、倫理観を構築していきます。


▶高い知的欲求に応えられない


以上をもとに、ご質問に戻って考えてみます。

これまで具体的な体験を大切にしてこられたお子さんは、ワークやタブレットといったものに触れたことがなかったのでしょう。文字の読み書きや簡単な計算、あるいは表示された問いに答えるといったことは、幼児期にモンテッソーリ教育を受けたお子さんであれば、楽々できますから、最初は興味を持って取り組むことはよくあります。

ただ、そうした教材の中には、モンテッソーリが発見した児童期の子どもの高い知的要求に応えるようなものはほとんどなく、低いレベルに合わせられがちです。

一時的に使ってみても構いませんが、大人の予想をはるかに超える知性や探求心を持っていて、自発的に学ぼうとしている子どもに制限を加えてしまうと、欲求不満となり、意欲や積極性が損なわれることがあります。

また、早く正しい答えを出すという効率的なことばかりを求める教材では、感動や幅広い体験を得ることはできません。児童期に大切なのは、自ら学ぶ姿勢や、知的好奇心を生涯にわたって継続させるように導くことです。

それならば、いっそのこと膨大な情報が得られるパソコンならばよいのではないかと思われるかもしれません。でも、パソコンの情報というのは大人でも取捨選択が難しいほどに玉石混淆の情報が入り混じっており、児童期の子どもには膨大過ぎます。


▶依存性がある


そして何よりも注意しなければならないのは、タブレットやパソコン、またスマートフォンといったものには、依存性があるということです。短時間の視聴ならば構わないのではという意見もあるようですが、大人でもつい長時間触れてしまい、途中でやめることが難しいものです。

アップル創業者のスティーブ・ジョブズは、デバイス中毒の危険性を熟知しており、自分の子どもたちには一切触らせなかったという話は有名です。画面を見るよりも、家族や友人との対面での会話の時間を大切にしていたそうです。

モンテッソーリ小学校にもパソコンはありますが、低学年クラスには置かず、時間的な制限も設けています。10歳というのがひとつの目安になっているようです。文部科学省が2020年からの導入に向けて発表した「小学校プログラミング教育の手引」(2018年11月第2版)に挙げられている事例が主に3年生以上のものであることからも、特に低学年のうちは一定の配慮が必要であることがわかります。

もちろん、今後の社会でIT機器の活用は加速化していくことでしょう。そのために子どもが小さいうちから慣らすことが良いという意見もあります。

でも、それは生まれたての赤ちゃんに、無理やり寝返りさせるようなものではないでしょうか。なにごとも早ければ早いほど良いわけではなく、もっとも適した時期があります。

IT機器の扱いは中学生や高校生になってからでも十分できますが、児童期には児童期にしか育めないものがあります。引き続き手と五感を使いながら、友人との関わり、社会的なスキルなど、その後の思春期や青年期へとつながる大切な力を育てるのが児童期だとモンテッソーリ教育では考えています。

ワークやデジタル教材については、さまざまな意見もありますので、ひとつの参考として、ご判断ください。




田中 昌子
上智大学文学部卒。2女の母。日本航空株式会社勤務後、日本モンテッソーリ教育綜合研究所教師要請通信教育講座卒。同研究所認定資格取得。東京国際モンテッソーリ教師トレーニングセンター卒。国際モンテッソーリ教師ディプロマ取得。2003年より、日本全国及び海外から参加可能なIT勉強会「てんしのおうち」主宰。モンテッソーリで子育て支援 エンジェルズハウス研究所(AHL)所長。著書に、『親子で楽しんで、驚くほど身につく! こどもせいかつ百科』(講談社)、モンテッソーリ教育の第一人者、相良敦子氏との共著に『お母さんの工夫モンテッソーリ教育を手がかりとして』(文藝春秋)、『マンガでやさしくわかるモンテッソーリ教育』(日本能率協会マネジメントセンター)がある。  






質問募集!
記事でとりあげてほしい質問がある方は、お子さんの年齢、性別と、質問者(あなた)の年齢、性別を明記のうえ、質問内容を下記フォームよりお送り下さい。採用の場合、当欄で回答を掲載します。なお当欄以外で著者から個別に回答することはありません。 






当欄に掲載されている記事、写真の著作権は、著者または撮影者、講談社に帰属します。無断転載、無断コピー、再配信等は一切お断りします。







おすすめの絵本

  • どしゃぶり

    どしゃぶり

    おーなり 由子/文 はた こうしろう/絵

    どしゃぶりは、雨つぶたちとしゃべったり、あそんだりできる特別なとき!
    たくさんの雨の音、雨つぶの、いろんな輝き。
    雨のにおい、水たまり、絵に耳をすますと、
    雨の音がきこえます。

  • 新版 星空キャンプ

    新版 星空キャンプ

    村上 康成/作

    月曜日、ここへ来た日、水のきれいさと、大きなマスに息をのみました。火曜日、ガンの家族がテントのそばにやってきました。水曜日、小さな湖では、風も音も、なにもありませんでした。木曜日、ハンモックでうとうと。金曜日、キイチゴつみは原っぱの味がする。ミナとお父さん、お母さんの1週間の星空キャンプ。

  • ぼんちゃんのぼんやすみ

    ぼんちゃんのぼんやすみ

    あおき ひろえ/作

    子どもに伝えたい日本の風習
    ご先祖さまの霊がかえってくるというお盆。ぼんちゃんが、夏休みにいなかで過ごしたお盆は……!?
    親子で楽しむ、季節と行事のよみきかせ絵本

  • きもだめし

    きもだめし

    新井 洋行/作

    『きもだめし』は、その名の通り、夏の風物詩である肝試しがテーマの、縦開きのしかけ絵本です。
     不気味な日本人形の、おどろおどろしい肝試しへの案内から、本作は始まります。幽霊や、一つ目お化け、ろくろっくび、のっぺらぼうなど、定番のお化けや妖怪が次々に登場します。 おはなし会や、親子でドキドキしながら楽しめる1冊です。

  • ルッキオとフリフリ おおきなスイカ

    ルッキオとフリフリ おおきなスイカ

    庄野 ナホコ/作

    マグロのおさしみに憧れる、ねこのルッキオとフリフリ。
    ある日、庭になったおおきなスイカで、ひともうけしてマグロのおさしみを食べようと、売りにでかけますが……。

  • いちねんせいの1年間 がんばれ、なみちゃん!

    いちねんせいの1年間 がんばれ、なみちゃん!

    くすのき しげのり/作 宮澤ナツ/絵

    いつもは不安げな転校生のなみちゃん。でもプールの授業でのすばらしい泳ぎに、みんなはびっくり。夏を通したなみちゃんの成長物語。

季節の絵本