子育て相談
モンテッソーリで考えよう!

回答:田中昌子



第3回 どうすれば片付けができるようになりますか?


Q:
片付けができず、散らかり放題でまいっています。どうすれば片付けられるようになりますか?
>3歳4か月の男の子です。おもちゃを出しっぱなしで、部屋中に広げてしまい、足の踏み場もありません。いくら「片付けなさい!」と怒鳴っても、「片付けないなら捨てるよ!」と脅しても、まったく効き目はありません。結局、毎晩私が一人で片付けることになり、もう限界です。どうしたら子どもが自分で片付けられるようになるでしょうか?



A:
日々の生活で使うものを片付けるだけでも大変なのに、子どもが出したおもちゃまで、毎晩たくさん片付けるのでは本当にイライラして、全部捨てたくなりますね。


でも、片付けは大人だって大変です。整理収納アドバイザーが職業として成り立ち、片付け本がミリオンセラーになっていることを考えれば、片付けは子どもだけの問題ではなく、簡単に解決するものではない、ということも、ご理解いただけるでしょう。


片付けられない原因として、ほとんどの片付け本に書いてあるのは、物が多すぎる、ということです。ですから、おもちゃの数を減らして、おもちゃ箱に全部まとめて戻すだけという簡単な片付けが、子どもにはよいと思われています。でも、残念ながらそれでは、子どもが自発的に片付けをするようにはなりません。子どもが片付けられるようになるためには、いくつかのポイントがあります。



▶取り出しやすく元に戻しやすい環境を整える


1つめは、取り出しやすく元に戻しやすい環境を整えることです。おもちゃが深い箱にまとめて入っていては、子どもには全体が見えません。小さいものは奥底に沈んでしまいますから、それを出したいとき、ひっくり返して広げざるを得なくなります。目的のものが決まっていない場合も同様です。あれこれ出して広げてみないと、自分で選べません。


モンテッソーリ教育では、0歳児の頃から、低い棚に物を置くようにしています。低年齢ほど、間を開けて選択肢を少なくしてあります。自分で選べるように、全体がよく見え、いつも決まった場所に決まったものがある、ということが大切です。棚に整然と並べられる数は限られていますから、結果的におもちゃの数も抑えることができます。


ご家庭でしたら、大きな棚を置けないでしょうから、置けないものは押入れなど目につかないところに収納しておきます。飽きて使わなくなったものを、新しいものと入れ替えるようにするといいでしょう。モンテッソーリは、環境は教師であると述べていますが、整えられた環境は、子どもにあるべき姿を自然に教えてくれるのです。


1つの棚に1つだけ だから戻せる 2歳女


▶知性の働きを利用する


2つめは、知性の働きを利用する、ということです。たとえば、2歳前後になると、同じものを合わせるという知性が働くようになります。「おんなじ」とか「ぴったり」という言葉を使うようになったら、片付ける物の写真を撮って戻すべき場所に貼る、物と置く場所に同じマークを付けておく、といった工夫をしてみましょう。平らなものなら、実物をコピーして、戻す場所の目安になる台紙を作っておいたり、型を取って線を描いておいたりすると、ぴったり置けるようになります。

実物の写真を貼る

実物をカラーコピーしてしまう

3~4歳児になると、分類するという知性の働きも利用することができます。子どもは、仲間分けをすることが大好きですから、たとえば色分けが好きな子どもなら、いろいろな色のお盆(縁にビニールテープを貼っておくだけでもよい)を棚に置き、そこに戻したいものには、その色のシールを貼っておけば、言わなくとも分類し始めることでしょう。


また、どんぐりやおはじきといった細かいものを片付けることは、大人には面倒なものですが、それらの実物を瓶の蓋に貼っておく、といった方法もあります。私が監修した「こどもせいかつ百科」に具体例が載っていますので、ぜひ参考にしてください。


ブロックや積み木といった大きなおもちゃは、それぞれの箱に入れるようにしてもいいでしょう。その場合も、そこに入れると決めたおもちゃの写真や絵を貼っておくなど、子どもが見てわかるようにしておきましょう。いちいち言わなくてすむようにすることが大切です。


実物を蓋に貼る 例

『親子で楽しんで、驚くほど身につく! こどもせいかつ百科』


▶片付けを楽しげに繰り返しやってみせる


3つめは、片付けを楽しげに繰り返しやってみせる、ということです。大人は「片付けなさい!」と叫びますが、どうやって片付けるのかを伝えていないことが多いのです。夜中に子どもが寝静まってから、親が一人で片付けていては、子どもが片付けの方法を学ぶ機会がありません。子どもはやり方を学びたがっていて、大人のやることをそのまま真似したい時期でもあるのですから、せっかくの機会を逃すのは、とてももったいないことです。


そしてみなさんは、怒りながら、文句を言いながら、片付けていませんか? 子どもはそうした姿から、片付けは義務であり、楽しくないことなんだ、と思ってしまいます。大人だって、誰かが嫌々やっていること、つまらなそうにやっていることを見て、「やってみたい!」とは決して思わないでしょう。


モンテッソーリ教育の保育園では、低年齢クラスの先生が、いつもひたすら楽しげに、物を決められた位置に戻しています。その姿を見ている子どもたちは、1、2歳児でもちゃんと真似をして、片付けることを楽しんでさえいます。歩けるようになった子どもは、1つずつ持ち運ぶことを喜び、先生が「籠を持っていく?それともマットを持っていく?」と二択で選ばせるなど、年齢に合った工夫もしています。


ご家庭でも、さきほどのような環境を整えておけば、「これと同じシールはどこに貼ってあるかしら?」「同じ絵のところに入れるから見ていてね。」と楽しくやってみせることができます。


ただし、1回で、すぐにできるようになるわけではありません。他のことも同じですが、特に片付けは毎日繰り返し、根気よくやってみせることが大切です。3歳以降、年齢が高くなるほど、時間はかかりますが、あきらめないで続けてみましょう。



▶広げる場所を限定する


その他の方法としては、広げる場所を限定するのも一案です。モンテッソーリ教育ではじゅうたんやマットを使いますが、その上に載るものだけを使うと約束しておけば、それを戻さないと広げる場所がなくなります。こういったことも効果的です。


じゅうたんの上だけでパターンブロックをする5歳児

そして、片付けができないもっと根本的な原因が、別にあります。第1回でもお伝えしたように、モンテッソーリ教育では、必ず本物を使います。おもちゃではなく、おままごとではなく、本当の家事に使う陶器などを扱うので、片付けないままにしておくことはできません。本物だからこそ大切に扱い、丁寧に運ぶようになります。そして、心ゆくまでお仕事をしたあとは、満足して素直になり、片付けもきちんとできるようになります。


実際に私が主宰しているモンテッソーリIT勉強会の会員の方からいただいたレポートをご紹介しましょう。


「我が家は市販のおもちゃが少なく、おうち遊びはお仕事やお手伝いがメインです。本物を体験できる日常生活の練習は、おもちゃでは代えがたい成長を与えてくれたと思います」


モンテッソーリも「玩具では子どもの心は満たされない」といった内容を繰り返し述べています。慣れ親しんだおもちゃをすぐに捨てることは難しいでしょうが、少しずつ、本物の体験を増やしながらおもちゃを減らしていけば、片付けの問題もおのずと解決できることでしょう。高価なおもちゃより、こんな物が好きだったの? とびっくりされるかもしれませんね。


人参スライス3歳6か月男

ごはんをよそう2歳10か月





田中 昌子
上智大学文学部卒。2女の母。日本航空株式会社勤務後、日本モンテッソーリ教育綜合研究所教師要請通信教育講座卒。同研究所認定資格取得。東京国際モンテッソーリ教師トレーニングセンター卒。国際モンテッソーリ教師ディプロマ取得。2003年より、日本全国及び海外から参加可能なIT勉強会「てんしのおうち」主宰。モンテッソーリで子育て支援 エンジェルズハウス研究所(AHL)所長。著書に、『親子で楽しんで、驚くほど身につく! こどもせいかつ百科』(講談社)、モンテッソーリ教育の第一人者、相良敦子氏との共著に『お母さんの工夫 モンテッソーリ教育を手がかりとして』(文藝春秋)がある。 






質問募集!
記事でとりあげてほしい質問がある方は、お子さんの年齢、性別と、質問者(あなた)の年齢、性別を明記のうえ、質問内容を下記フォームよりお送り下さい。採用の場合、当欄で回答を掲載します。なお当欄以外で著者から個別に回答することはありません。 


「にじいろのさかな」シリーズ

  • にじいろのさかな

    にじいろのさかな

    マーカス・フィスター/作
    谷川俊太郎/訳

    にじいろに輝くうろこをもった、世界でいちばん美しいさかな。でも、彼はひとりぼっちでさみしい。ある日彼は、かしこいタコに相談にいくことにしましたが……。

  • にじいろの さかな 0歳の本

    にじいろの さかな 0歳の本

    マーカス・フィスター/絵

    じゃばら式のさわって楽しい絵本。「みんななかよし」「うみのいきもの」の2冊セット(ケース入り)。

  • にじいろの さかな きらきら おふろえほん

    にじいろの さかな きらきら おふろえほん

    マーカス・フィスター/絵

    おふろのなかで、まるでうみのなかをさがすように、絵本のなかから、にじうおやなかまたちを見つけよう!

  • ゆっくり おやすみ にじいろの さかな

    ゆっくり おやすみ にじいろの さかな

    マーカス・フィスター/作
    谷川俊太郎/訳

    夜になっても眠れないにじうおは、こわいことばかり考えてしまいます。 もし、おばけうおが来たら? もし、たこの墨の中で迷子になったら? でも、そのたびに、ママが安心させてくれ、ひれでぎゅうっと抱きしめてくれるのです。 親子の愛情を感じさせる、あたたかな「おやすみなさい」の本。

  • にじいろのさかなしましまをたすける!

    にじいろのさかなしましまをたすける!

    マーカス・フィスター/作
    谷川俊太郎/訳

    にじいろのさかなたちのところに、しましまさかながやってきました。でも、キラキラうろこをもっていないので、仲間に入れてもらえません。そこへ、突然サメがあらわれて……。

  • にじいろの さかな きらきら シールえほん

    にじいろの さかな きらきら シールえほん

    マーカス・フィスター/絵

    大ロングセラーの「にじいろのさかな」シリーズに、シール絵本が登場。子どもたちが大好きなシール遊びを思う存分に楽しめます。「にじいろのさかな」ならではの、きらきら光るホログラフィシールつき。

  • げんきの絵本  にじいろの さかな めいろえほん

    げんきの絵本  にじいろの さかな めいろえほん

    講談社/編

    マーカス・フィスター著の名作絵本「にじいろの さかな」に登場するキャラクターたちが、お話のシチュエーションにあわせた迷路で大冒険。あなたは、10この迷路をクリアできるかな?

季節の絵本