子育て相談
モンテッソーリで考えよう!

日々の子育ての悩みや困りごとを、「モンテッソーリで子育て支援 エンジェルズハウス研究所」の田中昌子先生が、モンテッソーリの考え方で教えてくれる連載です。ちょっとした工夫で、大きな変化が子ども達に起こり、ママを驚かせてくれるかもしれません。子育てママ必見です!

回答者:田中昌子

第30回 忙しい日々の中で自立した子どもにするには?



Q:
5歳と2歳の男の子を保育園に預けながら仕事をしているワーキングマザーです。なるべく身の回りのことは自分でさせようと考えながらやっています。しかし、身体のことを考えて就寝時間を決めていると、全てのことを子どものしたいようにさせることは難しく、ご飯のこと、身支度のこと、お風呂のことなど、どれを優先順位としてやらせてあげれば良いか悩みます。自分も焦るため、教え方も雑になり、口癖は「早くして」になってしまいます。
自立した子どもに育ってもらうために、帰宅後の短い時間でどう優先順位をつけてやっていったら良いでしょうか? また全てのことにゆっくり関わらなくても、親が手伝ってあげたとしても、自立した子どもは育つのでしょうか?




A:
2018年(平成30年)に厚生労働省が行った国民生活基礎調査によれば、働く母親の割合は、72.2パーセントとなっており、ほとんどの方が同じようなお悩みを抱えていらっしゃいます。私の勉強会に参加されている方からも、「モンテッソーリ教育を学んで、待つことの重要性は痛いほど感じているけれど、現実の生活では時間に追われてしまい、なかなかできません。」といったご相談がよく寄せられています。多くのお母様が、子どもに対してゆったり接したい、たっぷり愛情を注いであげたいと願いながら、仕事と子育ての両方に追われて忙しく、心も体も疲れ切っていらっしゃるのが現状です。

今回は帰宅後の時間についての御質問でしたが、恐らく朝も同じ状況なのではないかと思います。朝晩の限られた時間では、とてもおうちでのモンテッソーリ教育などはできない、と思っていらっしゃる方もありますが、そんなことはありません。質問者さんも、自立した子どもに育てたい、そのために自分でさせようと考えている時点で、すでにモンテッソーリの理念を理解していらっしゃるといえるでしょう。ただ、基本的な考え方と実践にあたってのポイントがありますので、そこを工夫していけば、良い方向に向かえると思います。

もしかすると、日々のさまざまなスケジュールは、今はお母様の頭の中だけにあって、ご自分だけが焦っていらっしゃるのではないでしょうか。動くのは子ども自身です。大人が動かそうとするのではなく、子どもが自ら動くようになることこそが、自立であり自律でもあります。
ではどうしたら、お子さんが自ら動くようになるでしょうか。まず、朝起きてから出かけるまでと、夜帰宅されてから寝るまでのだいたいの時間と、その間にすることを書き出してみましょう。

5歳のお子さんが時計を読めるならば、『こどもせいかつ百科』の15ページのように、時計と連動させてみたり、2歳のお子さんのためには、99ページのような絵カードを作ってみたりすることで、お子さんが自分でも時間を意識し、段取りができるような工夫をしましょう。お子さんたちと話し合いながら、楽しんでやってみてください。


また、ご飯のこと、身支度のこと、お風呂のことなどに優先順位をつけてやらせなくてはならないとお考えのようですが、日常生活のことは、どれも大切であり、欠かすことはできないものです。1歳であっても70歳であっても、身支度をしなくてもよい、お風呂に入らなくてもよい、ということはありませんね。子どもも大人も、ごく当たり前にすることであって、優先順位はつけられません。

だからこそ、モンテッソーリ教育では、「日常生活の練習」という分野をあらゆる分野の基礎と位置づけ、さまざまな生活場面において必要な練習を繰り返しできるようにしているのです。1歳半を過ぎたら、0歳児のように大人がすべてしてあげなければならないことは、ひとつもありません。ただ、そのときに、子どもが全部自分でやるか、大人が全部やってしまうかという、100か0かで考えないようにしてください。どんな小さなことでも、子どもができる部分がきっとあります。それを考え、工夫してあげましょう。

今回は、私の勉強会に参加されている方の中でも、特別にお忙しいワーキングマザーの方からいただいた3つのレポートで、具体例を紹介します。ちょうどお子さんの年齢も同じくらいの兄弟のママです。(レポートの年齢は記載当時のもの。)


・服や靴は自分で選ばせています。脱着も自分で行います。靴は左右が分かるように、内側に印を付けて、「星がぴったんこするように履いてね。」と言っておくと、自分で確認して正しく履いています。
(4歳5か月 と 2歳 男の子の母)

勉強会で紹介している左右の識別方法。かかとのリングは引っ張りやすくするため。

自由選択が出発点であることにも注目してください。もちろん自分で選べるような環境を整えておくことも必要です。そして、ちょっとした手がかりを与えてあげることで、子ども自身が動けるようになることがわかります。


・朝も夕も気がせいていますが、靴の脱着と靴箱にしまうことは、以前から子どもを待って、自分でさせています。小さなことですが、この勉強会に参加していなければ、私が全部やっていたはずです。
(4歳9か月 と 2歳3か月 男の子の母)



このように身支度の中でもこれだけは、というものを決め、小さなことでもそれだけは待ち、年齢が上がるに従ってできることを増やしていくのもいいアイデアです。

真剣にボタンをはめる 1歳11ヶ月

・朝、パンにジャムを塗ったり、牛乳をピッチャーに用意して、自分でコップに入れてもらったりということも、毎日はできませんが、できた後は、片付けを自主的にしてくれるなど変化を感じます。それをわかっていても時間がなく、大人が準備してしまう日の方が多く残念ですが、我が家では出来るときにやってみるというスタンスで取り組むしかありません。100やらないより、10でも15でも取り組んだ方が、少しは子どもの糧になると信じて、のんびりやっていこうと思いました。
(4歳10カ月 と 2歳4か月 男の子の母)



その日によって帰宅時間や忙しさも変わることでしょう。毎日完璧にさせようとイライラするよりも、これくらいの気持ちでいるほうが、お子さんにとっても良いのではないでしょうか。

そして、まとまった時間が取れる週末などには、できるだけ時間を区切らずに、心ゆくまでお子さんたちが集中して取り組める手作業を準備しましょう。時間がない平日には「雑な教え方」しかできないようでしたら、新しいことは提示せず、お休みの日に心をこめて丁寧に見せてあげましょう。
これらのレポートを書いてくださった方も、週末はお子さんたちと一緒に、洗濯物を干したり、ホットケーキやクッキーを作ったり、プランターで野菜を育てたりといったことに取り組んでいらっしゃいます。

自然との触れ合いは大切。水やりをする 5歳5か月

「早くして」が親の口癖であったり、待ちきれなくて親がさっさとやってしまったりしていても、自立した子どもになるかどうかついては、モンテッソーリの言葉でお答えしましょう。


「子どもの最も大切な心の要求にかなった手伝いをする代わりに、おとなは、子どもが動作を習得しようとしているときでも、子どもの練習を中断して自分の熟練でやってしまいます。これでもって子どもに実践へ進めるどの道もふさぎ、その心内の発育にとって最も重大な障害をつくります。」
「万事が行き過ぎて規則立てられ、すべてが狭く、すべてがあまり急ぎすぎます。おとなの急き立てられた生活リズムは子どもにとって阻止になりました。」
「子どもが自分の生活をするのを妨げ、それによって自然な発育から脇道へそらせたときにだめにしたのでした。」
(以上『幼児の秘密』マリア・モンテッソーリ著 鼓常良訳 国土社より)


障害、阻止、ダメにする、など、とても厳しい言葉が並んでいますが、子どもが神様からもらった宿題を奪ってしまうことは、人格に関わる大きな問題だと述べています。
そのことを知らずに大人がそうした関わり方をしてしまった子どもの姿が、反省とともに、レポートで報告されていますので、ご紹介します。


・やっと授かった子でしたので、本当に子どもが可愛くて、すべて私が世話をして、家の王様の長男を中心として毎日が過ぎていました。6歳の現在、無気力で私の命令指示を待っている、うそつきで怖がり、人見知りで新たなことはやる前から嫌と拒絶します。同じように育てた次男も、癇癪持ちでキレることがあり、怒ると叩く、物を投げる、ひっくり返すことをします。
(6歳 と 4歳 男の子の母)


・モンテッソーリ教育に出会う前は、日常生活の仕事のほとんどを「早く早く」と急かし、それでもしない時は怒りながら私がしていました。二人が機嫌よく遊んでくれることが一番で、手伝いはおろか自分の通園バッグの片付けでさえも私がしていました。その方が早いし、怒るという余分な労力を使わなくても済み楽だからです。それなのに急に自分の身の回りのことをして欲しいと願っても、空回りするのは当然だと思いました。
(5歳 と 3歳 男の子の母)



もちろん大人の関わり方の程度にもよりますが、「早く」と言えば言うほど逆に遅くなり、大人が手出しすればするほど、できなくなっていくことは明らかです。この方たちもそのことに気づき、このあと正しい援助ができるようになりました。
一方で、普段から子どもが一人でできるように心がけていると、どんな姿が見られるようになるでしょうか。


・先日、私は幼稚園が代休だと思いこんで、のんびりしていたら、バス停にいるお友達から電話があり、慌てました。お弁当を作るのに必死だったのですが、長女は一人で幼稚園の制服に着替え、体操服を巾着に入れてリュックに入れ、タオルとコップを用意し、帽子もかぶり、準備万端で待ってくれていました。次女のお着替えまで手伝ってくれ、すごく早く出ることができました。
(4歳4か月 と 2歳 女の子の母)



常に自分で判断し、自分の手と五感を使ってきた子どもは、自分で考えて動けるようになります。そしてそれは、この先ずっと、その子が生きていくための土台となり、真に自立した人になる道を開いてもくれます。

わたしたち大人は、目先の忙しさについ流されてしまいがちですが、ほんのちょっとだけお子さん自身が選択できるように工夫し、自分でやるのを待ってあげてください。2歳は2歳なりに、5歳は5歳なりに、やった!できた!と満足します。そうすればきっと親子ともに幸せになり、逆にゆとりも生まれることでしょう。

アルファベットがわかる子どもが一人で着られるような工夫

自分で選べる着替えの工夫 2歳5か月

『親子で楽しんで、驚くほど身につく! こどもせいかつ百科』
毎日のくらしの中で、楽しんでできることの具体例がいっぱい!

【お知らせ】
質問募集は、連載30回をもって終了とさせていただきました。
たくさんのご質問ありがとうございました。いただいたご質問には、できるかぎり誠意をもってお答えしておりますが、すべてを採用できるわけではありません。また、当欄以外で、今後、回答者から直接回答が送られることはありません。なにとぞご了承ください。




田中 昌子
上智大学文学部卒。2女の母。日本航空株式会社勤務後、日本モンテッソーリ教育綜合研究所教師要請通信教育講座卒。同研究所認定資格取得。東京国際モンテッソーリ教師トレーニングセンター卒。国際モンテッソーリ教師ディプロマ取得。2003年より、日本全国及び海外から参加可能なIT勉強会「てんしのおうち」主宰。モンテッソーリで子育て支援 エンジェルズハウス研究所(AHL)所長。著書に、『親子で楽しんで、驚くほど身につく! こどもせいかつ百科』(講談社)、モンテッソーリ教育の第一人者、相良敦子氏との共著に『お母さんの工夫モンテッソーリ教育を手がかりとして』(文藝春秋)、『マンガでやさしくわかるモンテッソーリ教育』(日本能率協会マネジメントセンター)がある。





当欄に掲載されている記事、写真の著作権は、著者または撮影者、講談社に帰属します。無断転載、無断コピー、再配信等は一切お断りします。





おすすめの絵本

  • ねんねん どっち?

    ねんねん どっち?

    宮野聡子/作

    どっち? という楽しい質問につぎつぎ答えていくうちに、自然に眠りの世界へといざなっていきます。おやすみ前のひととき、「どっちあそび」で親子の豊かな時間をすごしませんか?

  • ねんね

    ねんね

    さこももみ/作

    「おばけがこわくてねむれない。」というまみちゃん。だいじょうぶ、おばけもママといっしょにねんねしちゃったよ。安心しておやすみ。かわいい寝かしつけの絵本です。

  • ゆっくり おやすみ にじいろの さかな

    ゆっくり おやすみ にじいろの さかな

    マーカス・フィスター/作
    谷川俊太郎/訳

    眠れないにじうおは、こわいことばかり考えてしまいます。親子の愛情を感じさせる一冊。手に取りやすいミニサイズの年少版もおすすめです。

  • 0・1・2さいのすこやかねんねのふわふわえほん

    0・1・2さいのすこやかねんねのふわふわえほん

    前橋明/監修

    おふとんみたいに表紙がふわふわ! しぜんに生活リズムが身につき、気持ちのよい眠りへとみちびく、心とからだが安心するおはなしいっぱい!
    親子のふれあいを生む、ねんねのうたとおはなし決定版!

  • おやすみなさいの おと

    おやすみなさいの おと

    いりやまさとし/作

    おやすみなさいの時間です。でも、あらいぐまの子どもたちは、外からきこえてくる音が気になって眠れません。心安らぐ、静かでやさしい寝かしつけの絵本。

  • おやすみ ぞうちゃん

    おやすみ ぞうちゃん

    三浦太郎/作

    ぞうちゃんは、泣いたり笑ったり、おおいそがし。おやすみまでの一日を、ユーモアたっぷり、愛情豊かに描きます。シリーズ第3弾。

季節の絵本