子育て相談
モンテッソーリで考えよう!

日々の子育ての悩みや困りごとを、「モンテッソーリで子育て支援 エンジェルズハウス研究所」の田中昌子先生が、モンテッソーリの考え方で教えてくれる連載です。ちょっとした工夫で、大きな変化が子ども達に起こり、ママを驚かせてくれるかもしれません。子育てママ必見です!

回答者:田中昌子

特別寄稿(2020年5月)
新型コロナウィルスでわかった「モンテッソーリ教育で育つ力」



この連載「子育て相談モンテッソーリで考えよう!」の最終回を書いたのは2019年12月のことでした。それからわずか5ヵ月しかたっていませんが、その間に世界は一変してしまいました。誰がこのような状況を予想していたでしょうか。新型コロナウィルスという目に見えない脅威が、あっという間に世界全体に広がり、当たり前の日常が失われてしまいました。

ただ、私たちが気づいていなかっただけで、感染症の脅威は今に始まったものではありません。天然痘などは紀元前からあったようで、繰り返し人類を脅かしてきました。モンテッソーリは、1932年にジュネーブで行った平和に関する講演の中で、14世紀に大流行したペストを取り上げ、「戦争のようなもの」と述べています。さらには、ペストによる死者が戦争よりも多く悲惨なものであること、生産性が落ちるために生活が困窮すること、元の状態に戻るのに時間がかかり、文化的な進歩が妨げられることなど、現代にも通用する分析を加えています。

新型コロナウィルスにより国と国は分断し、人と人との間にも物理的な距離を置くことが求められるようになりました。多くの人が外出を控え、人との接触を避け、在宅勤務が長時間にわたるなど、不自由な生活を強いられています。ストレスから家庭内暴力や児童虐待も増えているようですし、先の見通しが立たない不安は、人間の心をむしばんでいきます。

子どもたちも、幼稚園や保育園、学校が長期にわたって休みとなり、遊び場も学ぶ場も奪われてしまいました。お母様たちも、ただでさえ大変な子育てに追い打ちをかけるような事態となり、多くの悩みを抱えています。家ですることがない、勉強の遅れが心配、ドリルを買い込んでさせようとしてもうまくいかない、ゲーム三昧で口うるさく言ってもきかない、自分がイライラする、といった報道をよく目にします。

そんな中、私のもとには勉強会でモンテッソーリ教育を学び、家庭で幼児期から実践してこられた方々から、全く違う様子を知らせるレポートが続々届き始めたのです。そこに書かれている姿は、報道されているものとはあまりにも違いがあり、にわかには信じられないほどでした。

まず、小学生の子どもたちの様子をご紹介します。


レポート1(男の子3人の母)
小学校が急に休校となり、長男(小6)と次男(小2)が自宅待機となりました。休み中の過ごし方をどうするか話し合った際、長男から「お昼ご飯は用意しなくていいよ。自分たちで作ってみるから。」と言い出したのでやらせてみることにしました。サッカー三昧の忙しい日々から一転、自由な時間が増えましたが、子ども二人だけで話し合いながら、家事、勉強、遊びと計画的に決めて生活する姿を見て、モンテッソーリ教育を受けた子どもの特徴なのかなと感じうれしく思っています。


レポート2(女の子1人の母 中学校教師)
こんなときだからこそ、大人も子どもも、何ができるかを考えて自分で選び、自分から行動することが求められていると思います。自分で選択して、自分で行動する、学ぶ、 まさにモンテッソーリ教育そのものです。娘(小6)は、2月末に休校になってからずっと、平日は主人と私のお弁当、そして夕食を毎日作ってくれています。献立は一緒に考えることもありますし、娘が食べたいもの、作りたいものになることもあります。クックパッドで美味しいレシピを検索するのも得意です。私より段取りも手際もよく、手間を惜しまないのです。「後で楽になる」と勉強会で言われましたが、本当にそうです。疲れて帰ってきたら、夕飯ができているのですから。


お母さんのために小6が作ったお弁当 涙が出そうですね

家族のために夕食を作る 小6とは思えない包丁使い

唐揚げ,ポテトサラダ,豆ごはんなど全部小6の手作り

レポート3(男の子1人の母)
息子(小5)は、休校になっても全く困った様子がなく過ごしています。宿題も気持ちが乗っている時にさくっとこなし、他の時間は、自分の時間に費やしています。家族がそろう朝ご飯の時は、ホットケーキを作ってくれますが、その時の段取り力はすごいなと思います。やりやすいように、まわりを片付け、使うものを出し、計量し、作り方の把握もしているらしく、手際よく作ってくれます。この手先の器用さは、幼少期での積み重ねのおかげではないかと思います。もちろんコロナは早く収束して欲しいですが、このように息子と向き合える時間をもらえたのはありがたい、と考えています。


レポート4(男の子1人の母 英語教室の先生)
休校になっても、息子(小4)に一日の過ごし方は全て任せています。なぜ彼に一任できるかというと、自分できちんと自己管理ができるからです。YouTubeを見たりゲームをしたりする時も、タイマーをかけて自分で時間を決めます。漫画も工作も好きにやらせています。学校からプリントが送られてきましたが、いつやって、どれだけ進めるのかも彼が自分で段取りをします。
モンテッソーリ教育で学んだ経験から、私は息子を信頼して、自分の人生を生きていくためにどうしたらいいのかを考えさせ、危険なことではない限り、どれだけ失敗してもいいので全てを任せることにしています。



このほかにも、

・職人のように浴槽を洗って磨いてくれる。
・高いところの掃除や力仕事を率先してやってくれる。
・学校からもらった実験セットを説明書通りやり終え、自分でアレンジを加えて実験を続けている。
・夏休みの自由研究のテーマを草木染めと決め、そのために必要な種まきと観察を始めている。
・無料サイトの漢字テストを自分で毎日行い、去年の復習をしている。
・3月の休校で残った6年生の勉強を自学で終わらせ、自分の不得手な分野にも取り組み、4月からは中学校の分野を自学している。


など、まだまだたくさんいただいています。

高いところはぼくに任せて 頼もしい小5

それらを読み進めるうちに、自然と共通点が見えてきました。親と小学生に分けて要約してみましょう。


●モンテッソーリ教育を学んだ親たち
・こうした状況をストレスや困りごととしてとらえていない。
・子どもと向き合う時間ができたことを喜び、前向きにとらえている。
・勉強やすべきことについて不安を持っていない。
・幼児期からモンテッソーリ教育を実践してきたことが、花開いていると感じている。
・モンテッソーリの普遍的な理念である「子どもを信じて見守る」ことができている。

●モンテッソーリ教育を受けた小学生たち
・こうした状況を自分なりに理解し、制限ある生活の中でも楽しみを見つけようとしている。
・指示されて動くのではなく、自分ですべきことを考え、的確な判断をし、自発的に行動している。
・何をしたらいいのかわからないということがなく、むしろ自由に使える時間が増えたことを喜んでいる。
・やるべき勉強をさっさと終わらせ、やりたいことを満喫している。
・幼児期から本物の家事をしてきたので、料理など必要なことに困らない。むしろ役に立つことを喜び、率先してする。


ここに挙げたことは、こうだったらいいな、という理想の姿ではなく、お母様たちから寄せられた「事実」です。また、モンテッソーリ園に通っていたお子さんもいますが、家庭だけでモンテッソーリ教育を実践してきたお子さんも多いのです。

ヨモギ団子を作って家族に食べてもらうことが幸せな小2

小鳥も大切な家族だから心をこめて世話をする小5

次にもっと成長した子どもたち、高校生と大学生の姿を簡単にご紹介しましょう。

まず、アメリカ在住の高校1年生の男の子です。第19回でも取り上げましたが、日本にはまだないモンテッソーリ中学校では、実際に自分たちでビジネスを行います。モンテッソーリは思春期の自立というのは、経済的自立が重要であると考えていたからです。彼はその経験を活かし、自分で音楽編集ビジネスを立ち上げ、売上金を全額、新型コロナウィルスで苦しむ人のために寄付したというのです。

もうひとりは日本の大学1年生女の子です。高校時代に一人で行った接着剤に関する研究が認められ、AO入試で大学に合格したものの、卒業式は縮小、入学式も授業もなく、自分も辛い状況にありました。でもそれ以上に、後輩たちが塾も高校も休みになってしまい、受験に不安を抱えていることを知り、友人と一緒に大学受験生向けの相談受付プロジェクトを開始しました。精神的に追い詰められないよう、親や先生にも言えないことを受け止められるようにと、ボランティアを続けています。

どちらのお母様もその姿に感動し、誇りに思うと同時に、モンテッソーリ教育の素晴らしさを改めて感じた、とお知らせくださいました。

ここから見えてくることは、モンテッソーリ教育の究極の目的である「平和を生きる人を育てる」ということの重要性です。このような緊急事態に問われるのが人格、つまり人としての在り方です。大人になれば自然と理性や自制心が身につき、正しい行動ができる人間になるのかというとそうではありません。暇で退屈だからという自分勝手な理由で外出する、規制線を無視して侵入する、感染者を誹謗中傷する、果ては医療従事者やその家族を差別するなど、あってはならないことが多数起きています。

モンテッソーリ教育は、人格の形成という人間の根源に関わる教育法です。幼児期だけのものだと捉えられがちですが、むしろずっと先になって開花するものです。レポートからわかるように、幼児期にモンテッソーリ教育を受けた子どもたちは、児童期になると自分で考え、自発的に動けるようになり、自立した生活を送ります。さらに思春期、青年期になると、現状を冷静に分析し、他人のため、世界のために何かできることはないかと考え、実際に行動に移すことができます。それまでにしっかりとそうしたスキルを身につけているからです。そして自分が役立つことを喜び、しかも特別なことではなく、当たり前のこととして行動するのです。

そうした人間こそが「新しい人間」であり、モンテッソーリは「新しい人間」こそが、「新しい世界」である真の平和社会を築くことができると考えていました。

そしてもうひとつ今回のことでよくわかったことがあります。新型コロナウィルスという未知のものに対して、これが正解であるというものは何もありません。価値観が根底から覆されることは、特に戦後などにもあったことでしたが、言われた通り、みんなと同じように行動していればよいというこれまでの教育は全く通用しないということが、より明らかになりました。

新型コロナウィルスが収束する頃、社会は大きな変革を遂げていると言われています。つまり、これまで世の中になかった新しい価値観を生み出し、社会を変えるような人材が求められているのです。すでにグーグル、ウィキペディア、フェイスブックなど、それまでなかった仕組みを生み出し、世界に大きな変革をもたらした人がモンテッソーリ教育から生まれています。

これらのことから、モンテッソーリ教育が決して古い教育ではなく、むしろこれから求められている教育であるということが言えるでしょう。広い視野を持って自分で考え、使命感を持って行動できる人、それを育てるのがモンテッソーリ教育であることが、はからずも今回の新型コロナウィルスという特別な状況下で証明されたのではないでしょうか。

でも、専門家でもない自分には、そのような立派な教育をおこなうのは無理、と思われるお母様、お父様もいらっしゃるでしょう。日本の教育が変革を遂げるのならば、それに任せておこうと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

けれども、連載の中で繰り返しお伝えしてきたことですが、大切なのはモンテッソーリの子どもの見方と援け方であり、それは一番身近にいる親が、家庭の中で実践できることなのです。今回のピンチをチャンスに変えて、今一度、モンテッソーリの考えを子育てに取り入れてみてはいかがでしょうか。ほんの小さな日々の積み重ねが、まだ見えない未来を決めるカギとなるのです。

おまけ「モンテッソーリで手を洗おう」
感染症の有効な対策として、手洗いが奨励され、手洗い動画がたくさん投稿されています。連載の第18回で詳しく手の洗い方について紹介しましたが、モンテッソーリは100年も前から、動画で紹介されているような手の洗い方を「提示(提供)」として子どもに見せていました。ぜひ第18回を参照してください。
連載の中でも紹介した『こどもせいかつ百科』の「てあらい、うがいを しよう」ページ(P45~46)を洗面所にコピーして貼っておくことで、うがい・手洗いの仕方を正確に子どもたちに伝えることができたというご報告もいただきました。

『こどもせいかつ百科』より抜粋

【おしらせ】

今回の新型コロナウィルスのための自粛期間をご家庭ですごすみなさまに、田中先生からお寄せいただいたお話は、あらためて「モンテッソーリ教育」の新しさと子育ての大切さを感じさせるものでした。いかがでしたでしょうか。
また、お知らせしていたように、この連載を大幅にパワーアップした田中昌子先生の著書『モンテッソーリで解決!子育ての悩みに今すぐ役立つQ&A 68』(講談社)が2020年6月18日ごろ発売の予定です。どうぞお楽しみに!




田中 昌子
上智大学文学部卒。2女の母。日本航空株式会社勤務後、日本モンテッソーリ教育綜合研究所教師要請通信教育講座卒。同研究所認定資格取得。東京国際モンテッソーリ教師トレーニングセンター卒。国際モンテッソーリ教師ディプロマ取得。2003年より、日本全国及び海外から参加可能なIT勉強会「てんしのおうち」主宰。モンテッソーリで子育て支援 エンジェルズハウス研究所(AHL)所長。著書に、『親子で楽しんで、驚くほど身につく! こどもせいかつ百科』(講談社)、モンテッソーリ教育の第一人者、相良敦子氏との共著に『お母さんの工夫モンテッソーリ教育を手がかりとして』(文藝春秋)、『マンガでやさしくわかるモンテッソーリ教育』(日本能率協会マネジメントセンター)がある。





当欄に掲載されている記事、写真の著作権は、著者または撮影者、講談社に帰属します。無断転載、無断コピー、再配信等は一切お断りします。





おすすめの絵本

  • パンダ なりきりたいそう

    パンダ なりきりたいそう

    いりやまさとし/作

    「パンダなりきりたいそう はじめ!」
    何かになりきるのって、たのしい!
    さあ、絵本を見ながら、パンダといっしょに、おもいっきり体をうごかそう!

  • くぼた式 脳をきたえる おりがみマラソン 100

    くぼた式 脳をきたえる おりがみマラソン 100

    講談社/編
    久保田 競/監

    巻頭口絵の100項目のチェックシートにしたがって、すこしずつトレーニングを積んでいきましょう。しぜんと手先が器用になり、脳がきたえられる一冊です。

  • もったいないばあさんかるた

    もったいないばあさんかるた

    真珠 まりこ/著

    生活の中のいろいろな「もったいない」を題材とした読み札・絵札46組。楽しく遊びながら、「もったいない」を感じる心が自然にそだちます。

  • 遊んで学べる 神奈川県民ジモトかるた

    遊んで学べる 神奈川県民ジモトかるた

    シゲタ サヤカ/作・絵

    「あつぎで シロコロ 食べてみた」
    「いせはらの とうふのおいしさ つたえたい」
    神奈川県のジモト民ならおなじみのネタや意外な話題が盛りだくさん。横浜、川崎、相模原から三浦半島、湘南、箱根まで、ジモト自慢が満載です。神奈川県の地理を遊びながら学べる、ジモト愛100パーセントのかるた!

  • 決定版 1日10分で えがじょうずにかけるほん 3さい~6さい対象

    決定版 1日10分で えがじょうずにかけるほん 3さい~6さい対象

    あきやま かぜさぶろう/作

    もののかたちをとらえ、○、△、□などかんたんな形をつかって、いろいろな絵が描ける、魔法のメソッドを1日10分でたのしもう!

  • くぼた式 脳をきたえる うんぴつ ひらがな トレーニング

    くぼた式 脳をきたえる うんぴつ ひらがな トレーニング

    講談社/編
    久保田競・久保田カヨ子/監修

    直線や曲線、ジグザグ、らせんなどの線を書く「運筆」の訓練をつづけると、文字を書くときに、手指をやわららかく 思いどおりに動かせるようになります。 100のトレーニングを積んでいけば、しぜんと「ひらがな」を書けるようになり、脳がきたえられます。

  • どこ? もりの なかの さがしもの

    どこ? もりの なかの さがしもの

    山形 明美/作
    大畑 俊男/撮影

    1冊の本がつれていってくれたのは、不思議なさがしものの森。動物たちの歓迎会、妖精のピクニック、洞窟の先の奇妙な屋敷。さあ、さがして見つけて追いかけて!

季節の絵本