「ちひろさんの子どもたち」谷川俊太郎×トラフ建築設計事務所 (東京都)

いわさきちひろさんの子どもたちに、谷川俊太郎さんの詩で命をふきこんだ絵本『なまえをつけて』。
こちらの原画と詩、さらにトラフ設計事務所が空間構成に加わり、大人だけでなく子どもも楽しめる展覧会が、ちひろ美術館・東京で行われます。本展では、ちひろさんの絵でたびたび目にする「帽子」が展示をつないでいきます。トラフ設計事務所は、大きな麦わら帽子の形の「子どものへや」をつくり、トラフが選んだ帽子の子どもの絵から、谷川さんの新作詩「ぼうしさん」も生まれました。絵と詩、そして空間展示が重なり、豊かにひろがっていく展覧会「ちひろさんの子どもたち」。ぜひ足をお運びください。







【日付】
8月2日(金)~10月27日(日)
【場所】
ちひろ美術館・東京
東京都練馬区下石神井4-7-2

おすすめの絵本

  • ねんねん どっち?

    ねんねん どっち?

    宮野聡子/作

    どっち? という楽しい質問につぎつぎ答えていくうちに、自然に眠りの世界へといざなっていきます。おやすみ前のひととき、「どっちあそび」で親子の豊かな時間をすごしませんか?

  • ねんね

    ねんね

    さこももみ/作

    「おばけがこわくてねむれない。」というまみちゃん。だいじょうぶ、おばけもママといっしょにねんねしちゃったよ。安心しておやすみ。かわいい寝かしつけの絵本です。

  • ゆっくり おやすみ にじいろの さかな

    ゆっくり おやすみ にじいろの さかな

    マーカス・フィスター/作
    谷川俊太郎/訳

    眠れないにじうおは、こわいことばかり考えてしまいます。親子の愛情を感じさせる一冊。手に取りやすいミニサイズの年少版もおすすめです。

  • 0・1・2さいのすこやかねんねのふわふわえほん

    0・1・2さいのすこやかねんねのふわふわえほん

    前橋明/監修

    おふとんみたいに表紙がふわふわ! しぜんに生活リズムが身につき、気持ちのよい眠りへとみちびく、心とからだが安心するおはなしいっぱい!
    親子のふれあいを生む、ねんねのうたとおはなし決定版!

  • おやすみなさいの おと

    おやすみなさいの おと

    いりやまさとし/作

    おやすみなさいの時間です。でも、あらいぐまの子どもたちは、外からきこえてくる音が気になって眠れません。心安らぐ、静かでやさしい寝かしつけの絵本。

  • おやすみ ぞうちゃん

    おやすみ ぞうちゃん

    三浦太郎/作

    ぞうちゃんは、泣いたり笑ったり、おおいそがし。おやすみまでの一日を、ユーモアたっぷり、愛情豊かに描きます。シリーズ第3弾。

絵本通信 Facebookページ