神田松之丞が絵本を初監修、12月1日にイベント開催 講談社創業110周年記念企画「講談えほん 全6巻」11月刊行開始

日本の伝統芸能である講談を、絵本で次世代の子どもたちに残したいという思いで、いま“チケットが最も取れない講談師”と言われる神田松之丞が初の絵本監修に挑戦しました。その絵本が11月に講談社創業110周年記念企画「講談えほん 全6巻」として刊行になります。12月1日には神田松之丞出演の刊行記念イベントを、その社名の由来が講談である「講談社」で開催します。イベントの第一部は親子限定、二部は一般向けとなります。

【神田松之丞のコメント】
講談とは、古くからの日本の伝統芸能です。講談師が、実在の人物や史実とされている事象を、聴く人を楽しませつつ、一人語りで読んでいきます。日本の歴史の物語を次世代に繋ぐために、とても大事で、いま注目されている芸能です。このたび次世代に伝えたい講談のお話を、絵本にして子どもたちに残すために絵本の監修をつとめました。この絵本を通じて、一人でも多くの子どもたちに講談を知ってもらえることを願っています。

【第一期 11月刊行書目】
西行「鼓ヶ滝」文:石崎洋司 絵:山村浩二
大岡越前「しばられ地蔵」文:石崎洋司 絵:北村裕花
宮本武蔵「山田真龍軒」文:石崎洋司 絵:飯野和好

【刊行記念イベント】
日時:12月1日㈰ 13時【親子限定】、17時【一般向け】
会場:東京護国寺・講談社(東京メトロ有楽町線護国寺駅下車)
チケット発売:10月下旬予定
※チケットの発売について、詳細が決まり次第、講談社絵本通信よりご案内いたします。

【日付】
12月1日(日)13:00~
【場所】
講談社
東京都文京区音羽2-12-21

おすすめの絵本

  • どしゃぶり

    どしゃぶり

    おーなり 由子/文 はた こうしろう/絵

    どしゃぶりは、雨つぶたちとしゃべったり、あそんだりできる特別なとき!
    たくさんの雨の音、雨つぶの、いろんな輝き。
    雨のにおい、水たまり、絵に耳をすますと、
    雨の音がきこえます。

  • 新版 星空キャンプ

    新版 星空キャンプ

    村上 康成/作

    月曜日、ここへ来た日、水のきれいさと、大きなマスに息をのみました。火曜日、ガンの家族がテントのそばにやってきました。水曜日、小さな湖では、風も音も、なにもありませんでした。木曜日、ハンモックでうとうと。金曜日、キイチゴつみは原っぱの味がする。ミナとお父さん、お母さんの1週間の星空キャンプ。

  • ぼんちゃんのぼんやすみ

    ぼんちゃんのぼんやすみ

    あおき ひろえ/作

    子どもに伝えたい日本の風習
    ご先祖さまの霊がかえってくるというお盆。ぼんちゃんが、夏休みにいなかで過ごしたお盆は……!?
    親子で楽しむ、季節と行事のよみきかせ絵本

  • きもだめし

    きもだめし

    新井 洋行/作

    『きもだめし』は、その名の通り、夏の風物詩である肝試しがテーマの、縦開きのしかけ絵本です。
     不気味な日本人形の、おどろおどろしい肝試しへの案内から、本作は始まります。幽霊や、一つ目お化け、ろくろっくび、のっぺらぼうなど、定番のお化けや妖怪が次々に登場します。 おはなし会や、親子でドキドキしながら楽しめる1冊です。

  • ルッキオとフリフリ おおきなスイカ

    ルッキオとフリフリ おおきなスイカ

    庄野 ナホコ/作

    マグロのおさしみに憧れる、ねこのルッキオとフリフリ。
    ある日、庭になったおおきなスイカで、ひともうけしてマグロのおさしみを食べようと、売りにでかけますが……。

  • いちねんせいの1年間 がんばれ、なみちゃん!

    いちねんせいの1年間 がんばれ、なみちゃん!

    くすのき しげのり/作 宮澤ナツ/絵

    いつもは不安げな転校生のなみちゃん。でもプールの授業でのすばらしい泳ぎに、みんなはびっくり。夏を通したなみちゃんの成長物語。

絵本通信 Facebookページ