<春休み特別展示>いりやまさとし「パンダたいそう」絵本原画展 (東京)

浅草・ソラマチにある郵政博物館にて、絵本『パンダ おやこたいそう』の原画展が開催されます。さらに貴重なラフスケッチや、世界各国で翻訳出版されている「パンダたいそう」シリーズのご紹介も予定されています。来場者プレゼントも用意されていますので、春休みのこの機会に、ぜひ足をお運びください。

※会期が変更となりました。

★絵本作家・いりやまさとし「パンダといっしょにおやこたいそう」
絵本の読み聞かせ、パンダのおめんづくり、サイン会

日時:3月21日(土)13:30~
参加人数:100名様(お子様も1名にかぞえます)
※当日10:00より受付にて参加整理券を配布
イベントのみ中止となりました。

★来館者プレゼント 
毎日先着50名様に非売品の特製ポストカードをプレゼント

【日付】
4月1日(水)~4月26日(日)
【場所】
郵政博物館
東京都墨田区押上1-1-2東京スカイツリータウン・ソラマチ9F

おすすめの絵本

  • しょうがっこうへ いこう

    しょうがっこうへ いこう

    斉藤 洋/作 田中六大/絵

    『しょうがっこうへ いこう』は新1年生向けの「遊んで学べる小学校ハウツー本」です。
    幼稚園と小学校の違いから始まる本作は、通学の仕方から、朝礼、国語や算数や体育やその他の授業、給食、お昼休み、保健室の使い方、下校まで、小学校1年生が普段行う1日の学校生活を絵本で紹介しています。

  • よみきかせ日本昔話 はなさかじいさん

    よみきかせ日本昔話 はなさかじいさん

    石崎洋司/文
    松成真理子/絵

    ある日、おばあさんは川で立派な箱に入った子犬を拾います。シロと名づけ、かわいがるうちに、シロは「おじいさん、わたしにのっておくれ」と話します。
    山でシロは「ここほれ、わんわん」 すると、大判小判がたくさん!
    それを見ていた隣のなまけ者のおじいさんがシロを借りていき、山へおいたてます。
    シロがなにも言わないのに、掘ってみると! 

  • バーバパパのがっこう

    バーバパパのがっこう

    著:A・チゾン 著:T・テイラ- 訳:山下 明生

    こんな学校あったらいいね、バーバパパ!
    子どもたちは勉強ぎらいで、学校も好きじゃありません。そこでバーバパパがゆかいな学校をつくり、楽しい授業をはじめます。おかげで、みんな学校が大好きになります。

  • おじいちゃんちの たうえ

    おじいちゃんちの たうえ

    作:さこ ももみ

    今日は「田植え」の日! 
    一家総出で行う田植えのようすと、春の田んぼの気持ちよさを描きます。

絵本通信 Facebookページ