中野真典 展「ゆめ」(兵庫)

神戸にあるギャラリーヴィーで中野真典 展「ゆめ」が開催されます。本展では、昨年12月に刊行された新作絵本『ゆめ』の原画にくわえ、中野真典さんの描く本能をゆさぶるような力強い作品を新旧まじえてご覧いただけます。展示期間も約3週間とありますので、ご無理のない範囲で足をお運びください。



【日付】
2月6日(土)~2月27日(土) ※8・15・16・22日(月)休み 最終日18:00まで
【場所】
ギャラリーヴィー
神戸市中央区元町通3-2-15 セントラルビル元町5F

おすすめの絵本

  • もったいないばあさん

    もったいないばあさん

    真珠 まりこ/著

    「もったいない」って、どういう意味?

    きょうも あの ばあさんが やって きた――もったいない こと して ないかい?

  • ほしじいたけほしばあたけ

    ほしじいたけほしばあたけ

    石川 基子/作

    タマゴタケやキヌガサダケ……いろいろなきのこが暮らすきのこ村は、いつもにぎやか。そんなみんなから敬愛されているのが、ほしじいたけと、ほしばあたけ。ある日、村の子どもが谷から落ちてしまい、それを聞いたほしじいたけは、体を張って助けようとするのですが……。

  • パンダ なりきりたいそう

    パンダ なりきりたいそう

    いりやまさとし/作

    「パンダなりきりたいそう はじめ!」
    何かになりきるのって、たのしい!
    さあ、絵本を見ながら、パンダといっしょに、おもいっきり体をうごかそう!

  • おやすみ ぞうちゃん

    おやすみ ぞうちゃん

    三浦太郎/作

    ぞうちゃんは、泣いたり笑ったり、おおいそがし。おやすみまでの一日を、ユーモアたっぷり、愛情豊かに描きます。シリーズ第3弾。

絵本通信 Facebookページ