児童文学新人賞

児童文学新人賞 更新情報

第60回(2019年) 講談社 児童文学新人賞 募集要項

2019年募集要項を更新しました。

子どもたちのための、オリジナリティあふれる児童文学を求めています。


ご応募の前にこちらをご確認ください。

▶▶Q&A

  • 応募作品のきまり

    ● 児童を読者対象とした自作未発表の作品であること。(商業出版を目的としない同人誌発表はさしつかえありませんが、同人誌が公募した賞の受賞作は対象外となることがあります。)  
    ● 他の賞との重複応募はさけてください。  
    ● 書式は、40字×30行のたて書き(ます目不要)で、A4サイズ(横位置)に印刷してください。作品のページ数は、10ページ以上、100ページ以下(短編の連作で、一編が20ページ未満の場合は、主人公が同一、あるいは内容に関連性があること)。用紙にはかならずページ番号をうってください。手書き原稿の場合は、四百字詰原稿用紙に、ペン等で(鉛筆不可)たて書きにしてください。枚数は、30枚以上、300枚以下。原稿用紙にはナンバーを記してください。  
    ● あらすじを400字~800字程度にまとめ、作品の冒頭につけてください。  
    ● 応募期間になりましたら、サイト上で申込みができます。各項目を入力後、応募票を印刷のうえ原稿の一枚目に添付し、右上すみをひもでとじてください。サイトからご応募できない場合は、原稿の表紙に、題名・種別(童話・少年少女小説・ファンタジー・SF・推理小説・探検冒険小説など)・総ページ数(40字×30行換算)・住所・氏名・年齢・性別・職業・電話番号を明記してください。

    ※必ず、原稿をひもでとじてからお送りください。
    ※サイト上で申込みいただいた方も、原稿は送付に限りますので、ご注意ください。
    ※よくお問い合わせいただく質問はQ&Aからご確認ください。

    ▶▶Q&A

  • 応募受付期間

    2019年2月25日~3月29日(当日消印有効)

  • 送り先

    〒112-8001 東京都文京区音羽 2-12-21
    講談社第六事業局 児童文学新人賞係
    電話 03-5395-3535

    ※応募作品は返却しません。また、選考に関する問い合わせには応じられません。応募作品が必要な方は、あらかじめコピーをとって送付ください。

  • 選考委員

    ●小林深雪氏 ●那須田淳氏 ●茂市久美子氏  (五十音順)
    ●児童図書編集長

  • 新人賞
    正賞  賞状・記念品
    副賞  50万円

    佳作
    正賞  賞状
    副賞  20万円

    なお、初版刊行時印税は、賞金に含まれます。

  • 結果のお知らせ

    最終選考会(8月下旬予定)により入選者が決定次第、9月上旬までに当サイトでお知らせいたします。

    郵送での通知はございません。当サイトにてご確認ください。
    なお、本社発行の主な雑誌の9・10月発売号誌上でも発表の予定。

  • その他

    ・ 入選作の出版権は本社に帰属します。
    ・ 入選作は本社の雑誌に掲載、または単行本として刊行することがあります。
    ・ 選考に関する問い合わせには一切応じられません。

    ※お送りいただきました皆様のお名前・ご連絡先等は、新人賞に関するご連絡を差し上げるために使用させていただきます。ご本人の許可なくそれ以外の目的で使用することは一切ございません

  • お問い合わせ

    ★お問い合せの前に、こちらのよくある質問をご確認ください。

    ★その他のお問い合せ
    メールアドレス:jidou-shinjin@kodansha.co.jp
    電話:03-5395-3535

おすすめの絵本

  • おおきくなったら きみはなんになる?

    おおきくなったら きみはなんになる?

    藤本ともひこ/文 村上康成/絵

    保育園アドバイザー歴17年の絵本作家・藤本ともひこさんが、
    毎年、卒園式で子どもたちに語りかけてきた言葉が絵本になりました。

    卒園・卒業というたいせつな時期の子どもたちへ送る、応援歌(エール)です。
    保育士さんからも絶賛の声が続々寄せられています。

  • しょうがっこうへ いこう

    しょうがっこうへ いこう

    斉藤 洋/作 田中六大/絵

    『しょうがっこうへ いこう』は新1年生向けの「遊んで学べる小学校ハウツー本」です。
    幼稚園と小学校の違いから始まる本作は、通学の仕方から、朝礼、国語や算数や体育やその他の授業、給食、お昼休み、保健室の使い方、下校まで、小学校1年生が普段行う1日の学校生活を絵本で紹介しています。

  • いちねんせいに なったから!

    いちねんせいに なったから!

    くすのきしげのり/作 田中六大/絵

    待ちに待った小学校の入学式の日、りゅうたろうくんは、「ともだちひゃくにんできるかな」と期待に胸をふくらませながら、小学校の門をくぐりました。
    そして、「どうすれば、ともだちひゃくにんできるかなあ」と考えているうちに、想像はどんどんふくらみ……。

  • ことりようちえんのいちねんかん

    ことりようちえんのいちねんかん

    文:たかてら かよ 絵:鴨下 潤

    あやちゃんは、もうすぐ幼稚園に行きます。幼稚園って、どんなことをするのかな?
    緊張の入園式、初めてのお弁当、遠足、プール、運動会に雪遊び……。幼稚園の1年間は楽しいことがいっぱい! あやちゃんが過ごす「ことりようちえん」の1年間を描きます。

  • バーバパパのがっこう

    バーバパパのがっこう

    著:A・チゾン 著:T・テイラ- 訳:山下 明生

    こんな学校あったらいいね、バーバパパ!
    子どもたちは勉強ぎらいで、学校も好きじゃありません。そこでバーバパパがゆかいな学校をつくり、楽しい授業をはじめます。おかげで、みんな学校が大好きになります。

児童文学新人賞 既刊