児童文学新人賞 Q&A

Q.あらすじの分量、内容、綴じ込みの順番について教えてください。
A.あらすじは、400字~800字に、お話全般(起承転結)が分かるように書いてください。綴じ込みの順番は上から、応募票、あらすじ、原稿となるようにしてください。

*────────────────────────────────────*

パソコンで原稿を書いているのですが、書式が40字×30行になりません。
A.お使いのソフト上の書式で変更しても変えられない場合は、そのまま出力して頂いて結構です。その際、400字詰め原稿用紙で何枚になるか、分量を必ず明記して下さい。

*────────────────────────────────────*

Q.原稿のフォントについて、指定書体やサイズはありますか。
A.特に設定しておりません。

*────────────────────────────────────*

Q.応募作品は、何本かまとめて送ってもよいですか。
A.ご応募頂いても構いませんが、応募票はタイトルごとに作成してください。

*────────────────────────────────────*

Q.児童文学の対象年齢は何歳ですか。
A.小学1年生~中・高生が読めるものとお考えください。

*────────────────────────────────────*

Q.パソコンがないので、応募票を送ってください。
A.応募票はお送りしておりません。ご自分で必要項目【題名・種別(童話・少年少女小説・ファンタジー・SF・推理小説・探検冒険小説など)・総ページ数(40字×30行換算)・住所・氏名・年齢・性別・職業・電話番号】を別紙に明記して、応募票としてください。

*────────────────────────────────────*

Q.応募フォームに記入しましたが、印刷ができません。
A.画面上に印刷ボタンは設定しておりません。ブラウザの印刷機能で印刷をして下さい。どうしても印刷ができない場合は、送信したフォームと同様の内容を転記してお送りください。

*────────────────────────────────────*

Q.応募フォームを間違って送ってしまいました。送り直しをしてもよいですか。
A.再送して頂ければ、最新のものを採用致します。ご連絡は頂かなくて結構です。

*────────────────────────────────────*

Q.選考の途中経過を教えてください。
A.選考経過は、当HP内で発表します。個別のお問い合わせにはお答えできませんので、ご了承ください。

*────────────────────────────────────*

入園・入学の絵本

  • ことりようちえんのいちねんかん

    ことりようちえんのいちねんかん

    たかてらかよ/文
    鴨下 潤/絵

    お弁当、遠足、運動会にいもほり、クリスマス、雪遊び……楽しい幼稚園での1年間を描く絵本です。入園まえに親子で読んで、幼稚園への期待が高まる1冊。不安がいっぱいだった主人公・あやちゃんが、1年後ひとまわりお姉さんになる姿が印象的です。

  • ようちえんの おひめさま

    ようちえんの おひめさま

    種村有希子/作

    きのみ幼稚園の園庭には、小さな時計台のお城に、お姫さまが住んでいます。9時になると、扉が開いて、出てきてくれるのです。幼稚園の子どもたちは、みんなお姫さまのことが大好き。ところが、ある日、大きな嵐がやってきて、時計が壊れてしまいました……。

  • せんをたどって がっこうへいこう

    せんをたどって がっこうへいこう

    L.ユンクヴィスト/作
    ふしみみさを/訳

    朝のあいさつをして、教室から理科室へ、図書室へ、音楽室へ。ひるごはんのあとは、校庭であそんで……。学校のいちにちを、せんをたどりながら体験できるこの絵本は、表紙から背表紙まで、すべてがひとふで描きの線でつながっています。

  • しょうがっこうへ いこう

    しょうがっこうへ いこう

    斉藤 洋/作
    田中六大/絵

    新1年生向けの「遊んで学べる小学校ハウツー本」。幼稚園と小学校の違いから始まる本作は、通学の仕方から、朝礼、国語や算数や体育やその他の授業、給食、お昼休み、保健室の使い方、下校まで、小学校1年生が普段行う1日の学校生活を絵本で紹介しています。

  • いちねんせいに なったから!

    いちねんせいに なったから!

    くすのきしげのり/作 田中六大/絵

    待ちに待った小学校の入学式の日、りゅうたろうくんは、「ともだちひゃくにんできるかな」と期待に胸をふくらませながら、小学校の門をくぐりました。
    そして、「どうすれば、ともだちひゃくにんできるかなあ」と考えているうちに、想像はどんどんふくらみ……。

春の絵本