児童文学新人賞 Q&A

Q.あらすじの分量、内容、綴じ込みの順番について教えてください。
A.あらすじは、400字~800字に、お話全般(起承転結)が分かるように書いてください。綴じ込みの順番は上から、応募票、あらすじ、原稿となるようにしてください。

*────────────────────────────────────*

パソコンで原稿を書いているのですが、書式が40字×30行になりません。
A.お使いのソフト上の書式で変更しても変えられない場合は、そのまま出力して頂いて結構です。その際、400字詰め原稿用紙で何枚になるか、分量を必ず明記して下さい。

*────────────────────────────────────*

Q.原稿のフォントについて、指定書体やサイズはありますか。
A.特に設定しておりません。

*────────────────────────────────────*

Q.応募作品は、何本かまとめて送ってもよいですか。
A.ご応募頂いても構いませんが、応募票はタイトルごとに作成してください。

*────────────────────────────────────*

Q.児童文学の対象年齢は何歳ですか。
A.小学1年生~中・高生が読めるものとお考えください。

*────────────────────────────────────*

Q.パソコンがないので、応募票を送ってください。
A.応募票はお送りしておりません。ご自分で必要項目【題名・種別(童話・少年少女小説・ファンタジー・SF・推理小説・探検冒険小説など)・総ページ数(40字×30行換算)・住所・氏名・年齢・性別・職業・電話番号】を別紙に明記して、応募票としてください。

*────────────────────────────────────*

Q.応募フォームに記入しましたが、印刷ができません。
A.画面上に印刷ボタンは設定しておりません。ブラウザの印刷機能で印刷をして下さい。どうしても印刷ができない場合は、送信したフォームと同様の内容を転記してお送りください。

*────────────────────────────────────*

Q.応募フォームを間違って送ってしまいました。送り直しをしてもよいですか。
A.再送して頂ければ、最新のものを採用致します。ご連絡は頂かなくて結構です。

*────────────────────────────────────*

Q.選考の途中経過を教えてください。
A.選考経過は、当HP内で発表します。個別のお問い合わせにはお答えできませんので、ご了承ください。

*────────────────────────────────────*

おすすめの絵本

  • パンダ なりきりたいそう

    パンダ なりきりたいそう

    いりやまさとし/作

    「パンダなりきりたいそう はじめ!」
    何かになりきるのって、たのしい!
    さあ、絵本を見ながら、パンダといっしょに、おもいっきり体をうごかそう!

  • くぼた式 脳をきたえる おりがみマラソン 100

    くぼた式 脳をきたえる おりがみマラソン 100

    講談社/編
    久保田 競/監

    巻頭口絵の100項目のチェックシートにしたがって、すこしずつトレーニングを積んでいきましょう。しぜんと手先が器用になり、脳がきたえられる一冊です。

  • もったいないばあさんかるた

    もったいないばあさんかるた

    真珠 まりこ/著

    生活の中のいろいろな「もったいない」を題材とした読み札・絵札46組。楽しく遊びながら、「もったいない」を感じる心が自然にそだちます。

  • 遊んで学べる 神奈川県民ジモトかるた

    遊んで学べる 神奈川県民ジモトかるた

    シゲタ サヤカ/作・絵

    「あつぎで シロコロ 食べてみた」
    「いせはらの とうふのおいしさ つたえたい」
    神奈川県のジモト民ならおなじみのネタや意外な話題が盛りだくさん。横浜、川崎、相模原から三浦半島、湘南、箱根まで、ジモト自慢が満載です。神奈川県の地理を遊びながら学べる、ジモト愛100パーセントのかるた!

  • 決定版 1日10分で えがじょうずにかけるほん 3さい~6さい対象

    決定版 1日10分で えがじょうずにかけるほん 3さい~6さい対象

    あきやま かぜさぶろう/作

    もののかたちをとらえ、○、△、□などかんたんな形をつかって、いろいろな絵が描ける、魔法のメソッドを1日10分でたのしもう!

  • くぼた式 脳をきたえる うんぴつ ひらがな トレーニング

    くぼた式 脳をきたえる うんぴつ ひらがな トレーニング

    講談社/編
    久保田競・久保田カヨ子/監修

    直線や曲線、ジグザグ、らせんなどの線を書く「運筆」の訓練をつづけると、文字を書くときに、手指をやわららかく 思いどおりに動かせるようになります。 100のトレーニングを積んでいけば、しぜんと「ひらがな」を書けるようになり、脳がきたえられます。

  • どこ? もりの なかの さがしもの

    どこ? もりの なかの さがしもの

    山形 明美/作
    大畑 俊男/撮影

    1冊の本がつれていってくれたのは、不思議なさがしものの森。動物たちの歓迎会、妖精のピクニック、洞窟の先の奇妙な屋敷。さあ、さがして見つけて追いかけて!

季節の絵本