児童文学新人賞 Q&A

Q.あらすじの分量、内容、綴じ込みの順番について教えてください。
A.あらすじは、400字~800字に、お話全般(起承転結)が分かるように書いてください。綴じ込みの順番は上から、応募票、あらすじ、原稿となるようにしてください。

*────────────────────────────────────*

パソコンで原稿を書いているのですが、書式が40字×30行になりません。
A.お使いのソフト上の書式で変更しても変えられない場合は、そのまま出力して頂いて結構です。その際、400字詰め原稿用紙で何枚になるか、分量を必ず明記して下さい。

*────────────────────────────────────*

Q.原稿のフォントについて、指定書体やサイズはありますか。
A.特に設定しておりません。

*────────────────────────────────────*

Q.応募作品は、何本かまとめて送ってもよいですか。
A.ご応募頂いても構いませんが、応募票はタイトルごとに作成してください。

*────────────────────────────────────*

Q.児童文学の対象年齢は何歳ですか。
A.小学1年生~中・高生が読めるものとお考えください。

*────────────────────────────────────*

Q.パソコンがないので、応募票を送ってください。
A.応募票はお送りしておりません。ご自分で必要項目【題名・種別(童話・少年少女小説・ファンタジー・SF・推理小説・探検冒険小説など)・総ページ数(40字×30行換算)・住所・氏名・年齢・性別・職業・電話番号】を別紙に明記して、応募票としてください。

*────────────────────────────────────*

Q.応募フォームに記入しましたが、印刷ができません。
A.画面上に印刷ボタンは設定しておりません。ブラウザの印刷機能で印刷をして下さい。どうしても印刷ができない場合は、送信したフォームと同様の内容を転記してお送りください。

*────────────────────────────────────*

Q.応募フォームを間違って送ってしまいました。送り直しをしてもよいですか。
A.再送して頂ければ、最新のものを採用致します。ご連絡は頂かなくて結構です。

*────────────────────────────────────*

Q.選考の途中経過を教えてください。
A.選考経過は、当HP内で発表します。個別のお問い合わせにはお答えできませんので、ご了承ください。

*────────────────────────────────────*

犬が活躍する本

  • おっとっと

    おっとっと

    木坂 涼/文
    高畠 純/絵

    いぬのとうさん、おっとっと
    どうぶつたちも、おっとっと
    ハラハラドキドキ「おっとっと」な場面をユーモアいっぱいに描く絵本
    よみきかせにぴったり!!

  • アントワネット わたしのたいせつなさがしもの

    アントワネット わたしのたいせつなさがしもの

    ケリー・ディプッチオ/文
    クリスチャン・ロビンソン/絵
    木坂 涼/訳

    ブルドッグ一家のアントワネットには3匹の兄弟がいます。ロッキーはかしこくて、リッキーは足がはやくて、ブルーノは力持ち。でも、アントワネットは、じぶんの得意なことがわかりません。あるとき、なかよしのガストン一家のウッラッラーが、ゆくえふめいになりました。必死で探そうとしたそのとき、アントワネットに、なにかがひらめきました……!

  • ガストン

    ガストン

    ケリー・ディプッチオ/文
    クリスチャン・ロビンソン /絵
    木坂 涼/訳

    犬のガストンは、ちょっぴりきょうだいとちがっています。だけどみんな、とってもなかよし。ある日、公園で、ガストンにそっくりな家族に出会って……。全米で数々のベストブックに選ばれた、家族のありかたや、「自分」という個性を考えるきっかけになる絵本。

  • あ~っ!

    あ~っ!

    カンタン・グレバン/作

    どうしてこうなるの!?
    文字のない世界がイメージの翼を広げる、サン=テグジュペリ賞受賞のカンタン・グレバンの大傑作!

  • よみきかせ日本昔話 はなさかじいさん

    よみきかせ日本昔話 はなさかじいさん

    石崎洋司/文
    松成真理子/絵

    ある日、おばあさんは川で立派な箱に入った子犬を拾います。シロと名づけ、かわいがるうちに、シロは「おじいさん、わたしにのっておくれ」と話します。
    山でシロは「ここほれ、わんわん」 すると、大判小判がたくさん!
    それを見ていた隣のなまけ者のおじいさんがシロを借りていき、山へおいたてます。
    シロがなにも言わないのに、掘ってみると! 

  • いとしの犬 ハチ

    いとしの犬 ハチ

    いもとようこ/作・絵

    今日こそ帰ってくると信じて、雨の日も雪の日も、駅で先生を待ちつづけた秋田犬、ハチ。
    いもとようこのあたたかい絵とともに、世代をこえて伝えたい感動の実話です。

季節の絵本