第58回(2017年) 講談社児童文学新人賞 
選考経過・報告

第二次選考の通過者を発表!

今年で58回を迎えた児童文学新人賞に、644作品のご応募をいただきました。
バラエティに富んだ、個性あふれる作品の数々をご応募くださったみなさまに、心からお礼申し上げます。
このたび、第二次選考に残った37作品をご報告いたします。どの作品も力作揃いです。
7月31日に最終選考に残った作品を、8月23日に受賞作品を、このページで発表いたします。
今年度の栄冠はどの作品に輝くのか? どうぞ、ご期待ください

  • リマ・トゥジュ・リマ・トゥジュ・トゥジュ
    こまつあやこ
  • 『ちっさなたいよう』
    瀬川青加
  • 花一番!
    桑原夏美
  • ぼくがカッパになる日
    よしみやほう太
  • らしくない島へようこそ
    霧野マチコ
  • 風花(かざはな)
    水村ライム
  • コロッケパンと勧進帳
    石原のぞみ
  • 107小節目から
    大島理惠
  • つんちゃん
    卯岡若菜
  • 東雲町へようこそ
    和足冴
  • ツクモ山の修理さん
    岡嶌亮子
  • 火の鳥馬とあまたの瞳
    平伊志七
  • 白は淡く燃えて
    市ヶ谷雙葉
  • 魔法使いじゃない。
    うろこ
  • 大坂オナラ草紙
    谷口雅美
  • おばけ育成ゲーム~いつでもおばけと一緒~
    滝井幸代
  • 金華の舞
    凪ちひろ
  • さよならシュトラウス。
    黒川裕子
  • すずり箱
    蟻川誠
  • 流鏑馬ロード
    もりなつこ
  • ぼくらが空を飛べない理由
    藤坂杜央
  • シカとぼくたち
    余呉あまね
  • ウォールペーパーには青春を描け!!
    広瀬銀之助
  • そらいろ事件日記
    板倉明子
  • 名探偵のあやかし草子
    勇名則輝
  • ランタッタウンのマドカちゃん
    百村一緒
  • 空に筆を
    鳴海恵
  • ぼくらの忍者サークルと秘伝の巻物
    瀧津孝
  • 御鈴刈るオニ
    珠下なぎ
  • とじこめラビリンス
    常盤ゐこっと
  • 闇を見つめる
    織原崇
  • 時がきこえる
    野上裕美
  • 魔女の記憶
  • 星の砂がつなぐもの
    ゆかり
  • 海とネコとウミネコ
    梅坂慎也
  • 土曜日は秘密の庭で
    星野絵美
  • アカ
    島田武

(順不同)

講談社 児童文学新人賞 募集要項 講談社 児童文学新人賞 経過と報告 講談社 児童文学新人賞 既刊

おすすめの絵本

  • おおきくなったら きみはなんになる?

    おおきくなったら きみはなんになる?

    藤本ともひこ/文 村上康成/絵

    保育園アドバイザー歴17年の絵本作家・藤本ともひこさんが、
    毎年、卒園式で子どもたちに語りかけてきた言葉が絵本になりました。

    卒園・卒業というたいせつな時期の子どもたちへ送る、応援歌(エール)です。
    保育士さんからも絶賛の声が続々寄せられています。

  • しょうがっこうへ いこう

    しょうがっこうへ いこう

    斉藤 洋/作 田中六大/絵

    『しょうがっこうへ いこう』は新1年生向けの「遊んで学べる小学校ハウツー本」です。
    幼稚園と小学校の違いから始まる本作は、通学の仕方から、朝礼、国語や算数や体育やその他の授業、給食、お昼休み、保健室の使い方、下校まで、小学校1年生が普段行う1日の学校生活を絵本で紹介しています。

  • いちねんせいに なったから!

    いちねんせいに なったから!

    くすのきしげのり/作 田中六大/絵

    待ちに待った小学校の入学式の日、りゅうたろうくんは、「ともだちひゃくにんできるかな」と期待に胸をふくらませながら、小学校の門をくぐりました。
    そして、「どうすれば、ともだちひゃくにんできるかなあ」と考えているうちに、想像はどんどんふくらみ……。

  • ことりようちえんのいちねんかん

    ことりようちえんのいちねんかん

    文:たかてら かよ 絵:鴨下 潤

    あやちゃんは、もうすぐ幼稚園に行きます。幼稚園って、どんなことをするのかな?
    緊張の入園式、初めてのお弁当、遠足、プール、運動会に雪遊び……。幼稚園の1年間は楽しいことがいっぱい! あやちゃんが過ごす「ことりようちえん」の1年間を描きます。

  • バーバパパのがっこう

    バーバパパのがっこう

    著:A・チゾン 著:T・テイラ- 訳:山下 明生

    こんな学校あったらいいね、バーバパパ!
    子どもたちは勉強ぎらいで、学校も好きじゃありません。そこでバーバパパがゆかいな学校をつくり、楽しい授業をはじめます。おかげで、みんな学校が大好きになります。

児童文学新人賞 既刊