ムーミンの本

「ムーミン絵本の世界展」のおしらせ2016年11月22日(火)

『それから どうなるの?』『さびしがりやの クニット』『ムーミン谷への ふしぎな旅』など、トーベ・ヤンソンの絵本をパネルや特別映像で詳しく紹介。また、『ムーミンのさがしもの』などの新作絵本を描きおろしている、公認作家カーラ夫妻の原画約80点が日本初公開されます。

【日付】
11月30日(水)~12月7日(水)※最終日17:00閉場
【場所】
松屋銀座 8階イベントスクエア
東京都中央区銀座 3-6-1

節分の絵本

  • せつぶんのひのおにいっか

    せつぶんのひのおにいっか

    青山友美/作

    節分の日のひみつがわかる(!?)、ゆかいなお話。 ふだんはのんきにくらしている、おにとうさん、おにかあさん、こおにの3人家族。でも、今日は節分。おに一家めがけて、豆が飛ぶ! どうする、どうなる、おに一家!

  • 狂言えほん せつぶん

    狂言えほん せつぶん

    もとしたいづみ/文
    野村たかあき/絵

    節分の夜、日本に渡ってきた鬼が、美しい女に一目ぼれをしてしまい……。鬼と女のかけひきが楽しい一冊。

絵本通信 Facebookページ