春の絵本

春を感じる絵本、花の絵本、春の行事の絵本。さまざまな春に関連する絵本をご紹介します。

  • はるかぜさんぽ

    講談社の翻訳絵本

    お気に入りのワンピースきて、あたらしいおくつをはいて、じゅんびできたよ、いってきまーす。
    春のそよ風がふくいちにちに、おさんぽで出会ったのは? たんぽぽ、ちょうちょう、やさしい風……季節感がみずみずしいタッチで描き出されます。春のおさんぽに出かけたくなる絵本。『あめふりさんぽ』『さんさんさんぽ』『ゆきみちさんぽ』につづく、人気シリーズ最新作。

    江頭路子/作

  • 新装版 ばらいろのもり

    講談社の創作絵本

    「この花、わたしだけではそだてることができないの。」
    とつぜんあらわれた女の子から手わたされた花束。
    「そだててって、いわれても……。」
    花の世話をするうちに、男の子は、あることに気づきます。
    愛にあふれた、春のものがたり。

    立原えりか/文
    永田萠/作

  • あ、はるだね

    講談社の翻訳絵本

    ある冬の日、一人の少年と、彼の犬は、雪が溶けて茶色の地面が顔を出したとき、種をまくことを決めました。
    地面に穴を掘って、種を埋めて、じっくりじっくり待ちました。1週間待って、さらに1週間。そして春が来ると……。

    ジュリー・フォリアーノ/文
    エリン.E・ステッド/絵
    金原瑞人/訳

  • はるねこ

    講談社の創作絵本

    今年はなかなか春がきません。“はるねこ”が「はるのたね」をなくしてしまったらしいのです。そこで、あやははるねこと、おりがみで春をつくることにします。

    かんのゆうこ/文
    松成真理子/絵

  • アンジェリーナの はるまつり

    講談社の翻訳絵本 クラシック・セレクション

    アリスたちと行こうと楽しみにしていた春祭り。アンジェリーナは、ヘンリーを連れていくことになってご機嫌ナナメ。世界中で愛されてきた、バレリーナを夢見るねずみの女の子のお話。

    キャサリン・ホラバード/文
    ヘレン・クレイグ/絵
    おかだよしえ/訳

  • 佐野藤右衛門/作

    桜守の佐野藤右衛門さんが、子どもたちにむけて、桜を守ること、木のいのちを継ぐことへの思いを、日々の仕事を通じて語りかける写真絵本です。佐野さんは、桜を通じて、人間と自然との関係、個性がうまれることのたいせつさを子どもたちに、伝えています。淡く美しいピンクの桜が見開きいっぱいに広がる春の写真は、圧巻です。

  • ぽかぽか

    講談社の創作絵本

    新井洋行/作

    春の訪れを感じる赤ちゃん絵本! 「はるですよー! おきてくださいー!」待ちに待った春がやってきました。太陽が花や虫を次々に起こして、最後には……!? 季節感が育まれるシンプルな絵本。

  • くさをはむ

    講談社の創作絵本

    おくはらゆめ/作

    しまうまたちの、みちたりた毎日。朝も、昼も、夜も、ぼくらは毎日、草をはむ。ときに草の気分になったり、草の歌をうたったり。春にぴったりののびやかな絵本。

  • 石井聖岳/作

    やねよりひくいこいのぼりじゃ、つまんない!そんなときは……かえうた!! 「おもし~ろ~そ~うに うた~って~る~~~」きっとみんな歌いたくなる! 季節と行事のよみきかせ絵本。

  • 白井明大/作
    くぼあやこ/絵

    「七十二候」には、生き物や自然の豊かな描写がいっぱい! 12編の詩を声に出して読めば、日本の季節のうつろいを楽しく体感!

おすすめの絵本

  • どしゃぶり

    どしゃぶり

    おーなり 由子/文 はた こうしろう/絵

    どしゃぶりは、雨つぶたちとしゃべったり、あそんだりできる特別なとき!
    たくさんの雨の音、雨つぶの、いろんな輝き。
    雨のにおい、水たまり、絵に耳をすますと、
    雨の音がきこえます。

  • 新版 星空キャンプ

    新版 星空キャンプ

    村上 康成/作

    月曜日、ここへ来た日、水のきれいさと、大きなマスに息をのみました。火曜日、ガンの家族がテントのそばにやってきました。水曜日、小さな湖では、風も音も、なにもありませんでした。木曜日、ハンモックでうとうと。金曜日、キイチゴつみは原っぱの味がする。ミナとお父さん、お母さんの1週間の星空キャンプ。

  • ぼんちゃんのぼんやすみ

    ぼんちゃんのぼんやすみ

    あおき ひろえ/作

    子どもに伝えたい日本の風習
    ご先祖さまの霊がかえってくるというお盆。ぼんちゃんが、夏休みにいなかで過ごしたお盆は……!?
    親子で楽しむ、季節と行事のよみきかせ絵本

  • きもだめし

    きもだめし

    新井 洋行/作

    『きもだめし』は、その名の通り、夏の風物詩である肝試しがテーマの、縦開きのしかけ絵本です。
     不気味な日本人形の、おどろおどろしい肝試しへの案内から、本作は始まります。幽霊や、一つ目お化け、ろくろっくび、のっぺらぼうなど、定番のお化けや妖怪が次々に登場します。 おはなし会や、親子でドキドキしながら楽しめる1冊です。

  • ルッキオとフリフリ おおきなスイカ

    ルッキオとフリフリ おおきなスイカ

    庄野 ナホコ/作

    マグロのおさしみに憧れる、ねこのルッキオとフリフリ。
    ある日、庭になったおおきなスイカで、ひともうけしてマグロのおさしみを食べようと、売りにでかけますが……。

季節の絵本