春の絵本

春を感じる絵本、花の絵本、春の行事の絵本。さまざまな春に関連する絵本をご紹介します。

  • はるかぜさんぽ

    講談社の翻訳絵本

    お気に入りのワンピースきて、あたらしいおくつをはいて、じゅんびできたよ、いってきまーす。
    春のそよ風がふくいちにちに、おさんぽで出会ったのは? たんぽぽ、ちょうちょう、やさしい風……季節感がみずみずしいタッチで描き出されます。春のおさんぽに出かけたくなる絵本。『あめふりさんぽ』『さんさんさんぽ』『ゆきみちさんぽ』につづく、人気シリーズ最新作。

    江頭路子/作

  • 新装版 ばらいろのもり

    講談社の創作絵本

    「この花、わたしだけではそだてることができないの。」
    とつぜんあらわれた女の子から手わたされた花束。
    「そだててって、いわれても……。」
    花の世話をするうちに、男の子は、あることに気づきます。
    愛にあふれた、春のものがたり。

    立原えりか/文
    永田萠/作

  • あ、はるだね

    講談社の翻訳絵本

    ある冬の日、一人の少年と、彼の犬は、雪が溶けて茶色の地面が顔を出したとき、種をまくことを決めました。
    地面に穴を掘って、種を埋めて、じっくりじっくり待ちました。1週間待って、さらに1週間。そして春が来ると……。

    ジュリー・フォリアーノ/文
    エリン.E・ステッド/絵
    金原瑞人/訳

  • はるねこ

    講談社の創作絵本

    今年はなかなか春がきません。“はるねこ”が「はるのたね」をなくしてしまったらしいのです。そこで、あやははるねこと、おりがみで春をつくることにします。

    かんのゆうこ/文
    松成真理子/絵

  • アンジェリーナの はるまつり

    講談社の翻訳絵本 クラシック・セレクション

    アリスたちと行こうと楽しみにしていた春祭り。アンジェリーナは、ヘンリーを連れていくことになってご機嫌ナナメ。世界中で愛されてきた、バレリーナを夢見るねずみの女の子のお話。

    キャサリン・ホラバード/文
    ヘレン・クレイグ/絵
    おかだよしえ/訳

  • 佐野藤右衛門/作

    桜守の佐野藤右衛門さんが、子どもたちにむけて、桜を守ること、木のいのちを継ぐことへの思いを、日々の仕事を通じて語りかける写真絵本です。佐野さんは、桜を通じて、人間と自然との関係、個性がうまれることのたいせつさを子どもたちに、伝えています。淡く美しいピンクの桜が見開きいっぱいに広がる春の写真は、圧巻です。

  • ぽかぽか

    講談社の創作絵本

    新井洋行/作

    春の訪れを感じる赤ちゃん絵本! 「はるですよー! おきてくださいー!」待ちに待った春がやってきました。太陽が花や虫を次々に起こして、最後には……!? 季節感が育まれるシンプルな絵本。

  • くさをはむ

    講談社の創作絵本

    おくはらゆめ/作

    しまうまたちの、みちたりた毎日。朝も、昼も、夜も、ぼくらは毎日、草をはむ。ときに草の気分になったり、草の歌をうたったり。春にぴったりののびやかな絵本。

  • 石井聖岳/作

    やねよりひくいこいのぼりじゃ、つまんない!そんなときは……かえうた!! 「おもし~ろ~そ~うに うた~って~る~~~」きっとみんな歌いたくなる! 季節と行事のよみきかせ絵本。

  • 白井明大/作
    くぼあやこ/絵

    「七十二候」には、生き物や自然の豊かな描写がいっぱい! 12編の詩を声に出して読めば、日本の季節のうつろいを楽しく体感!

入園・入学の絵本

  • ことりようちえんのいちねんかん

    ことりようちえんのいちねんかん

    たかてらかよ/文
    鴨下 潤/絵

    お弁当、遠足、運動会にいもほり、クリスマス、雪遊び……楽しい幼稚園での1年間を描く絵本です。入園まえに親子で読んで、幼稚園への期待が高まる1冊。不安がいっぱいだった主人公・あやちゃんが、1年後ひとまわりお姉さんになる姿が印象的です。

  • ようちえんの おひめさま

    ようちえんの おひめさま

    種村有希子/作

    きのみ幼稚園の園庭には、小さな時計台のお城に、お姫さまが住んでいます。9時になると、扉が開いて、出てきてくれるのです。幼稚園の子どもたちは、みんなお姫さまのことが大好き。ところが、ある日、大きな嵐がやってきて、時計が壊れてしまいました……。

  • せんをたどって がっこうへいこう

    せんをたどって がっこうへいこう

    L.ユンクヴィスト/作
    ふしみみさを/訳

    朝のあいさつをして、教室から理科室へ、図書室へ、音楽室へ。ひるごはんのあとは、校庭であそんで……。学校のいちにちを、せんをたどりながら体験できるこの絵本は、表紙から背表紙まで、すべてがひとふで描きの線でつながっています。

  • しょうがっこうへ いこう

    しょうがっこうへ いこう

    斉藤 洋/作
    田中六大/絵

    新1年生向けの「遊んで学べる小学校ハウツー本」。幼稚園と小学校の違いから始まる本作は、通学の仕方から、朝礼、国語や算数や体育やその他の授業、給食、お昼休み、保健室の使い方、下校まで、小学校1年生が普段行う1日の学校生活を絵本で紹介しています。

  • いちねんせいに なったから!

    いちねんせいに なったから!

    くすのきしげのり/作 田中六大/絵

    待ちに待った小学校の入学式の日、りゅうたろうくんは、「ともだちひゃくにんできるかな」と期待に胸をふくらませながら、小学校の門をくぐりました。
    そして、「どうすれば、ともだちひゃくにんできるかなあ」と考えているうちに、想像はどんどんふくらみ……。

春の絵本