春の絵本

春を感じる絵本、花の絵本、春の行事の絵本。さまざまな春に関連する絵本をご紹介します。

  • はるかぜさんぽ

    講談社の翻訳絵本

    お気に入りのワンピースきて、あたらしいおくつをはいて、じゅんびできたよ、いってきまーす。
    春のそよ風がふくいちにちに、おさんぽで出会ったのは? たんぽぽ、ちょうちょう、やさしい風……季節感がみずみずしいタッチで描き出されます。春のおさんぽに出かけたくなる絵本。『あめふりさんぽ』『さんさんさんぽ』『ゆきみちさんぽ』につづく、人気シリーズ最新作。

    江頭路子/作

  • 新装版 ばらいろのもり

    講談社の創作絵本

    「この花、わたしだけではそだてることができないの。」
    とつぜんあらわれた女の子から手わたされた花束。
    「そだててって、いわれても……。」
    花の世話をするうちに、男の子は、あることに気づきます。
    愛にあふれた、春のものがたり。

    立原えりか/文
    永田萠/作

  • あ、はるだね

    講談社の翻訳絵本

    ある冬の日、一人の少年と、彼の犬は、雪が溶けて茶色の地面が顔を出したとき、種をまくことを決めました。
    地面に穴を掘って、種を埋めて、じっくりじっくり待ちました。1週間待って、さらに1週間。そして春が来ると……。

    ジュリー・フォリアーノ/文
    エリン.E・ステッド/絵
    金原瑞人/訳

  • はるねこ

    講談社の創作絵本

    今年はなかなか春がきません。“はるねこ”が「はるのたね」をなくしてしまったらしいのです。そこで、あやははるねこと、おりがみで春をつくることにします。

    かんのゆうこ/文
    松成真理子/絵

  • アンジェリーナの はるまつり

    講談社の翻訳絵本 クラシック・セレクション

    アリスたちと行こうと楽しみにしていた春祭り。アンジェリーナは、ヘンリーを連れていくことになってご機嫌ナナメ。世界中で愛されてきた、バレリーナを夢見るねずみの女の子のお話。

    キャサリン・ホラバード/文
    ヘレン・クレイグ/絵
    おかだよしえ/訳

  • 佐野藤右衛門/作

    桜守の佐野藤右衛門さんが、子どもたちにむけて、桜を守ること、木のいのちを継ぐことへの思いを、日々の仕事を通じて語りかける写真絵本です。佐野さんは、桜を通じて、人間と自然との関係、個性がうまれることのたいせつさを子どもたちに、伝えています。淡く美しいピンクの桜が見開きいっぱいに広がる春の写真は、圧巻です。

  • ぽかぽか

    講談社の創作絵本

    新井洋行/作

    春の訪れを感じる赤ちゃん絵本! 「はるですよー! おきてくださいー!」待ちに待った春がやってきました。太陽が花や虫を次々に起こして、最後には……!? 季節感が育まれるシンプルな絵本。

  • くさをはむ

    講談社の創作絵本

    おくはらゆめ/作

    しまうまたちの、みちたりた毎日。朝も、昼も、夜も、ぼくらは毎日、草をはむ。ときに草の気分になったり、草の歌をうたったり。春にぴったりののびやかな絵本。

  • 石井聖岳/作

    やねよりひくいこいのぼりじゃ、つまんない!そんなときは……かえうた!! 「おもし~ろ~そ~うに うた~って~る~~~」きっとみんな歌いたくなる! 季節と行事のよみきかせ絵本。

  • 白井明大/作
    くぼあやこ/絵

    「七十二候」には、生き物や自然の豊かな描写がいっぱい! 12編の詩を声に出して読めば、日本の季節のうつろいを楽しく体感!

おすすめの絵本

  • ゆきみちさんぽ

    ゆきみちさんぽ

    江頭路子/作

    お気に入りのマフラー巻いて、帽子にてぶくろ、ブーツをはいて、じゅんびできたよ、いってきまーす。
    雪がいちめんに降ったある日、おさんぽで出会ったのは、どんな音? 冬のつめたい空気や透明感がみずみずしいタッチで描き出されます。雪の日が待ち遠しくなる絵本。

  • どこ? クリスマスのさがしもの

    どこ? クリスマスのさがしもの

    山形明美/作

    きょうはうれしいクリスマス。ペンギン親子が、プレゼントのおかいものにでかけます。
    さがしものがたくさん! クリスマスまでにぜんぶ見つけられるかな?

  • おぞうにくらべ

    おぞうにくらべ

    宮野聡子/作

    <行事と食べもののよみきかせ絵本>
    お正月、おばあちゃんの家へ行ったきみちゃんは、いろいろなお雑煮にであいました。野菜がいっぱいのお雑煮、しょうゆ味のお雑煮、魚が入っているお雑煮……。どの家にも、受け継がれてきた大切な味があったのです。

  • おもちのきもち

    おもちのきもち

    加岳井広/作

    第27回講談社絵本新人賞受賞作

    「もう、たいへんなんです」
    お正月、“かがみもち”は、とある決心を……。
    お年賀にどうぞ。(編集部より)

  • じゅうにしの おはなしめいろ

    じゅうにしの おはなしめいろ

    奥野涼子/作

    じゅうにしの おはなしに とうじょうする どうぶつたちが、めいろを とおって、かみさまの おやしきへ むかいます。

    十二支のお話と迷路を同時に楽しめる絵本! お正月、動物たちが神様のお屋敷へ向かいます。あちこちにお正月の風物詩や隠し絵がある楽しい迷路を通って、さあ、だれがいちばんにお屋敷に着くのかな?

  • おめでとう

    おめでとう

    茂田井武/絵 広松由希子/文

    みんながうれしいことば、「おめでとう」
    うさぎも、ねこも、ぞうも、とらも、ぼくも、わたしも、「おめでとう」。
    贈りあう幸せの言葉を、戦後の童画界を牽引した茂田井武の絵にのせて送る絵本。

  • くまのこの としこし

    くまのこの としこし

    高橋和枝/作

    親子で楽しむ、季節と行事のよみきかせ絵本
    お正月は、どんなふうに来るのかな?
    新しい年を迎えるわくわくする気持ちと、元旦のおごそかな気持ち……。子どもの目で見た「年越し」を描きます。

  • 愛蔵版 クリスマスって なあに

    愛蔵版 クリスマスって なあに

    ディック・ブルーナ/作 舟崎靖子/訳

    50周年を記念して出版された、世界じゅうの子どもたちのクリスマスを見守ってきたブルーナの絵本。イエス・キリストの誕生の物語を通して、クリスマスのほんとうの意味をやさしく伝えます。

  • ルッキオとフリフリ はじめてのクリスマス

    ルッキオとフリフリ はじめてのクリスマス

    庄野ナホコ/作

    マグロに憧れる、ねこのルッキオとフリフリ。大家さんから「クリスマス」のことを聞いて、マグロの缶詰がもらえるようにと、クリスマスツリーを飾るのですが……。

  • バーバパパのクリスマス

    バーバパパのクリスマス

    アネット・チゾン、タラス・テイラー/作
    やましたはるお/訳

    ツリーにするモミの木を切りにきたバーバパパ。ところが、その木は動物たちのたいせつなすみかだったのです。そこでパパは大変身、すてきな解決法を見つけます。

季節の絵本