秋の絵本

秋の長夜は読書がぴったり! 秋におすすめの絵本をピックアップします。

  • ほしじいたけ ほしばあたけ

    講談社の創作絵本

    タマゴタケやキヌガサダケ……いろいろなきのこが暮らすきのこ村は、いつもにぎやか。そんなみんなから敬愛されているのが、ほしじいたけと、ほしばあたけ。ある日、村の子どもが谷から落ちてしまい、それを聞いたほしじいたけは、体を張って助けようとするのですが……。

    石川基子/作

  • いもいも ほりほり

    講談社の創作絵本

    秋はやきいも! 三匹のぶたがいもほりへ。いもいも ほりほり。ほってほって、どろだらけ。なかなかぬけない……。あっ、ヘンなかたちのいも、とーれた!

    西村敏雄/作

  • のびる階段、プールのキッチン、お月さまの動物園……。満月の夜、猫のクロを追って始まった、さがしものの旅。

    山形明美/作
    大畑俊男/写真

  • あきねこ

    講談社の創作絵本

    かのが公園で出会った“あきねこ”は、不思議なえのぐで、つぎつぎと秋の風景を描いていきます。すると、そこには……。色鮮やかな季節の訪れを祝福する絵本。

    かんのゆうこ/作
    たなか鮎子/絵

  • ハッピー ハロウィン!

    講談社の幼児えほん

    さあ おかしを もらいに しゅっぱーつ!
    トリック オア トリート!
    あなたのおうちにオバケやオオカミ男など、さまざなモンスターが訪れ、最後にあらわれた魔女が、あなたに仮装用のお面を持ってきてくれて……。

    新井洋行/作

  • ゆめちゃんの ハロウィーン

    講談社の創作絵本

    高林麻里/作

    ゆめちゃんは今年初めてハロウィーンのおまつりをします。みんなで仮装をして「お菓子をくれなきゃ、いたずらしちゃうぞ!」といいながら街をまわるのです。

  • まつり

    講談社の創作絵本

    いせひでこ/作

    祭り屋台のみごとな彫刻。巧みにつくられた木の車輪。その屋台が動き出し、楽器の音が響きわたる──。

  • アンジェリーナの ハロウィーン

    講談社の翻訳絵本 クラシック・セレクション

    キャサリン・ホラバート/文 
    ヘレン・クレイグ/絵
    おかだよしえ/訳

    きょうは、楽しいハロウィーン! ほたるの衣装で行列に参加したアンジェリーナ。さあ、なにが起こるでしょうか?

  • まんまるいけのおつきみ

    講談社の創作絵本

    かとうまふみ/作

    かめじいさんからお月見の話をきいて、なまずのぽんたは興味しんしん。でも、池にはふしぎな言い伝えがあって……。さて、どうしたら無事にお月見ができるかな? ぽんたにとって、はじめてのお月見は……。

  • おつきさんのぼうし

    講談社の創作絵本

    高木さんご/文
    黒井健/絵

    きょうのおつきさんは、どのぼうし? ぼうしをほしがったおつきさんの「満ち欠け」のおはなし。

  • オレ・ダレ

    講談社の創作絵本

    越野民雄/文
    高畠 純/絵

    ジャングルの月夜、闇に浮かぶ動物たち。動物たちを紹介するユーモアたっぷりな文章に合わせて、なんの動物かあてっこするのも楽しい!

  • エンリコ=カサローザ/作
    堤江実/訳

    はしごをどんどんのぼって月についた、ぼくらは月のおそうじ人。

  • おつきさま、こんばんは!

    講談社の創作絵本

    市川里美/作

    人形たちから、おつきさまへのメッセージ。 おつきさまのやさしい光で目覚めた人形たち。マトリョーシカ、日本人形、テディベア……それぞれが、おつきさまとの思い出を語りはじめます。月夜におくるお話。

  • ミシェル・レミュー/作
    森絵都/訳

    生きている限り、だれもが抱く、不安、孤独……。 さまざまな想いが駆けめぐる、眠れない夜のはじまり──。 ’97ボローニャ児童図書展フィクション青少年部門賞受賞。’96ドイツで最も美しい本賞受賞。

  • ムーミンのともだち

    講談社の創作絵本

    トーベ・ヤンソン/原案
    松田素子/文
    スタジオ・メルファン/絵

    秋の終わりにスナフキンのは南に旅立ちます。友だちがいない冬、ひとりですごす寂しさを受けとめて、ちょっぴり成長するムーミンのお話。

  • 新装版 きんいろのあめ

    講談社の創作絵本

    立原えりか/文
    永田萠/絵

    きつねの男の子、コンに連れられて森の中に入っていったさやか。 そこで出会ったのは、秋を作っている女の人でした。 秋の森の、温かく美しいものがたり。

入園・入学の絵本

  • ことりようちえんのいちねんかん

    ことりようちえんのいちねんかん

    たかてらかよ/文
    鴨下 潤/絵

    お弁当、遠足、運動会にいもほり、クリスマス、雪遊び……楽しい幼稚園での1年間を描く絵本です。入園まえに親子で読んで、幼稚園への期待が高まる1冊。不安がいっぱいだった主人公・あやちゃんが、1年後ひとまわりお姉さんになる姿が印象的です。

  • ようちえんの おひめさま

    ようちえんの おひめさま

    種村有希子/作

    きのみ幼稚園の園庭には、小さな時計台のお城に、お姫さまが住んでいます。9時になると、扉が開いて、出てきてくれるのです。幼稚園の子どもたちは、みんなお姫さまのことが大好き。ところが、ある日、大きな嵐がやってきて、時計が壊れてしまいました……。

  • せんをたどって がっこうへいこう

    せんをたどって がっこうへいこう

    L.ユンクヴィスト/作
    ふしみみさを/訳

    朝のあいさつをして、教室から理科室へ、図書室へ、音楽室へ。ひるごはんのあとは、校庭であそんで……。学校のいちにちを、せんをたどりながら体験できるこの絵本は、表紙から背表紙まで、すべてがひとふで描きの線でつながっています。

  • しょうがっこうへ いこう

    しょうがっこうへ いこう

    斉藤 洋/作
    田中六大/絵

    新1年生向けの「遊んで学べる小学校ハウツー本」。幼稚園と小学校の違いから始まる本作は、通学の仕方から、朝礼、国語や算数や体育やその他の授業、給食、お昼休み、保健室の使い方、下校まで、小学校1年生が普段行う1日の学校生活を絵本で紹介しています。

  • いちねんせいに なったから!

    いちねんせいに なったから!

    くすのきしげのり/作 田中六大/絵

    待ちに待った小学校の入学式の日、りゅうたろうくんは、「ともだちひゃくにんできるかな」と期待に胸をふくらませながら、小学校の門をくぐりました。
    そして、「どうすれば、ともだちひゃくにんできるかなあ」と考えているうちに、想像はどんどんふくらみ……。

春の絵本