冬の絵本

冬のお話、冬の絵本をご紹介します。

  • ゆきみちさんぽ

    講談社の創作絵本

    お気に入りのマフラー巻いて、帽子にてぶくろ、ブーツをはいて、じゅんびできたよ、いってきまーす。
    雪がいちめんに降ったある日、おさんぽで出会ったのは、どんな音? 冬のつめたい空気や透明感がみずみずしいタッチで描き出されます。雪の日が待ち遠しくなる絵本。
    おさんぽシリーズ『あめふりさんぽ』『さんさんさんぽ』も併せてお楽しみください。

    江頭路子/作

  • おじぞうさまが運んでくる幸せ
    年越しのお餅やお酒を買おうと、笠を売りに出かけたおじいさん。一つも売れず、笠をおじぞうさまにかぶせて帰ってきました。真夜中、楽しげな声が聞こえてきて……。

    令丈ヒロ子/文
    野村たかあき/絵

  • くまのこの としこし

    講談社の創作絵本

    12月も終わりに近づき、「もうすぐ来年がくるよ」とお母さんから教えてもらったくまのこ。「『来年』ってどんなものなのかな?」ととっても気になります。お父さんやお母さんは、「来年」のために、大掃除をしたり、お節料理を作ったり、お正月飾りをつけたり、大忙し。さあ、大晦日。「来年」はどんなふうに来るのでしょう?

    高橋和枝/作

  • おもちのきもち

    講談社の創作絵本

    『おもちのきもち』には、おいしそうなお餅がたくさん出てきます。主役はちょっぴり気高い鏡餅。「もしも、お餅がこんなことを考えていたら……!?」かがくいさんがお餅をふくらませて、こ~んなおかしな、ふしぎな、楽しい絵本になりました。お正月の定番絵本として、ぜひ家族そろって楽しんでください! 読んだ後、きっとお餅が食べたくなりますよ♪

    かがくいひろし/作

  • ふゆねこ

    講談社の創作絵本

    ある日、ももいろのマフラーをしたまっしろい“ふゆねこ”が、ちさとを訪ねてきました。亡くなったお母さんから、いいつかってきたというのです。心あたたまるストーリー。

    かんのゆうこ/文
    こみねゆら/絵

  • 奥野涼子/作

    十二支に登場する動物たちが迷路を通って、神さまのお屋敷へ向かいます。ねずみは牛の頭に乗り、犬と猿はケンカばかり……。そして、遅れて着いた猫は……!? 迷路の途中には、お正月の風景がちりばめられ、細部まで何回も楽しめる美しい迷路の絵本です。

  • ふゆの ゆうがた

    講談社の翻訳絵本

    ホルヘ・ルハン/文 マンダナ・サダト/絵
    谷川俊太郎/訳

    ある冬の日の夕方。お留守番をしている女の子は、くもった窓にお月様の絵を描いていました。するとそのお月様の絵の中に、お母さんの姿が小さく見えて……! 詩と絵がとけあう絵本。

  • くまのこミンのふゆじたく

    講談社の創作絵本

    あいはらひろゆき/文
    あだちなみ/絵

    ミンのおうちは、冬ごもりの準備で大忙し。ミンは、お兄ちゃんたちのセーターをあみますが、少しずつほどけていってしまいます。もしかして、毛糸どろぼう?

  • 中川ひろたか/文
    はたこうしろう/絵

    愛犬バニラと友だちのプリンちゃんと雪山でスキーを楽しむショコラちゃん。ところが大きな雪玉がゴロゴロと追いかけてきて……!

  • せつぶんのひのおにいっか

    講談社の創作絵本

    青山友美/作

    節分の日のひみつがわかる(!?)、ゆかいなお話。 ふだんはのんきにくらしている、おにとうさん、おにかあさん、こおにの3人家族。でも、今日は節分。おに一家めがけて、豆が飛ぶ! どうする、どうなる、おに一家!

  • 狂言えほん せつぶん

    講談社の創作絵本

    もとしたいづみ/文
    野村たかあき/絵

    節分の夜、日本に渡ってきた鬼が、美しい女に一目ぼれをしてしまい……。鬼と女のかけひきが楽しい一冊。

  • ないたあかおに

    講談社の創作絵本

    浜田廣介/作
    野村たかあき/絵

    人間と友だちになりたい、心のやさしい赤おに。でも、なかなかうまくいきません。そこに、仲間の青おにがやってきて、ある提案をします。赤おには戸惑いながらも、青おにの言うとおりにして……。おにたちの友情を描いた名作。

  • いろはのかるた奉行

    講談社の創作絵本

    長谷川義史/作・絵

    表紙から飛び出してきそうな勢いのちょんまげ姿、この人がいろはのかるた奉行。江戸のいろはかるたを研究して、今の世の中の新しいいろはかるたを作っているのです。奉行といっしょに江戸時代のいろはかるたを勉強。抱腹絶倒の新旧かるた対決のはじまり、はじまり。

  • 茂田井 武/絵
    広松由希子/文

    うさぎも、ねこも、ぞうも、とらも、ぼくも、わたしも、「おめでとう」! 新しい年を祝ううれしさ、贈りあう幸せの言葉「おめでとう」を、絵雑誌「キンダーブック」や絵本『セロひきのゴーシュ』などで、今もなお数々のアーティストを魅了しつづけている画家・茂田井武の絵にのせて送る絵本です。

  • 新装版 しろいおくりもの

    講談社の創作絵本

    立原えりか/文
    永田萠/絵

    雪の朝にまどかが出会った、白いそりと白い服の子どもたち。 そりに積まれた白い箱には、星の形のかけらが詰まっていました。 美しい冬のものがたり。

  • パイヴィ・アレニウス/作 
    末延弘子/訳

    雪のうえの足あとは、だれのもの? おしゃまさんが雪でつくったのは、なに? スキー大会で、勝つのは、だれ? ムーミン一家のはじめての冬は、スキーや魚つりなど楽しい遊びがいっぱい。絵探しやクイズにこたえながら、いっしょに楽しみましょう。ページのどこかに隠れている、ちびのミイも見つけてね!

母の日・父の日におすすめの絵本

  • おかあちゃんがつくったる

    おかあちゃんがつくったる

    長谷川義史/作

    ぼくが欲しいものは、なんでもミシンで作ってしまうお母ちゃん。でも、ちょっとかっこわるい。ある日ぼくは……。すべての“おかあちゃん”と、その子どもたちへおくる温かい親子の物語。

  • てんごくの おとうちゃん

    てんごくの おとうちゃん

    長谷川義史/作

    天国のおとうちゃん、元気にしてますか。 幼いころに亡くした父との、少ないけれど大切な思い出。人気絵本作家、長谷川義史が描く、温かいユーモアで包み込まれた父と子の交流が、心にしみ渡る一冊です。

  • ずーっといっしょ

    ずーっといっしょ

    マリアン・クシマノ/文
    市川里美/絵
    森山 京/訳

    おおきな父親くまの、おおきな愛情につつまれて、のびのびと遊ぶ小さな子どもくまの一日のお話。何気ない日常のしあわせを気づかせてくれる、パパと一緒に読んでもらいたい絵本です!

あかちゃん絵本