母の日、父の日におすすめの家族の絵本

お父さんやお母さんとふれあうときの温かさ、家族だからこそ分かるユーモアがここにあります。読めば自然と笑顔が生まれそうですね。

  • おかあちゃんがつくったる

    講談社の創作絵本

    ぼくが欲しいものは、なんでもミシンで作ってしまうお母ちゃん。でも、ちょっとかっこわるい。ある日ぼくは……。すべての“おかあちゃん”と、その子どもたちへおくる温かい親子の物語。

    長谷川義史/作

  • てんごくの おとうちゃん

    講談社の創作絵本

    天国のおとうちゃん、元気にしてますか。幼いころに亡くした父との、少ないけれど大切な思い出。人気絵本作家、長谷川義史が描く、温かいユーモアで包み込まれた父と子の交流が、心にしみ渡る絵本です。

    長谷川義史/作

  • ぼく、仮面ライダーになる!

    講談社の創作絵本

    かんちゃんは仮面ライダーが大好き。ライダーベルトを作り、自転車を段ボールでバイクに改造しますが……。正義の味方を目指す男の子と家族のお話。

    のぶみ/作

  • たこやきかぞく

    講談社の創作絵本

    同じ鉄板でやかれるたこやき5人家族のお話。たこやきはどんなものなのかを家族に語るパパ。極上のたこやきになるために……。ユーモラスな家族の絵本。

    にしもとやすこ/作

  • 氷の島にすむふたごのしろくまとかあさんぐまの楽しいおはなし。かわいいふたごのしろくまと母さんのやりとりが愛らしいお話です。


    あべ弘士/作

  • アネット・チゾン、タラス・テイラー/作
    山下明生/訳

    バーバパパたちのいる場所は、冬になると寒くて雨ばかり。そこで、家族そろって南の島へいくことにします。「バーバパパ」シリーズのなかでも、とくに家族の楽しさやたいせつさがつたわる絵本です。

  • 中川ひろたか/文
    はたこうしろう/絵

    「やってみたいな」「できたらいいな」……。子どもの限りない夢をどんどんかなえちゃうショコラちゃん。 今回のショコラちゃんは、お花屋さんになって母の日のカーネーションを売っています。さて、どんなお客さんがやってくるのでしょうか?

  • サンドラ・ポワロ=シェリフ/作
    おーなり由子/訳

    わすれないで。 ずっと、どんなときも、わたしが あなたの おかあさん。 出産までのやさしい時間を 美しい絵と言葉で描きます。 お母さんと子どもの絆を感じられる絵本です。

  • 西本鶏介/文
    いもとようこ/絵

    いもとようこと西本鶏介が厳選した日本の昔話26話。 親子の読書の時間が懐かしくなるような、定番のお話がたくさん入っています。

  • 苅田澄子/文
    マスリラ/絵

    納豆のかあちゃんは、100粒の子どもたちを探して歩くのに大忙し。それは、大切な仕事があるからなんです。 楽しい納豆のお母さんのお話で、いつも忙しいお母さんを笑わせてみるのもいいかも!?

  • のぶみ/作

    ママが家出しちゃった! アンちゃんとかんたろうは、ママがいなくなって初めて、ママの気持ちに気が付きます。力を合わせる家族のお話。

犬が活躍する本

  • おっとっと

    おっとっと

    木坂 涼/文
    高畠 純/絵

    いぬのとうさん、おっとっと
    どうぶつたちも、おっとっと
    ハラハラドキドキ「おっとっと」な場面をユーモアいっぱいに描く絵本
    よみきかせにぴったり!!

  • アントワネット わたしのたいせつなさがしもの

    アントワネット わたしのたいせつなさがしもの

    ケリー・ディプッチオ/文
    クリスチャン・ロビンソン/絵
    木坂 涼/訳

    ブルドッグ一家のアントワネットには3匹の兄弟がいます。ロッキーはかしこくて、リッキーは足がはやくて、ブルーノは力持ち。でも、アントワネットは、じぶんの得意なことがわかりません。あるとき、なかよしのガストン一家のウッラッラーが、ゆくえふめいになりました。必死で探そうとしたそのとき、アントワネットに、なにかがひらめきました……!

  • ガストン

    ガストン

    ケリー・ディプッチオ/文
    クリスチャン・ロビンソン /絵
    木坂 涼/訳

    犬のガストンは、ちょっぴりきょうだいとちがっています。だけどみんな、とってもなかよし。ある日、公園で、ガストンにそっくりな家族に出会って……。全米で数々のベストブックに選ばれた、家族のありかたや、「自分」という個性を考えるきっかけになる絵本。

  • あ~っ!

    あ~っ!

    カンタン・グレバン/作

    どうしてこうなるの!?
    文字のない世界がイメージの翼を広げる、サン=テグジュペリ賞受賞のカンタン・グレバンの大傑作!

  • よみきかせ日本昔話 はなさかじいさん

    よみきかせ日本昔話 はなさかじいさん

    石崎洋司/文
    松成真理子/絵

    ある日、おばあさんは川で立派な箱に入った子犬を拾います。シロと名づけ、かわいがるうちに、シロは「おじいさん、わたしにのっておくれ」と話します。
    山でシロは「ここほれ、わんわん」 すると、大判小判がたくさん!
    それを見ていた隣のなまけ者のおじいさんがシロを借りていき、山へおいたてます。
    シロがなにも言わないのに、掘ってみると! 

  • いとしの犬 ハチ

    いとしの犬 ハチ

    いもとようこ/作・絵

    今日こそ帰ってくると信じて、雨の日も雪の日も、駅で先生を待ちつづけた秋田犬、ハチ。
    いもとようこのあたたかい絵とともに、世代をこえて伝えたい感動の実話です。

季節の絵本