年越し~お正月の絵本

年越しからお正月にかけて、お家で過ごすことが長い時間にぴったりの絵本をご紹介します。

  • おぞうにくらべ

    講談社の創作絵本

    お正月、おばあちゃんの家へ行ったきみちゃんは、いろいろなお雑煮にであいました。野菜がいっぱいのお雑煮、しょうゆ味のお雑煮、魚が入っているお雑煮……。どの家にも、受け継がれてきた大切な味があったのです。

    宮野聡子/作

  • くまのこの としこし

    講談社の創作絵本

    12月も終わりに近づき、「もうすぐ来年がくるよ」とお母さんから教えてもらったくまのこ。「『来年』ってどんなものなのかな?」ととっても気になります。お父さんやお母さんは、「来年」のために、大掃除をしたり、お節料理を作ったり、お正月飾りをつけたり、大忙し。さあ、大晦日。「来年」はどんなふうに来るのでしょう?

    高橋和枝/作

  • おもちのきもち

    講談社の創作絵本

    『おもちのきもち』には、おいしそうなお餅がたくさん出てきます。主役はちょっぴり気高い鏡餅。「もしも、お餅がこんなことを考えていたら……!?」かがくいさんがお餅をふくらませて、こ~んなおかしな、ふしぎな、楽しい絵本になりました。お正月の定番絵本として、ぜひ家族そろって楽しんでください! 読んだ後、きっとお餅が食べたくなりますよ♪

    かがくいひろし/作

  • 十二支に登場する動物たちが迷路を通って、神さまのお屋敷へ向かいます。ねずみは牛の頭に乗り、犬と猿はケンカばかり……。そして、遅れて着いた猫は……!?
    迷路の途中には、お正月の風景がちりばめられ、細部まで何回も楽しめる美しい迷路の絵本です。

    奥野涼子/作

  • おじぞうさまが運んでくる幸せ
    年越しのお餅やお酒を買おうと、笠を売りに出かけたおじいさん。一つも売れず、笠をおじぞうさまにかぶせて帰ってきました。真夜中、楽しげな声が聞こえてきて……。

    令丈ヒロ子/文
    野村たかあき/絵

  • 茂田井 武/絵
    広松由希子/文

    うさぎも、ねこも、ぞうも、とらも、ぼくも、わたしも、「おめでとう」! 新しい年を祝ううれしさ、贈りあう幸せの言葉「おめでとう」を、絵雑誌「キンダーブック」や絵本『セロひきのゴーシュ』などで、今もなお数々のアーティストを魅了しつづけている画家・茂田井武の絵にのせて送る絵本です。

  • いろはのかるた奉行

    講談社の創作絵本

    長谷川義史/作・絵

    表紙から飛び出してきそうな勢いのちょんまげ姿、この人がいろはのかるた奉行。江戸のいろはかるたを研究して、今の世の中の新しいいろはかるたを作っているのです。奉行といっしょに江戸時代のいろはかるたを勉強。抱腹絶倒の新旧かるた対決のはじまり、はじまり。

  • 川内彩友美/編

    ネズミ、ウシ、トラ……、この順番はどうしてこの順番なのでしょうか? 小さなネズミが十二支の頭になったのはなぜでしょうか? そのヒントがこの絵本に描かれています。楽しい絵とわかりやすい文章で答えに納得!

  • 真珠まりこ/作・絵

    生活の中のいろいろな「もったいない」を題材とした楽しいかるたです。「もったいないばあさんのひとこと」付き! 『もったいないばあさんかるた』を体験できるゲームもあります。こちらもおすすめ!

  • シゲタサヤカ/作・絵

    神奈川県のジモト民ならおなじみのネタや意外な話題が盛りだくさん。横浜、川崎、相模原から三浦半島、湘南、箱根まで、ジモト自慢が満載です。神奈川県の地理を遊びながら学べる、ジモト愛100パーセントのかるた。神奈川って、こんなに面白い!

おすすめの絵本

  • どしゃぶり

    どしゃぶり

    おーなり 由子/文 はた こうしろう/絵

    どしゃぶりは、雨つぶたちとしゃべったり、あそんだりできる特別なとき!
    たくさんの雨の音、雨つぶの、いろんな輝き。
    雨のにおい、水たまり、絵に耳をすますと、
    雨の音がきこえます。

  • 新版 星空キャンプ

    新版 星空キャンプ

    村上 康成/作

    月曜日、ここへ来た日、水のきれいさと、大きなマスに息をのみました。火曜日、ガンの家族がテントのそばにやってきました。水曜日、小さな湖では、風も音も、なにもありませんでした。木曜日、ハンモックでうとうと。金曜日、キイチゴつみは原っぱの味がする。ミナとお父さん、お母さんの1週間の星空キャンプ。

  • ぼんちゃんのぼんやすみ

    ぼんちゃんのぼんやすみ

    あおき ひろえ/作

    子どもに伝えたい日本の風習
    ご先祖さまの霊がかえってくるというお盆。ぼんちゃんが、夏休みにいなかで過ごしたお盆は……!?
    親子で楽しむ、季節と行事のよみきかせ絵本

  • きもだめし

    きもだめし

    新井 洋行/作

    『きもだめし』は、その名の通り、夏の風物詩である肝試しがテーマの、縦開きのしかけ絵本です。
     不気味な日本人形の、おどろおどろしい肝試しへの案内から、本作は始まります。幽霊や、一つ目お化け、ろくろっくび、のっぺらぼうなど、定番のお化けや妖怪が次々に登場します。 おはなし会や、親子でドキドキしながら楽しめる1冊です。

  • ルッキオとフリフリ おおきなスイカ

    ルッキオとフリフリ おおきなスイカ

    庄野 ナホコ/作

    マグロのおさしみに憧れる、ねこのルッキオとフリフリ。
    ある日、庭になったおおきなスイカで、ひともうけしてマグロのおさしみを食べようと、売りにでかけますが……。

季節の絵本