年越し~お正月の絵本

年越しからお正月にかけて、お家で過ごすことが長い時間にぴったりの絵本をご紹介します。

  • おぞうにくらべ

    講談社の創作絵本

    お正月、おばあちゃんの家へ行ったきみちゃんは、いろいろなお雑煮にであいました。野菜がいっぱいのお雑煮、しょうゆ味のお雑煮、魚が入っているお雑煮……。どの家にも、受け継がれてきた大切な味があったのです。

    宮野聡子/作

  • くまのこの としこし

    講談社の創作絵本

    12月も終わりに近づき、「もうすぐ来年がくるよ」とお母さんから教えてもらったくまのこ。「『来年』ってどんなものなのかな?」ととっても気になります。お父さんやお母さんは、「来年」のために、大掃除をしたり、お節料理を作ったり、お正月飾りをつけたり、大忙し。さあ、大晦日。「来年」はどんなふうに来るのでしょう?

    高橋和枝/作

  • おもちのきもち

    講談社の創作絵本

    『おもちのきもち』には、おいしそうなお餅がたくさん出てきます。主役はちょっぴり気高い鏡餅。「もしも、お餅がこんなことを考えていたら……!?」かがくいさんがお餅をふくらませて、こ~んなおかしな、ふしぎな、楽しい絵本になりました。お正月の定番絵本として、ぜひ家族そろって楽しんでください! 読んだ後、きっとお餅が食べたくなりますよ♪

    かがくいひろし/作

  • 十二支に登場する動物たちが迷路を通って、神さまのお屋敷へ向かいます。ねずみは牛の頭に乗り、犬と猿はケンカばかり……。そして、遅れて着いた猫は……!?
    迷路の途中には、お正月の風景がちりばめられ、細部まで何回も楽しめる美しい迷路の絵本です。

    奥野涼子/作

  • おじぞうさまが運んでくる幸せ
    年越しのお餅やお酒を買おうと、笠を売りに出かけたおじいさん。一つも売れず、笠をおじぞうさまにかぶせて帰ってきました。真夜中、楽しげな声が聞こえてきて……。

    令丈ヒロ子/文
    野村たかあき/絵

  • 茂田井 武/絵
    広松由希子/文

    うさぎも、ねこも、ぞうも、とらも、ぼくも、わたしも、「おめでとう」! 新しい年を祝ううれしさ、贈りあう幸せの言葉「おめでとう」を、絵雑誌「キンダーブック」や絵本『セロひきのゴーシュ』などで、今もなお数々のアーティストを魅了しつづけている画家・茂田井武の絵にのせて送る絵本です。

  • いろはのかるた奉行

    講談社の創作絵本

    長谷川義史/作・絵

    表紙から飛び出してきそうな勢いのちょんまげ姿、この人がいろはのかるた奉行。江戸のいろはかるたを研究して、今の世の中の新しいいろはかるたを作っているのです。奉行といっしょに江戸時代のいろはかるたを勉強。抱腹絶倒の新旧かるた対決のはじまり、はじまり。

  • 川内彩友美/編

    ネズミ、ウシ、トラ……、この順番はどうしてこの順番なのでしょうか? 小さなネズミが十二支の頭になったのはなぜでしょうか? そのヒントがこの絵本に描かれています。楽しい絵とわかりやすい文章で答えに納得!

  • 真珠まりこ/作・絵

    生活の中のいろいろな「もったいない」を題材とした楽しいかるたです。「もったいないばあさんのひとこと」付き! 『もったいないばあさんかるた』を体験できるゲームもあります。こちらもおすすめ!

  • シゲタサヤカ/作・絵

    神奈川県のジモト民ならおなじみのネタや意外な話題が盛りだくさん。横浜、川崎、相模原から三浦半島、湘南、箱根まで、ジモト自慢が満載です。神奈川県の地理を遊びながら学べる、ジモト愛100パーセントのかるた。神奈川って、こんなに面白い!

入園・入学の絵本

  • ことりようちえんのいちねんかん

    ことりようちえんのいちねんかん

    たかてらかよ/文
    鴨下 潤/絵

    お弁当、遠足、運動会にいもほり、クリスマス、雪遊び……楽しい幼稚園での1年間を描く絵本です。入園まえに親子で読んで、幼稚園への期待が高まる1冊。不安がいっぱいだった主人公・あやちゃんが、1年後ひとまわりお姉さんになる姿が印象的です。

  • ようちえんの おひめさま

    ようちえんの おひめさま

    種村有希子/作

    きのみ幼稚園の園庭には、小さな時計台のお城に、お姫さまが住んでいます。9時になると、扉が開いて、出てきてくれるのです。幼稚園の子どもたちは、みんなお姫さまのことが大好き。ところが、ある日、大きな嵐がやってきて、時計が壊れてしまいました……。

  • せんをたどって がっこうへいこう

    せんをたどって がっこうへいこう

    L.ユンクヴィスト/作
    ふしみみさを/訳

    朝のあいさつをして、教室から理科室へ、図書室へ、音楽室へ。ひるごはんのあとは、校庭であそんで……。学校のいちにちを、せんをたどりながら体験できるこの絵本は、表紙から背表紙まで、すべてがひとふで描きの線でつながっています。

  • しょうがっこうへ いこう

    しょうがっこうへ いこう

    斉藤 洋/作
    田中六大/絵

    新1年生向けの「遊んで学べる小学校ハウツー本」。幼稚園と小学校の違いから始まる本作は、通学の仕方から、朝礼、国語や算数や体育やその他の授業、給食、お昼休み、保健室の使い方、下校まで、小学校1年生が普段行う1日の学校生活を絵本で紹介しています。

  • いちねんせいに なったから!

    いちねんせいに なったから!

    くすのきしげのり/作 田中六大/絵

    待ちに待った小学校の入学式の日、りゅうたろうくんは、「ともだちひゃくにんできるかな」と期待に胸をふくらませながら、小学校の門をくぐりました。
    そして、「どうすれば、ともだちひゃくにんできるかなあ」と考えているうちに、想像はどんどんふくらみ……。

春の絵本