ユーモア絵本

思わず笑ってしまうユーモア絵本、集めました。いっぱい遊んだあとは、ゆっくりくつろいで、絵本で笑顔のひとときを!

  • スモウマン

    講談社の創作絵本

    スモウマンは幕下力士。相撲のほうはまだまだだけど、助けを呼ぶ声が聞こえると「ドスコーイ」のかけ声で一発、大変身して空を飛ぶ。とにかく笑える活劇絵本です。

    中川ひろたか/文
    長谷川義史/絵

  • いもいも ほりほり

    講談社の創作絵本

    秋の行楽のいちばん人気は、なんといっても、いもほり!
    「あの くも いもに みえるぞ~。」
    ぶたのきょうだいは、はりきっていもほりに出かけます。さあ、どんなおいもが ほれたかな?

    西村敏雄/作

  • みみかきめいじん

    講談社の創作絵本

    みみかきやのひょ・うーたん先生は、みみかきの名人。次から次へとお客がやってくるので、弟子のひょうすけは、せっせ、せっせとお手伝い。

    かがくいひろし/作

  • たこやきかぞく

    講談社の創作絵本

    同じ鉄板で焼かれるたこやき5人家族のお話。たこやきとはどんなものなのかを家族に語るパパ。極上のたこやきになるために……。

    にしもとやすこ/作

  • イカタコつるつる

    講談社の創作絵本

    イカがラーメンを食べてたら、足とラーメンがつるつるまざって、さあたいへん! みんなもいっしょにこんがらかっちゃおう。

    長 新太/作

  • シゲタサヤカ/作

    「ぼく、このレストランの料理をたべてみたいな~」食いしんぼのまな板に、気のやさしいコックはこっそり料理をあげます。まな板がしゃべる楽しい絵本。

  • おもちのきもち

    講談社の創作絵本

    かがくいひろし/作

    お正月につきものの鏡餅。「食べられるのは嫌だ!」と逃げ出しました。走って逃げていくうちにビロ~ンと伸びてしまい……。

  • サトシン/作
    よしながこうたく/絵

    突然空から降ってきたあんまんを巣に持ち帰るため、アリたちは知力と勇気をつくした冒険に挑む。絵本界の風雲児、サトシン×よしながこうたくの初コンビ作品!

  • はっきよい畑場所

    講談社の創作絵本

    かがくいひろし/作

    はっきよ~い、のこった、のこった! 野菜たちの大相撲がはじまります。結びの一番は手に汗にぎる、大勝負。さて、優勝はだれの手に!?

  • ふしぎなでまえ

    講談社の創作絵本

    かがくいひろし/作

    ものぐさな、じゃがさんとさつまさん。おなかがすいて、出前を取ることにしたのですが、やってきたのは……ふしぎなでまえ!

犬が活躍する本

  • おっとっと

    おっとっと

    木坂 涼/文
    高畠 純/絵

    いぬのとうさん、おっとっと
    どうぶつたちも、おっとっと
    ハラハラドキドキ「おっとっと」な場面をユーモアいっぱいに描く絵本
    よみきかせにぴったり!!

  • アントワネット わたしのたいせつなさがしもの

    アントワネット わたしのたいせつなさがしもの

    ケリー・ディプッチオ/文
    クリスチャン・ロビンソン/絵
    木坂 涼/訳

    ブルドッグ一家のアントワネットには3匹の兄弟がいます。ロッキーはかしこくて、リッキーは足がはやくて、ブルーノは力持ち。でも、アントワネットは、じぶんの得意なことがわかりません。あるとき、なかよしのガストン一家のウッラッラーが、ゆくえふめいになりました。必死で探そうとしたそのとき、アントワネットに、なにかがひらめきました……!

  • ガストン

    ガストン

    ケリー・ディプッチオ/文
    クリスチャン・ロビンソン /絵
    木坂 涼/訳

    犬のガストンは、ちょっぴりきょうだいとちがっています。だけどみんな、とってもなかよし。ある日、公園で、ガストンにそっくりな家族に出会って……。全米で数々のベストブックに選ばれた、家族のありかたや、「自分」という個性を考えるきっかけになる絵本。

  • あ~っ!

    あ~っ!

    カンタン・グレバン/作

    どうしてこうなるの!?
    文字のない世界がイメージの翼を広げる、サン=テグジュペリ賞受賞のカンタン・グレバンの大傑作!

  • よみきかせ日本昔話 はなさかじいさん

    よみきかせ日本昔話 はなさかじいさん

    石崎洋司/文
    松成真理子/絵

    ある日、おばあさんは川で立派な箱に入った子犬を拾います。シロと名づけ、かわいがるうちに、シロは「おじいさん、わたしにのっておくれ」と話します。
    山でシロは「ここほれ、わんわん」 すると、大判小判がたくさん!
    それを見ていた隣のなまけ者のおじいさんがシロを借りていき、山へおいたてます。
    シロがなにも言わないのに、掘ってみると! 

  • いとしの犬 ハチ

    いとしの犬 ハチ

    いもとようこ/作・絵

    今日こそ帰ってくると信じて、雨の日も雪の日も、駅で先生を待ちつづけた秋田犬、ハチ。
    いもとようこのあたたかい絵とともに、世代をこえて伝えたい感動の実話です。

季節の絵本