雨の絵本

雨がつづくとお外で遊べない子どもたちはエネルギーがあまりぎみ。そんな日は、雨の絵本を読んでみてはいかがでしょう。きっと雨もいいなって思えるはず!

  • ぽつぽつぽつ、雨がふってきました。
    ちいさなねずみさんがさしたのは、かわいいきのこのかさ。
    おさんぽちゅうのうさぎさんがさしたのは、だいすきなにんじんのかさ。
    では、きつねさんとたぬきさん、かえるさん、くまさんは……。
    雨の日の動物たちのいきいきとした表情を繊細に描いた、愛らしい語りかけ絵本。

    しもかわらゆみ/作

  • ぐうたら猫の愉快な大騒動!
    「あめふり」を売るという、おかしな商売を始めた、ねこきち。最初は順調でしたが、ぐうたらがたたって、村は大騒動に。ことわざや言い伝えも楽しめる落語絵本。

    野村たかあき/絵・原案
    平田昌広/文

  • みずたまりちゃん

    講談社の幼児えほん

    雨が降るのが待ち遠しくなる!
    今日は雨の日。でも、雨が降ると、「みずたまりちゃん」と会えるんです。さあ、あなたも元気に「いっちにの、じゃぼーん!」とみずたまりに飛び込もう!

    新井洋行/作

  • 雨の日におじさんが出会った素敵なできごと
    りっぱなかさがぬれるのがいやで、かさをさそうとしないおじさん。ある雨の日、子どもたちの歌をきいたおじさんは、はじめてかさを広げてみました。すると……。

    佐野洋子/作

  • 雨の日だって、おさんぽしたら楽しいよ!
    雨の日のおでかけ。かえるやあじさいと出会った女の子は……。楽しげな雨音とともに繰り広げられる、雨の日が楽しくなる絵本。

    えがしらみちこ/作

  • 松谷みよ子/文
    武田美穂/絵

    「あめこんこん、ふってるもん。うそっこだけど ふってるもん あめふりごっこする もんよっといで。」というモモちゃんの声に、「いれて」とだれかが答えます。つぎつぎに仲間が加わっていって、最後に「いれて」っていったのは……。

  • コマヤスカン/作

    読むと、きっと空を見上げたくなる絵本。 遠足の前日、台風が近づいてきました。子どもたちは、てるてる坊主を作ります。その数が100個になったとき……、てるてる王子の出番です。さて、あしたは晴れるかな?

  • かがくいひろし/作

    かんかんでりのある日のこと、やかんにぽっとにじょうろにきゅうすが大集合。 「いちについて、いきますよー」のかけ声に、大きく息をすって、とめて、ためて、はいて……。このお話がどう雨につながるのかな?

  • ひろただいさく/作
    ひろたみどり/作

    ひなちゃんの元に落ちて来た、小さなカミナリさまの「ピカゴロウ」。 さあ、雲の上のおうちに帰れるかな?

犬が活躍する本

  • おっとっと

    おっとっと

    木坂 涼/文
    高畠 純/絵

    いぬのとうさん、おっとっと
    どうぶつたちも、おっとっと
    ハラハラドキドキ「おっとっと」な場面をユーモアいっぱいに描く絵本
    よみきかせにぴったり!!

  • アントワネット わたしのたいせつなさがしもの

    アントワネット わたしのたいせつなさがしもの

    ケリー・ディプッチオ/文
    クリスチャン・ロビンソン/絵
    木坂 涼/訳

    ブルドッグ一家のアントワネットには3匹の兄弟がいます。ロッキーはかしこくて、リッキーは足がはやくて、ブルーノは力持ち。でも、アントワネットは、じぶんの得意なことがわかりません。あるとき、なかよしのガストン一家のウッラッラーが、ゆくえふめいになりました。必死で探そうとしたそのとき、アントワネットに、なにかがひらめきました……!

  • ガストン

    ガストン

    ケリー・ディプッチオ/文
    クリスチャン・ロビンソン /絵
    木坂 涼/訳

    犬のガストンは、ちょっぴりきょうだいとちがっています。だけどみんな、とってもなかよし。ある日、公園で、ガストンにそっくりな家族に出会って……。全米で数々のベストブックに選ばれた、家族のありかたや、「自分」という個性を考えるきっかけになる絵本。

  • あ~っ!

    あ~っ!

    カンタン・グレバン/作

    どうしてこうなるの!?
    文字のない世界がイメージの翼を広げる、サン=テグジュペリ賞受賞のカンタン・グレバンの大傑作!

  • よみきかせ日本昔話 はなさかじいさん

    よみきかせ日本昔話 はなさかじいさん

    石崎洋司/文
    松成真理子/絵

    ある日、おばあさんは川で立派な箱に入った子犬を拾います。シロと名づけ、かわいがるうちに、シロは「おじいさん、わたしにのっておくれ」と話します。
    山でシロは「ここほれ、わんわん」 すると、大判小判がたくさん!
    それを見ていた隣のなまけ者のおじいさんがシロを借りていき、山へおいたてます。
    シロがなにも言わないのに、掘ってみると! 

  • いとしの犬 ハチ

    いとしの犬 ハチ

    いもとようこ/作・絵

    今日こそ帰ってくると信じて、雨の日も雪の日も、駅で先生を待ちつづけた秋田犬、ハチ。
    いもとようこのあたたかい絵とともに、世代をこえて伝えたい感動の実話です。

季節の絵本