雨の絵本

雨がつづくとお外で遊べない子どもたちはエネルギーがあまりぎみ。そんな日は、雨の絵本を読んでみてはいかがでしょう。きっと雨もいいなって思えるはず!

  • どしゃぶりは、雨つぶたちとしゃべったり、あそんだりできる特別なとき!
    たくさんの雨の音、雨つぶの、いろんな輝き。
    雨のにおい、水たまり、絵に耳をすますと、
    雨の音がきこえます。

    おーなり由子/文 はたこうしろう/絵

  • ぽつぽつぽつ、雨がふってきました。
    ちいさなねずみさんがさしたのは、かわいいきのこのかさ。
    おさんぽちゅうのうさぎさんがさしたのは、だいすきなにんじんのかさ。
    では、きつねさんとたぬきさん、かえるさん、くまさんは……。
    雨の日の動物たちのいきいきとした表情を繊細に描いた、愛らしい語りかけ絵本。

    しもかわらゆみ/作

  • ぐうたら猫の愉快な大騒動!
    「あめふり」を売るという、おかしな商売を始めた、ねこきち。最初は順調でしたが、ぐうたらがたたって、村は大騒動に。ことわざや言い伝えも楽しめる落語絵本。

    野村たかあき/絵・原案
    平田昌広/文

  • 雨の日におじさんが出会った素敵なできごと
    りっぱなかさがぬれるのがいやで、かさをさそうとしないおじさん。ある雨の日、子どもたちの歌をきいたおじさんは、はじめてかさを広げてみました。すると……。

    佐野洋子/作

  • 雨の日だって、おさんぽしたら楽しいよ!
    雨の日のおでかけ。かえるやあじさいと出会った女の子は……。楽しげな雨音とともに繰り広げられる、雨の日が楽しくなる絵本。

    えがしらみちこ/作

  • 松谷みよ子/文
    武田美穂/絵

    「あめこんこん、ふってるもん。うそっこだけど ふってるもん あめふりごっこする もんよっといで。」というモモちゃんの声に、「いれて」とだれかが答えます。つぎつぎに仲間が加わっていって、最後に「いれて」っていったのは……。

  • みずたまりちゃん

    講談社の幼児えほん

    新井洋行/作

    雨が降るのが待ち遠しくなる! 今日は雨の日。でも、雨が降ると、「みずたまりちゃん」と会えるんです。さあ、あなたも元気に「いっちにの、じゃぼーん!」とみずたまりに飛び込もう!

  • コマヤスカン/作

    読むと、きっと空を見上げたくなる絵本。 遠足の前日、台風が近づいてきました。子どもたちは、てるてる坊主を作ります。その数が100個になったとき……、てるてる王子の出番です。さて、あしたは晴れるかな?

  • かがくいひろし/作

    かんかんでりのある日のこと、やかんにぽっとにじょうろにきゅうすが大集合。 「いちについて、いきますよー」のかけ声に、大きく息をすって、とめて、ためて、はいて……。このお話がどう雨につながるのかな?

  • ひろただいさく/作
    ひろたみどり/作

    ひなちゃんの元に落ちて来た、小さなカミナリさまの「ピカゴロウ」。 さあ、雲の上のおうちに帰れるかな?

おすすめの絵本

  • パンダ なりきりたいそう

    パンダ なりきりたいそう

    いりやまさとし/作

    「パンダなりきりたいそう はじめ!」
    何かになりきるのって、たのしい!
    さあ、絵本を見ながら、パンダといっしょに、おもいっきり体をうごかそう!

  • もったいないばあさん

    もったいないばあさん

    真珠 まりこ/著

    「もったいない」って、どういう意味?

    きょうも あの ばあさんが やって きた――もったいない こと して ないかい?

  • ほしじいたけほしばあたけ

    ほしじいたけほしばあたけ

    石川 基子/作

    タマゴタケやキヌガサダケ……いろいろなきのこが暮らすきのこ村は、いつもにぎやか。そんなみんなから敬愛されているのが、ほしじいたけと、ほしばあたけ。ある日、村の子どもが谷から落ちてしまい、それを聞いたほしじいたけは、体を張って助けようとするのですが……。

  • おやすみ ぞうちゃん

    おやすみ ぞうちゃん

    三浦太郎/作

    ぞうちゃんは、泣いたり笑ったり、おおいそがし。おやすみまでの一日を、ユーモアたっぷり、愛情豊かに描きます。シリーズ第3弾。

季節の絵本