雨の絵本

雨がつづくとお外で遊べない子どもたちはエネルギーがあまりぎみ。そんな日は、雨の絵本を読んでみてはいかがでしょう。きっと雨もいいなって思えるはず!

  • ぐうたら猫の愉快な大騒動!
    「あめふり」を売るという、おかしな商売を始めた、ねこきち。最初は順調でしたが、ぐうたらがたたって、村は大騒動に。ことわざや言い伝えも楽しめる落語絵本。

    野村たかあき/絵・原案
    平田昌広/文

  • みずたまりちゃん

    講談社の幼児えほん

    雨が降るのが待ち遠しくなる!
    今日は雨の日。でも、雨が降ると、「みずたまりちゃん」と会えるんです。さあ、あなたも元気に「いっちにの、じゃぼーん!」とみずたまりに飛び込もう!

    新井洋行/作

  • 雨の日におじさんが出会った素敵なできごと
    りっぱなかさがぬれるのがいやで、かさをさそうとしないおじさん。ある雨の日、子どもたちの歌をきいたおじさんは、はじめてかさを広げてみました。すると……。

    佐野洋子/作

  • ひなちゃんの元に落ちて来た、小さなカミナリさまの「ピカゴロウ」。
    さあ、雲の上のおうちに帰れるかな?

    ひろただいさく/作
    ひろたみどり/作

  • 雨の日だって、おさんぽしたら楽しいよ!
    雨の日のおでかけ。かえるやあじさいと出会った女の子は……。楽しげな雨音とともに繰り広げられる、雨の日が楽しくなる絵本。

    えがしらみちこ/作

  • 松谷みよ子/文
    武田美穂/絵

    「あめこんこん、ふってるもん。うそっこだけど ふってるもん あめふりごっこする もんよっといで。」というモモちゃんの声に、「いれて」とだれかが答えます。つぎつぎに仲間が加わっていって、最後に「いれて」っていったのは……。

  • コマヤスカン/作

    読むと、きっと空を見上げたくなる絵本。 遠足の前日、台風が近づいてきました。子どもたちは、てるてる坊主を作ります。その数が100個になったとき……、てるてる王子の出番です。さて、あしたは晴れるかな?

  • かがくいひろし/作

    かんかんでりのある日のこと、やかんにぽっとにじょうろにきゅうすが大集合。 「いちについて、いきますよー」のかけ声に、大きく息をすって、とめて、ためて、はいて……。このお話がどう雨につながるのかな?

入園・入学の絵本

  • ことりようちえんのいちねんかん

    ことりようちえんのいちねんかん

    たかてらかよ/文
    鴨下 潤/絵

    お弁当、遠足、運動会にいもほり、クリスマス、雪遊び……楽しい幼稚園での1年間を描く絵本です。入園まえに親子で読んで、幼稚園への期待が高まる1冊。不安がいっぱいだった主人公・あやちゃんが、1年後ひとまわりお姉さんになる姿が印象的です。

  • ようちえんの おひめさま

    ようちえんの おひめさま

    種村有希子/作

    きのみ幼稚園の園庭には、小さな時計台のお城に、お姫さまが住んでいます。9時になると、扉が開いて、出てきてくれるのです。幼稚園の子どもたちは、みんなお姫さまのことが大好き。ところが、ある日、大きな嵐がやってきて、時計が壊れてしまいました……。

  • せんをたどって がっこうへいこう

    せんをたどって がっこうへいこう

    L.ユンクヴィスト/作
    ふしみみさを/訳

    朝のあいさつをして、教室から理科室へ、図書室へ、音楽室へ。ひるごはんのあとは、校庭であそんで……。学校のいちにちを、せんをたどりながら体験できるこの絵本は、表紙から背表紙まで、すべてがひとふで描きの線でつながっています。

  • しょうがっこうへ いこう

    しょうがっこうへ いこう

    斉藤 洋/作
    田中六大/絵

    新1年生向けの「遊んで学べる小学校ハウツー本」。幼稚園と小学校の違いから始まる本作は、通学の仕方から、朝礼、国語や算数や体育やその他の授業、給食、お昼休み、保健室の使い方、下校まで、小学校1年生が普段行う1日の学校生活を絵本で紹介しています。

  • いちねんせいに なったから!

    いちねんせいに なったから!

    くすのきしげのり/作 田中六大/絵

    待ちに待った小学校の入学式の日、りゅうたろうくんは、「ともだちひゃくにんできるかな」と期待に胸をふくらませながら、小学校の門をくぐりました。
    そして、「どうすれば、ともだちひゃくにんできるかなあ」と考えているうちに、想像はどんどんふくらみ……。

春の絵本