あかちゃん絵本

あかちゃんは、生後10か月くらいからママやパパと絵本を楽しむことができるようになります。ページをめくって、絵の変化を楽しみ、読んでくれている声に耳を澄まします。この時期には、はっきりとした色使いで、身近な題材を描いている、もちやすいサイズの絵本がむいています。
こうした10か月から2歳になるまでのお子さまにぴったりの絵本を「あかちゃん絵本」としてセレクトしました。

  • ねがえり ごろん

    講談社の幼児えほん

    「ルドルフとイッパイアッテナ」で知られる児童文学作家・斉藤洋と、NHK「おかあさんといっしょ」「みんなのうた」「いないいないばあ!」などのアニメーションで人気のミスミヨシコによる、まったく新しい赤ちゃん絵本。ねがえり、できたかな?

    斉藤洋/作
    ミスミヨシコ/絵

  • だれかな だれかな?

    講談社の幼児えほん

    だれかな だれかな? 丸や四角や葉っぱの形、いろんな形はいったいだれのお顔かな? あてっこして楽しめる穴あきしかけ絵本。

    よねづゆうすけ/作

  • おやすみ ぞうちゃん

    講談社の幼児えほん

    ぞうちゃんは、泣いたり笑ったり、おおいそがし。おやすみまでの一日を、ユーモアたっぷり、愛情豊かに描きます。シリーズ第3弾。

    三浦太郎/作

  • まてまてさん

    講談社の幼児えほん

    はたこうしろうとおーなり由子、はじめての赤ちゃん絵本シリーズ!
    新作は「あんよ」の絵本。
    あかちゃんのだいすきな「まてまて~」がいっぱい!

    おーなり由子/文
    はたこうしろう/絵

  • にじいろの さかな 0歳の本

    にじいろのさかなブック

    お気に入りの絵をさがしたり、ページをパタパタしたり、キラキラ光るうろこをさわったり……。
    あそび方いっぱいのじゃばら式絵本。

    マーカス・フィスター/絵

  • ねんね

    講談社の幼児えほん

    さこももみ/作

    「おばけがこわくてねむれない」まみちゃん。 おばけもママといっしょにねんねしちゃったよ。かわいい寝かしつけの絵本。

  • まんま

    講談社の幼児えほん

    さこももみ/作

    スプーンとフォークで、ひとくちずつ食べるのよ。 あかちゃんもママも食事の時間が待ちどおしくなる絵本。

  • ころころパンダ

    講談社の幼児えほん

    いりやまさとし/作

    パンダのあかちゃん。まあるくなって眠るうち、 ころころころと坂道をころがって!?

  • ゆらゆらパンダ

    講談社の幼児えほん

    いりやまさとし/作

    パンダのあかちゃんが丸太のブランコでゆらゆら。 木の枝の上でゆらゆら。「ころころ パンダ」とつながるラストが楽しい!

  • おしり

    講談社の幼児えほん

    三浦太郎/作

    あかちゃんと動物のおしりがいっぱい!まあるいおしり、大きなおしり、そして「わたし」のかわいいおしり!

  • よしよし

    講談社の幼児えほん

    三浦太郎/作

    あかちゃんと動物のいろいろなおかお。泣きだしちゃった動物を「よしよし」してあげると、みんなにこにこに!

  • ぞうちゃんと ねずみちゃん

    講談社の幼児えほん

    三浦太郎/作

    ぞうちゃんは、ぞうのあかちゃん。 小さいねずみちゃんよりも、ずっと大きいのですが……。 ページをめくれば驚きいっぱい。 シンプルな文と絵で、大きい小さいの対比を楽しく実感。

  • ぞうちゃんの いやいや

    講談社の幼児えほん

    三浦太郎/作

    ぞうちゃんの「いやいや」なもの、好きなものは……。 読んでいるうちにしぜんと、豊かな感情表現をひきだします。

  • ぶう ぶう ぶう

    講談社の幼児えほん

    おーなり由子/文
    はたこうしろう/絵

    なんだか楽しい、くちびるのなる音「ぶうぶうぶう」。笑顔いっぱいのあかちゃんを見ているだけでうれしくなってしまいます。

  • ぎゅう ぎゅう ぎゅう

    講談社の幼児えほん

    おーなり由子/文
    はたこうしろう/絵

    おかあさんとの「ぎゅう」や、だいすきなぬいぐるみへの「ぎゅう」など身近なものとの「ぎゅう」の楽しさを描いています。

  • こちょこちょさん

    講談社の幼児えほん

    おーなり由子/文
    はたこうしろう/絵

    絵本作家夫婦の子育て体験から生まれた、「あかちゃんとのあそびえほん」シリーズ。 親と子どものスキンシップタイムの楽しさと大切さをつたえる絵本。 あかちゃんのだいすきな「こちょこちょあそび」が絵本になりました。

  • のりもの つみき

    講談社の幼児えほん

    よねづゆうすけ/作

    車、バス、電車……つみきが大好きな乗り物に早変わり! 子供の想像力を刺激する、シンプルなしかけ絵本。

  • もぐもぐもぐ

    講談社の幼児えほん

    よねづゆうすけ/作

    かわいい動物たちの大きなお口が、大好きな食べものをパクリ! 食べることの楽しさが自然につたわる、しかけ絵本。

  • にじいろカメレオン

    講談社の幼児えほん

    よねづゆうすけ/作

    カメレオンのレオンが、つぎつぎと色を変えてかくれんぼ。 ディスクを回したり、スライドさせたり、楽しいしかけ絵本。

  • ぴたっ!

    講談社の幼児えほん

    よねづゆうすけ/作

    鳥さんと鳥さんがぴたっ! とくっついて、できるのはどんな形? 思いがけない形ができあがる、デザイン性の高いしかけ絵本。

  • だーれの おしり?

    講談社の幼児えほん

    よねづゆうすけ/作

    ふわふわしっぽや、くるくるしっぽ、これ、だーれのおしり? あてっこあそびが楽しめる、パタパタ開くしかけ絵本。

  • ディック・ブルーナ/作

    「たべもの」と「おもちゃ」を明快な色とシンプルな線で描いた2冊セット。

  • ディック・ブルーナ/作

    ミッフィーの家族やあそび、夢などをシンプルに描く「ミッフィー1」、「ミッフィー2」の2冊セット。

  • はいはい あかちゃん

    講談社の幼児えほん

    斉藤洋/作
    ミスミヨシコ/絵

    ねがえりできたあかちゃんが、今度ははいはいで進み出す!

犬が活躍する本

  • おっとっと

    おっとっと

    木坂 涼/文
    高畠 純/絵

    いぬのとうさん、おっとっと
    どうぶつたちも、おっとっと
    ハラハラドキドキ「おっとっと」な場面をユーモアいっぱいに描く絵本
    よみきかせにぴったり!!

  • アントワネット わたしのたいせつなさがしもの

    アントワネット わたしのたいせつなさがしもの

    ケリー・ディプッチオ/文
    クリスチャン・ロビンソン/絵
    木坂 涼/訳

    ブルドッグ一家のアントワネットには3匹の兄弟がいます。ロッキーはかしこくて、リッキーは足がはやくて、ブルーノは力持ち。でも、アントワネットは、じぶんの得意なことがわかりません。あるとき、なかよしのガストン一家のウッラッラーが、ゆくえふめいになりました。必死で探そうとしたそのとき、アントワネットに、なにかがひらめきました……!

  • ガストン

    ガストン

    ケリー・ディプッチオ/文
    クリスチャン・ロビンソン /絵
    木坂 涼/訳

    犬のガストンは、ちょっぴりきょうだいとちがっています。だけどみんな、とってもなかよし。ある日、公園で、ガストンにそっくりな家族に出会って……。全米で数々のベストブックに選ばれた、家族のありかたや、「自分」という個性を考えるきっかけになる絵本。

  • あ~っ!

    あ~っ!

    カンタン・グレバン/作

    どうしてこうなるの!?
    文字のない世界がイメージの翼を広げる、サン=テグジュペリ賞受賞のカンタン・グレバンの大傑作!

  • よみきかせ日本昔話 はなさかじいさん

    よみきかせ日本昔話 はなさかじいさん

    石崎洋司/文
    松成真理子/絵

    ある日、おばあさんは川で立派な箱に入った子犬を拾います。シロと名づけ、かわいがるうちに、シロは「おじいさん、わたしにのっておくれ」と話します。
    山でシロは「ここほれ、わんわん」 すると、大判小判がたくさん!
    それを見ていた隣のなまけ者のおじいさんがシロを借りていき、山へおいたてます。
    シロがなにも言わないのに、掘ってみると! 

  • いとしの犬 ハチ

    いとしの犬 ハチ

    いもとようこ/作・絵

    今日こそ帰ってくると信じて、雨の日も雪の日も、駅で先生を待ちつづけた秋田犬、ハチ。
    いもとようこのあたたかい絵とともに、世代をこえて伝えたい感動の実話です。

季節の絵本