あかちゃん絵本

あかちゃんは、生後10か月くらいからママやパパと絵本を楽しむことができるようになります。ページをめくって、絵の変化を楽しみ、読んでくれている声に耳を澄まします。この時期には、はっきりとした色使いで、身近な題材を描いている、もちやすいサイズの絵本がむいています。
こうした10か月から2歳になるまでのお子さまにぴったりの絵本を「あかちゃん絵本」としてセレクトしました。

  • ねがえり ごろん

    講談社の幼児えほん

    「ルドルフとイッパイアッテナ」で知られる児童文学作家・斉藤洋と、NHK「おかあさんといっしょ」「みんなのうた」「いないいないばあ!」などのアニメーションで人気のミスミヨシコによる、まったく新しい赤ちゃん絵本。ねがえり、できたかな?

    斉藤洋/作
    ミスミヨシコ/絵

  • だれかな だれかな?

    講談社の幼児えほん

    だれかな だれかな? 丸や四角や葉っぱの形、いろんな形はいったいだれのお顔かな? あてっこして楽しめる穴あきしかけ絵本。

    よねづゆうすけ/作

  • おやすみ ぞうちゃん

    講談社の幼児えほん

    ぞうちゃんは、泣いたり笑ったり、おおいそがし。おやすみまでの一日を、ユーモアたっぷり、愛情豊かに描きます。シリーズ第3弾。

    三浦太郎/作

  • まてまてさん

    講談社の幼児えほん

    はたこうしろうとおーなり由子、はじめての赤ちゃん絵本シリーズ!
    新作は「あんよ」の絵本。
    あかちゃんのだいすきな「まてまて~」がいっぱい!

    おーなり由子/文
    はたこうしろう/絵

  • にじいろの さかな 0歳の本

    にじいろのさかなブック

    お気に入りの絵をさがしたり、ページをパタパタしたり、キラキラ光るうろこをさわったり……。
    あそび方いっぱいのじゃばら式絵本。

    マーカス・フィスター/絵

  • ねんね

    講談社の幼児えほん

    さこももみ/作

    「おばけがこわくてねむれない」まみちゃん。 おばけもママといっしょにねんねしちゃったよ。かわいい寝かしつけの絵本。

  • まんま

    講談社の幼児えほん

    さこももみ/作

    スプーンとフォークで、ひとくちずつ食べるのよ。 あかちゃんもママも食事の時間が待ちどおしくなる絵本。

  • ころころパンダ

    講談社の幼児えほん

    いりやまさとし/作

    パンダのあかちゃん。まあるくなって眠るうち、 ころころころと坂道をころがって!?

  • ゆらゆらパンダ

    講談社の幼児えほん

    いりやまさとし/作

    パンダのあかちゃんが丸太のブランコでゆらゆら。 木の枝の上でゆらゆら。「ころころ パンダ」とつながるラストが楽しい!

  • おしり

    講談社の幼児えほん

    三浦太郎/作

    あかちゃんと動物のおしりがいっぱい!まあるいおしり、大きなおしり、そして「わたし」のかわいいおしり!

  • よしよし

    講談社の幼児えほん

    三浦太郎/作

    あかちゃんと動物のいろいろなおかお。泣きだしちゃった動物を「よしよし」してあげると、みんなにこにこに!

  • ぞうちゃんと ねずみちゃん

    講談社の幼児えほん

    三浦太郎/作

    ぞうちゃんは、ぞうのあかちゃん。 小さいねずみちゃんよりも、ずっと大きいのですが……。 ページをめくれば驚きいっぱい。 シンプルな文と絵で、大きい小さいの対比を楽しく実感。

  • ぞうちゃんの いやいや

    講談社の幼児えほん

    三浦太郎/作

    ぞうちゃんの「いやいや」なもの、好きなものは……。 読んでいるうちにしぜんと、豊かな感情表現をひきだします。

  • ぶう ぶう ぶう

    講談社の幼児えほん

    おーなり由子/文
    はたこうしろう/絵

    なんだか楽しい、くちびるのなる音「ぶうぶうぶう」。笑顔いっぱいのあかちゃんを見ているだけでうれしくなってしまいます。

  • ぎゅう ぎゅう ぎゅう

    講談社の幼児えほん

    おーなり由子/文
    はたこうしろう/絵

    おかあさんとの「ぎゅう」や、だいすきなぬいぐるみへの「ぎゅう」など身近なものとの「ぎゅう」の楽しさを描いています。

  • こちょこちょさん

    講談社の幼児えほん

    おーなり由子/文
    はたこうしろう/絵

    絵本作家夫婦の子育て体験から生まれた、「あかちゃんとのあそびえほん」シリーズ。 親と子どものスキンシップタイムの楽しさと大切さをつたえる絵本。 あかちゃんのだいすきな「こちょこちょあそび」が絵本になりました。

  • のりもの つみき

    講談社の幼児えほん

    よねづゆうすけ/作

    車、バス、電車……つみきが大好きな乗り物に早変わり! 子供の想像力を刺激する、シンプルなしかけ絵本。

  • もぐもぐもぐ

    講談社の幼児えほん

    よねづゆうすけ/作

    かわいい動物たちの大きなお口が、大好きな食べものをパクリ! 食べることの楽しさが自然につたわる、しかけ絵本。

  • にじいろカメレオン

    講談社の幼児えほん

    よねづゆうすけ/作

    カメレオンのレオンが、つぎつぎと色を変えてかくれんぼ。 ディスクを回したり、スライドさせたり、楽しいしかけ絵本。

  • ぴたっ!

    講談社の幼児えほん

    よねづゆうすけ/作

    鳥さんと鳥さんがぴたっ! とくっついて、できるのはどんな形? 思いがけない形ができあがる、デザイン性の高いしかけ絵本。

  • だーれの おしり?

    講談社の幼児えほん

    よねづゆうすけ/作

    ふわふわしっぽや、くるくるしっぽ、これ、だーれのおしり? あてっこあそびが楽しめる、パタパタ開くしかけ絵本。

  • ディック・ブルーナ/作

    「たべもの」と「おもちゃ」を明快な色とシンプルな線で描いた2冊セット。

  • ディック・ブルーナ/作

    ミッフィーの家族やあそび、夢などをシンプルに描く「ミッフィー1」、「ミッフィー2」の2冊セット。

  • はいはい あかちゃん

    講談社の幼児えほん

    斉藤洋/作
    ミスミヨシコ/絵

    ねがえりできたあかちゃんが、今度ははいはいで進み出す!

おすすめの絵本

  • ゆきみちさんぽ

    ゆきみちさんぽ

    江頭路子/作

    お気に入りのマフラー巻いて、帽子にてぶくろ、ブーツをはいて、じゅんびできたよ、いってきまーす。
    雪がいちめんに降ったある日、おさんぽで出会ったのは、どんな音? 冬のつめたい空気や透明感がみずみずしいタッチで描き出されます。雪の日が待ち遠しくなる絵本。

  • どこ? クリスマスのさがしもの

    どこ? クリスマスのさがしもの

    山形明美/作

    きょうはうれしいクリスマス。ペンギン親子が、プレゼントのおかいものにでかけます。
    さがしものがたくさん! クリスマスまでにぜんぶ見つけられるかな?

  • おぞうにくらべ

    おぞうにくらべ

    宮野聡子/作

    <行事と食べもののよみきかせ絵本>
    お正月、おばあちゃんの家へ行ったきみちゃんは、いろいろなお雑煮にであいました。野菜がいっぱいのお雑煮、しょうゆ味のお雑煮、魚が入っているお雑煮……。どの家にも、受け継がれてきた大切な味があったのです。

  • おもちのきもち

    おもちのきもち

    加岳井広/作

    第27回講談社絵本新人賞受賞作

    「もう、たいへんなんです」
    お正月、“かがみもち”は、とある決心を……。
    お年賀にどうぞ。(編集部より)

  • じゅうにしの おはなしめいろ

    じゅうにしの おはなしめいろ

    奥野涼子/作

    じゅうにしの おはなしに とうじょうする どうぶつたちが、めいろを とおって、かみさまの おやしきへ むかいます。

    十二支のお話と迷路を同時に楽しめる絵本! お正月、動物たちが神様のお屋敷へ向かいます。あちこちにお正月の風物詩や隠し絵がある楽しい迷路を通って、さあ、だれがいちばんにお屋敷に着くのかな?

  • おめでとう

    おめでとう

    茂田井武/絵 広松由希子/文

    みんながうれしいことば、「おめでとう」
    うさぎも、ねこも、ぞうも、とらも、ぼくも、わたしも、「おめでとう」。
    贈りあう幸せの言葉を、戦後の童画界を牽引した茂田井武の絵にのせて送る絵本。

  • くまのこの としこし

    くまのこの としこし

    高橋和枝/作

    親子で楽しむ、季節と行事のよみきかせ絵本
    お正月は、どんなふうに来るのかな?
    新しい年を迎えるわくわくする気持ちと、元旦のおごそかな気持ち……。子どもの目で見た「年越し」を描きます。

  • 愛蔵版 クリスマスって なあに

    愛蔵版 クリスマスって なあに

    ディック・ブルーナ/作 舟崎靖子/訳

    50周年を記念して出版された、世界じゅうの子どもたちのクリスマスを見守ってきたブルーナの絵本。イエス・キリストの誕生の物語を通して、クリスマスのほんとうの意味をやさしく伝えます。

  • ルッキオとフリフリ はじめてのクリスマス

    ルッキオとフリフリ はじめてのクリスマス

    庄野ナホコ/作

    マグロに憧れる、ねこのルッキオとフリフリ。大家さんから「クリスマス」のことを聞いて、マグロの缶詰がもらえるようにと、クリスマスツリーを飾るのですが……。

  • バーバパパのクリスマス

    バーバパパのクリスマス

    アネット・チゾン、タラス・テイラー/作
    やましたはるお/訳

    ツリーにするモミの木を切りにきたバーバパパ。ところが、その木は動物たちのたいせつなすみかだったのです。そこでパパは大変身、すてきな解決法を見つけます。

季節の絵本