お月さまの絵本

秋の月は、大きくて明るくて、不思議な力を持っているように感じます。その美しさから、月は昔からいろいろな形で描かれてきました。月見の季節にピッタリな絵本を紹介します。

  • まんまるいけのおつきみ

    講談社の創作絵本

    ぽんたにとって、はじめてのお月見は……。
    かめじいさんからお月見の話をきいて、なまずのぽんたは興味しんしん。でも、池にはふしぎな言い伝えがあって……。さて、どうしたら無事にお月見ができるかな?

    かとうまふみ/作

  • おつきさま、こんばんは!

    講談社の創作絵本

    人形たちから、おつきさまへのメッセージ。
    おつきさまのやさしい光で目覚めた人形たち。マトリョーシカ、日本人形、テディベア……それぞれが、おつきさまとの思い出を語りはじめます。月夜におくるお話。

    市川里美/作

  • のびる階段、プールのキッチン、お月さまの動物園……。満月の夜、猫のクロを追って始まった、さがしものの旅。

    山形明美/作
    大畑俊男/写真

  • どーんちーんかーん

    講談社の創作絵本

    キツネをからかった、やまぶしさん。とつぜん日が暮れて、空には怪しい月が輝きます。なにかおかしな夜。なにかおこりそうな晩……。

    武田美穂/作

  • おつきさんのぼうし

    講談社の創作絵本

    きょうのおつきさんは、どのぼうし?
    ぼうしをほしがったおつきさんの「満ち欠け」のおはなし。

    高木さんご/文
    黒井健/絵

  • エンリコ=カサローザ/作
    堤江実/訳

    はしごをどんどんのぼって月についた、ぼくらは月のおそうじ人。

  • オレ・ダレ

    講談社の創作絵本

    越野民雄/文
    高畠 純/絵

    ジャングルの月夜、闇に浮かぶ動物たち。動物たちを紹介するユーモアたっぷりな文章に合わせて、なんの動物かあてっこするのも楽しい!

  • おつきさまとあそんだよる

    講談社の創作絵本

    神山ますみ/作

    夕暮れ時、みんなが帰ってしまった公園で、だれかがくまの子を、じっとみつめています。それは、まんまるのお月さまでした。一日のおわりが、あたたかくなるお話。

  • ぼくのともだちおつきさま

    世界の絵本(新)

    アンドレ・ダーハン/作
    きたやまようこ/訳

    気がつくときみがいた。夜の湖に船をこぎだした、「ぼく」が出会ったのは「おつきさま」。美しい絵とことばが心にしみる物語。

  • 星うさぎと月のふね

    講談社の創作絵本

    かんのゆうこ/文
    田中鮎子/絵

    一番小さなマトリョーシカに願いをこめて飾っておくと、願いが叶うとママから聞いたリセルは……。幻想的な詩情あふれる絵本。

  • ながい よるの おつきさま

    講談社の翻訳絵本

    シンシア・ライラント/文
    マーク・シーゲル/絵
    渡辺 葉/訳

    ネイティブアメリカンの人々は、1年12か月の満月にそれぞれ名前をつけていました。おやすみの前に静かに読みたいベッドタイムブック。

母の日・父の日におすすめの絵本

  • おかあちゃんがつくったる

    おかあちゃんがつくったる

    長谷川義史/作

    ぼくが欲しいものは、なんでもミシンで作ってしまうお母ちゃん。でも、ちょっとかっこわるい。ある日ぼくは……。すべての“おかあちゃん”と、その子どもたちへおくる温かい親子の物語。

  • てんごくの おとうちゃん

    てんごくの おとうちゃん

    長谷川義史/作

    天国のおとうちゃん、元気にしてますか。 幼いころに亡くした父との、少ないけれど大切な思い出。人気絵本作家、長谷川義史が描く、温かいユーモアで包み込まれた父と子の交流が、心にしみ渡る一冊です。

  • ずーっといっしょ

    ずーっといっしょ

    マリアン・クシマノ/文
    市川里美/絵
    森山 京/訳

    おおきな父親くまの、おおきな愛情につつまれて、のびのびと遊ぶ小さな子どもくまの一日のお話。何気ない日常のしあわせを気づかせてくれる、パパと一緒に読んでもらいたい絵本です!

あかちゃん絵本