空の絵本

ゆっくりとじっくりとながめていたい空。そしてその空から続く、遠くのかなた宇宙の絵本を特集しました!

  • 空の絵本

    講談社の創作絵本

    詩人・長田弘さんが生み出したリズムのある美しいことばの粒。
    絵本作家の荒井良二さんがなんどもかみしめ、味わって、時の流れと自然が語る姿を一枚、一枚の絵に切り取って表現する空の絵本。

    長田 弘/文
    荒井良二/絵

  • 地球と宇宙のおはなし

    講談社の翻訳絵本

    夏は夜空を眺めたくなる季節です。澄んだ夜空に浮かぶ満月や、満天の星たちを見ていて、思わず惹き込まれそうになることはありませんか? この絵本は、そんな地球のまわりにたたずむ惑星たちを、ダイナミックで美しい版画で表現しています。ぜひ、この絵本を片手に、親子で天体観測に出かけてみてください!

    チョン・チャンフン/文
    山福朱実/絵
    おおたけきよみ/訳

  • CGと写真でよくわかる科学絵本。いくつもの試練を乗りこえて約60億キロメートルの宇宙の旅から帰ってきた探査機「はやぶさ」の感動物語。

    吉川 真/監修

  • 新装版 雲のてんらん会

    講談社の創作絵本

    空は無限のキャンバス! 一瞬たりとも同じ絵をかくことのない空を見あげながら、心と重なりあった瞬間をきりとった、空との交信日記。

    いせひでこ/作

  • 宮澤賢治の名作を、藤城清治の影絵で表現した幻想的な絵本。ブラチスラバ国際絵本原画コンクールの金のリンゴ賞を受賞しています。読んだあと、静かな気持ちで、夜空をながめたくなります。

    宮沢賢治/原作
    藤城清治/影絵と文

  • 新版 星空キャンプ

    講談社の創作絵本

    村上康成/作

    ミナちゃんは、お父さん、お母さんといっしょに、はじめてキャンプにやってきました。森や湖で、鳥や魚などちいさな命とふれあっていると、時間の流れ方も、音も光もまるでちがうように感じます。

  • 星うさぎと月のふね

    講談社の創作絵本

    かんのゆうこ/文
    田中鮎子/絵

    誕生日のプレゼントにマトリョーシカをもらったリセル。いちばんちいさなマトリョーシカに願いをこめて飾っておくと、願いが叶うとママから聞いて、お願いしたのは「星の国にいけますように」……。幻想的なうつくしさで描かれた星の国は、とってもロマンティック。マトリョーシカ、月のふね、星うさぎ……女の子が憧れるモチーフがたくさん詰まった絵本です。

おすすめの絵本

  • パンダ なりきりたいそう

    パンダ なりきりたいそう

    いりやまさとし/作

    「パンダなりきりたいそう はじめ!」
    何かになりきるのって、たのしい!
    さあ、絵本を見ながら、パンダといっしょに、おもいっきり体をうごかそう!

  • くぼた式 脳をきたえる おりがみマラソン 100

    くぼた式 脳をきたえる おりがみマラソン 100

    講談社/編
    久保田 競/監

    巻頭口絵の100項目のチェックシートにしたがって、すこしずつトレーニングを積んでいきましょう。しぜんと手先が器用になり、脳がきたえられる一冊です。

  • もったいないばあさんかるた

    もったいないばあさんかるた

    真珠 まりこ/著

    生活の中のいろいろな「もったいない」を題材とした読み札・絵札46組。楽しく遊びながら、「もったいない」を感じる心が自然にそだちます。

  • 遊んで学べる 神奈川県民ジモトかるた

    遊んで学べる 神奈川県民ジモトかるた

    シゲタ サヤカ/作・絵

    「あつぎで シロコロ 食べてみた」
    「いせはらの とうふのおいしさ つたえたい」
    神奈川県のジモト民ならおなじみのネタや意外な話題が盛りだくさん。横浜、川崎、相模原から三浦半島、湘南、箱根まで、ジモト自慢が満載です。神奈川県の地理を遊びながら学べる、ジモト愛100パーセントのかるた!

  • 決定版 1日10分で えがじょうずにかけるほん 3さい~6さい対象

    決定版 1日10分で えがじょうずにかけるほん 3さい~6さい対象

    あきやま かぜさぶろう/作

    もののかたちをとらえ、○、△、□などかんたんな形をつかって、いろいろな絵が描ける、魔法のメソッドを1日10分でたのしもう!

  • くぼた式 脳をきたえる うんぴつ ひらがな トレーニング

    くぼた式 脳をきたえる うんぴつ ひらがな トレーニング

    講談社/編
    久保田競・久保田カヨ子/監修

    直線や曲線、ジグザグ、らせんなどの線を書く「運筆」の訓練をつづけると、文字を書くときに、手指をやわららかく 思いどおりに動かせるようになります。 100のトレーニングを積んでいけば、しぜんと「ひらがな」を書けるようになり、脳がきたえられます。

  • どこ? もりの なかの さがしもの

    どこ? もりの なかの さがしもの

    山形 明美/作
    大畑 俊男/撮影

    1冊の本がつれていってくれたのは、不思議なさがしものの森。動物たちの歓迎会、妖精のピクニック、洞窟の先の奇妙な屋敷。さあ、さがして見つけて追いかけて!

季節の絵本