空の絵本

ゆっくりとじっくりとながめていたい空。そしてその空から続く、遠くのかなた宇宙の絵本を特集しました!

  • 空の絵本

    講談社の創作絵本

    詩人・長田弘さんが生み出したリズムのある美しいことばの粒。
    絵本作家の荒井良二さんがなんどもかみしめ、味わって、時の流れと自然が語る姿を一枚、一枚の絵に切り取って表現する空の絵本。

    長田 弘/文
    荒井良二/絵

  • 地球と宇宙のおはなし

    講談社の翻訳絵本

    夏は夜空を眺めたくなる季節です。澄んだ夜空に浮かぶ満月や、満天の星たちを見ていて、思わず惹き込まれそうになることはありませんか? この絵本は、そんな地球のまわりにたたずむ惑星たちを、ダイナミックで美しい版画で表現しています。ぜひ、この絵本を片手に、親子で天体観測に出かけてみてください!

    チョン・チャンフン/文
    山福朱実/絵
    おおたけきよみ/訳

  • CGと写真でよくわかる科学絵本。いくつもの試練を乗りこえて約60億キロメートルの宇宙の旅から帰ってきた探査機「はやぶさ」の感動物語。

    吉川 真/監修

  • 新装版 雲のてんらん会

    講談社の創作絵本

    空は無限のキャンバス! 一瞬たりとも同じ絵をかくことのない空を見あげながら、心と重なりあった瞬間をきりとった、空との交信日記。

    いせひでこ/作

  • 宮澤賢治の名作を、藤城清治の影絵で表現した幻想的な絵本。ブラチスラバ国際絵本原画コンクールの金のリンゴ賞を受賞しています。読んだあと、静かな気持ちで、夜空をながめたくなります。

    宮沢賢治/原作
    藤城清治/影絵と文

  • 新版 星空キャンプ

    講談社の創作絵本

    村上康成/作

    ミナちゃんは、お父さん、お母さんといっしょに、はじめてキャンプにやってきました。森や湖で、鳥や魚などちいさな命とふれあっていると、時間の流れ方も、音も光もまるでちがうように感じます。

  • 星うさぎと月のふね

    講談社の創作絵本

    かんのゆうこ/文
    田中鮎子/絵

    誕生日のプレゼントにマトリョーシカをもらったリセル。いちばんちいさなマトリョーシカに願いをこめて飾っておくと、願いが叶うとママから聞いて、お願いしたのは「星の国にいけますように」……。幻想的なうつくしさで描かれた星の国は、とってもロマンティック。マトリョーシカ、月のふね、星うさぎ……女の子が憧れるモチーフがたくさん詰まった絵本です。

おすすめの絵本

  • どしゃぶり

    どしゃぶり

    おーなり 由子/文 はた こうしろう/絵

    どしゃぶりは、雨つぶたちとしゃべったり、あそんだりできる特別なとき!
    たくさんの雨の音、雨つぶの、いろんな輝き。
    雨のにおい、水たまり、絵に耳をすますと、
    雨の音がきこえます。

  • 新版 星空キャンプ

    新版 星空キャンプ

    村上 康成/作

    月曜日、ここへ来た日、水のきれいさと、大きなマスに息をのみました。火曜日、ガンの家族がテントのそばにやってきました。水曜日、小さな湖では、風も音も、なにもありませんでした。木曜日、ハンモックでうとうと。金曜日、キイチゴつみは原っぱの味がする。ミナとお父さん、お母さんの1週間の星空キャンプ。

  • ぼんちゃんのぼんやすみ

    ぼんちゃんのぼんやすみ

    あおき ひろえ/作

    子どもに伝えたい日本の風習
    ご先祖さまの霊がかえってくるというお盆。ぼんちゃんが、夏休みにいなかで過ごしたお盆は……!?
    親子で楽しむ、季節と行事のよみきかせ絵本

  • きもだめし

    きもだめし

    新井 洋行/作

    『きもだめし』は、その名の通り、夏の風物詩である肝試しがテーマの、縦開きのしかけ絵本です。
     不気味な日本人形の、おどろおどろしい肝試しへの案内から、本作は始まります。幽霊や、一つ目お化け、ろくろっくび、のっぺらぼうなど、定番のお化けや妖怪が次々に登場します。 おはなし会や、親子でドキドキしながら楽しめる1冊です。

  • ルッキオとフリフリ おおきなスイカ

    ルッキオとフリフリ おおきなスイカ

    庄野 ナホコ/作

    マグロのおさしみに憧れる、ねこのルッキオとフリフリ。
    ある日、庭になったおおきなスイカで、ひともうけしてマグロのおさしみを食べようと、売りにでかけますが……。

季節の絵本