空の絵本

ゆっくりとじっくりとながめていたい空。そしてその空から続く、遠くのかなた宇宙の絵本を特集しました!

  • 空の絵本

    講談社の創作絵本

    詩人・長田弘さんが生み出したリズムのある美しいことばの粒。
    絵本作家の荒井良二さんがなんどもかみしめ、味わって、時の流れと自然が語る姿を一枚、一枚の絵に切り取って表現する空の絵本。

    長田 弘/文
    荒井良二/絵

  • 地球と宇宙のおはなし

    講談社の翻訳絵本

    夏は夜空を眺めたくなる季節です。澄んだ夜空に浮かぶ満月や、満天の星たちを見ていて、思わず惹き込まれそうになることはありませんか? この絵本は、そんな地球のまわりにたたずむ惑星たちを、ダイナミックで美しい版画で表現しています。ぜひ、この絵本を片手に、親子で天体観測に出かけてみてください!

    チョン・チャンフン/文
    山福朱実/絵
    おおたけきよみ/訳

  • CGと写真でよくわかる科学絵本。いくつもの試練を乗りこえて約60億キロメートルの宇宙の旅から帰ってきた探査機「はやぶさ」の感動物語。

    吉川 真/監修

  • 新装版 雲のてんらん会

    講談社の創作絵本

    空は無限のキャンバス! 一瞬たりとも同じ絵をかくことのない空を見あげながら、心と重なりあった瞬間をきりとった、空との交信日記。

    いせひでこ/作

  • 宮澤賢治の名作を、藤城清治の影絵で表現した幻想的な絵本。ブラチスラバ国際絵本原画コンクールの金のリンゴ賞を受賞しています。読んだあと、静かな気持ちで、夜空をながめたくなります。

    宮沢賢治/原作
    藤城清治/影絵と文

  • 新版 星空キャンプ

    講談社の創作絵本

    村上康成/作

    ミナちゃんは、お父さん、お母さんといっしょに、はじめてキャンプにやってきました。森や湖で、鳥や魚などちいさな命とふれあっていると、時間の流れ方も、音も光もまるでちがうように感じます。

  • 星うさぎと月のふね

    講談社の創作絵本

    かんのゆうこ/文
    田中鮎子/絵

    誕生日のプレゼントにマトリョーシカをもらったリセル。いちばんちいさなマトリョーシカに願いをこめて飾っておくと、願いが叶うとママから聞いて、お願いしたのは「星の国にいけますように」……。幻想的なうつくしさで描かれた星の国は、とってもロマンティック。マトリョーシカ、月のふね、星うさぎ……女の子が憧れるモチーフがたくさん詰まった絵本です。

犬が活躍する本

  • おっとっと

    おっとっと

    木坂 涼/文
    高畠 純/絵

    いぬのとうさん、おっとっと
    どうぶつたちも、おっとっと
    ハラハラドキドキ「おっとっと」な場面をユーモアいっぱいに描く絵本
    よみきかせにぴったり!!

  • アントワネット わたしのたいせつなさがしもの

    アントワネット わたしのたいせつなさがしもの

    ケリー・ディプッチオ/文
    クリスチャン・ロビンソン/絵
    木坂 涼/訳

    ブルドッグ一家のアントワネットには3匹の兄弟がいます。ロッキーはかしこくて、リッキーは足がはやくて、ブルーノは力持ち。でも、アントワネットは、じぶんの得意なことがわかりません。あるとき、なかよしのガストン一家のウッラッラーが、ゆくえふめいになりました。必死で探そうとしたそのとき、アントワネットに、なにかがひらめきました……!

  • ガストン

    ガストン

    ケリー・ディプッチオ/文
    クリスチャン・ロビンソン /絵
    木坂 涼/訳

    犬のガストンは、ちょっぴりきょうだいとちがっています。だけどみんな、とってもなかよし。ある日、公園で、ガストンにそっくりな家族に出会って……。全米で数々のベストブックに選ばれた、家族のありかたや、「自分」という個性を考えるきっかけになる絵本。

  • あ~っ!

    あ~っ!

    カンタン・グレバン/作

    どうしてこうなるの!?
    文字のない世界がイメージの翼を広げる、サン=テグジュペリ賞受賞のカンタン・グレバンの大傑作!

  • よみきかせ日本昔話 はなさかじいさん

    よみきかせ日本昔話 はなさかじいさん

    石崎洋司/文
    松成真理子/絵

    ある日、おばあさんは川で立派な箱に入った子犬を拾います。シロと名づけ、かわいがるうちに、シロは「おじいさん、わたしにのっておくれ」と話します。
    山でシロは「ここほれ、わんわん」 すると、大判小判がたくさん!
    それを見ていた隣のなまけ者のおじいさんがシロを借りていき、山へおいたてます。
    シロがなにも言わないのに、掘ってみると! 

  • いとしの犬 ハチ

    いとしの犬 ハチ

    いもとようこ/作・絵

    今日こそ帰ってくると信じて、雨の日も雪の日も、駅で先生を待ちつづけた秋田犬、ハチ。
    いもとようこのあたたかい絵とともに、世代をこえて伝えたい感動の実話です。

季節の絵本