空の絵本

ゆっくりとじっくりとながめていたい空。そしてその空から続く、遠くのかなた宇宙の絵本を特集しました!

  • 空の絵本

    講談社の創作絵本

    詩人・長田弘さんが生み出したリズムのある美しいことばの粒。
    絵本作家の荒井良二さんがなんどもかみしめ、味わって、時の流れと自然が語る姿を一枚、一枚の絵に切り取って表現する空の絵本。

    長田 弘/文
    荒井良二/絵

  • 地球と宇宙のおはなし

    講談社の翻訳絵本

    夏は夜空を眺めたくなる季節です。澄んだ夜空に浮かぶ満月や、満天の星たちを見ていて、思わず惹き込まれそうになることはありませんか? この絵本は、そんな地球のまわりにたたずむ惑星たちを、ダイナミックで美しい版画で表現しています。ぜひ、この絵本を片手に、親子で天体観測に出かけてみてください!

    チョン・チャンフン/文
    山福朱実/絵
    おおたけきよみ/訳

  • CGと写真でよくわかる科学絵本。いくつもの試練を乗りこえて約60億キロメートルの宇宙の旅から帰ってきた探査機「はやぶさ」の感動物語。

    吉川 真/監修

  • 新装版 雲のてんらん会

    講談社の創作絵本

    空は無限のキャンバス! 一瞬たりとも同じ絵をかくことのない空を見あげながら、心と重なりあった瞬間をきりとった、空との交信日記。

    いせひでこ/作

  • 宮澤賢治の名作を、藤城清治の影絵で表現した幻想的な絵本。ブラチスラバ国際絵本原画コンクールの金のリンゴ賞を受賞しています。読んだあと、静かな気持ちで、夜空をながめたくなります。

    宮沢賢治/原作
    藤城清治/影絵と文

  • 新版 星空キャンプ

    講談社の創作絵本

    村上康成/作

    ミナちゃんは、お父さん、お母さんといっしょに、はじめてキャンプにやってきました。森や湖で、鳥や魚などちいさな命とふれあっていると、時間の流れ方も、音も光もまるでちがうように感じます。

  • 星うさぎと月のふね

    講談社の創作絵本

    かんのゆうこ/文
    田中鮎子/絵

    誕生日のプレゼントにマトリョーシカをもらったリセル。いちばんちいさなマトリョーシカに願いをこめて飾っておくと、願いが叶うとママから聞いて、お願いしたのは「星の国にいけますように」……。幻想的なうつくしさで描かれた星の国は、とってもロマンティック。マトリョーシカ、月のふね、星うさぎ……女の子が憧れるモチーフがたくさん詰まった絵本です。

入園・入学の絵本

  • ことりようちえんのいちねんかん

    ことりようちえんのいちねんかん

    たかてらかよ/文
    鴨下 潤/絵

    お弁当、遠足、運動会にいもほり、クリスマス、雪遊び……楽しい幼稚園での1年間を描く絵本です。入園まえに親子で読んで、幼稚園への期待が高まる1冊。不安がいっぱいだった主人公・あやちゃんが、1年後ひとまわりお姉さんになる姿が印象的です。

  • ようちえんの おひめさま

    ようちえんの おひめさま

    種村有希子/作

    きのみ幼稚園の園庭には、小さな時計台のお城に、お姫さまが住んでいます。9時になると、扉が開いて、出てきてくれるのです。幼稚園の子どもたちは、みんなお姫さまのことが大好き。ところが、ある日、大きな嵐がやってきて、時計が壊れてしまいました……。

  • せんをたどって がっこうへいこう

    せんをたどって がっこうへいこう

    L.ユンクヴィスト/作
    ふしみみさを/訳

    朝のあいさつをして、教室から理科室へ、図書室へ、音楽室へ。ひるごはんのあとは、校庭であそんで……。学校のいちにちを、せんをたどりながら体験できるこの絵本は、表紙から背表紙まで、すべてがひとふで描きの線でつながっています。

  • しょうがっこうへ いこう

    しょうがっこうへ いこう

    斉藤 洋/作
    田中六大/絵

    新1年生向けの「遊んで学べる小学校ハウツー本」。幼稚園と小学校の違いから始まる本作は、通学の仕方から、朝礼、国語や算数や体育やその他の授業、給食、お昼休み、保健室の使い方、下校まで、小学校1年生が普段行う1日の学校生活を絵本で紹介しています。

  • いちねんせいに なったから!

    いちねんせいに なったから!

    くすのきしげのり/作 田中六大/絵

    待ちに待った小学校の入学式の日、りゅうたろうくんは、「ともだちひゃくにんできるかな」と期待に胸をふくらませながら、小学校の門をくぐりました。
    そして、「どうすれば、ともだちひゃくにんできるかなあ」と考えているうちに、想像はどんどんふくらみ……。

春の絵本