星の絵本

空をながめて、その余韻を絵本で楽しむ。絵本を読んでから、お子さんと空をながめてみる……。どちらも一段と味わい深くなり、オススメ!!
星空の絵本をご紹介します。

  • 新版 星空キャンプ

    講談社の創作絵本

    初めてキャンプにきた少女と両親。自然とのふれあいを通して、たくさんの生命とともに生きている喜びを、肌で感じます。

    村上康成/作

  • 地球と宇宙のおはなし

    講談社の翻訳絵本

    宇宙には、天の川の星よりもずっとたくさんの星がある。はるか遠く、わたしたちの目には見えない星も。でも宇宙は、そんな遠くの星よりも、ずっとずっと遠くまで広がっている。──ダイナミックな絵と、わかりやすい文章でつづる、よみきかせ天体絵本。

    チョン・チャンフン/文
    山福朱実/絵
    おおたけきよみ/訳 

  • 星座にまつわる、神々と人間たちのお話を21編収録。 
    神話を楽しみながら、星と星座のこともよくわかる!
    観察に役立つ星座早見つき。

    井辻朱美/監修
    藤井 旭/写真 

  • あの名作『銀河鉄道の夜』が、影絵に!
    少年ジョバンニは、親友カンパネルラに誘われて《銀河のお祭り》へ。偶然、銀河鉄道に乗ることになった少年たちの行方は、運命は? 名作が美しい影絵に!

    宮沢賢治/原作
    藤城清治/影絵

おやすみなさいの絵本

  • ゆうくんの くまパジャマ

    ゆうくんの くまパジャマ

    中谷靖彦/絵
    カザ敬子/作

    ある日、ゆうくんに、素敵な「くまパジャマ」が届きました。さっそく着がえたゆうくんは、「ぼく、くまだぞー」とおおはしゃぎ。ところが、その後、ゆうくんに不思議なことがおこります。心温まる、おやすみ絵本の新定番。

  • ねんねん どっち?

    ねんねん どっち?

    宮野聡子/作

    どっち? という楽しい質問につぎつぎ答えていくうちに、自然に眠りの世界へといざなっていきます。おやすみ前のひととき、「どっちあそび」で親子の豊かな時間をすごしませんか?

  • ねんね

    ねんね

    さこももみ/作

    「おばけがこわくてねむれない。」というまみちゃん。だいじょうぶ、おばけもママといっしょにねんねしちゃったよ。安心しておやすみ。かわいい寝かしつけの絵本です。

  • ゆっくり おやすみ にじいろの さかな

    ゆっくり おやすみ にじいろの さかな

    マーカス・フィスター/作
    谷川俊太郎/訳

    眠れないにじうおは、こわいことばかり考えてしまいます。親子の愛情を感じさせる一冊。手に取りやすいミニサイズの年少版もおすすめです。

  • 0・1・2さいのすこやかねんねのふわふわえほん

    0・1・2さいのすこやかねんねのふわふわえほん

    前橋明/監修

    おふとんみたいに表紙がふわふわ! しぜんに生活リズムが身につき、気持ちのよい眠りへとみちびく、心とからだが安心するおはなしいっぱい!
    親子のふれあいを生む、ねんねのうたとおはなし決定版!

  • おやすみなさいの おと

    おやすみなさいの おと

    いりやまさとし/作

    おやすみなさいの時間です。でも、あらいぐまの子どもたちは、外からきこえてくる音が気になって眠れません。心安らぐ、静かでやさしい寝かしつけの絵本。

  • おやすみ ぞうちゃん

    おやすみ ぞうちゃん

    三浦太郎/作

    ぞうちゃんは、泣いたり笑ったり、おおいそがし。おやすみまでの一日を、ユーモアたっぷり、愛情豊かに描きます。シリーズ第3弾。

  • おやすみ のらちゃん

    おやすみ のらちゃん

    よねづゆうすけ/作

    猫ののらちゃんは、そろそろねるじかん。 きがえは? トイレは? はみがきは? おやすみ前にぴったりの、とっておき仕掛け絵本。

あかちゃん絵本