星の絵本

空をながめて、その余韻を絵本で楽しむ。絵本を読んでから、お子さんと空をながめてみる……。どちらも一段と味わい深くなり、オススメ!!
星空の絵本をご紹介します。

  • 新版 星空キャンプ

    講談社の創作絵本

    初めてキャンプにきた少女と両親。自然とのふれあいを通して、たくさんの生命とともに生きている喜びを、肌で感じます。

    村上康成/作

  • 地球と宇宙のおはなし

    講談社の翻訳絵本

    宇宙には、天の川の星よりもずっとたくさんの星がある。はるか遠く、わたしたちの目には見えない星も。でも宇宙は、そんな遠くの星よりも、ずっとずっと遠くまで広がっている。──ダイナミックな絵と、わかりやすい文章でつづる、よみきかせ天体絵本。

    チョン・チャンフン/文
    山福朱実/絵
    おおたけきよみ/訳 

  • 星座にまつわる、神々と人間たちのお話を21編収録。 
    神話を楽しみながら、星と星座のこともよくわかる!
    観察に役立つ星座早見つき。

    井辻朱美/監修
    藤井 旭/写真 

  • あの名作『銀河鉄道の夜』が、影絵に!
    少年ジョバンニは、親友カンパネルラに誘われて《銀河のお祭り》へ。偶然、銀河鉄道に乗ることになった少年たちの行方は、運命は? 名作が美しい影絵に!

    宮沢賢治/原作
    藤城清治/影絵

犬が活躍する本

  • おっとっと

    おっとっと

    木坂 涼/文
    高畠 純/絵

    いぬのとうさん、おっとっと
    どうぶつたちも、おっとっと
    ハラハラドキドキ「おっとっと」な場面をユーモアいっぱいに描く絵本
    よみきかせにぴったり!!

  • アントワネット わたしのたいせつなさがしもの

    アントワネット わたしのたいせつなさがしもの

    ケリー・ディプッチオ/文
    クリスチャン・ロビンソン/絵
    木坂 涼/訳

    ブルドッグ一家のアントワネットには3匹の兄弟がいます。ロッキーはかしこくて、リッキーは足がはやくて、ブルーノは力持ち。でも、アントワネットは、じぶんの得意なことがわかりません。あるとき、なかよしのガストン一家のウッラッラーが、ゆくえふめいになりました。必死で探そうとしたそのとき、アントワネットに、なにかがひらめきました……!

  • ガストン

    ガストン

    ケリー・ディプッチオ/文
    クリスチャン・ロビンソン /絵
    木坂 涼/訳

    犬のガストンは、ちょっぴりきょうだいとちがっています。だけどみんな、とってもなかよし。ある日、公園で、ガストンにそっくりな家族に出会って……。全米で数々のベストブックに選ばれた、家族のありかたや、「自分」という個性を考えるきっかけになる絵本。

  • あ~っ!

    あ~っ!

    カンタン・グレバン/作

    どうしてこうなるの!?
    文字のない世界がイメージの翼を広げる、サン=テグジュペリ賞受賞のカンタン・グレバンの大傑作!

  • よみきかせ日本昔話 はなさかじいさん

    よみきかせ日本昔話 はなさかじいさん

    石崎洋司/文
    松成真理子/絵

    ある日、おばあさんは川で立派な箱に入った子犬を拾います。シロと名づけ、かわいがるうちに、シロは「おじいさん、わたしにのっておくれ」と話します。
    山でシロは「ここほれ、わんわん」 すると、大判小判がたくさん!
    それを見ていた隣のなまけ者のおじいさんがシロを借りていき、山へおいたてます。
    シロがなにも言わないのに、掘ってみると! 

  • いとしの犬 ハチ

    いとしの犬 ハチ

    いもとようこ/作・絵

    今日こそ帰ってくると信じて、雨の日も雪の日も、駅で先生を待ちつづけた秋田犬、ハチ。
    いもとようこのあたたかい絵とともに、世代をこえて伝えたい感動の実話です。

季節の絵本