星の絵本

空をながめて、その余韻を絵本で楽しむ。絵本を読んでから、お子さんと空をながめてみる……。どちらも一段と味わい深くなり、オススメ!!
星空の絵本をご紹介します。

  • 新版 星空キャンプ

    講談社の創作絵本

    初めてキャンプにきた少女と両親。自然とのふれあいを通して、たくさんの生命とともに生きている喜びを、肌で感じます。

    村上康成/作

  • 地球と宇宙のおはなし

    講談社の翻訳絵本

    宇宙には、天の川の星よりもずっとたくさんの星がある。はるか遠く、わたしたちの目には見えない星も。でも宇宙は、そんな遠くの星よりも、ずっとずっと遠くまで広がっている。──ダイナミックな絵と、わかりやすい文章でつづる、よみきかせ天体絵本。

    チョン・チャンフン/文
    山福朱実/絵
    おおたけきよみ/訳 

  • 星座にまつわる、神々と人間たちのお話を21編収録。 
    神話を楽しみながら、星と星座のこともよくわかる!
    観察に役立つ星座早見つき。

    井辻朱美/監修
    藤井 旭/写真 

  • あの名作『銀河鉄道の夜』が、影絵に!
    少年ジョバンニは、親友カンパネルラに誘われて《銀河のお祭り》へ。偶然、銀河鉄道に乗ることになった少年たちの行方は、運命は? 名作が美しい影絵に!

    宮沢賢治/原作
    藤城清治/影絵

おすすめの絵本

  • どしゃぶり

    どしゃぶり

    おーなり 由子/文 はた こうしろう/絵

    どしゃぶりは、雨つぶたちとしゃべったり、あそんだりできる特別なとき!
    たくさんの雨の音、雨つぶの、いろんな輝き。
    雨のにおい、水たまり、絵に耳をすますと、
    雨の音がきこえます。

  • 新版 星空キャンプ

    新版 星空キャンプ

    村上 康成/作

    月曜日、ここへ来た日、水のきれいさと、大きなマスに息をのみました。火曜日、ガンの家族がテントのそばにやってきました。水曜日、小さな湖では、風も音も、なにもありませんでした。木曜日、ハンモックでうとうと。金曜日、キイチゴつみは原っぱの味がする。ミナとお父さん、お母さんの1週間の星空キャンプ。

  • ぼんちゃんのぼんやすみ

    ぼんちゃんのぼんやすみ

    あおき ひろえ/作

    子どもに伝えたい日本の風習
    ご先祖さまの霊がかえってくるというお盆。ぼんちゃんが、夏休みにいなかで過ごしたお盆は……!?
    親子で楽しむ、季節と行事のよみきかせ絵本

  • きもだめし

    きもだめし

    新井 洋行/作

    『きもだめし』は、その名の通り、夏の風物詩である肝試しがテーマの、縦開きのしかけ絵本です。
     不気味な日本人形の、おどろおどろしい肝試しへの案内から、本作は始まります。幽霊や、一つ目お化け、ろくろっくび、のっぺらぼうなど、定番のお化けや妖怪が次々に登場します。 おはなし会や、親子でドキドキしながら楽しめる1冊です。

  • ルッキオとフリフリ おおきなスイカ

    ルッキオとフリフリ おおきなスイカ

    庄野 ナホコ/作

    マグロのおさしみに憧れる、ねこのルッキオとフリフリ。
    ある日、庭になったおおきなスイカで、ひともうけしてマグロのおさしみを食べようと、売りにでかけますが……。

季節の絵本