読書感想文にぴったりの絵本

選ぶ本によって書きやすかったり、書きにくかったりする読書感想文。読書感想文コンクールなどでも、入賞者に取り上げられることが多い本、書きやすい本を選びました。

  • ディック・ブルーナの絵で、未熟児のことがよくわかる。
    予定よりも早く生まれて、保育器で育つ「未熟児」。お兄ちゃんとお姉ちゃんは、家に連れて帰る日を心待ちにしながら、しだいに大きくなる赤ちゃんを見守ります。

    「第54回青少年読書感想文全国コンクール」 の課題図書(小学校低学年の部)
    ★低学年向け

    リヒャルト・デ・レーウ、マーイケ・シーガル/作
    ディック・ブルーナ/絵
    野坂悦子/訳

  • 「絵本」と「お話」で考える、世界の問題
    同じ地球に住んでいるのに、子どもたちの生活は、なぜこんなに違うんだろう? 「もったいないばあさん」の絵本作家が、語りかけるように、地球の現状を伝えます。

    ★中学年向け

    真珠まりこ/作・絵

  • 「憲法ってなあに?」と聞かれたときのために。
    日本国憲法の前文と第9条を井上ひさしが翻訳した「絵本」と、実際に小学生に話した内容を再録した「お話」。憲法の大切さを子どもたちに伝える新しい試み。

    ★高学年向け

    井上ひさし/著
    いわさきちひろ/絵

  • はじめて学校に行く日。特別な日。
    どきどきしながら教室に向かうアルノ。初めての友だち、初めての授業。なかなかすぐには慣れないけれど……。アルノの一日は、どんな日になるのでしょうか?

    ★低学年向け

    イヴォンヌ・ヤハテンベルフ/作
    野坂悦子/訳

  • ほんとうの「勇気」とは、何だろう?
    アフリカの少年ヤクーバは、勇気を示すため、ライオンを倒しに出かける。しかしそこで出会ったのは瀕死のライオンだった。 ヤクーバは、名誉を棄て、ライオンを殺さない「勇気」を選ぶ。ほんとうに大切なことは何か考えさせられる、感動の絵本。

    ★中学年向け

    ティエリー・デデュー/作
    柳田邦男/訳

  • ティエリー・デデュー/作
    柳田邦男/訳

    「勇気」から歳月が過ぎ、家畜係として働くヤクーバのもとに、飢えに追いつめられたあのライオンの一群が近づいてきた。家畜を守るヤクーバと、ライオンの間に闘いがはじまるが、ふたりは「信頼」で強くむすばれているのだった……。 ★中学年向け

  • もったいないばあさん

    講談社の創作絵本

    真珠まりこ/作

    「もったいない」って、どういう意味? もったいないばあさんが、今日もぼくの家にやってきた。ぼくが捨てようとした物で、いろんなことをしてくれるんだ! 物を大切にする心が自然に育つベストセラー絵本。 ★低学年向け

  • マーカス・フィスター/作
    谷川俊太郎/訳

    世界中で1300万部も売れているベストセラー。 きらきらうろこを自慢するばかりだった、にじうおが、たいせつなうろこを友だちに分け与えることで、もっとたいせつなものを得るというこのお話。読書感想文コンクールでは、毎年のようにたくさんの人が取り上げる、定番中の定番です。テーマが子どもにとって身近で、自分にひきつけて書きやすい本です。 ★低学年向け

おすすめの絵本

  • ゆきみちさんぽ

    ゆきみちさんぽ

    江頭路子/作

    お気に入りのマフラー巻いて、帽子にてぶくろ、ブーツをはいて、じゅんびできたよ、いってきまーす。
    雪がいちめんに降ったある日、おさんぽで出会ったのは、どんな音? 冬のつめたい空気や透明感がみずみずしいタッチで描き出されます。雪の日が待ち遠しくなる絵本。

  • どこ? クリスマスのさがしもの

    どこ? クリスマスのさがしもの

    山形明美/作

    きょうはうれしいクリスマス。ペンギン親子が、プレゼントのおかいものにでかけます。
    さがしものがたくさん! クリスマスまでにぜんぶ見つけられるかな?

  • おぞうにくらべ

    おぞうにくらべ

    宮野聡子/作

    <行事と食べもののよみきかせ絵本>
    お正月、おばあちゃんの家へ行ったきみちゃんは、いろいろなお雑煮にであいました。野菜がいっぱいのお雑煮、しょうゆ味のお雑煮、魚が入っているお雑煮……。どの家にも、受け継がれてきた大切な味があったのです。

  • おもちのきもち

    おもちのきもち

    加岳井広/作

    第27回講談社絵本新人賞受賞作

    「もう、たいへんなんです」
    お正月、“かがみもち”は、とある決心を……。
    お年賀にどうぞ。(編集部より)

  • じゅうにしの おはなしめいろ

    じゅうにしの おはなしめいろ

    奥野涼子/作

    じゅうにしの おはなしに とうじょうする どうぶつたちが、めいろを とおって、かみさまの おやしきへ むかいます。

    十二支のお話と迷路を同時に楽しめる絵本! お正月、動物たちが神様のお屋敷へ向かいます。あちこちにお正月の風物詩や隠し絵がある楽しい迷路を通って、さあ、だれがいちばんにお屋敷に着くのかな?

  • おめでとう

    おめでとう

    茂田井武/絵 広松由希子/文

    みんながうれしいことば、「おめでとう」
    うさぎも、ねこも、ぞうも、とらも、ぼくも、わたしも、「おめでとう」。
    贈りあう幸せの言葉を、戦後の童画界を牽引した茂田井武の絵にのせて送る絵本。

  • くまのこの としこし

    くまのこの としこし

    高橋和枝/作

    親子で楽しむ、季節と行事のよみきかせ絵本
    お正月は、どんなふうに来るのかな?
    新しい年を迎えるわくわくする気持ちと、元旦のおごそかな気持ち……。子どもの目で見た「年越し」を描きます。

  • 愛蔵版 クリスマスって なあに

    愛蔵版 クリスマスって なあに

    ディック・ブルーナ/作 舟崎靖子/訳

    50周年を記念して出版された、世界じゅうの子どもたちのクリスマスを見守ってきたブルーナの絵本。イエス・キリストの誕生の物語を通して、クリスマスのほんとうの意味をやさしく伝えます。

  • ルッキオとフリフリ はじめてのクリスマス

    ルッキオとフリフリ はじめてのクリスマス

    庄野ナホコ/作

    マグロに憧れる、ねこのルッキオとフリフリ。大家さんから「クリスマス」のことを聞いて、マグロの缶詰がもらえるようにと、クリスマスツリーを飾るのですが……。

  • バーバパパのクリスマス

    バーバパパのクリスマス

    アネット・チゾン、タラス・テイラー/作
    やましたはるお/訳

    ツリーにするモミの木を切りにきたバーバパパ。ところが、その木は動物たちのたいせつなすみかだったのです。そこでパパは大変身、すてきな解決法を見つけます。

季節の絵本