猫の絵本

美しい猫、かわいい猫、頼りになる猫、心をうつ猫……「猫」のくくりで絵本を探してみると、さまざまな猫たちに出会うことができます。猫の絵本を、まとめて紹介します。

  • ねこのつけしっぽ

    講談社の創作絵本

    まさか長いしっぽのねこがいるなんて! 急に短いしっぽが恥ずかしくなったねこたちは、しっぽを長くしようと「つけしっぽ」をつけるようになりました。ところが……。

    吉田愛/作

  • ねこです。

    講談社の創作絵本

    毛糸玉に見えるこのかたまり。「ねこですか?」ページをめくると……しっぽもひょっこり現れて、とんがり耳も見えて……。「ねこです」。ふわふわしたおふとんのようなかたまりに見えますが、これもねこですか? やっぱりねこです。心地よいことばのリズムと迫力のあるねこの絵は、よみきかせでも喜ばれそうです。想像力を育む絵本。

    北村裕花/作

  • ブーちゃん

    講談社の創作絵本

    藤城清治が「絵本木馬」に連載していたお話が絵本になりました。
    捨て猫だったブーちゃんが拾われて、飼い主が変わったり、ほかの家に入り込んだり。波瀾万丈の人生が猫目線で描かれます。

    藤城清治/絵・文

  • まねきねこ だいさくせん!

    講談社の創作絵本

    そば屋「かどやぶ」は、味はいいのに、なかなかお客が入らない。なんとかしたいと思っていた息子のぶんたは、ある夜、目をうたがうような光景を見かける。庭で、通りのまねきねこたちが、なにやらムニャムニャ相談をしていたのだ。翌日、ぶんたがおつかいに出かけると、通りでつぎつぎと、思いがけないできごとが。はたして「かどやぶ」にお客が集まる日はくるのか!?

    澤野秋文/作

  • 100万回生きたねこ

    講談社の創作絵本

    100万回死んで、100万回生まれ変わったとらねこ。自分しか愛さなかった彼が、初めて他者を愛したとき……。この世に生まれた意味を問いかける。170万部突破のロングセラー絵本。

    佐野洋子/作・絵

  • 庄野ナホコ/作

    猫のでこぼこコンビがおくる、ゆかいなお話。猫のルッキオとフリフリが、大きなスイカをお客さんに売ろうとするのですが、うまくいきません。二人はお刺身をたべられるのかしら?

  • あめふりうります

    講談社の創作絵本

    野村たかあき/絵・原案
    平田昌広/文

    ぐうたら猫の愉快な大騒動! 「あめふり」を売るという、おかしな商売を始めた、ねこきち。最初は順調でしたが、ぐうたらが祟って、村は大騒動に。ことわざや言い伝えも楽しめる落語絵本。

  • ながぐつをはいたねこ

    講談社の創作絵本

    末吉暁子/文
    飯野和好/絵

    『ペロー童話集』の痛快なねこの物語! まずしいこなひきのおとうさんが残してくれたのは、たった1ぴきのねこ。 そのねこが、ご主人さまのために知恵を使って大活躍!

  • おじいさんのしごと

    講談社の創作絵本

    山西ゲンイチ/作

    ちょびヒゲおじいさん大活躍! なが~い階段、ぐんぐんのぼったら?そこにいたのは、ねこ! ねこ!! ねこ!!!

  • 澤野秋文/作

    おすすめの家、おさがしします。 家探しの名人(猫)「ちゃまる」と、片づけギライでなまけものの「ぎんた」が織り成す、昔話風味のふしぎなお話。

  • 新装版 ねこの絵本

    講談社の創作絵本

    いもとようこ/作

    表情豊かなこねこたちが、じゃれたり、あまえたり、寝ころがったり……。かわいくてたまらない、ねこのしぐさ満載の一冊。ねこ好き必見の絵本です。

  • ねこは ともだち

    講談社の創作絵本

    いもとようこ/作

    毛玉や人形にじゃれているねこ、毛布にもぐりこんでねているねこなど、大人も子どもも思わず微笑んでしまう、ねこのポーズを集めた絵本。

  • あしたうちにねこがくるの

    講談社の創作絵本

    石津ちひろ/文
    ささめやゆき/絵

    明日うちにねこがくるの。いったいどんなねこかなあ……。はじめてねこを飼う、小さな女の子のワクワクする気持ちを伝える絵本です。

  • 八方にらみねこ 新装版

    講談社の創作絵本

    武田英子/作
    清水耕蔵/絵

    捨てられて行き先のない子ねこを拾ってくれた、ばあさとじいさ。恩返しのつもりで、子ねこはねずみたちから大事なかいこを守ろうと……。

  • おれはねこだぜ

    講談社の創作絵本

    佐野洋子/作・絵

    ねこはさばが大好き。ところがある日、さばの大群が空をとんでねこに襲いかかってきます。軽いブラックユーモアで大人も子どもも笑える、ナンセンス絵本。

  • どんぐりと山ねこ

    講談社の創作絵本

    宮沢賢治/作
    徳田秀雄/絵

    山ねこからはがきがくる、という奇抜な着想から、えらさをはかる基準はなにかをめぐって、どんぐりの裁判がはじまります。

  • ねこってこんなふう?

    講談社の翻訳絵本

    ブレンダン・ウェンツェル/作
    石津ちひろ/訳

    動物の見ている世界をイラストで伝える科学絵本。

  • ねこ いると いいなあ

    講談社の創作絵本

    佐野洋子/作・絵

    「ねこ いると いいなあ」と願う少女が、ねこの絵を1匹、2匹、3匹と描いていくと、やがて部屋中ねこだらけに……。かわいいねこたちが織りなす、ふしぎで、ちょっぴりこわいおはなし。

おすすめの絵本

  • しょうがっこうへ いこう

    しょうがっこうへ いこう

    斉藤 洋/作 田中六大/絵

    『しょうがっこうへ いこう』は新1年生向けの「遊んで学べる小学校ハウツー本」です。
    幼稚園と小学校の違いから始まる本作は、通学の仕方から、朝礼、国語や算数や体育やその他の授業、給食、お昼休み、保健室の使い方、下校まで、小学校1年生が普段行う1日の学校生活を絵本で紹介しています。

  • よみきかせ日本昔話 はなさかじいさん

    よみきかせ日本昔話 はなさかじいさん

    石崎洋司/文
    松成真理子/絵

    ある日、おばあさんは川で立派な箱に入った子犬を拾います。シロと名づけ、かわいがるうちに、シロは「おじいさん、わたしにのっておくれ」と話します。
    山でシロは「ここほれ、わんわん」 すると、大判小判がたくさん!
    それを見ていた隣のなまけ者のおじいさんがシロを借りていき、山へおいたてます。
    シロがなにも言わないのに、掘ってみると! 

  • バーバパパのがっこう

    バーバパパのがっこう

    著:A・チゾン 著:T・テイラ- 訳:山下 明生

    こんな学校あったらいいね、バーバパパ!
    子どもたちは勉強ぎらいで、学校も好きじゃありません。そこでバーバパパがゆかいな学校をつくり、楽しい授業をはじめます。おかげで、みんな学校が大好きになります。

  • おじいちゃんちの たうえ

    おじいちゃんちの たうえ

    作:さこ ももみ

    今日は「田植え」の日! 
    一家総出で行う田植えのようすと、春の田んぼの気持ちよさを描きます。

季節の絵本