「よみきかせ日本昔話」シリーズ

昔話を絵本のよみきかせで楽しんでもらうことにこだわった「よみきかせ日本昔話」シリーズが、いよいよ全巻刊行となりました。
春夏秋冬の季節にあわせ、年齢別に、3冊ずつ計12冊がそろいました。
お子さんの発達にあった昔話を絵本の「よみきかせ」で、楽しみながら、大人と子ども、世代をつなぐ絆を育てるシリーズです。

  • おじいさんが落としてしまったおむすびは、ころころ転がり穴の中へ……。かわいいねずみたちが登場する昔話は、3~4歳児におすすめ。
    おまけの1話は『にんじんとごぼうとだいこん』。


    令丈ヒロ子/文
    真珠まりこ/絵

  • 武田美穂さんが描く元気いっぱいのももたろう。思わず手を伸ばしたくなる桃やきびだんご、ちょっと憎めない鬼たちの表情もお楽しみください。
    おまけの1話は『とりのみじいさん』。

    石崎洋司/文
    武田美穂/絵

  • 死んでしまった犬のシロを思う、おじいさんとおばあさんのやさしさが、やがて、満開の桜の花を咲かせます。まさに春にぴったりの、美しい昔話です。
    おまけの1話は『みるなのくら』。

    石崎洋司/文
    松成真理子/絵

  • 観音様のお告げの通りつかんだ1本のわらからつぎつぎ交換して、ついには長者になるお話。おまけの1話は『しおふきうす』。

    石崎洋司/文
    西村敏雄/絵

  • 小さな小さな男の子、いっすんぼうしの大活躍。ゆうかんにお姫さまを悪い鬼からまもります! おまけの1話は『したきりすずめ』。

    令丈ヒロ子/文
    堀川理万子/絵

  • 令丈ヒロ子/文
    たなか鮎子/絵

    美しい海の世界と不思議な結末が心に残る『うらしまたろう』。おまけの1話は『てんぐのかくれみの』。

  • 令丈ヒロ子/文
    おくはらゆめ/絵

    働き者のよめさまが「おなら」で活躍する様子が愉快で、のどかな昔話。おまけの一話は『ねずみのすもう』。

  • 石崎洋司/文
    やぎたみこ/絵

    猿にやられた蟹の仇をとるために、子蟹・臼・牛の糞・蜂・栗が力を合わせます。おまけの一話は、『あたまにかきのき』。

  • 石崎洋司/文
    大島妙子/絵

    やまんばに追われたこぞうは……。スリルいっぱいで、鮮やかな結末の昔話。おまけの一話は、『かぐやひめ』。

  • 令丈ヒロ子/文
    野村たかあき/絵

    おじぞうさまが運んでくる幸せ。年越しのお餅やお酒を買おうと、笠を売りに出かけたおじいさん。一つも売れず、笠をおじぞうさまにかぶせて帰ってきました。真夜中、楽しげな声が聞こえてきて……。 おまけの1話は『じゅうにしのゆらい』。

  • 令丈ヒロ子/文
    長谷川義史/絵

    ごんべえがかもをつかまえるのに失敗し……。いっぺんに100羽のカモをとろうとしたごんべえは、気づいたカモにひっぱられて、一緒に空の上へ……。 スピード感あふれる展開と関西弁が楽しい昔話。 おまけの1話は、『かちかちやま』。

  • 石崎洋司/文
    水口理恵子/絵

    せつなくも美しい、若者と鶴の物語。若者が鶴を助けたその日の晩。若者の家に美しい娘が訪ねてきて……。 おまけの1話は、『ふるやのもり』。

母の日・父の日におすすめの絵本

  • おかあちゃんがつくったる

    おかあちゃんがつくったる

    長谷川義史/作

    ぼくが欲しいものは、なんでもミシンで作ってしまうお母ちゃん。でも、ちょっとかっこわるい。ある日ぼくは……。すべての“おかあちゃん”と、その子どもたちへおくる温かい親子の物語。

  • てんごくの おとうちゃん

    てんごくの おとうちゃん

    長谷川義史/作

    天国のおとうちゃん、元気にしてますか。 幼いころに亡くした父との、少ないけれど大切な思い出。人気絵本作家、長谷川義史が描く、温かいユーモアで包み込まれた父と子の交流が、心にしみ渡る一冊です。

  • ずーっといっしょ

    ずーっといっしょ

    マリアン・クシマノ/文
    市川里美/絵
    森山 京/訳

    おおきな父親くまの、おおきな愛情につつまれて、のびのびと遊ぶ小さな子どもくまの一日のお話。何気ない日常のしあわせを気づかせてくれる、パパと一緒に読んでもらいたい絵本です!

あかちゃん絵本