のぶみの絵本

2015年に大ヒットした話題作、『ママがおばけになっちゃった』。
そして2016年にはその続刊である、『さよなら ママがおばけになっちゃった!』も刊行した、のぶみさんの可愛らしい絵本の世界をご紹介します。

  • おばけになったママともお別れの時がきました。辛すぎる別れに向き合う、母子の姿。どんな思いを伝えますか?ベストセラー待望の続編。

    のぶみ/作

  • とつぜん、「おばけ」になってしまったママ。
    いちばん心配なのは、4歳になる息子のかんたろうのことです。
    よる、12時をすぎると、かんたろうの部屋に現れて……。

    のぶみ/作

  • ジュウオウジャーかぞく

    講談社の創作絵本

    ひろとはまだ甘えん坊。きがえも一人でトイレに行くのも、すぐにママに頼ってしまいます。そんなとき、ママが言いました「ジュウオウジャーに変身してみようか?」
    甘えをすてて、悪の組織デスガリアンとたたかうために、かぞくといっしょに変身だ!

    のぶみ/作

  • 累計33万部突破・大人気シリーズ最新刊。
    「仮面ライダーになりたい!」かんたろうが本当の強さを信じて立ち上がります。

    のぶみ/作

  • かんたろうは、お父さんに傘を届けようと、はじめて一人でバスに乗ります。
    ところが、そのバスはなぜか、パンの国や、恐竜の駅や、おばけの森へ……。
    楽しいよみきかせにぴったりの絵本!

    のぶみ/作

  • よわむしモンスターズ

    講談社の幼児えほん

    のぶみ/作

    たいへん! よわむしモンスターたちがやってきた! でも、モンスターたちには、一つだけ弱点があるの。やってみて!

  • よわむしモンスターズ2

    講談社の幼児えほん

    のぶみ/作

    たいへん! また よわむしモンスターズがやってきた! たすけてくれるひと、てをあげて!

  • きのこほいくえん

    講談社の創作絵本

    のぶみ/作

    ベニテングダケのきのこちゃんは、ほいくえんのアイドル。 みんな大好きだったのに、ある日、毒きのこだったことがわかり……。

  • ハラヘッターとチョコリーナ

    講談社の創作絵本

    のぶみ/作

    ハラヘッターとチョコリーナの追いかけっこ! チョコリーナを食べるまで、どんなに痛い目にあってもハラヘッターはへこたれない!?

  • ぼくんちのティラノサウルス

    講談社の創作絵本

    のぶみ/作

    4歳児が、家で恐竜を育てたら……!?

  • のぶみ/作

    楽しく話して、いっしょに遊ぶ しかけのない、しかけ絵本! この本は、「パンダちゃん」を通してお子さんに語りかける絵本です。その言葉に反応して、子どもたちは、まるでお友だちと遊んでいるように自然に声をだし、身体を動かしだします。

  • のぶみ/作

    楽しく話して、いっしょに遊ぶ しかけのない、しかけ絵本! この本は、「キャロっとさん」を通してお子さんに語りかける絵本です。その言葉に反応して、子どもたちは、まるでお友だちと遊んでいるように自然に声をだし、身体を動かしだします。

犬が活躍する本

  • おっとっと

    おっとっと

    木坂 涼/文
    高畠 純/絵

    いぬのとうさん、おっとっと
    どうぶつたちも、おっとっと
    ハラハラドキドキ「おっとっと」な場面をユーモアいっぱいに描く絵本
    よみきかせにぴったり!!

  • アントワネット わたしのたいせつなさがしもの

    アントワネット わたしのたいせつなさがしもの

    ケリー・ディプッチオ/文
    クリスチャン・ロビンソン/絵
    木坂 涼/訳

    ブルドッグ一家のアントワネットには3匹の兄弟がいます。ロッキーはかしこくて、リッキーは足がはやくて、ブルーノは力持ち。でも、アントワネットは、じぶんの得意なことがわかりません。あるとき、なかよしのガストン一家のウッラッラーが、ゆくえふめいになりました。必死で探そうとしたそのとき、アントワネットに、なにかがひらめきました……!

  • ガストン

    ガストン

    ケリー・ディプッチオ/文
    クリスチャン・ロビンソン /絵
    木坂 涼/訳

    犬のガストンは、ちょっぴりきょうだいとちがっています。だけどみんな、とってもなかよし。ある日、公園で、ガストンにそっくりな家族に出会って……。全米で数々のベストブックに選ばれた、家族のありかたや、「自分」という個性を考えるきっかけになる絵本。

  • あ~っ!

    あ~っ!

    カンタン・グレバン/作

    どうしてこうなるの!?
    文字のない世界がイメージの翼を広げる、サン=テグジュペリ賞受賞のカンタン・グレバンの大傑作!

  • よみきかせ日本昔話 はなさかじいさん

    よみきかせ日本昔話 はなさかじいさん

    石崎洋司/文
    松成真理子/絵

    ある日、おばあさんは川で立派な箱に入った子犬を拾います。シロと名づけ、かわいがるうちに、シロは「おじいさん、わたしにのっておくれ」と話します。
    山でシロは「ここほれ、わんわん」 すると、大判小判がたくさん!
    それを見ていた隣のなまけ者のおじいさんがシロを借りていき、山へおいたてます。
    シロがなにも言わないのに、掘ってみると! 

  • いとしの犬 ハチ

    いとしの犬 ハチ

    いもとようこ/作・絵

    今日こそ帰ってくると信じて、雨の日も雪の日も、駅で先生を待ちつづけた秋田犬、ハチ。
    いもとようこのあたたかい絵とともに、世代をこえて伝えたい感動の実話です。

季節の絵本