のぶみの絵本

2015年に大ヒットした話題作、『ママがおばけになっちゃった』。
そして2016年にはその続刊である、『さよなら ママがおばけになっちゃった!』も刊行した、のぶみさんの可愛らしい絵本の世界をご紹介します。

  • おばけになったママともお別れの時がきました。辛すぎる別れに向き合う、母子の姿。どんな思いを伝えますか?ベストセラー待望の続編。

    のぶみ/作

  • とつぜん、「おばけ」になってしまったママ。
    いちばん心配なのは、4歳になる息子のかんたろうのことです。
    よる、12時をすぎると、かんたろうの部屋に現れて……。

    のぶみ/作

  • ジュウオウジャーかぞく

    講談社の創作絵本

    ひろとはまだ甘えん坊。きがえも一人でトイレに行くのも、すぐにママに頼ってしまいます。そんなとき、ママが言いました「ジュウオウジャーに変身してみようか?」
    甘えをすてて、悪の組織デスガリアンとたたかうために、かぞくといっしょに変身だ!

    のぶみ/作

  • 累計33万部突破・大人気シリーズ最新刊。
    「仮面ライダーになりたい!」かんたろうが本当の強さを信じて立ち上がります。

    のぶみ/作

  • かんたろうは、お父さんに傘を届けようと、はじめて一人でバスに乗ります。
    ところが、そのバスはなぜか、パンの国や、恐竜の駅や、おばけの森へ……。
    楽しいよみきかせにぴったりの絵本!

    のぶみ/作

  • よわむしモンスターズ

    講談社の幼児えほん

    のぶみ/作

    たいへん! よわむしモンスターたちがやってきた! でも、モンスターたちには、一つだけ弱点があるの。やってみて!

  • よわむしモンスターズ2

    講談社の幼児えほん

    のぶみ/作

    たいへん! また よわむしモンスターズがやってきた! たすけてくれるひと、てをあげて!

  • きのこほいくえん

    講談社の創作絵本

    のぶみ/作

    ベニテングダケのきのこちゃんは、ほいくえんのアイドル。 みんな大好きだったのに、ある日、毒きのこだったことがわかり……。

  • ハラヘッターとチョコリーナ

    講談社の創作絵本

    のぶみ/作

    ハラヘッターとチョコリーナの追いかけっこ! チョコリーナを食べるまで、どんなに痛い目にあってもハラヘッターはへこたれない!?

  • ぼくんちのティラノサウルス

    講談社の創作絵本

    のぶみ/作

    4歳児が、家で恐竜を育てたら……!?

  • のぶみ/作

    楽しく話して、いっしょに遊ぶ しかけのない、しかけ絵本! この本は、「パンダちゃん」を通してお子さんに語りかける絵本です。その言葉に反応して、子どもたちは、まるでお友だちと遊んでいるように自然に声をだし、身体を動かしだします。

  • のぶみ/作

    楽しく話して、いっしょに遊ぶ しかけのない、しかけ絵本! この本は、「キャロっとさん」を通してお子さんに語りかける絵本です。その言葉に反応して、子どもたちは、まるでお友だちと遊んでいるように自然に声をだし、身体を動かしだします。

おすすめの絵本

  • ゆきみちさんぽ

    ゆきみちさんぽ

    江頭路子/作

    お気に入りのマフラー巻いて、帽子にてぶくろ、ブーツをはいて、じゅんびできたよ、いってきまーす。
    雪がいちめんに降ったある日、おさんぽで出会ったのは、どんな音? 冬のつめたい空気や透明感がみずみずしいタッチで描き出されます。雪の日が待ち遠しくなる絵本。

  • どこ? クリスマスのさがしもの

    どこ? クリスマスのさがしもの

    山形明美/作

    きょうはうれしいクリスマス。ペンギン親子が、プレゼントのおかいものにでかけます。
    さがしものがたくさん! クリスマスまでにぜんぶ見つけられるかな?

  • おぞうにくらべ

    おぞうにくらべ

    宮野聡子/作

    <行事と食べもののよみきかせ絵本>
    お正月、おばあちゃんの家へ行ったきみちゃんは、いろいろなお雑煮にであいました。野菜がいっぱいのお雑煮、しょうゆ味のお雑煮、魚が入っているお雑煮……。どの家にも、受け継がれてきた大切な味があったのです。

  • おもちのきもち

    おもちのきもち

    加岳井広/作

    第27回講談社絵本新人賞受賞作

    「もう、たいへんなんです」
    お正月、“かがみもち”は、とある決心を……。
    お年賀にどうぞ。(編集部より)

  • じゅうにしの おはなしめいろ

    じゅうにしの おはなしめいろ

    奥野涼子/作

    じゅうにしの おはなしに とうじょうする どうぶつたちが、めいろを とおって、かみさまの おやしきへ むかいます。

    十二支のお話と迷路を同時に楽しめる絵本! お正月、動物たちが神様のお屋敷へ向かいます。あちこちにお正月の風物詩や隠し絵がある楽しい迷路を通って、さあ、だれがいちばんにお屋敷に着くのかな?

  • おめでとう

    おめでとう

    茂田井武/絵 広松由希子/文

    みんながうれしいことば、「おめでとう」
    うさぎも、ねこも、ぞうも、とらも、ぼくも、わたしも、「おめでとう」。
    贈りあう幸せの言葉を、戦後の童画界を牽引した茂田井武の絵にのせて送る絵本。

  • くまのこの としこし

    くまのこの としこし

    高橋和枝/作

    親子で楽しむ、季節と行事のよみきかせ絵本
    お正月は、どんなふうに来るのかな?
    新しい年を迎えるわくわくする気持ちと、元旦のおごそかな気持ち……。子どもの目で見た「年越し」を描きます。

  • 愛蔵版 クリスマスって なあに

    愛蔵版 クリスマスって なあに

    ディック・ブルーナ/作 舟崎靖子/訳

    50周年を記念して出版された、世界じゅうの子どもたちのクリスマスを見守ってきたブルーナの絵本。イエス・キリストの誕生の物語を通して、クリスマスのほんとうの意味をやさしく伝えます。

  • ルッキオとフリフリ はじめてのクリスマス

    ルッキオとフリフリ はじめてのクリスマス

    庄野ナホコ/作

    マグロに憧れる、ねこのルッキオとフリフリ。大家さんから「クリスマス」のことを聞いて、マグロの缶詰がもらえるようにと、クリスマスツリーを飾るのですが……。

  • バーバパパのクリスマス

    バーバパパのクリスマス

    アネット・チゾン、タラス・テイラー/作
    やましたはるお/訳

    ツリーにするモミの木を切りにきたバーバパパ。ところが、その木は動物たちのたいせつなすみかだったのです。そこでパパは大変身、すてきな解決法を見つけます。

季節の絵本