のぶみの絵本

2015年に大ヒットした話題作、『ママがおばけになっちゃった』。
そして2016年にはその続刊である、『さよなら ママがおばけになっちゃった!』も刊行した、のぶみさんの可愛らしい絵本の世界をご紹介します。

  • おばけになったママともお別れの時がきました。辛すぎる別れに向き合う、母子の姿。どんな思いを伝えますか?ベストセラー待望の続編。

    のぶみ/作

  • とつぜん、「おばけ」になってしまったママ。
    いちばん心配なのは、4歳になる息子のかんたろうのことです。
    よる、12時をすぎると、かんたろうの部屋に現れて……。

    のぶみ/作

  • ジュウオウジャーかぞく

    講談社の創作絵本

    ひろとはまだ甘えん坊。きがえも一人でトイレに行くのも、すぐにママに頼ってしまいます。そんなとき、ママが言いました「ジュウオウジャーに変身してみようか?」
    甘えをすてて、悪の組織デスガリアンとたたかうために、かぞくといっしょに変身だ!

    のぶみ/作

  • 累計33万部突破・大人気シリーズ最新刊。
    「仮面ライダーになりたい!」かんたろうが本当の強さを信じて立ち上がります。

    のぶみ/作

  • かんたろうは、お父さんに傘を届けようと、はじめて一人でバスに乗ります。
    ところが、そのバスはなぜか、パンの国や、恐竜の駅や、おばけの森へ……。
    楽しいよみきかせにぴったりの絵本!

    のぶみ/作

  • よわむしモンスターズ

    講談社の幼児えほん

    のぶみ/作

    たいへん! よわむしモンスターたちがやってきた! でも、モンスターたちには、一つだけ弱点があるの。やってみて!

  • よわむしモンスターズ2

    講談社の幼児えほん

    のぶみ/作

    たいへん! また よわむしモンスターズがやってきた! たすけてくれるひと、てをあげて!

  • きのこほいくえん

    講談社の創作絵本

    のぶみ/作

    ベニテングダケのきのこちゃんは、ほいくえんのアイドル。 みんな大好きだったのに、ある日、毒きのこだったことがわかり……。

  • ハラヘッターとチョコリーナ

    講談社の創作絵本

    のぶみ/作

    ハラヘッターとチョコリーナの追いかけっこ! チョコリーナを食べるまで、どんなに痛い目にあってもハラヘッターはへこたれない!?

  • ぼくんちのティラノサウルス

    講談社の創作絵本

    のぶみ/作

    4歳児が、家で恐竜を育てたら……!?

  • のぶみ/作

    楽しく話して、いっしょに遊ぶ しかけのない、しかけ絵本! この本は、「パンダちゃん」を通してお子さんに語りかける絵本です。その言葉に反応して、子どもたちは、まるでお友だちと遊んでいるように自然に声をだし、身体を動かしだします。

  • のぶみ/作

    楽しく話して、いっしょに遊ぶ しかけのない、しかけ絵本! この本は、「キャロっとさん」を通してお子さんに語りかける絵本です。その言葉に反応して、子どもたちは、まるでお友だちと遊んでいるように自然に声をだし、身体を動かしだします。

入園・入学の絵本

  • ことりようちえんのいちねんかん

    ことりようちえんのいちねんかん

    たかてらかよ/文
    鴨下 潤/絵

    お弁当、遠足、運動会にいもほり、クリスマス、雪遊び……楽しい幼稚園での1年間を描く絵本です。入園まえに親子で読んで、幼稚園への期待が高まる1冊。不安がいっぱいだった主人公・あやちゃんが、1年後ひとまわりお姉さんになる姿が印象的です。

  • ようちえんの おひめさま

    ようちえんの おひめさま

    種村有希子/作

    きのみ幼稚園の園庭には、小さな時計台のお城に、お姫さまが住んでいます。9時になると、扉が開いて、出てきてくれるのです。幼稚園の子どもたちは、みんなお姫さまのことが大好き。ところが、ある日、大きな嵐がやってきて、時計が壊れてしまいました……。

  • せんをたどって がっこうへいこう

    せんをたどって がっこうへいこう

    L.ユンクヴィスト/作
    ふしみみさを/訳

    朝のあいさつをして、教室から理科室へ、図書室へ、音楽室へ。ひるごはんのあとは、校庭であそんで……。学校のいちにちを、せんをたどりながら体験できるこの絵本は、表紙から背表紙まで、すべてがひとふで描きの線でつながっています。

  • しょうがっこうへ いこう

    しょうがっこうへ いこう

    斉藤 洋/作
    田中六大/絵

    新1年生向けの「遊んで学べる小学校ハウツー本」。幼稚園と小学校の違いから始まる本作は、通学の仕方から、朝礼、国語や算数や体育やその他の授業、給食、お昼休み、保健室の使い方、下校まで、小学校1年生が普段行う1日の学校生活を絵本で紹介しています。

  • いちねんせいに なったから!

    いちねんせいに なったから!

    くすのきしげのり/作 田中六大/絵

    待ちに待った小学校の入学式の日、りゅうたろうくんは、「ともだちひゃくにんできるかな」と期待に胸をふくらませながら、小学校の門をくぐりました。
    そして、「どうすれば、ともだちひゃくにんできるかなあ」と考えているうちに、想像はどんどんふくらみ……。

春の絵本