「もったいないばあさん」シリーズ

愛と思いやりに詰まったことば「もったいない」を楽しく教えてくれるベストセラー絵本シリーズです。

  • もったいないばあさんが、こんどはちょっとこわそうなところにやってきたよ。そこでは、なが~いスプーンを使って、我先にとスープをのもうとしています。ですが、誰もうまくのめません。そこへもったいないばあさんがやってきて……。

    真珠まりこ/作

  • 「もったいない」って、どういう意味?
    もったいないばあさんが、今日もぼくの家にやってきた。ぼくが捨てようとした物で、いろんなことをしてくれるんだ! 物を大切にする心が自然に育つベストセラー絵本。

    真珠まりこ/作

  • 世界中に伝えたい、「もったいない」の精神
    もったいないこと、してないかい? ものを大切にする心が育つ絵本『もったいないばあさん』が英語と日本語の対訳版で登場。「もったいない」を世界の共通語に!

    真珠まりこ/作
    山口マリアンヌ/英文監修

  • 大人数での読みきかせに!
    30万部突破のベストセラー絵本、『もったいないばあさん』が、迫力いっぱいの大型絵本に。 
    みんなで読まなきゃ、もったいない!
    (タテ52cm×ヨコ37cm)

    真珠まりこ/作

  • 『もったいないばあさん』、待望の続編!
    好ききらいをしていたら、もったいないばあさんがやってきた。いろんな食べ物の役割を、楽しく教えてくれるよ。
    大切に作られた食べ物、残すなんてもったいない!

    真珠まりこ/作

  • 真珠まりこ/作

    もったいないばあさんのお話がいっぱい! 雨、七夕、すいか……。春・夏の季節を背景にした、「もったいない」のエピソードをぎっしり収録しました。巻末には「もったいないばあさんのえかきうた」つき。

  • 真珠まりこ/作

    もったいないばあさんのお話がいっぱい! 運動会、いもほり、大そうじ……。秋・冬の季節を背景にした、「もったいない」のエピソードをぎっしり収録しました。巻末には「もったいないばあさん ふくわらい」つき。

  • 真珠まりこ/作

    絵本で大人気の「もったいないばあさん」。 楽しく遊びながら、「もったいない」を感じる心が自然にそだちます。 生活の中のいろいろな「もったいない」を題材とした読み札・絵札46組と、自分だけのかるたを自由に作れる予備札2組。さらに、かるたの内容を深く理解できる、「もったいないばあさんのひとこと」(別紙)つきです。

  • 真珠まりこ/作

    シリーズ累計70万部! 大人気! もったいないばあさんの絵本 自然とあそぼう! もったいないばあさん 待望の新刊 もったいないばあさんが のあそびの楽しみ方を教えてくれるよ

  • 作・絵: 真珠まりこ
    マジック監修: 大友剛

    ただすてちゃうだけなんてもったいない! もったいないばあさんがあそびを通し、ものを大切にすること、分別して資源として再利用することの大切さを、マジックの要素を取り入れながら伝える絵本。 マジックであそぼう! (オリジナルトランプつき)

  • 真珠まりこ/作

    「もったいない」っていうことは、命を大切にするということなんじゃよ――。 『もったいないばあさん』の作者が子どもたちに語る、地球の問題と世界の子どもたちのお話

  • 真珠まりこ/作

    生物多様性の絵本 「もったいないばあさんと考えよう世界のこと─生きものがきえる─」 地球がゆたかな星なのは、いろいろな生きものがいるからこそ。 地球の上には、私たちがよく知っている動物たちもいれば、見たことも聞いたこともない生きものたちもたくさんいます。 その生きものたちの多くが、すごいスピードで絶滅しているなんて…… なぜそんなことが起きているのでしょう? そして、このままではどうなってしまうのか? 生きものたちが絶滅する問題と私たちのくらしとのつながり、そして、生物多様性を子どもたちにもわかりやすく伝えます。 もったいないばあさんといっしょに、考えていきましょう。

  • 作・絵・作詞 : 真珠まりこ
    作曲: 中川ひろたか

    家で、運動会で、お祭りで……みんなで踊らなきゃ、もったいない! CDと、踊り方がよくわかるミニ絵本のセットです。もったいないばあさんの顔が楽しく描ける、「もったいないばあさんのえかきうた」も収録。 <CD収録曲> 1.もったいないばあさん音頭 2.もったいないばあさんのえかきうた 3.もったいないばあさん音頭<カラオケ> 4.もったいないばあさんのえかきうた<カラオケ>

入園・入学の絵本

  • ことりようちえんのいちねんかん

    ことりようちえんのいちねんかん

    たかてらかよ/文
    鴨下 潤/絵

    お弁当、遠足、運動会にいもほり、クリスマス、雪遊び……楽しい幼稚園での1年間を描く絵本です。入園まえに親子で読んで、幼稚園への期待が高まる1冊。不安がいっぱいだった主人公・あやちゃんが、1年後ひとまわりお姉さんになる姿が印象的です。

  • ようちえんの おひめさま

    ようちえんの おひめさま

    種村有希子/作

    きのみ幼稚園の園庭には、小さな時計台のお城に、お姫さまが住んでいます。9時になると、扉が開いて、出てきてくれるのです。幼稚園の子どもたちは、みんなお姫さまのことが大好き。ところが、ある日、大きな嵐がやってきて、時計が壊れてしまいました……。

  • せんをたどって がっこうへいこう

    せんをたどって がっこうへいこう

    L.ユンクヴィスト/作
    ふしみみさを/訳

    朝のあいさつをして、教室から理科室へ、図書室へ、音楽室へ。ひるごはんのあとは、校庭であそんで……。学校のいちにちを、せんをたどりながら体験できるこの絵本は、表紙から背表紙まで、すべてがひとふで描きの線でつながっています。

  • しょうがっこうへ いこう

    しょうがっこうへ いこう

    斉藤 洋/作
    田中六大/絵

    新1年生向けの「遊んで学べる小学校ハウツー本」。幼稚園と小学校の違いから始まる本作は、通学の仕方から、朝礼、国語や算数や体育やその他の授業、給食、お昼休み、保健室の使い方、下校まで、小学校1年生が普段行う1日の学校生活を絵本で紹介しています。

  • いちねんせいに なったから!

    いちねんせいに なったから!

    くすのきしげのり/作 田中六大/絵

    待ちに待った小学校の入学式の日、りゅうたろうくんは、「ともだちひゃくにんできるかな」と期待に胸をふくらませながら、小学校の門をくぐりました。
    そして、「どうすれば、ともだちひゃくにんできるかなあ」と考えているうちに、想像はどんどんふくらみ……。

春の絵本