かがくいひろしの絵本

かがくいひろしさんは、講談社絵本新人賞を受賞した作品『おもちのきもち』でデビューし、大ブレイク。その後も『もくもくやかん』『ふしぎなでまえ』と、ユニークで、味のある、楽しい絵本を次々と生みだして読者の人気を集めましたが、2009年9月、病のため急逝されました。かがくいさんがデビューして10年となった今年、楽しい作品をたくさんのこしてくださったことに改めて感謝し、特集いたします。

  • 今日はうめじいのたんじょうび。ところで、うめじいって何さい? たくあんやきゅうりづけたち仲間が梅干しのうめじいを祝う、ゆかいな絵本。

  • 「もう、たいへんなんです」お正月、かがみもちは、とある決心を。一見昔話ふう、でも大胆でユニークな“おもちワールド”へ、いざ、ビロンビロンビロ~ン! 講談社絵本新人賞受賞作品で、2005年12月に刊行されたデビュー作。

  • 何日も雨の降っていないある日、集まったのはやかんにポットにじょうろにきゅうす。さてさて、なにをはじめるのかな? 雨ふりがたのしくなる、ふしぎで楽しいお話。

  • ぐうたら者の、じゃがさんとさつまさん。おなかがすいて、出前を取ることにしたのですが、やってきたのは……ふしぎなでまえ! さてさて、ふたりは無事にカレーライスとラーメンを食べることができるのでしょうか? おかしなおいしいおはなし。

  • はっきよ~い、のこった、のこった!
    野菜たちの大相撲がはじまります。
    結びの一番は手に汗にぎる、大勝負。さて、優勝はだれの手に!?

  • みみかきやのひょ・うーたん先生は、みみかきの名人。次から次へとお客がやってくるので、弟子のひょうすけは、せっせ、せっせとお手伝い。さて、今日の最後にやってきたお客さんは……? 先生とひょうすけの奮闘ぶりがゆかいなお話。

母の日・父の日におすすめの絵本

  • おかあちゃんがつくったる

    おかあちゃんがつくったる

    長谷川義史/作

    ぼくが欲しいものは、なんでもミシンで作ってしまうお母ちゃん。でも、ちょっとかっこわるい。ある日ぼくは……。すべての“おかあちゃん”と、その子どもたちへおくる温かい親子の物語。

  • てんごくの おとうちゃん

    てんごくの おとうちゃん

    長谷川義史/作

    天国のおとうちゃん、元気にしてますか。 幼いころに亡くした父との、少ないけれど大切な思い出。人気絵本作家、長谷川義史が描く、温かいユーモアで包み込まれた父と子の交流が、心にしみ渡る一冊です。

  • ずーっといっしょ

    ずーっといっしょ

    マリアン・クシマノ/文
    市川里美/絵
    森山 京/訳

    おおきな父親くまの、おおきな愛情につつまれて、のびのびと遊ぶ小さな子どもくまの一日のお話。何気ない日常のしあわせを気づかせてくれる、パパと一緒に読んでもらいたい絵本です!

あかちゃん絵本