かがくいひろしの絵本

かがくいひろしさんは、講談社絵本新人賞を受賞した作品『おもちのきもち』でデビューし、大ブレイク。その後も『もくもくやかん』『ふしぎなでまえ』と、ユニークで、味のある、楽しい絵本を次々と生みだして読者の人気を集めましたが、2009年9月、病のため急逝されました。かがくいさんがデビューして10年となった今年、楽しい作品をたくさんのこしてくださったことに改めて感謝し、特集いたします。

  • 今日はうめじいのたんじょうび。ところで、うめじいって何さい? たくあんやきゅうりづけたち仲間が梅干しのうめじいを祝う、ゆかいな絵本。

  • 「もう、たいへんなんです」お正月、かがみもちは、とある決心を。一見昔話ふう、でも大胆でユニークな“おもちワールド”へ、いざ、ビロンビロンビロ~ン! 講談社絵本新人賞受賞作品で、2005年12月に刊行されたデビュー作。

  • 何日も雨の降っていないある日、集まったのはやかんにポットにじょうろにきゅうす。さてさて、なにをはじめるのかな? 雨ふりがたのしくなる、ふしぎで楽しいお話。

  • ぐうたら者の、じゃがさんとさつまさん。おなかがすいて、出前を取ることにしたのですが、やってきたのは……ふしぎなでまえ! さてさて、ふたりは無事にカレーライスとラーメンを食べることができるのでしょうか? おかしなおいしいおはなし。

  • はっきよ~い、のこった、のこった!
    野菜たちの大相撲がはじまります。
    結びの一番は手に汗にぎる、大勝負。さて、優勝はだれの手に!?

  • みみかきやのひょ・うーたん先生は、みみかきの名人。次から次へとお客がやってくるので、弟子のひょうすけは、せっせ、せっせとお手伝い。さて、今日の最後にやってきたお客さんは……? 先生とひょうすけの奮闘ぶりがゆかいなお話。

おすすめの絵本

  • もったいないばあさん

    もったいないばあさん

    真珠 まりこ/著

    「もったいない」って、どういう意味?

    きょうも あの ばあさんが やって きた――もったいない こと して ないかい?

  • だいじょうぶ だいじょうぶ

    だいじょうぶ だいじょうぶ

    いとう ひろし/文・絵

    おじいちゃんと散歩しながらわかったこと。道ばたの小さなものにも声をかけるおじいちゃん。楽しい散歩をしながら不安なことや怖いものも知ったぼく。ぼくはこのままちゃんと大きくなれるんだろうか?

  • ほしじいたけほしばあたけ

    ほしじいたけほしばあたけ

    石川 基子/作

    タマゴタケやキヌガサダケ……いろいろなきのこが暮らすきのこ村は、いつもにぎやか。そんなみんなから敬愛されているのが、ほしじいたけと、ほしばあたけ。ある日、村の子どもが谷から落ちてしまい、それを聞いたほしじいたけは、体を張って助けようとするのですが……。

  • うめじいのたんじょうび

    うめじいのたんじょうび

    かがくい ひろし/作

    今日はうめじいのたんじょうび。ところで、うめじいって、いくつなんだろ? 100さい? 200さい?? 1000さい!? 浅漬けきゅうりや、たくあんや、らっきょう漬けや千枚漬けが梅干しのうめじいをかこんで、たんじょうびを祝います。